« トヨタ・MR2左ハンドル車、車検整備編その1(^^; | トップページ | スバル・レガシィBH5、タペットパッキン交換他編(^^; »

2018年7月 9日 (月)

トヨタ・MR2左ハンドル車、車検整備編その2(^^;

朝から、豪雨だと思ったら、夕立と蒸し暑いから、多分雨が降るとは思ってましたが、正確にはゲリラ豪雨ですね

さて、続きになりますが、オイル漏れ修理へと進みますが、今回も明日に続きをアップさせていただきます

Dscn567301
オイル漏れが酷いです

オイル漏れの原因を見てると、どうやらデスビ本体(内部)からの漏れが原因みたいです

前回の車検では、デスビの取付け側Oリング(ヘッドに付く部分)を交換したのに漏れていたので、ほぼ間違いないかと思います

Dscn569501_2
少しオイル漏れを除去したんですが、コンプレッサー上の銀色のステーみたいなところがデスビになります

Dscn570501
デスビキャップ

案の定、デスビキャップがオイルでビチョビチョになっていました

記憶が正しければ、もう1台のMR2も確かデスビ内部からオイル漏れしていて、本体は生産廃止だったので、ヤフオクでデスビのオーバーホールキットを購入して直したことがありました

今回も、ヤフオクで購入しようとしたら、デスビごとでオーバーホールしたキットとして売っていたんですが、過去の履歴を調べたら、オーバーホールキットを売っていた方だったので、質問でお願いしたら、売っていただきました

Dscn571001
鏡を返して撮った写真です

Dscn571201
外したデスビ

写真では、分かりづらいですがオイルでひどい状態です

これでも、普通にエンジンが掛かっていますから、フルトラシステム偉大ですね

Dscn571801
オーバーホールキットです

内訳は、左上から、オイルシール(こいつが主原因)、右がベアリング、下の左がカムギヤーの組付けピン、右下がデスビ本体のOリングです

Dscn572001
まずは、回りの付属部品と、イグナイター系の部分を外します

Dscn572201
外した補機部品とイグナイター部分

Dscn572301
デスビとカムシャフトを繋ぐギヤーのピンをドリルで揉んで外します

Dscn572501
デスビのシャフトにベアリングが残ってますがほぼバラバラになりました

ここからは、逆の手順で組みます

Dscn572801_2

Dscn572801
デスビ本体にオイルシール取付後

Dscn573001
デスビカムギヤーにピンを入れてかしめます

普通に、ハンマーでコンコン叩いて潰すだけですが

Dscn573201
イグナイターの接点調整

ここは、ポイント式と同じ要領で作業するんですが、ポイントとの違いは、クリアランスが狭いことだけです

Dscn573701
組付け完了です

後は、エンジンに組付け後、エンジンを掛けて一発始動にて完成ですが、ギヤー式なんで、コマずれするともう一度外して組み直します

店主は、一回でOKでしたが(今回は)時々ズレてしまうことは多々あります

次回は、シガライター修理とパワーウィンドウ系修理、エアコン修理の完成編となりますが、明日のブログは、他の車をアップするので、一息間が空きます

 

« トヨタ・MR2左ハンドル車、車検整備編その1(^^; | トップページ | スバル・レガシィBH5、タペットパッキン交換他編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・MR2左ハンドル車、車検整備編その2(^^;:

« トヨタ・MR2左ハンドル車、車検整備編その1(^^; | トップページ | スバル・レガシィBH5、タペットパッキン交換他編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ