« スバル・レガシィBH5、タペットパッキン交換他編(^^; | トップページ | トヨタ・エスティマACR30系、エンジン不調編(^^; »

2018年7月12日 (木)

トヨタ・MR2左ハンドル車、車検整備編その3完成(^^;

相変わらず、暑い日が続きます 熱中症などにご自愛くださいませ

さて、今日アストロプロダクト(工具屋さん)にリコイル用のタップを電話で問い合わせしたら、10mmのピッチ1mm用のリコイルタップが普通タイプで有るとのことで、四街道から千葉の穴川まで、時間が夕方もあって渋滞の中、40分も掛けて行ったのに、リコイル用のタップはなく、普通のタップは有るとの回答

電話で、リコイル用のタップが有ると行っていたのに、見たら普通の10mm幅の1mmピッチタップでした

リコイル用と言ってるのに、なんすかね・・・すごいムカついて、さすがの店主も暴言言いまくりで帰って来ました(心の声・・・俺の時間を返せーーーーーーーーーーーー)。

作業のズレや、修理したのに、他に不具合が起きて、預かる予定外の事もあったりで、ズレにズレまくって、時間が欲しい(休み返上ですが)のに、この予定外の勘違いは、かなり凹みますよ

もう、アストロプロダクトで工具は買う気が起きません、ただ、普通に売ってる工具は間違いが無いかと思うので、すべてを否定しないので、お気に入りの方にはゴメンナサイ

さて、余談になりましたが、いよいよ完成へと

Dscn581101
シガライターソケット

たまーになんですが、ソケット本体に不具合が起きて、交換なんて事は多分有るかと思うのですが、車が古くなるとシガライターソケットも生産廃止になっています

ちなみに同年式のAE86(カローラ、スプリンター)も廃止になっていました

昔は、タバコを吸う方用のアイテムでしたが、現代はスマホや携帯など充電用のソケットとして、お使いになる方がほとんどかと思いますが、今回の件も当然、充電が出来ないと困るとのことで、外して修理します

運が良いと言ってしまうと語弊があるかも知れませんが、運良く接触不良が原因でした

Dscn581301
バラバラにしたソケット

Dscn581501
組み直したら・・・直ったマジ

単純に接点の不具合とアースの接触不良が原因でした

Dscn581701
組付け後に充電確認(店主のスマホです)

アニメオタクではありませんが、好きなものは取り入れるタイプです

Dscn582501
エアコン、コンデンサー取付けパイプ部分です

次は、エアコンのガス漏れ修理になります

ガスが酷く漏れている訳では無いので、調べるのに時間が掛かると思い、予めガス漏れ検知液を入れてあります

ところが、漏れがかなり微妙な状態なので、今回お預かりする前に、一度預かり検知液を入れてのご入庫で、1ヶ月近く経っているので調べた結果、この場所と・・・

Dscn582701
コンプレッサー取付部分

オイル漏れあって、綺麗になっていますが、ブラックライトを当てたら検知液の反応がありました

ただ、微妙な漏れなので、写真にアップできない事、ご了承くだいませ

せっかくなので、外せる部分のOリング(パッキン)は交換したかったのですが、漏れてる部分は、取り外せたんですが、漏れてない箇所は、硬すぎて壊す勢いのため、断念しました

Dscn583001
コンデンサー側を外した状態、Oリングが変形していました

Dscn583401
コンプレッサー側の高低パイプ取り外し後

こちらも変形が酷かったので、漏れの原因かと

Oリング(パッキン)を交換後、元に戻して真空引きします

Dscn584101
しばらく真空引きして、明日まで放置

次の日に確認したら、ガス漏れも確認できなかったので、ガスチャージして完成となりました

諸事情で、旧ガスのチャージ画像はお見せ出来ませんが、ちゃんとしたルートを通して入手した綺麗なガスになります、すみません

Dscn591001
最後は、右のパワーウィンドウ不具合修理です

症状は、ガラスの上げ下げが遅く、イライラするほど遅いのが主原因ですが、モーター本体か?レギュレーター側か?調べていきます

Dscn590101
まずは内張りをバラすのですが、頑丈なスピーカーベースを外します

実は、この車はパワーウィンドウ車では無く、後付のミツバ製キットが入っています

当然、ハンドル部分に差し込むタイプなんですが、オーディオシステムを入れる関係で、本来の姿ではなく、モーター本体を裸で取付けておりました

Dscn590201
スピーカーベースを外すと裸のモーターが

どっちが抵抗の原因なのか?解らないので、内張りも外して確認します

Dscn590501
一部、外したのですが、鉛系の遮断物で、綺麗に施工していました

さすがに、専門の方がオーディオシステムを組付けただけはありますが・・・年数にはさすがに叶わずで、後に写真が出ますが、応急処置の状態になります

Dscn590701
モーター部分

結局、グリスを注したりと思考錯誤したんですが、どうやら、レギュレータ側と言うよりモーター側に不具合があるようです

左ハンドル車なので、こちらの窓を開け閉めする機会は少ないから、オーナー的には壊れるリスクは少ないと思っているかと感じますが、残念なことにモーター側の弱さが出ているので、当たり外れと言っては語弊があるかも知れませんが、ほぼハズレで良いのかと思います

それでも、グリスを注入することで、少しは改善が出来たんで、まずはOKかとは思いますが、部品が少なくなって来ている車に関しては、直しては壊れの繰り返しになりますので、維持することが大変には、なって来ますね

« スバル・レガシィBH5、タペットパッキン交換他編(^^; | トップページ | トヨタ・エスティマACR30系、エンジン不調編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・MR2左ハンドル車、車検整備編その3完成(^^;:

« スバル・レガシィBH5、タペットパッキン交換他編(^^; | トップページ | トヨタ・エスティマACR30系、エンジン不調編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ