« フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その1(^^; | トップページ | フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その3完成(^^; »

2018年6月 3日 (日)

フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その2(^^;

今日は、暑いですねぇーwobblyおかげでビールがうめぇーbeersweat01

さて、昨日の続きをhappy01

Dscn477301
ミッションジャッキとサポートスタンド2基がけでエンジンを固定します

昨日のブログで、ミッションを外した状態でエンジンを下から固定してのマウント交換の説明をさせて頂いたのですが、これがまさにその状態となります。

Dscn476601
メンバーのボルトを外しています

Dscn477501_2
右側のエンジンマウントです

最初の写真と今の写真を見ると判るかと思いますが、メンバー自体にサスペンションが付いてるから、エンジン自体を上に上げるようにして浮かせますが、同時にメンバーボルトをすべて外してメンバー側に木の板を差し込んでスペースを確保しますsign03

Dscn477001
上げられるだけ上げます

Dscn477801
ここまで浮かせて外します

Dscn478101
左が新品で右が外したマウント右側

Dscn478601
ここで事件発生sign02

なんと、マウントステーが大きくてエンジンブロックに当たり、ボルトが取付出来ませんcrying

もう一度外して外したマウントと比較をしたら・・・

Dscn478801
着色したんで、見づらいですが、ボルト穴からのカットした位置が違うのが判りますでしょうかsign02

Dscn479001
サンダーで削ります

が・・・当たるところがまだあって、削り忘れてしまい、何度か削っては取付を繰り返しましたcoldsweats01

削りすぎると強度がなくなってしまうから慎重になりますhappy01

Dscn479101
こんな感じになりましたpaper

Dscn479901
無事に取付出来ました

後は、逆のマウントを交換するだけですが、2柱リフトのあるあるで、本来だとオイルクーラーを外さないとマウントの取り付けボルトにアクセス出来ないのですが・・・

Dscn479301
オイルクーラー側の左マウント側

オイルエレメントだけは外さないと厳しいですが、クーラー本体は外さなくても交換できましたscissors

さて、次回は、クラッチ交換の組付け作業になりますhappy01

続くgood

« フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その1(^^; | トップページ | フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その3完成(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/66791343

この記事へのトラックバック一覧です: フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その2(^^;:

« フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その1(^^; | トップページ | フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その3完成(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ