« マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その4(^^; | トップページ | ダイハツ・ムーブL900系、CVTミッション・走行出来ない&まさかの新品不良トラブルその1(^^; »

2018年6月22日 (金)

マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その5(^^;

昨日の続きになりますが、整備組合の絡みでご紹介をいただいた社長様直々に当店に来ていただき、エンジンのコンプレッションを測定していただいたら、コンプレッションに問題が無いことが解り、取り敢えずホットしましたが、未だ原因が解らずじまいsad

電装系が怪しいとのご指摘も受けたので、本来ならポイント式からフルトラ式に変更したいところですが、まずはイグニッションコイルを換えて確認をしますpaper

Dscn517401
現在のイグニッションコイルです

Dscn517501
FD3Sのイグニッションコイルsign03

実は、だいぶ前にエンジンを載せ換えたローターリー車があったのですが、中古に付いていたエンジンのイグニッションコイルを、何故か保存してまして・・・happy01

まさかこんな時に使えるとは思っていませんでしたcoldsweats01

FD3Sのは、ダイレクト式なので、使うコイル(イグニッションコイル)はトレーリング側のコイルを使いますpaper

Dscn517901
リーディング側コイルを外して組み直しましたpaper

ダイレクトタイプなんで、ポイント式と比べ1次コイル側の抵抗が少ないと思うので、ポイント式には電圧が高いかなsign02と少し不安だったのですが、テストの意味も有るので、ここはそのまま使いましたeye

Dscn517101
ちなみに、ポイントももう一度点検

Dscn518401
分かりづらいですが、こんな感じで仮置きでエンジンを掛けて見ましたsign01

結果から言うと、抵抗が少ない分、ポイントに負担が掛かったこともありますが、空ぶかしで最初は良かったけど、結局同じ症状に変化はありませんwobbly

一応、ポイントを確認したら・・・

Dscn520801
リーディング側のポイントが少し白く焼けていましたcoldsweats01

やはり、ダイレクトタイプやフルトラタイプには、少し無理がありますが、外部抵抗があれば、少しは変わるかな?と思いますが、何とも言えませんhappy01

店主は、正直、ロータリーに詳しくはありませんが、キャブレターの不具合に関しては、かなり苦労した人間なんで、多少は解りますが、どうも燃料がうまく供給されていないのが、吹き上げの要因だと思っていますが、ロータリーの場合、難しいですね?レシプロエンジン通りに行きませんsweat01

Dscn519601
まずは、プラグの番手も変えて見たいと思いますが・・・

Dscn520201
もう一度、キャブをバラしてみますscissors

最後に、違う番手のプラグも注文していて、届くのが来週なので、こちらも変更してみたりと、今一度トライして行きますscissors

« マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その4(^^; | トップページ | ダイハツ・ムーブL900系、CVTミッション・走行出来ない&まさかの新品不良トラブルその1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/66858626

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その5(^^;:

« マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その4(^^; | トップページ | ダイハツ・ムーブL900系、CVTミッション・走行出来ない&まさかの新品不良トラブルその1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ