« フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その2(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その1(^^; »

2018年6月 4日 (月)

フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その3完成(^^;

毎日、暑いですねぇーと言うと、今年の夏は乗り切れるのだろうかと不安を隠せない店主

まぁーなんとかなるさぁー

さて、クラッチを組付けて行きます

Dscn480301
少し錆びていたクラッチカバーですが・・・プレート部分は脱脂して組付けます

Dscn480601
付属のセンター出し用治具を使って組付けました

この治具 よく出来ていて(プラスチックですが)ミッション1発で入りましたよ

Dscn480801
ドッキング中

Dscn481001
かなり容易にドッキング出来ました

ちなみに、スバルの時もそうですが、エンジンがフロント側に倒れてしまうレイアウトなんで、サポートスタンドで斜めに傾けてミッションをドッキングさせます

って言いますか・・・そうしないと入りません

Dscn481201
デフ側のプロペラシャフトのボルトを取付けます

Dscn482501
ミッションオイルを入れた後

抜く時もそうでしたが、マフラーフロントパイプは無い状態で作業します

出来ないことは無いですが・・・単純に邪魔なので

ちなみにミッションオイルは、オートマ用のオイル(ATF)です

さすがアメ車と思いますが、高いレース用のオメガ製やレッドライン製などのミッションオイルなんかもほぼATF素材なんで、ありだと思います(国産でもFF車用のマニュアルも設定がありますが

Dscn483801
クラッチワイヤー取付後

V8の大排気量マニュアルミッションなのにワイヤー式を使える理由は、ずばり、レリーズフォークのレバー比でしょうね

ベルハウジング自体が大きいからですかね(他にも工夫はありますが)。

Dscn484301
セルモータのカプラーもショートしないように収縮チューブで絶縁しました

Dscn484501
マフラーを組付けて完成です

外した後の組付けなんで、サクサクと進めて来ましたが無事に完成いたしました

しかし・・・エンジンマウントには苦労したなぁー

« フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その2(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その2(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ