« メルセデス・ベンツBクラス、ETC交換編(^^; | トップページ | フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その2(^^; »

2018年6月 2日 (土)

フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その1(^^;

湿度が少ないと過ごしやすいのですが、やはり気合を入れて作業すると汗が出てくるので、パワーを掛けるような作業は汗だくでの作業となりますねeyesweat01

さて、7年ほど前にクラッチ交換をしたマスタング・コブラですが、またクラッチ交換と追加でエンジンマウント交換でご入庫となりましたpaper

まずは、クラッチオーバーホール作業をしつつ、エンジンマウントも同時進行で作業しますscissors

Dscn473501

マスタングには、OHVのV6エンジンとツインカムV8エンジンがありますがこれにスーパーチャージャーを搭載したのが映画でも有名なマッドマックスに出てくるインターセプターカーです!シフトレバーにあるスイッチを入れることでスーパーチャージャーのクラッチが入って、恐ろしい加速をするのを見た方は多いと思いますscissors

※間違ってたらすみませんhappy01

余談になりましたが、過去の作業の時は、まだ、ブログではなくてホームページの作業履歴でお伝えはしました、今回はリンクを貼りませんがホームページの作業履歴から2011年をクリックしていただくと2011年3月作業履歴の最初に乗っていますpaper

Dscn473601
クラッチオーバーホールだけだと矢印の補強バーを外さないのですが、今回はエンジンマウントも交換するので、外しますsign01

Dscn473801
外した後

当然、斜めにしたり、上に上げたり下げたりするので、無理が掛かりそうなホース類や配線などは事前に外しておきますpaper

Dscn474001
次に、チェンジレバーを外しますsign01

FR車ではあるあるですhappy01

次に・・・

Dscn483201
クラッチワイヤーを外します

Dscn483001
外した後

クラッチオーバーホールしたルノーと一緒で、ワイヤー式なので、事前に外しますscissors

ルノーと同じで、ペダル側に自動調整機構があるので、こちらを先に外さないとミッション側が外せませんcoldsweats01

ただし、腕力に自身がある方はレリーズフォークから外しても問題はありませんが、多分無理bleah

Dscn474601
次に、邪魔なフロントパイプ(マフラー)を外します

Dscn475001
セルモーターを外すのですが、ここでびっくりな配線を見てしまいましたshock

いくら、セルモータを回すだけのスイッチ側配線とは言え、むき出しとは・・・sadこれはやばいですwobbly

後で直すとして次へ

Dscn475401
レリーズフォーク側です、ワイヤーを外した後ですsign03

Dscn475601
ほぼミッションを降ろす状態になりました

Dscn475901
FR系のミッションを降ろすのはGTRとRV系以外は楽勝ですeyesweat01

Dscn476101
交換前のクラッチカバー側

Dscn476301
レリーズベアリング側であるミッション側

Dscn476401
写真左が新品です

ここからは、エンジンマウント交換編へと進めたいと思いますが、最初に言い訳ならぬ説明をhappy01

通常なら、エンジンとミッションを分離した状態でエンジンマウントを交換するにはリスクがあって、通常なら、エンジンとミッションが付いた状態のまま、エンジン側を吊る状態にしてからメンバーを落としてマウントを交換するのがベストと言いますか安全な作業方法だと思います、

ただ、アメ車の場合、サスペンション形式が変わっておりまして、基本構造はマクファーソンタイプに近いのですが、サスペンションがショックアブソーバーと別になってる半分ウィッシュボーン式になっていますbleah

もう少し判りやすく言うと、ショック側はマクファーソンと同じ方式で、サスペンションであるコイルは、ロアアームに付くタイプsign03 普通にウィッシュボーンタイプで良いと思いますが、ダブルウィッシュボーンではないと言うことですhappy01

実は、エンジンマウント交換で、エネルギー消耗が激しく店主もさすがに疲れてしまいまして、今宵はここまでしか書きませんが、次回で、状況を説明して行きますhappy01

続くgood

« メルセデス・ベンツBクラス、ETC交換編(^^; | トップページ | フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その2(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/66787263

この記事へのトラックバック一覧です: フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その1(^^;:

« メルセデス・ベンツBクラス、ETC交換編(^^; | トップページ | フォード・マスタング・コブラ、クラッチ交換とエンジンマウント交換編その2(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ