« ダイハツ・ムーブL900系、CVTミッション・走行出来ない&まさかの新品不良トラブルその2(^^; | トップページ | マツダ・RX8、ショックアブソーバー異音修理(^^; »

2018年6月25日 (月)

マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その6(^^;

今日は、暑かったですねぇー、工場の温度計は午前中にもかかわらず35℃を超えてましたよsadsweat01

梅雨明けの真夏日みたいですshock

まさか、沖縄と一緒に梅雨明けしたんじゃないですよねcoldsweats01

さて、別件ですが昨日のブログで書いたムーブですが、無事に初期不良の判定が出まして、ダイハツ部品から了解を得ることができました、今後アップしていきますが、うまく示談出来ることを期待したいと思いますので、初期不良で泣き寝入りしてる方の手助けと言いますか、今後の参考にしていただけると幸いです(リビルト部品も同様です)scissors

では本題ですが、納得の行かない店主は、基本に戻ってキャブを取り外して分解するのですが、確認してる時にふと店主はちゃんとオーバーホールしていたんだろうかと疑問に感じ、お預かりしてから、細かく洗浄していないことに気づき、6年前にオーバーホールしたように原点に戻ることにしましたsign03

ちなみに通常なら、一度オーバーホールすると、そんなにする必要は無いのですが、それはあくまでレシプロエンジンの用にガソリンのみ供給してるキャブレターであって、ロータリーはエンジンオイルがキャブに混合される仕組みで、2サイクルエンジンのように綺麗なオイルなら良いけど、潤滑油にも使われてるエンジンオイルをそのまま供給することを思い出し、スラッジの含まれたオイルが供給されるんだから、キャブも絶対、定期的に掃除しないと調子も悪くなるだろうとの結論になりました(言葉に繋がりが無かったらゴメンナサイ)coldsweats01

それとともに、燃料の配管をやり直しましたscissors

まずは、キャブの不具合原因を探しますが、実はビフォーの写真がありませんのでアフターから失礼しますcrying

Dscn531701
写真中央付近が2番ロータープライマリーのベンチュリーですsign03

最初は、2次空気や、ガソリンが多くなり気味だったので加速ポンプからの漏れで多くなってると思っていましたが、エンジンを空ぶかしした際にスモールベンチュリーから出るガソリンの出方が1番側のプライマリー(写真下側)と違うことには気づいてはいましたsign01

ただ、古い車なので、多少の違いが有るのかと思っていましたが、試しにパーツクリーナーの勢いを利用して、実際に似たガソリンの出方を再現してみましたhappy01

ホントなら、ここで動画をアップ出来たら最高ですが無いでーーーすbleahsweat01

面白いことに、1番側プライマリーベンチュリーは綺麗にパーツクリーナーの液体が均等に出ているのに対して、吹き返しが有る2番側ベンチュリーからは、まばらな状態で出てくるではありませんかsign03

もしかして・・・主原因ってこれ?と思いましたが、以前、オーバーホールした時に除去しきれなかったスラッジが蓄積してなったのかなとも思いましたが、あの時は綺麗に掃除したしなぁーとも考えつつ、作業は進みますhappy01

Dscn532001
スモールベンチュリー本体をキャブクリーナーに一晩浸けます

Dscn532301
一晩付けたら・・・結構汚れがcoldsweats01

これだけでは、綺麗にならないので、部品単体を柔らかいブラシで一つ一つ洗い・・・

Dscn532501
贅沢にも、シリコンオフで洗浄

Dscn532601
こちらがアフターですpaper

せっかくなんで、セコンダリーのベンチュリーも掃除しますhappy01

こっちは、あまり汚れてはいませんが、気持ちよく上まで回して欲しいなぁーとの思いでのことですbleah

Dscn532801
セコンダリー側、ビフォー

結構綺麗なんで、ビフォーにならないかもですが・・・happy01

Dscn533101
スプレー式の泡タイプですが、落ち着くと液体に変わります

ホントは、バイク用なんかの強力なキャブ洗浄用の液体が有るそうなんですが・・・happy01

これをそのまま、一晩浸けて掃除すると、先程のアフターになりますsign03

Dscn533301
こちらはすべてのスモールベンチュリー取り外し後のキャブ本体

Dscn533401
スモールベンチュリーにエマルジョンチューブを組んだら、思わぬことが・・・wobbly

写真で見づらくてすみませんが、写真左が1番側(正常)のスモールベンチュリーとエマルジョンチューブで、右側が不具合だったスモールベンチュリーとエマルジョンチューブですscissors

写真だけクリックして見ていただきたいですが、左に比べ右は中央になっていなくて片方によっています(写真一番右の部分です)coldsweats02

この傾きが、スラッジが入ることで綺麗にガソリンが出なくて加速不良の原因だったのでしょうかsign02

これは、組付けてテストしないと解りませんが、この状態では、またトラブルになるかもですから、中央に均等になるように修正はしましたpaper

次回は、燃料ホースの取り回し作業とエンジン始動して、直ったかどうか書いていきたいと思いますhappy01

直ってくれれば良いんだけどなぁーって何度言ってるだろうsmilegood

« ダイハツ・ムーブL900系、CVTミッション・走行出来ない&まさかの新品不良トラブルその2(^^; | トップページ | マツダ・RX8、ショックアブソーバー異音修理(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/66869766

この記事へのトラックバック一覧です: マツダ・コスモスポーツ、エンジン不具合編その6(^^;:

« ダイハツ・ムーブL900系、CVTミッション・走行出来ない&まさかの新品不良トラブルその2(^^; | トップページ | マツダ・RX8、ショックアブソーバー異音修理(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ