« マツダ・RX8、ショックアブソーバー異音修理(^^; | トップページ | スズキ・エブリィDA64系、エンジン交換編その2(^^; »

2018年6月28日 (木)

スズキ・エブリィDA64系、エンジン交換編その1(^^;

昨日から、風が強くて春の嵐プラス温風みたいな天気

日本は、エアコンが無いと暮らせない環境になりつつありますね

さて、本題から少しズレますが、コスモスモーツ

治ると信じてたんですが原因不明で、完全に暗礁に乗り上げてしまいました

基本である、燃料、圧縮、点火の整備調整はしたので、ここからは何が悪いのか?残る場所は限られていますが、取り敢えず無念ですが一度お返しすることになりました

さて、本題になりますが、今回はエンジンオーバーホールではなく、リビルトエンジンを載せ替える作業になります

ちなみに、一緒にラジエータ、エアコン関係、オルタネータの交換と、各種追加メーターの取付けも行います

Dscn537201

エンジン交換だけなら、この状態のままですが・・・

Dscn537301
エアコンガス回収中

コンデンサー、コンプレッサーなどを交換するので、フロントバンパーを外してあります(ラジエータも交換です)

Dscn537501
取り外し作業中

Dscn537801
エンジンルーム

お気づきな方もいるかと思いますが、以前のエブリィ系ならセンター部分にパーキングも含めワイヤーがあり、面倒だったんですが、この型式になってからスッキリしています(オートマのみ)

エブリィの場合、ダイハツのハイゼットに比べ、コンピュータ関係の配線はすべてエンジンルーム内に有るので、ハイゼットの用に室内にコンピュータが設置されていない分、楽ですね

Dscn538301
油脂類の抜き取り中

Dscn538601
降ろす準備ができました

Dscn538801
降ろし中

Dscn539101
角度を変えて

細かいホース類の取り寄せに手間取りまして、部品が揃うのに時間が掛かり、気がつけば2週間近く

リビルト部品は外した部品を送り返さないとなりません

ただし、2週間はあくまで目安で、実際は1ヶ月以内に返せれば、ペナルティは発生しませんが、次のお客様にリビルトエンジンを送る業者様に取って、早く戻って来た方が良いに決まっていますから、最悪エンジンだけでも早めに送るため、作業を・・・

Dscn539301
無事にエンジン・ミッションごと降ろしました

次回からは、リビルトエンジンに補機類を組み替えて行きますが、いきなりアクシデントございますが・・・続く

« マツダ・RX8、ショックアブソーバー異音修理(^^; | トップページ | スズキ・エブリィDA64系、エンジン交換編その2(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スズキ・エブリィDA64系、エンジン交換編その1(^^;:

« マツダ・RX8、ショックアブソーバー異音修理(^^; | トップページ | スズキ・エブリィDA64系、エンジン交換編その2(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ