« ホンダ・エリシオンRR系、チューニング編その5、ブレーキパッド交換編(^^; | トップページ | ルノー・カングー、クラッチオーバーホール編その2完成(^^; »

2018年5月10日 (木)

ルノー・カングー、クラッチオーバーホール編その1(^^;

本日も寒い1日になりましたwobbly

本題の前に、我が家のツバメ夫婦も巣が無事に完成し5個の卵を生み、現在・・・

Dscn398601
温め中scissors

でも、すごいところに作ってくれたんで、生まれた後のフンの処理をどうしようかと考え中の店主ですcoldsweats01

さて、4年ほど前に同じ型式のカングーのクラッチオーバーホールをアップしたことがございますが、前回は、年末に近い時期でもあり、詳しくお伝え出来なかった事もありましたので、今回は、少し写真の量も増やしてお届けしたいと思いますpaper

では、作業車両から・・・

Dscn398901

昨年、車検でお世話になったカングーですが、車検時にクラッチが重いので、そろそろ交換時期が近いのはお伝えした記憶がございますが、今回ご入庫となりましたscissors

Dscn399101
まずは、口型のメンバーを外すのですが・・・

先にミッションオイル抜き取りから

Dscn399301
ミッションドレンプラグ

見た感じ、スズキやホンダの様なドレンプラグですが、全く違うので特殊工具必須ですsign03

店主は昔、アルファロメオ用に自作した工具を持っているのですが、この工具がなんとドンピシャsign03

Dscn399501
ボルトベースで作った専用工具

ただ、焼入れしてないから硬いと、ねじれちゃうのが難点ではありますが、壊れたらまた作ればみたいな感覚なので気にしてませんbleah

Dscn399601
少し硬かったですが無事に外れましたscissors

ここから、口型のメンバーを外す作業になるのですが、ルノーはクラッチペダルからの操作を油圧を使わずワイヤー式を採用していますscissors

当然ですが、ミッションを降ろすので、ついでに面倒であるクラッチワイヤーも交換するために、最初のうちに処理しますhappy01

実は、先に室内側のワイヤーを外しておかないと、ミッション降ろした時にリフトを上げたままになるので、室内に入って作業するのが難しいからです(後に分かります)bleah

Dscn400601
室内のペダル(写真左がクラッチペダル)

Dscn400001
クラッチワイアー

店主は、取外しが面倒なんでワイヤーを切断して外していますhappy01

Dscn400401
矢印のところに本来のワイヤーの先っぽが引っ掛りますpaper

前後して失礼しますが次は、いよいよメンバーの取外しですが下準備をhappy01

Dscn400801
ボンネット、グリルを外した後

メンバーに固定する用になってるラジエータとコンデンサーを梱包用のPPバンドで、脱落しないようにフロントアッパーサポートにくくりつけますpaper

Dscn401101
この状態で上から外せる部分を取外して行きます

Dscn401301
次はドライプシャフトを外します

この作業は、メンバーを外してからの方が楽かなと思いますが、何故か先に作業を始めていましたcoldsweats02

Dscn401501
右はすでに取外し

Dscn401801
左ドライブシャフト

前回もアップしてますが、珍しいタイプなのでもう一度載せましたbleah

Dscn402001
左のドライブシャフトを外したミッション側

Dscn402201
次は、チェンジレバーの操作ロッド

店主は調整するのが面倒なので、根本から外していますcoldsweats01

Dscn402401
メンバー取り外し後

こいつが外せると一気に作業が楽になりますeye

Dscn402501
ちなみにメンバーを外した後のラジエータとコンデンサーですsign01

Dscn403001
ミッション取外し中

外す時は、以外に簡単に行くのですが・・・

Dscn403201
無事にミッションが降りましたscissors

この写真と一つ前の写真を見ていただけると解っていただけると思いますが、エンジンを宙吊り状態にしてしまうので、サポートスタンドをそのまま固定した状態になりますhappy01

先にクラッチワイヤーの取外しを書きましたが、この状態でワイヤーを室内から外すのは大変なので(前回、大変な思いをしてますshock)過去の経験上、外した方がオススメですhappy01

ちなみに、リジットラックで作業する場合はこの限りではありませんcoldsweats01

Dscn403401
外す前のクラッチカバー

Dscn403801
外したクラッチカバーとディスクsign03

もうズルズルwobbly

Dscn403501
フライホイール

意外に減りが酷かったせいで、ディスクプレート盤(ブレーキパッドみたいな部分)を止めてるリベットが少し当って削れていましたcoldsweats02

ただ、浅い方なので、再利用しますが次は交換ですねhappy01

本日はここまでになりますが、次回は完成までお伝え出来ると思いますgood

« ホンダ・エリシオンRR系、チューニング編その5、ブレーキパッド交換編(^^; | トップページ | ルノー・カングー、クラッチオーバーホール編その2完成(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/66705651

この記事へのトラックバック一覧です: ルノー・カングー、クラッチオーバーホール編その1(^^;:

« ホンダ・エリシオンRR系、チューニング編その5、ブレーキパッド交換編(^^; | トップページ | ルノー・カングー、クラッチオーバーホール編その2完成(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ