« ホンダ・エリシオンRR系、チューニング編その4、リジットカラー取付け編(^^; | トップページ | ルノー・カングー、クラッチオーバーホール編その1(^^; »

2018年5月 8日 (火)

ホンダ・エリシオンRR系、チューニング編その5、ブレーキパッド交換編(^^;

半袖でもOKだった陽気なのに今日は、軽くジャンパーを着ないと寒い1日でしたね

さて、相変わらずリアルタイムな作業ではないのですが今回は、社外のストリート系強化ブレーキパッド交換編を

Dscn379101
プロジェクトμのブレーキパッド

当初は、エンドレスの強化パッドをチョイスするはずでしたが、電子式パーキングシステム対応のパッド設定がないため、こちらを選択

プロジェクトμは、ブレーキダストが少ないタイプの設定が選べるのとコスト的にもリーズナブルなメーカーなので、店主もオススメなパッドではあるんですが・・・

ただ、後で分かりますがパッドのミスが後で発覚して、パッド交換で4日も掛かるという自体になったのですが、順番で説明しますね

まずは、フロントのブレーキ交換から

Dscn379401
その前に、ブレーキフルードを少し抜きます

ディーラーで車検整備をしたばかりなので、MAXまでフルードが入っているので、キャリパーを縮める分、フルードが溢れてしまうから、抜き取って起きます

ちなみに、店主がホンダのディーラーにいた時、ブレーキフルードはDOT-4が標準で使われていましたので、多分同じだとは思いますので フルードの入替えは今回しません

Dscn379601
フロントブレーキ

ボディーの割にローターが少し小さいような・・・

Dscn379801
純正パッドはまだまだたっぷりありますが・・・

説明する必要はないかなと思いましたが、ブログを見て頂いてる方が全て詳しい方では無いかも知れませんので、何故スポーツパッドに交換する事になった詳細を

要は、ブレーキを踏んでも甘くて効かないので何とかならないかと言うのがそもそもの交換理由でして、ただ、強化パッドがそれほどの効果が在るのかと言うのは、お客様の環境にもよります

つまり、頻繁にブレーキを踏む人(一般道など)や高速でも少し強く効いて欲しい方はフェードしにくいストリートタイプを選択すればいいし、高速道路やサーキット場などで、一気にブレーキングして止まりたい方は、もっと強化タイプがオススメです。

ただし、デメリットもあるので環境に合わせてチョイスしないと有効的に活用が出来ないので、選択ミスをすると、強化にしたのに止まらないなんて本末転倒になりかねません

少し余談になりましたが続きを

Dscn380401
キャリパーピストンを縮めた直後

こちらも、余計なお世話かも知れませんが、ピストンを一気に縮めると、ゴムブーツが空気によって膨れてしまいます

このまま組み付けるとピストンとパッドの間にブーツが噛み込んでしまいブーツ切れの原因になりますので、必ず空気を抜きましょう

ちなみに、膨れると言うことは、中に水の侵入が無い目安にもなりますしね

Dscn380501
アフター(空気を抜いた後)

Dscn380201
パッド取付後

写真は右側ですが左も同じに交換して完成となります

次は、まさかのトラブルになったリヤブレーキです

Dscn380801
キャリパーに太いコードが見えてるのが電子ブレーキ用のカプラーです

最近の車は、電子式駐車ブレーキシステムが多くなっています

一番わかり易いとトヨタのアルファード(現行)なんかが採用しています

アルファードの電子式タイプは、今回のタイプと違い、ほぼ自動で作動するタイプなんで、パッド交換時は面倒なんだろうなと思いますが、エリシオンのは、ただ単にパーキングのオンオフだけなので、エンジンを停止してから1分以上置いた後にカプラーを抜けばOKです(パーキングを掛けない事当たり前か

Dscn381001
リヤキャリパー取り外し後

後は、シビックやインテグラのキャリパーと同じでねじ込んで行くだけでピストンは縮んで行きます

Dscn381201

パッドを交換しようと箱から出したら・・・???

なんかピストン側(奥側)のパッドが4枚入ってる???

これでは、外側のキャリパーの爪の部分がパッドの出っ張りに当って取付けできません

部品商に電話するも、「合ってる」の一点張りで、詳しく説明をすると直接プロジェクトμに問い合わせてくれとの事で、電話して説明したら、間違えてピストン側のパッドを入れてしまったとのこと

こんな事ってあるんだね

急遽、プロジェクトμに着払いで直送掛けて送り直してもらいましたよ

で、届いたのが・・・

Dscn393201
これです

社外強化パーツのあるあるネタですが、仕方ありませんね

気を取り直して交換していきます

Dscn393401
組付中

Dscn393501
カプラーを付けて完成です

最後は、当たり前なことですがブレーキペダルを何度も踏んで、ペダルが上がりパーキングを作動させてロックがちゃんと出来ていれば、とりあえず完成です(テスト走行はします)

次回は、いよいよショック&サス交換編とオーディオの一部配線変更をして完成となりますが、なんせ部品が欠品でまだ届かないので、しばらくエリシオンはお預けとなりました

届き次第、アップさせていただきます

« ホンダ・エリシオンRR系、チューニング編その4、リジットカラー取付け編(^^; | トップページ | ルノー・カングー、クラッチオーバーホール編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ホンダ・エリシオンRR系、チューニング編その4、リジットカラー取付け編(^^; | トップページ | ルノー・カングー、クラッチオーバーホール編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ