« スズキ・エブリィ、燃料ポンプ交換、デフオイル漏れ修理、ブレーキシュー交換編(^^; | トップページ | フォルクスワーゲン・ビートル、エンジントラブル編(^^; »

2018年5月17日 (木)

ホンダ・ビート、車検整備編(^^;

5月の半ばって、まだ過ごしやすい陽気だった様な気がしますが、真夏日に近い暑さが続きますねhappy01

関東も明日までとも言ってますが、この時期は天気予報も外すことが多いので微妙ですcoldsweats02

さて、ホンダ・ビートの車検整備になりますpaper

Dscn419401

修理や車検などで、他のビートのご入庫はありますので、経験は有るのですが、一番のネックはやっぱ幌ですかねcoldsweats01

対外の幌は、年数が経って劣化して固くなってしまい、エンジンルームを確認する際に外せなくて苦労を良くしておりましたが、今回のビートは、嘘の用に幌が柔らかく、整備する側にとってあ大変楽なお車でしたeyescissors

Dscn419701
まずは、フロントフードを開けた状態

Dscn419801
トランクフードを開けると一部エンジンルームが覗けますsign03

Dscn420101
ミッションオイルが少し漏っていましたsign03

ここに関しては、ドレンボルトの締付が悪くて漏っていただけなので閉め直してOKsign03

ちなみに、オイルの量を確認したら問題はありませんでした(きちんと給油口を外して確認済ですsign01paper

Dscn420301
ブレーキパッドが残り少ないです

パッドに関しては、早いうちにブレーキローター交換又は研磨も含め検討してるようなので、とりあえず車検は通しましたhappy01

別に法に触れてはいませんeyescissors

Dscn420501
リヤも少なめですが、フロントよりは問題ないレベルですscissors

Dscn420801
さて、肝心なエンジンルーム

Dscn421001

せっかく幌を外してエンジンルームを開けたので、エンジンオイルもここから給油し、クラッチレリーズもオイル交換をしますscissors

Dscn421201
エアーエレメントは大丈夫でした(トランクルームから)

Dscn421401
クラッチフルード抜取り中

ちなみに写真上の下には燃料タンクが付いています(イメージ的には安全タンクみたいな物が付いています)bleah

特に交換部品などは無いので、普通に車検整備して完成となりますが・・・

Dscn421601
スペアータイヤの空気圧は忘れませんscissorssign03

無事に車検は合格し、後はお客様にお渡し出来るようにするのみになりましたpaper

車検整備ネタが続きましたが、いよいよエリシオンの完成編ですpaper

履歴がございますので

« スズキ・エブリィ、燃料ポンプ交換、デフオイル漏れ修理、ブレーキシュー交換編(^^; | トップページ | フォルクスワーゲン・ビートル、エンジントラブル編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/66730489

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ・ビート、車検整備編(^^;:

« スズキ・エブリィ、燃料ポンプ交換、デフオイル漏れ修理、ブレーキシュー交換編(^^; | トップページ | フォルクスワーゲン・ビートル、エンジントラブル編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ