« スバル・レガシィBE5、車検整備編その2(^^; | トップページ | ホンダ・インテグラDB8、ブレーキマスターシリンダO/H、オイル漏れ修理編(^^; »

2018年3月12日 (月)

ホンダNSX・NA1、エアコン修理編その1(^^;

今日も花粉症ネタですみませんcoldsweats01

本日は、天気が良く花粉が多い予報なんですが、鼻水、クシャミともに何にも出ずsweat01

やっぱ、紛らわしい風邪だったのかcrying

それはそれで良いんですが・・・

さて、今年早々に車検でお越しのNSXpaper

その時は、車検だけ終わらせお渡しをしたのですが・・・

Dscn252001

ただ、車検の時に、エアコンが壊れているとのことで、時期を見てご入庫するお約束をしておりましたeye

これから暑くなる時期が来ますので、早い段階でエアコン修理をすることになり、ご入庫いただいたのですが、これがまさかの、かなり厄介なエアコン修理になるとは思っていなかった店主ですが、お預かりする前は気づきもしていなかった店主ですwobbly

まずは、車検でご入庫時に不具合は聞いておりましたので、チェックしたところ、エアコンコンプレッサーのマグネットクラッチ自体に電源が供給されていないことが解っておりましたsign03

ところが・・・

Dscn252801
コンプレッサーリレーの断線確認中

当初は、コンプレッサー用にリレーが付いていたので、リレー本体の不具合と思っていましたsign03

ところが、リレー自体も不具合は無く、しかも主電源側からリレー、コンプレッサー側まで断線などの不具合も無く、どうやらリレー本体に電源を入れる側の不具合と判明sign03

そちらは、ディーラーに配線図をもらうようにFAXをしておいて、根本であるエアコンコンプレッサーの起動とガスの有無をチェックpaper

やはりエアコンガスは入っていなかったので、エアコンガスとガス漏れ検知液を入れて・・・

Dscn255501
コンプレッサーが回らないので、強制的に回すようにスイッチを付けましたscissors

Dscn255701
無事に回ったら???詰まっていますcoldsweats02

無事にコンプレッサーが回ったと安心したら、低圧が正圧から負圧に変わるではありませんかsweat01

やっぱ、コンプレッサーが壊れてしまったせいで、エキパンが鉄粉で詰まってしまっているようですwobbly

これだと、せっかく入れたガス漏れ検知液も機能しませんshock

ガスが漏れた後の有無を確認しながらの分解洗浄する事になりそうですpaper

エアコンの不具合状況はある程度は、ハーク出来たので肝心なコンプレッサーリレーに電源が来ないと言うかアース出来ない根源を調べますeye

Dscn255901
配線図その1

Dscn256201
配線図その2

ディーラーからいただいた配線図を見ると・・・不幸な事にECU(エンジンコンピュータ)にアースするようになってるでは無いですかcoldsweats02

ニッサンのスカイライン系もアース側に使われているのとおんなじですcrying

しかも、いただいたFAXはこれだけsad

せめて、ECUカプラーが何ピンタイプか教えて欲しいと言ったのにも関わらずこれだけのFAXですwobbly

配線の色は解っても、同じ色は多数使われているのに酷いよホンダさんcrying

仕方が無いんで一つづつ探すしかありませんhappy02

Dscn259201
SPOONのチューンコンピュータが入ってましたscissors

Dscn259401
内張りを外して作業しやすくしました

Dscn259901
リレー側、コンピュータへ行く配線に繋ぎ・・・

Dscn259601
同じコード色を探したところヒットscissors

Dscn259801
断線してないことが判明happy01

でも、断線してたら探すがもっと大変だっただけにある意味ラッキーだけどある意味、コンピュータが壊れていることが判明する結果にshock

Dscn260201
こんな感じで調べています

実際に、カプラーを元通りにして、エンジン始動後、エアコンスイッチを入れて短絡のチェックもしたのですが、変化が無いことからコンピュータが壊れていることが確定しましたcoldsweats02

しかも、中古も無いし、ましてやロムの書き換えをしてるコンピュータsign03

中古なんてありませんし、ヤフオクで探したら新品より高い値段で販売してる始末sign03

ロムの書き換え済なコンピュータなら、中古でも価値は捨てがたいですがただの純正sign02

新品の値段も調べないでオークションで販売してる業者など信じるに足りませんsign03

結局、お客様からの許可もあり、新品コンピュータを購入する形になりました(この後ロムの書き換えをするかは不明です)。

最後に・・・

Dscn252301
高圧側

Dscn252501
低圧側

旧ガスタイプですが、レトロフィットを使い新しいガスであるR134aに変更するので、続きを乞うご期待sign03

って、パーツ入りにくいんでだいぶ後になりますgood

« スバル・レガシィBE5、車検整備編その2(^^; | トップページ | ホンダ・インテグラDB8、ブレーキマスターシリンダO/H、オイル漏れ修理編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/66489907

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダNSX・NA1、エアコン修理編その1(^^;:

« スバル・レガシィBE5、車検整備編その2(^^; | トップページ | ホンダ・インテグラDB8、ブレーキマスターシリンダO/H、オイル漏れ修理編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ