« アルファロメオ156、エアコン修理、足回り交換他その7(^^; | トップページ | ニッサン・ステージア・オーテックバージョン、足回り交換とデフ交換編その2(^^; »

2018年2月27日 (火)

ニッサン・ステージア・オーテックバージョン、足回り交換とデフ交換編その1(^^;

本来なら、アルファロメオの続きで完成編をお伝えできる予定でしたが

まさかのアクシデント発生

続編は、少し遅れます

今回は、リアルタイム作業ではありませんが、GTRと同じエンジンを積んだオーテックバージョンのショック交換とデフの交換を

Dscn203701

Dscn204501

Dscn206601
交換前のフロント

Dscn206801
同じくリヤです

Dscn207001
左が取付ける中古ショックで、右が外したショック

持ち込み部品なのですが、ご丁寧に左右の表記をしていたんで、取付けが楽だなぁーと思っていたら・・・

Dscn207401
こっち側は右なんですが、何故かショックにはLの字が

Rって表記してるから、取付けるもハマらなく????状態

もしかしてと思いLとマークしてる側を組付けてみたら組付け完了

まさかと思いリヤも試したら・・・

Dscn208101
右側なのにL字マーク

売る際か?外した際に間違えたのか?親切なのは嬉しいが、間違えていると大きなお世話になってしまいますよね

中古部品だけに有る有るネタですけど

さて、無事にショック交換が終わり、デフの交換になるのですが、まずは中古で購入したデフを確認します

Dscn204901
中古の純正デフのカバーを外した状態

とても綺麗だったので、オーバーホールせずにデフごと交換する事になりましたが・・・

実は、最大の落とし穴がありましたよ

Dscn205001
持ち込まれたデフ

Dscn206401
ステージアのデフ

持ち込まれたデフは、R33用の純正機械式デフで、通常、4WD車のデフの上にはトルク制御するためのアキュームレータが付いていて、当然ですがデフケースにもアキュームレータを取付ける台座のようなボルト固定ステーが鋳物で付いていますが、持ち込まれたのには付いていません

Dscn2296
左が外したステージア用で右が持ち込まれたR33デフ

明らかに違いは歴然ですね

お客様と相談後、せっかく分解するならオーバーホールをして欲しいとのことで、次回は、オーバーホールからアップして行きます

« アルファロメオ156、エアコン修理、足回り交換他その7(^^; | トップページ | ニッサン・ステージア・オーテックバージョン、足回り交換とデフ交換編その2(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« アルファロメオ156、エアコン修理、足回り交換他その7(^^; | トップページ | ニッサン・ステージア・オーテックバージョン、足回り交換とデフ交換編その2(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ