« スズキ・エブリィ、エンジンオーバーホール編その8(^^; | トップページ | BMWミニ、足回り、その他交換編その3(^^; »

2018年1月19日 (金)

ホンダ・NSX、NA1車検整備、オイル漏れ修理編(^^;

またまた冒頭から失礼致します

レガシイのメーター見積でお問い合わせのお客様がいるのですが、返信してもことごとく戻って来ます。このブログを見ていただいていたら、ドメインの解除もしくは、正確なアドレスを記載して問い合わせいただけますと幸いでございます。

何せ、こちらが悪くないのに返信が来ないと言われるのが非常に苦痛ですので、お願い申し上げますm(_ _)m

さて、余談になりましたが、本題へ

車検整備とエンジンからのオイル漏れでご入庫のNSX

Dscn101901
ちなみにリアルタイムではありません

Dscn102101
フロントブレーキ

Dscn102201
リヤブレーキ

Dscn102601
ブレーキフルード交換(写真右はDOT3)

前回の車検から走行距離も少ないため、ブレーキ回り足回りなど問題が無いのでフルードの交換のみちなみにクラッチフルードは通常のDOT3で交換です

さて問題のエンジンオイル漏れですが・・・

Dscn102501
オイルパンパッキンからの漏れ

この時代のホンダ車は、何故か液体パッキンを嫌いゴム製のパッキンを使ってることが多く、NSX以外でもシビックからレジェンドまで皆ゴムパッキン

このパッキンの悪いところは、締めすぎても緩すぎても漏れるのが最大の難点

通常だとどうしても強めに締めすぎてしまいがちゴムも年数経つと劣化するから悪循環ですね

多分、定期交換部品なのでしょうが、何故このパッキン

ホンダってエンジンの作りは良いのに変なところが、ぬけさくなんですよね嫌いじゃないけど

Dscn103001
まずはオイルを抜いて

Dscn103201
邪魔なフロントパイプを取外し

Dscn103401
これで作業が楽になります

Dscn103801
取り外し後

Dscn103501
オイルパンです、少しオイルが残ってるので捨てます

Dscn104001
新品パッキンを付けて組付けて行きます

Dscn104301
取付後

この後、しばらくエンジンを掛けたまま様子を見ていましたが漏れは止まったようです

無事完成となりました

« スズキ・エブリィ、エンジンオーバーホール編その8(^^; | トップページ | BMWミニ、足回り、その他交換編その3(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ・NSX、NA1車検整備、オイル漏れ修理編(^^;:

« スズキ・エブリィ、エンジンオーバーホール編その8(^^; | トップページ | BMWミニ、足回り、その他交換編その3(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ