« マツダ・RX-8、車高調取付編(^^; | トップページ | ニッサン・エクストレイルNT30系、クラッチ交換と車検整備編その1(^^; »

2017年12月 5日 (火)

スズキ・エブリィ、エンジンオーバーホール編その1編(^^;

先月からお預かりしていたのですが、予定がズレてしまいようやく作業を進める事が出来ましたので、アップさせていただきますscissors

Dscn028801

Dscn028901
まずは、圧縮測定する準備をsign01

Dscn029001
やはり、型が新しいのですが、スズキ特有の2番気筒圧縮無し状態wobbly

しかも、イグニッションコイルも1番と2番がダメになっているので、重なったトラブルの状況ですpaper

多分、シリンダーヘッドに組まれている、バルブの不具合が原因で圧縮が無くなっていると思いますが、ここは分解して見ないと解らないので、ヘッドオーバーホールするより、まるごとエンジンオーバーホールをすることでお客様から了承経ての作業となりましたhappy01

Dscn029301
まずは、油脂類を全て抜きます

Dscn029401
アングルを変えてeye

Dscn030201
エンジン側の処理中

ここで、意外な不具合が・・・

Dscn029501
デフのピニオンオイルシールが漏れていました

エンジンオーバーホールしても、こんな場所が不具合が有っては、意味が無いので交換作業の見積に入れる予定ではございますが、車検で来てる訳でも無いし、綺麗に拭けば問題ない部分ですsign03

でも、長い目で見ると交換はした方が良い箇所ですsign01

Dscn030501
エンジン降ろし作業中

当初、4WD車なので、ミッションえお降ろしてからエンジンを降ろす予定でしたが、意外にも、単体で外すのが面倒だった為、結局ミッションごと降ろしましたhappy01

Dscn030701
作業中

Dscn032101
ミッション外し後

実は、エンジンごと降ろした直後の写真を撮っていたはずなのですが、ありませんcoldsweats01

カメラの不具合が原因なのかsign02

店主のミスかsign02多分後者ですねcrying

Dscn032301
エンジンスタンドにセット前の作業

Dscn032501
クラッチディスクは、微妙です

Dscn032701
エンジンスタンドに取付け完了

ここから、オーバーホール作業の続きを進めて行くのですが、年内間に合うかなぁーbleah

« マツダ・RX-8、車高調取付編(^^; | トップページ | ニッサン・エクストレイルNT30系、クラッチ交換と車検整備編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/66126401

この記事へのトラックバック一覧です: スズキ・エブリィ、エンジンオーバーホール編その1編(^^;:

« マツダ・RX-8、車高調取付編(^^; | トップページ | ニッサン・エクストレイルNT30系、クラッチ交換と車検整備編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ