« トヨタ・スターレットEP91、エンジンオーバーホール編その2(^^; | トップページ | ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その1(^^; »

2017年10月23日 (月)

スバル・R2、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換編(^^;

昨夜の台風は凄かったですね

選挙も在ったので、少し遅くまで起きてましたが、風が強くて、回りが畑の店主宅は、家が飛んでってしまうかと、選挙の寝不足プラス&台風寝不足になってました

さて、足元の悪い中、ご予約でご来店のスバル・R2ですが、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換を

Dscn914501

この車種には3種類のエンジンがありまして、普通のシングルカムエンジン、ツインカムエンジン、スーパーチャージャー付ツインカムエンジンとあります

今回のR2はシングルカムエンジン

それでも、OEMに変わったサンバーに比べると面倒な部類になりますが、ツインカムでは無いので、ここはサクサク進めて行きます

Dscn914701
作業前のエンジンルーム

Dscn914901
タイミングカバー取り外し後

Dscn915101
下からの写真

どうやら、オイルシールからのオイル漏れが無いので、交換は今回しません

Dscn915401
写真左が新品、右が取外した部品

Dscn915601
外した後のエンジン側

R2もそうですが、ヴィヴィオやプレオなど、一番面倒なのがウォーターポンプ

スロットルボディに冷却水を送るバイパスホースがあるのですが、これがオルタネータなどのステーの隙間を通っていて、外すのは簡単ですが取付けが大変なんで、皆さん嫌がってる難所でしょうか

店主も嫌ですけど

横着して時間が掛かるのであれば、面倒でもステーを外した方が逆に楽ですからね

さて、ここからはもちろん逆の手順で組付けていきます

Dscn915901
ウォーターポンプ取付け後

面倒な部分の写真は撮り忘れた毎度ですみませんm(_ _)m

Dscn916101
ベルト組付け後

店主は、必ずクランクシャフトを回して、合わせマークの再確認を必ず行いますが、メーカーのサービスマニュアルによっては、回さないようにとの支持がある車種もあるので、気を付けてくださいませ

Dscn916201
タイミングカバーなどを取付けて最終段階です

最後に、エアークリーナーボックスが知恵の輪に近い作りにホンダ車を思い出しましたよ

Dscn916501
外すのは簡単ですが・・・

« トヨタ・スターレットEP91、エンジンオーバーホール編その2(^^; | トップページ | ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« トヨタ・スターレットEP91、エンジンオーバーホール編その2(^^; | トップページ | ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ