« ニッサン・セドリックY31、エンジン、足回り、ブレーキ修理編(^^; | トップページ | ダイハツ・アトレークラシック、エンジンオーバーホール編(^^;その5 »

2017年10月 3日 (火)

ダイハツ・アトレークラシック、エンジンオーバーホール編(^^;その4

相変わらず、リアルタイムネタでは無いのですが、キャリパーオーバーホールネタが続くのも何なのですがcoldsweats01後日アップすることにで・・・

アトレーの続きを・・・eyesweat01

Dscn834101
インテークバルブの清掃から

Dscn834301
新品エキゾーストバルブ

今回、スラッジとクランクメタルの損傷の酷さも有って、エキゾーストバルブの損傷も著しい為、新品を選択scissors

Dscn834601

バルブ擦り合わせをしますeye

Dscn834901
インテーク、アフター

Dscn835101
インテーク、ビフォー

Dscn835301
エキゾースト、アフター

Dscn835501
エキゾースト、ビフォー

バルブ擦り合わせが完了して、ヘッドを組付けて行きますscissors

Dscn835701
バルブスプリング取付中

Dscn836101
完成

ヘッドの組付けも完了したので、シリンダーブロックへと組付けになりますscissors

Dscn836301
腰下のブロックにヘッドを載せます

Dscn836501
ヘッドガスケットを載せた状態

Dscn836901
ヘッド組付中

Dscn837001
カムシャフト取付中

ここから、カムシャフトホルダを組付けして、バルブクリアランスを確認して、不具合のあるシムを取替える作業となりますsign03

Dscn837201
シムを取外して、確認中

Dscn837501
シムの厚みの確認中

一番厄介な作業になるのですが、バルブ交換や交換してないけど摩耗によるクリアランスの調整をしていますhappy01

これって、一番大事な所で、頭と神経を一番使う部分でもありますpaper

間違ったら、エンジン不調になりますからねbleah

Dscn843901
シムの部品が届くまで、他のパーツを取付けて行きますhappy01

Dscn844201
オイルストレーナー取付け

Dscn844301
オイルパンに液体ガスケット塗って組付けです

Dscn844601
組付け後

ここまで来て、ようやく他の補機類を取り付け出来るまでになったところ、アクシデント発生sign03

実は、古いエンジンスタンドcoldsweats01

とうとう壊れてしまい、エンジンを固定出来なくなってしまいましたcrying

重なる時って、何すかねwobbly壊れるのは機械なので仕方が無いのですが。ここでshockって感じですcrying

取り合えず、新しいエンジンスタンドを購入まで、作業中止になってしまいましたwobbly

10年以上使っていたから、元は取っていますがsweat01重なって欲しくなかっただけに、諦めるしか無い店主でしたcryinggood

« ニッサン・セドリックY31、エンジン、足回り、ブレーキ修理編(^^; | トップページ | ダイハツ・アトレークラシック、エンジンオーバーホール編(^^;その5 »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/65870041

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハツ・アトレークラシック、エンジンオーバーホール編(^^;その4:

« ニッサン・セドリックY31、エンジン、足回り、ブレーキ修理編(^^; | トップページ | ダイハツ・アトレークラシック、エンジンオーバーホール編(^^;その5 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ