« トヨタ・スプリンターAE86、修理編その1(^^; | トップページ | ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その2(^^; »

2017年10月27日 (金)

トヨタ・スターレットEP91、エンジンオーバーホール編その3(^^;

せっかくの晴れも今日まで

しかも台風中々晴れ間が続きませんね

さて、相変わらずご迷惑をお掛けしてるスターレットEP91

ようやく分解したエンジンの測定をアップさせていただきます

Dscn922201

まずは、シリンダーヘッドの歪みから

Dscn922101
シリンダーヘッドは歪みなしでした

続いて、シリンダーブロックなんですが・・・

Dscn921901
シックネスゲージがすり抜けた

2番と3番の間が限度である0.05を超えています

こちらは、ブロック上面研磨しないと駄目です

Dscn922301
次はピストンリングの摩耗測定

Dscn923101
限度内でしたが、オーバーホールなので、交換します

Dscn923401
シリンダーの摩耗限度測定中

光の加減で、ゲージが見えなくてすみません

4気筒分を6箇所、合計24箇所測定したら、平均0.02ミリの摩耗差

限度が0.2ミリなので、ほぼ摩耗なしです

20万キロの走行なのに、オイルメンテの凄さがここに出てるんですが、しかし・・・何故シリンダーブロックが歪んでるんだろう

Dscn923701
ピストンの摩耗限度測定中

ピストンリングの隙間も含め測定しましたが全て基準値内

次は、クランクシャフト

Dscn924001
写真は、コンロッドジャーナル測定中

クランクシャフトのジャーナルに関してもキズ、振れ、摩耗もほぼ無しでした

Dscn924301_2
クランクシャフトの振れ測定中

ちなみに、0.01ミリ÷2=0.005ミリすごい

Dscn924501
コンロッドとの隙間測定中

限度が0.45ミリですから、0.25ミリなら限度内、4箇所平均で0.22ミリでした

後は、シリンダーヘッドのインテーク、エキゾーストバルブの状態を確認して問題なければ、普通のオーバーホールで行けそうですが、ブロックの面研があるので、金額がちょっとプラスかな

最後に、4Eエンジンは、元々アンダーサイズのピストンがありません

マニュアルには、限度を超えた場合、シリンダーブロック交換と書いてあった

他のエンジンは、アンダーサイズの設定があるのにねぇー

« トヨタ・スプリンターAE86、修理編その1(^^; | トップページ | ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その2(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« トヨタ・スプリンターAE86、修理編その1(^^; | トップページ | ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その2(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ