« ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その1(^^; | トップページ | トヨタ・スターレットEP91、エンジンオーバーホール編その3(^^; »

2017年10月26日 (木)

トヨタ・スプリンターAE86、修理編その1(^^;

長期修理が多く、部品待ちの間とかに他の作業をする関係で、ブログが中途半端になって、混乱気味の店主です

さて、以前、エンジン交換をしたAE86ですが、今回は突然の故障になり、急遽お預かりしたのですが、他の作業も一緒に作業となっているので、順番にアップして行きます

まずは、突然エンジンが止まり、イグニッションONにしても電源が全く入らない状態に

Dscn919501

まずは、何が原因なのか?バッテリーを繋いで見た途端・・・ブースターケーブルがどんどん熱くなって煙が・・・

慌てて、ケーブルを外して事なきを経ましたが、いやー焦った

どうやら、配線の一部がボディーにあたってショートしてるようなので、サーキットテスターを使って、バッテリーの配線を1本1本抵抗値を測ることに

Dscn919901
犯人発見

バッテリーのプラス端子から配線が2本と後付けの1本を一つ一つ測定していったら、セルモーターに行く、配線がショートしてることを発見

写真が見づらいのですが、86のセルモーターのプラス端子位置が、シリンダーブロック側に隠れるように付いていて、端子のコードがセルモーターのボディに一部干渉していました。

外して確認すると・・・

Dscn920901
矢印部分が端子むき出しになっていました

通りで、バッテリーの電圧が無くなっている訳です

Dscn921201
ビニールテープをかなり巻いて取付けます

Dscn921501
端子とボディに干渉しないように工夫しました

これで、普通にエンジンが掛かるようになったので、次は故障修理ついでに、ご依頼事項の作業をしますが、最初はラジエーター、ファンカップリング、ヒーターバルブの交換を

Dscn919601
外す前のヒーターバルブ

Dscn919801
すでにラジエーター取外し後

Dscn920001
写真左が新品と中古部品

ヒーターバルブのみ中古での交換となります

Dscn920701
交換後ですが、解りづらいですね

Dscn920201
ラジエーター取付後

Dscn920501
ファンカップリング交換後

Dscn921601
冷却水のエアー抜き中

ヒータバルブを交換したのですが、ヒーターホースは熱いのに室内には温かい風がきません

どうやら室内の空調に問題がありそうですが、もう一つ問題がありまして、やはりバッテリーは死んでました

続く

« ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その1(^^; | トップページ | トヨタ・スターレットEP91、エンジンオーバーホール編その3(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・スプリンターAE86、修理編その1(^^;:

« ニッサン・スカイラインワゴンR31系、エアコン修理、クーリング対策編その1(^^; | トップページ | トヨタ・スターレットEP91、エンジンオーバーホール編その3(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ