« トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その14完成(^^; | トップページ | GMC、バンデューラ、水漏れ修理編(^^; »

2017年9月25日 (月)

スバル・レガシィBC2、エアコン修理編(^^;

希少車が続きます

今年の夏は、オーバーホール系が続いた関係で、エアコン修理はちょっと久しぶりです

さて、エアコンガス漏れでご入庫の初代レガシィ

Dscn782301

実は、店主

初代レガシィは、あまり詳しく無かったのですが、RSタイプR?らしく限定車だとか

エアコンはオプション設定車らしく、スバルに聞いたら、全て生産廃止

まずは、ガスが全く入って無いので、ガスを入れて動くかどうかを確認

Dscn800201
無事にエアコン作動、しかも少ないガス量でも冷えています(最初の写真撮り忘れてしまったので、写真が前後してます)

まずは、第一段階はOK

次は、ガス漏れ確認のために検知液を入れて、しばらく放置

漏れが酷いと1時間もあればすぐに解りますし最悪一晩放置で対外は判明します

Dscn782501
コンプレッサーからの漏れ(緑っぽい色が検知液です)

ブラックライトをあて、色付きメガネで良く見えるようになるんですが、ガス漏れが酷いと肉眼でも確認出来ます。

Dscn783101
コンデンサー出口側

Dscn782701
メガネをあてるの間違えたんですが、かなり酷い漏れです

Dscn783301
ここは漏れが無いですが、オイルの滲みがあります。

取り合えず、パイプの取付けオーリングの全交換と各、エバポレータ、パイプ、コンプレッサー、コンデンサーを全て外して洗浄することに

Dscn796201
全てのパーツと洗浄後

途中の工程が無くてすみませんです

検知液のせいで、緑が強いですが、オイルは真っ黒でした

さて、洗浄にだいぶ時間を要しましたが、やはり綺麗に洗浄は難しく、耐久性に関しては、保証も出来ないため、お客様には事情を説明済みです。

ただ、ここまで黒くなった原因は他にもありまして、代替えフロンを入れて在ったようで、壊れるのは秒読みと言ってはオーバーですが、いずれ壊れる運命だったはずが、どういう訳かガス漏れしたお陰で、辛うじて使える状態です

Dscn797001
元通りに戻しています

Dscn800301
ガスを定量入れた状態

洗浄したので、真空引きは、約8時間ほど行った後、一晩放置してから、漏れがないことを確認してガスを入れています

Dscn800501
温度計が見づらいですが、アイドリングで約6度です(ちょっと冷えすぎ

昔のは、エアコンと言うより、クーラーですね冷え冷えです

せめて、ワンシーズン以上は持って欲しいですね

« トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その14完成(^^; | トップページ | GMC、バンデューラ、水漏れ修理編(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スバル・レガシィBC2、エアコン修理編(^^;:

« トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その14完成(^^; | トップページ | GMC、バンデューラ、水漏れ修理編(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第2、4火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ