« トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その1(^^; | トップページ | スズキ・ジムニーJA11、車検整備編、その1(^^; »

2017年7月19日 (水)

トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その2(^^;

不規則な連休になってしまい、ご不便をお掛けいたしました

さて、ようやくと言いますかやっと梅雨明けしましたね梅雨明け前から猛暑だったから、今更って感じですが、梅雨明け宣言が出た頃には暑さに慣れて来ましたよ

余談はさておき、休み明け早々にパソコンソフトの修正が入ってしまい、午前中は電話とメールに追われ、作業が遅くなってしまったのですが、降ろしたエンジンの分解へと進みます

ただ、写真のみになりますのでご了承くださいませ

Dscn643001
エンジンスタンドにセットアップ中

Dscn644201
スタンドに取付け完了直後

Dscn644701
フロント側

Dscn645401
タービン取り外し後

矢印部分は、圧縮が低かった5番気筒のエキゾーストポート(エキマニ側)

圧縮が低かったのに、真っ白です

普通、白いのは焼け過ぎが原因なのですが、圧縮が低いと普通不完全燃焼になるから黒くなるのが常識だと思うのですが・・・もしかしてインジェクター不良でしょうか?

この当時のコンピュータは風合いが起きた気筒の燃料をカットするような制御は無いし・・・ただ、ヘッドのポートは黒いのでタービン付近で、未燃焼ガスが燃えて白くなっているのかも知れません

Dscn647101
エキゾーストポートは全て黒かったです

Dscn648401
次はインテーク側です

Dscn649301
いきなりですみません、インテークマニホールド取り外し後

Dscn649001
可変吸気バルブシステム

Dscn648901
スラッジは少なめでした

Dscn649601
ヘッドカバー取り外し後のカムシャフト

写真手前がインテーク側で奥がエキゾースト側ですが、少しエキゾースト側のほうがスラッジ多めです

Dscn650001
カムカバーはとても綺麗でした

Dscn650401
エンジンの補機類だけでこんなにあります

さすが6気筒エンジン、全ての点数が多いですね次回はエンジン本体の分解と測定をアップしたいと思いますが、少しお休みです

« トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その1(^^; | トップページ | スズキ・ジムニーJA11、車検整備編、その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その1(^^; | トップページ | スズキ・ジムニーJA11、車検整備編、その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ