« アルファロメオ・156、エアコン修理、ロアアーム、バッテリー交換編その3(^^; | トップページ | トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その1(^^; »

2017年7月15日 (土)

アバルト500、右ドアレギュレータ交換編(^^;

気象庁に文句を言っていたら、朝シャッターを開ける際に背中にいやーなピキッていう音とともに突然背中に猛烈な痛みsign03

歩くのもやっとの状態だったのですが、本日は3名の方がご来店の予定でしたので、断って休もうかsign02考えたのですが、最初にお越しのお客様(今日のブログ紹介車オーナー)から、「それは、ぎっくり背中ですよsign01」???

ぎっくり腰は聞いた事があるのですが、後でネット検索したらありましたよeyesweat01

なんか冷やすの良いみたいですが、訳も解らず、湿布を貼って午前中はご来店のお客様対応のみして、作業自体は休んでる状態でしたhappy02

ブログを書いてる現在も痛いのですが、午後から、だいぶ痛みが緩和したので作業開始ですscissors

Dscn632701

フィアット500に似てますが、フィアットのスポーツバージョンと思っていただけると分かり易いかな、要はトヨタならTRDもしくはトムス、ニッサンならニスモ又はオーテックみたいな物ですhappy01

今回の作業は、ドアのレギュレータが故障してしまい交換のご依頼になりますscissors

Dscn633001
まずは、ドアの内張りを外します

Dscn634301
まずはメクラカバーを外します

Dscn633201
基本、この2本のボルトのみ固定で他はクリップ止めです(メクラカバー外した後)

Dscn633401
内張りを外すとビニールではなく発泡スチロール製のカバーです

Dscn633601
カバーを剥がした後

Dscn633701

新旧レギュレータですが、未だにワイヤー式タイプを使っているとは国産車とは違っていますpaper

確かに国産車も、過去にワイヤー式を採用していた時期がありましたが、あまりにガラスが落ちるトラブルが多くて、今の車には採用されていないかな?とは思いますが、お客様ご自身が確認したところ、安全面を考えて壊れやすいようにしているとおっしゃって降りましたsign02

店主的に思うと単純にコストの問題か?とは思いますが、製造元に聞かないと解りませんbleah

余談になりましたが、逆の順番で組み直して行きますscissors

Dscn634001
レギュレータ組付け後

ちなみにガラスは上の写真のように、プラスチックの爪で固定してるだけのシンプル構造

Dscn634101
ガラスと組付け後

後は最初の写真のように元に戻して完成となりますpaper

最後に、お客様の話ではレギュレータは弱いみたいで、壊れやすいんだとかsign02

安全面を考えての意味は理解しますが、壊れやすのはいかがなものでしょうwobblygood

それにしても背中が痛いので、はよ寝よshock

« アルファロメオ・156、エアコン修理、ロアアーム、バッテリー交換編その3(^^; | トップページ | トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/65538690

この記事へのトラックバック一覧です: アバルト500、右ドアレギュレータ交換編(^^;:

« アルファロメオ・156、エアコン修理、ロアアーム、バッテリー交換編その3(^^; | トップページ | トヨタ・ソアラGZ20系、エンジンオーバーホール編、その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ