« ニッサン・セレナC25、エンジンオーバーホール編その2(^^; | トップページ | ダイハツ・ミゼットⅡ、乗車定員変更編その2完成(^^; »

2017年5月23日 (火)

ニッサン・セレナC25、エンジンオーバーホール編その3(^^;

度々告知で申し訳無いのですが、今年はエンジンのオーバーホールがこの時期多くなってしまい、エアコン修理のお客様に対して、大変ご迷惑をお掛板しております。

どちらの作業も、手が抜けないとても重要な作業のため、今しばらくご迷惑をお掛け致しますが、エアコンに関しては、逆に暑い時期に対応出来るかと思いますので、他で断られた方でも、ご一報いただければ修理可能かと思いますm(_ _)m

さて、いよいよ分解作業も完了し、測定作業へと進んでいきます

Dscn475201
オイルポンプボディ取り外し後のクランクジャーナル

Dscn475301
カムシャフト取り外し後

Dscn475501
シリンダーヘッド取り外し後

ちなみに、ヘッド、シリンダーブロックとも歪みはありませんでした

Dscn475801
シリンダーとピストン

Dscn476201
ピストン、クランクを取外しました

Dscn476401
クランクメタルは、若干摩耗してました

Dscn476601
シリンダーは傷もなく綺麗です

ここからは、分解したパーツの不具合、損傷、摩耗限度などを調べて行きます

Dscn479801
まずはクランクジャーナルメタルの摩耗測定(プラスチゲージ使用)

限度内ではありますが、ギリに近く、ピストンとシリンダーの摩耗限度よりは、減りが多いため、メタル交換

Dscn480001
クランクのスラストメタルは、充分限度内ですが、ジャーナルメタルとセット交換します

Dscn480201
コンロッドメタルは、範囲内と言うより、クリアランスが狭いかな

写真は無いのですが、ピストンリングは交換で、シリンダーとピストンのトータル限度はギリギリOKと判断。

これは、今までの車両をオーバーホールしてきた店主の判断なのですが、昔のクリアランスと違い、100分の1ミリ(0.01)は常識で、下手をすると1000分の5ミリ(0.005)のクリアランスもあります

ちなみにF1マシンのエンジンは1000分の1ミリと聞いてますから、一般エンジンもすごい時代になりました

次回は、部品が届いてからの続きになりますが、洗浄からスタートでしょうか

« ニッサン・セレナC25、エンジンオーバーホール編その2(^^; | トップページ | ダイハツ・ミゼットⅡ、乗車定員変更編その2完成(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ニッサン・セレナC25、エンジンオーバーホール編その2(^^; | トップページ | ダイハツ・ミゼットⅡ、乗車定員変更編その2完成(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ