« トヨタ・アリストJZS16○、タイミングベルト交換、他その1(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16○、タイミングベルト交換、他その2完成(^^; »

2017年5月16日 (火)

ニッサン・スカイラインDR30、エンジン始動復活編その2(^^;

アリストの続きをと思ったのですが、追加整備がありまして、こちらも一緒にアップしたいので、後日に回し、今回はスカイラインの続きを

燃料ポンプ、燃料フィルターは注文済みですでに届いており、交換するだけになっていましたが、デスビは、現物修理対応でFJエンジンから外して送らないとならないのですが、中々外す時間が無く、ようやく作業開始です

まずは、周りの邪魔なパーツを外していくのですが、先にオルタネータを外して行きますが・・・年数経ってるせいでナットが腐食して痩せており、通常の工具が使えないのでバイスプライヤーでコツコツと外します

Dscn455301
取外し中

Dscn455401
ようやく外れました

前のブログにも書いたと思いますが、同じスカイラインでもFJエンジンを整備するのは、奇跡的に始めてでしてものすごい場所にデスビがあるので、驚いています

Dscn455601
オルタネータ取り外し後

Dscn456001

いよいよ、デスビを外そうとしたのですが、何せチューニングしてあるので、社外のオイルクーラーアダプターが邪魔で、デスビのボルトが緩められず、オイルフィルターを外し、アダプターを外します

しかし・・・オイルフィルターがデカイ

L型エンジンでもこんなにデカくないのですが・・・

Dscn455801
太い

Dscn456101

次は、クランクプーリーを回して圧縮上死点を出します

出し方は、簡単でデスビのキャップを外してローターが1番コード部分にあればOKです。

Dscn456301
この位置が1番上死点

後は、外すだけですが、楽をしようと思って手前の8ミリボルト(頭の大きさ)を緩めては行けません

必ず、奥側の方の10ミリボルト(頭の大きさ)を外してください

って、外すこと無いよね

Dscn456601
取外したデスビ

外したデスビを、リビルト会社に送って、修理して頂きますが、デスビの状態によっては治せない場合もありますのご注意ください(治せない場合はお金は掛かりません)

無事に治ってくれることを祈りますが、ここから2週間近く掛かりますので、その間、車を動かせないのがネックですね・・・

« トヨタ・アリストJZS16○、タイミングベルト交換、他その1(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16○、タイミングベルト交換、他その2完成(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« トヨタ・アリストJZS16○、タイミングベルト交換、他その1(^^; | トップページ | トヨタ・アリストJZS16○、タイミングベルト交換、他その2完成(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ