« トヨタ・アリストJZS16○系、エアコン修理編その2(^^; | トップページ | ニッサン・ローレルHC35、オイル漏れ、ブレーキ不具合、他(^^; »

2017年4月10日 (月)

トヨタ・アリストJZS16○系、エアコン修理編その3(^^;

昨日は、思いっきりドジを踏んだので、本日は分解し直してから始めますpaper

Dscn354301

矢印が入れ忘れたダクトですが、全部外しての作業をしなくても、ある程度外せば、作業性は悪いですが、取付け可能ですeye

ここから一気に挽回出来ると思ったらcoldsweats01

休み明け(一般の方)もあり、こんな時って業者も含め、来客がとても多くwobbly対応に追われる1日sign03

Dscn354501
途中ですが、室内完成は午後3時sweat01

店主のミスもありbearing丸2日近く掛かってしまいましたが、普通は1日もあればダッシュ盤を外して室内のエアコンユニット修理しても終われる作業ですが、何せ配線の作り直しもしないとならないほど、複雑なパーツ配線が多かったのも影響して、とても時間が掛かってしまいましたwobbly

Dscn354701
コンデンサー本体と矢印がレシーバータンク、左の銀色は新品のフィルターscissors

ようやく、室内の交換修理が完了したので、エンジンルームの修理へと進めて行きますpaper

Dscn354801
コンデンサー取り外し後のエンジンルーム

コンプレッサー交換は最後に置いとき、コンデンサーに一体になってるレシーバータンク内のフィルターを交換しますhappy01

以前のエアコンならレシーバータンクは別になっていて、単体交換でしたが、最近はコンデンサー一体型が主流になっており、この車両もそうですが大概は、中のフィルターを交換できるようになっていますeyepaper

ただ、まれにコンデンサーごと交換の車種もあるので気を付けてください(値段に関係します)sign01

Dscn355001
左が新品、右が外したフィルター

写真の左下のプラスチック部品は、他のコンデンサー用の部品です(今回は使用しません)

Dscn355501
コンデンサー取付け後

Dscn355701
ガス注入口のバルブ

当店ではと言いますかsign02エアコン修理をするクルマは、全てバルブを交換しますhappy01

以前、何処も漏れが無くて、バルブを交換したら治った事があったのと、高い部品では無いので、セットで交換していますscissors

Dscn356001
ここのバルブ

理屈的に、タイヤの空気を入れる口ですねpaper

さて、

Dscn356101

次回は、リビルトコンプレッサー交換後、真空引きガスチャージして完成へと続きますgood

« トヨタ・アリストJZS16○系、エアコン修理編その2(^^; | トップページ | ニッサン・ローレルHC35、オイル漏れ、ブレーキ不具合、他(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/65134243

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ・アリストJZS16○系、エアコン修理編その3(^^;:

« トヨタ・アリストJZS16○系、エアコン修理編その2(^^; | トップページ | ニッサン・ローレルHC35、オイル漏れ、ブレーキ不具合、他(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ