« ニッサン・GTR32、デフオーバーホール編その5完成(^^; | トップページ | トヨタ・カルディナST195G、足回り他リフレッシュ編その1(^^; »

2017年2月 3日 (金)

スバル・レガシィBH5、タイミングベルト交換編(^^;

昨日は、ブログで失言もしたのですがwobblyデフのオーバーホールはやりますのでご心配なくscissors

ただ、面倒なタイプは、料金体制を少し考えさせていただいきますのでご了承くださいませ。

また、エンジンのオーバーホールなども、部品の調達が難しい車両なども価格改正の対象にさせていただきますので、合わせてご理解をいただき、ご不明な点はお問合わせより、お見積確認をいただけますと幸いでございますpaper

さて、ツインカムエンジンのタイミングベルトは多く作業しておりますが、シングルカムバージョンは、かなり久方ぶりなのでアップさせていただきますeye

Dscn195001_2

Dscn195101

作業内容は、タイミングベルト、ウォーターポンプ、カムオイルシール、クランクオイルシールF、オイルポンプオーリング、ラジエーターAssy、パワステオイル、パワステリターンホースなどの取替ですscissors

まずはタイミングベルト系から

Dscn195501
タイミングカバーを外した状態

Dscn195601
ラジエータ系

Dscn195901
新品との比較

Dscn196201
オイルポンプを外したエンジン側

Dscn196401
交換する、オイルポンプオーリング

Dscn196001
外したオイルポンプ

Dscn196601
液体パッキンを塗った後

Dscn196801
オイルポンプ、ウォーターポンプ取付後

この後は、元の状態へと組付けしていきますhappy01

Dscn197001
ベルト組付け後

トントン拍子で組んでいったのですが、ここであることに気が付きますsign02

このまま組付け後、冷却水(LLC)を入れてエンジン始動と思ったら、オイルポンプの液体パッキンがまだ乾いていないことに気づき、この状態でエンジンを掛けてしまったら、ポンプ圧で液体パッキンからオイルが漏れて初期トラブルの元に成り兼ねないので、その日は時間も時間だったので、作業を終了して、翌日エンジン始動して冷却水のエアー抜きをして夕方には完成となりましたgood

他の作業に関しては、写真も撮り忘れた事もあり端折らせていただきますcoldsweats01

« ニッサン・GTR32、デフオーバーホール編その5完成(^^; | トップページ | トヨタ・カルディナST195G、足回り他リフレッシュ編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/64847042

この記事へのトラックバック一覧です: スバル・レガシィBH5、タイミングベルト交換編(^^;:

« ニッサン・GTR32、デフオーバーホール編その5完成(^^; | トップページ | トヨタ・カルディナST195G、足回り他リフレッシュ編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ