« スバル・レガシィB4、クラッチオーバーホール編その1(^^; | トップページ | ニッサン・GTR32、デフオーバーホール編その3(^^; »

2017年1月24日 (火)

スバル・レガシィB4、クラッチオーバーホール編その2完成(^^;

ここのところ寒さが半端ないですが、時期が時期ですからインフルエンザ、ノロウイルスなど、皆様ご自愛くださいませ。

さて、ディーラーなら、専門の整備士が、他の作業に関係なく整備を一気に進められるので、早い人だと4時間から5時間ほどで作業が出来るらしいのですが・・・

店主は、あいにく1人で電話、見積、来店客との接客、部品商さんとの部品のやり取りなど、最近は、家内が電話など対応していますが、ディーラーレベルの時間で作業するのは皆無に等しいですcrying

それでも、雑用をこなしながらでも2日もあれば充分に交換作業は完了致しますscissors

余談になりましたが、続きを・・・

Dscn167301
クラッチカバー取付け

Dscn167501
交換前のレリーズベアリング部分、ベルハウジング

Dscn167801
アフターです

Dscn167901

外したら、当然元に戻さないとなりませんから、取付途中の写真は端折りますが、このブログを見ている方は、意外にも同じ整備業界の方が見てる方もいらっしゃるので、分かっていらっしゃる方が多いとは思いますが、車種的にこうしたら楽ですよみたいなhappy01事も、少しづつ書いて行きたいと思います。

これは、プライベーターの方にも決して損は無いと思いますが、あくまでプロ側は、時間を短縮したいだけのノウハウなので、時間が掛かっても楽しく整備したい方には、おススメしませんpaper

Dscn168401
フロントパイプマフラー取付後

Dscn168501
違う角度からeye

Dscn168701
ピンを入れてる途中

まず、スバルのドライブシャフトは、古いタイプですとシャフトタイプではなく、スプライン状態の差し込み式でロックピンで止まってるのが対外です。

外す時は良いのですが、取付ける際はシャフト差し込み、凹んでる側からピンを入れると比較的に楽に作業が可能です。

また、

Dscn168901

ピンを入れる前にハブ側にシャフト組付けないことsign03

先に入れるとピン穴がうまく合わず手で押さえながらロックピンを入れないとならないので、作業的に面倒ですから、オススメですhappy01

無事完成しましたgood

しかし・・・

当時、店主もホンダディーラーで、ワンダーシビックのクラッチ交換を2時間以内で作業していましたが、回りの作業に関係なく集中して出来たからの作業ですが、普通は厳しいですよねsweat01

« スバル・レガシィB4、クラッチオーバーホール編その1(^^; | トップページ | ニッサン・GTR32、デフオーバーホール編その3(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/64805467

この記事へのトラックバック一覧です: スバル・レガシィB4、クラッチオーバーホール編その2完成(^^;:

« スバル・レガシィB4、クラッチオーバーホール編その1(^^; | トップページ | ニッサン・GTR32、デフオーバーホール編その3(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ