« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

スバル・インプレッサGH8、クラッチ交換他前編(^^;

都内では、かなり雨になったようですが四街道は午前中、サラッと降っただけで天気が回復sign02涼しいどころか蒸し暑く、悲惨な天気eye天気予報は全く当てになりませんcoldsweats01

さて、土日で作業して欲しいとのご依頼でご入庫のスバル・インプレッサscissors

クラッチ関係交換、ドライブシャフトブーツ交換を承りましたpaper

Img_914201

Img_914601

Img_914901

まずは、メインであるミッションを降ろしてクラッチ交換から初めて行きますbleah

土日での限定作業なので、写真が少ないのでゴメンナサイcrying

Img_915101
ミッション取り外し後

Img_915301
交換前のクラッチカバー

Img_915501
エンドシール交換前

Img_915901
クラッチ関係の新品との比較

Img_916001
クランクエンドオイルシール交換後

Img_916301
新品クラッチ取付中

Img_916401
ミッション側交換後

Img_916801
ミッション取付後

少し、作業を進めすぎましたが、後編は、ドライブシャフトのブーツ交換をアップして行きますが、多少ミッション取付前の写真もありますので、ご容赦をwobbly

お盆前もあって、当店ごとですが車検切れや、他の臨時整備が多く予定通りに進まない現状に嬉しい悲鳴ですgoodsweat01

トヨタ・クルーガー、MCU25系エアコン修理編その2完成(^^;

今日明日と自治会のお祭りでして、今年は班長になっているため、お手伝いをしないと行けないのですがeye当店は休日でも仕事なので、家内が祭りに参加する分、こちらの仕事にも、支障をきたしておりますから、いい加減、従業員を入れないと思う店主ですwobbly

さて、個人的な事で話をそらしてしまいましたがcoldsweats01エアコン修理のトヨタ・クルーガーの後編をscissors

Img_910701

前回のおさらいからですが、エアコンを付けるとコンプレッサーから音が出るのとエアコン自体の効きも悪いので、ガス漏れも調べて修理することになりました。

ガス漏れがコンデンサーから起きてることは確認出来ており、異音の原因のコンプレッサー、コンデンサー、リビルトの保証規定である、エキパンも含め交換をすると10万諭吉では、修理が厳しい為、お客様とご相談後、ご回答をいただく間、保留になっておりましたpaper

部品調達も含め、作業が押してしまいましたが交換OKsign01をいただいた為、作業を進めることにscissors

まずは、

Img_910401

Img_910601

コンプレッサー、コンデンサーを取外して交換sign03

当然、パイプ類も外して、洗浄しますgood

Img_910901
コンプレッサー取付後

コンデンサー取付後の写真がありませんcryingって撮り忘れたsweat01

Img_911301

さて、いよいよ難関のエキパン交換ですが、こいつは室内に付いてるので、ダッシュ回りを全て外していきます・・・ここからは、いつもの写真のみにて失礼paper

Img_911801
汚れやキズを付けないように作業して行きます

Img_912201
ダッシュ取り外し後

Img_912501
外したダッシュ

最近は、部品点数が少ないので楽になりましたhappy01scissors

Img_912701
エキパンの取付けボルトがかじり気味で、格闘中shock

決められた締付けトルクがあるのですが・・・そこは当時の季節労働者の方がラインで作っている関係で時々こういったトラブルは出ますが、難しいとこだけに、無事に外れた時は、ホッとしますねcoldsweats01

何せ、失敗すればエバポレーターも交換になってしまうから、ヒヤヒヤもんですよshock

Img_912801
かじっていて、外れないヘキサゴンボルト

Img_913101
無事外れたscissors

Img_913201
綺麗に洗浄後組付け

当然、タップとダイスで修正済ですscissors

Img_913501
保冷剤?取付後

ここからは、逆の手順で組んでいきますので一気に進みますcoldsweats02

Img_913701

Img_913801

Img_914001

ようやく、真空引きガスチャージまで進み、完成となりましたが、この車両sign03 純正とは別にセキュリティーが搭載してあり、ダッシュを外す際、セキュリティーの配線が邪魔して、かなり格闘しましたcrying

セキュリティーを取付ける業者にしてみれば、まさかダッシュを外すとは思っていないと思いますが、後付のナビを取付けした業者?さんは、しっかりと考えて配線を取り回してくださっているので、もう少し考えて欲しいなと、店主的には感じました。

ここのところが、経験的差なのかなぁーgood

2016年7月29日 (金)

ダイハツ・ムーブL15◯系、オルタネータ取替(^^;

今年は、異常に暑い日が続くなんて言っておりましたが、確かに暑いけど昨年よりは酷くは無いようですねcoldsweats01

さて、偶然にも同じ形式のムーブがご入庫になったのですが、こちらは4気筒バージョンでタイミングベルトはありませんeye

今回は、夏に多いトラブルのオルタネータ交換ですscissors

Img_909501

Img_909101

今回は、充電不足が原因ではなく、異音がするとの事で、交換対応となりました。

Img_909801
左がリビルト品です

Img_909901
交換後です

ベルトも交換したので、なおったかなと思ったのですが、別な異音が発生sign03

お客様は、あるお店で、オルタネータではないかのご指摘で交換のご依頼になりましたが、実際は交換しても治っていませんでしたcrying

暖気後は音が消えるらしく、当店に来た時もあまり気が付きませんでしたので、調べるまもなく交換対応になってしまいましたが、店主も、お叱りをいただくかも知れませんが、もう少しお客様にアドバイスが出来ればと反省はしております。

色々ございますが、まだまだ、修行がたりませんねshock

2016年7月28日 (木)

ダイハツ・ムーブ、L15◯系、タイミングベルト交換、他(^^;

今月は、整備組合の会合(飲み会beer)が重なってしまい、ブログがお休み気味になってしまい、申し訳ございませんcoldsweats01

さて、関東もようやく梅雨明けsunが・・・晴れてると言うよりcloudが多く、これで梅雨明けwobblyって感じです。

お休みしたので、リアルタイムでは無いのですが、当初、ボールジョイントのブーツが切れてるので、交換のご依頼を受けたのですが、ついでにタイミングベルトの交換もご依頼を受けました。

ただ、驚いたのは2度めのタイミングベルト交換eyesign01

軽のエンジンも丈夫になりましたpaper

Img_906901

Img_907001
現在、18万キロ超えですcoldsweats01

多分、L15系が最後のタイミングベルト交換エンジンが載ってるとは思いますが(間違ってたらすみませんbleah)若干、レイアウトが微妙に違うので、作業に少し手間取りましたが、意外に簡単な方だと思います。

Img_907201

ほぼ、ダイハツ系は似てるいるので、途中を端折ります。

Img_907401

ウォーターポンプは、本体と土台で別れますが、必ず土台ごと外してパッキンとゴムのパッキンは交換しましょうeyeやらないと後のトラブル原因になります。

と言いますか、ポンプ本体のみ頼んでも土台のパッキン類が付いてきますから、やらない方はいないと思いますがdelicious

Img_907801
すみません、一気に交換後です。

今回は、ベルト交換はもちろんウォーターポンプ、オイルシールを交換いたしました。

Img_908101
交換完了

次は、本題のブーツ交換です。

Img_908201

タイロッドエンドのブーツとボールジョイントブーツが破れていて、これでは車検は通りませんeye

Img_908501
破れたブーツを外したボールジョイント

Img_908701
左が新品

Img_908901

グリスを入れた写真が無くてすみませんが、グリスをしっかりと入れ、ブーツを被せます。

後は、逆の手順で組み付ければ完成scissors

後は、アライメントの点検して狂っていなければ、無事、お引き渡しとなります。

これで、しばらくは安心してお乗りできると思いますが、ブーツの切れを放置していると、ボールジョイントにガタが出てきますから、ブーツだけでは治りません。

そこで、何れガタが酷くなり、走行に支障をきたしますから、ガタが酷くなる前に、早めに交換はしましょうgood

2016年7月25日 (月)

トヨタ・EP82・スターレット、ヒューズトラブル編(^^;

さて、スターレット系の話が続きますがbleah

今回は、型式が違いましてと言っても、当店で修理、車検をさせていただいてるお車ですが・・・

Img_905801

車検整備でお渡しした後、夜間ライトを点けて走行していると、ヘッドライトは点灯しているのですが、スモールライトが切れてしまい、メーターが見えないトラブルで、ご入庫となりました。

当初は、原因が全く解らず、怪しい箇所を確認して様子を見ていただくことにしたのですが、それでもヒューズが切れてしまうらしく、今回は再入庫となったのですが、実は先週から入っていて、問診での内容からテスト走行を繰り返しながら確認をしていたのですが、症状が出ないため、気が付けば1週間も経ってしまいました(合間を見ながらなので、時間が掛かってしまいましたcrying)。

ほんとに、色々な方法を試してもヒューズが飛ばないので、半ば諦めていたのですが、本日、テスト走行した時に何故かsign02アクセル全開にしたら、突然スモールが切れてヒューズが飛んでしまいましたcoldsweats01

純正の配線が原因ではないと確信はしていたのですが、お客様の話の通りに運転するも、症状が中々出なかったのですが、アクセル全開で切れたので、もしかして足元に何か不具合があるのかと思いましたscissors

Img_906001
ブーストメーター

とは言え、足元にスモールランプ系(イルミネーション)の配線があるとは、思いませんでしたが、まずはバラして確認すると・・・

Img_906301
見やすいように手前に出してますがeye

ギボシ端子のゴムカバーが外れて端子むき出しになっています。

それで、この線をたどって行くと・・・一つ上のブーストメーターの照明用配線cryingsweat01

しかも、配線に余裕がないから、何かの拍子にボディ側に接触してショートしたのが原因です。

原因は判明したので、ここままゴムを被せ直して元の状態にしても良いのですが、それではまた同じトラブル必須なので、配線の取り回しを換えますscissors

Img_906501

下を通さないで、上を通して配線をし直しますgood

これで、まずはヒューズが飛ぶトラブルは回避出来ました。

くれぐれも、配線に関しては、必ず余裕を保つように配線をしていただきたいですねpaper

最後に、明日も組合のお付き合いがあるので、ブログはお休みしますcoldsweats01

2016年7月24日 (日)

トヨタ・MR2、AW11車検整備編その7完成です(^^;

昨日は、整備組合の総会(青年部)がありまして(一般的に飲み会)coldsweats01

ブログとホームページのアップをお休みさせていただきました、すみませんeyepaper

ホームページの更新も、定休日である水曜日にするようにしたいのですが、中々調整がうまく行かずにズルズルと来てますがbleahお盆明けくらいに調整をしたいと思いますscissors

さて、完成間近のMR2ですが、もう少し詳しくアップさせていただきます・・・

Img_902301

実、片側であるアンプの配線に関して何も画像が無かったので、もう少し分かりやすくアップしたいと思いましたpaper

まずは、バッテリーから直で配線してきたコードに別途購入したヒューズブロックをハンダで繋ぎ、収縮チューブで保護した後、最後にコルゲートチューブで絶縁対策をしますscissors

Img_902601
対策後

安心を買う訳でも無いですが、長く乗っていただいてトラブルを防ぐ意味で対策しています。

Img_902701
リヤのセンタースピーカー

最後の配線になるかと思いますが、センターコンソールの延長状にあるリヤのスピーカーデスが、配線を新しく交換後、取付していきます。

今回、説明不足もあるかと思いますので簡単におさらいすると、アンプは2機で8チャンネルですが、実際に付いてるスピーカーは、ツィーター、ミッドスピーカー、ウーハーも含め10個あるため、必然的に2個のスピーカーはマルチで使うことになります。

並列を使うか?直列で使うかで仕様が変わって参りますが、ツィーターとミッドスピーカーを並列プラス、コンデンサーを使うことで、10個のスピーカーを繋ぐ方法を取りましたpaper

Img_902901
リヤセンタースピーカー取付後

Img_903101
最後にもう一つのアンプへ配線をします

Img_903401
角度を変えて、写真手前は配線完了してます

Img_903801
起動確認と初期セットアップをします

Img_904001

最終的に、サウンドのチェック、音質のレンジ調整、ゲイン調整も含め、綺麗に音がバランス良く出ることを確認後、シート取付け完成となりますgood

ここからは、イコライザーなどで、音質などを変えて行けば、曲によって心地よいサウンドが堪能出来るかと思いますが、あくまで初期設定は、店主の好みなので、お客様にお渡しした後、気に入らないのであれば、変更調整はする予定でおります(期間内無料)。

気が付けば、1ヶ月以上のお預かりになってしまいましたが、部品などの手配を考えると、この年式では、普通に思っていただけると幸いですがgood

2016年7月22日 (金)

トヨタ・MR2、AW11車検整備編その6(^^;

少しは涼しいですが、湿度が高く、相変わらず額にタオルは欠かせない店主ですcoldsweats01sweat01

さて、全てのパーツを取外していよいよ組み付けになりますscissors

Img_900301

まずは、ズッコケですがcrying、ヘッドユニットからは、フロントとリヤ、サブウーハーしか出力がないので、アンプ2機で8チャンネルにするには、RCAジャックを分岐する必要があるのですが買ったジャックが(写真中央)オスメス全く逆で、袋から開けるまで気が付かなかった失態shock

ヘッドユニットから挿して使えば使えるのですが、ヘッドユニットから8チャンネル分のコードを出すのは、はっきり言ってかさばるだけなので、左のコードを改めて購入しました。

最も、長いコードの在庫があれば、プラス2セット分は不要だったのですが・・・coldsweats01

Img_900501
ヘッドユニット取付け

最初はここからですかねsweat01

Img_900101
アンプの位置は背もたれの後ろに設置

ここからは、写真だけになりますhappy01

Img_901801
スピーカーの配線も換えます

Img_900601
ドアの古いスピーカーコードに新しいコードを仮ハンダします

Img_900801
ビニールテープで巻いて入替えして行きます

Img_901001
ハンダで固定するのは、引っ張ってる途中で配線が外れるのを防ぐ為

Img_901101
入替え後

後は、元通りにカプラーを付けて、スピーカーを付ける状態にします

Img_899701
ビフォー

Img_899801
アフター

Img_902001
後は、アンプの配線類を繋げる作業です

しかし、配線キットをケチって一から作り直しながらの作業に、かなり時間が掛かってしまい、本日はここまでですwobblysweat01

結構、細かい作業に、腰は痛いは足はしびれるはで、足がガクガクで、少し歳を感じた店主ですgood

2016年7月21日 (木)

トヨタ・MR2、AW11車検整備編その5(^^;

今日は、涼しくなると言っていたのに・・・蒸し暑sweat01梅雨時の天気予報はあてになりませんねぇーbearing

さて、長期お預かりになってしまったMR2sign01

Img_852701
前回の使い回しですcoldsweats01

車検整備、エアコン修理は無事に完了したのですが、オーディオ修理が、かなりの問題でして、原因究明に、かなり時間が掛かってしまいました。

結果的に、ヘッドユニット、クロスオーバーユニット、アンプが原因で、ほぼ全部交換することにsign03

ただ、スピーカーに関しては、再利用しますが、まずは原因究明の内容を少しアップしながら、作業を内容を進めて行きますscissors

Img_868501

修理の原因は、音楽を聞いていると、スピーカーから雑音(ボツボツ音?)が聞こえてきて、何とか治して欲しいとのご依頼でした。

当初は、年数も経っているので、スピーカーのコーン部分も劣化が酷いので、まずはスピーカーから交換をしたのですが、症状は改善されず、しかも右側から音が出にくくなる症状も出たので、一番疑わしいヘッドユニットを交換することに(上記写真)paper

Img_869201
ヘッドユニット交換後

幸いにも、最近買ったヘッドユニットが在庫で在ったので(安物ですが)取付けして様子を見ました。

結果的に、右側からも綺麗に音が出るようになったため、ヘッドユニットの不具合と判断したのですが・・・

Img_898001
クロスオーバー、アンプユニット、CDチェンジャー

車検で持込に行った時に、音が出てしまいましたcoldsweats01

最初は、ボツボツと言うよりバリバリ音で、しかも左の一部スピーカーからしか音が出てきません。

しかも、頻繁に出るため、これでは確かにどうにかして欲しいお気持ちを察しましたeye

ただ、現状的にクロスオーバーか、アンプも原因と判断になりましたが、かと言って部分的に不具合がある物のみ交換できれば幸いですが、すでに生産中止ですし、現在のアンプはチャンネル数も多く、しかもロー、ミッド、ハイとレンジ切り替えも可能な為、ここは全て入れ替えることで、お客様とも了承を得て、新しく構築し直すことになりましたscissors

しかし・・・難関なのは、スピーカーの数だけクロスオーバーを使わずに鳴らせるのかsign02が最大のネックcrying

今時、クロスオーバーは、スピーカーとセット販売が主流で予算を抑えると無いweep

そこで、ヘッドユニットを高い物にして、後はアンプを2個使って高中低音をうまく振り分けして音を鳴らすことになりましたsign02

それでも、難問は続き、配線の処理で解決をする事にしましたhappy01

Img_899401
新しく購入したオーディオと付属パーツ類

オプション部品は揃っていますが、高いので作りながら組んで行きますscissors

ただし、その前に元のオーディオシステムを全て外していきます(スピーカー以外)good

Img_897901

配線が多いため、内張りを少し外すだけでは無理だったので、シート類など外せる内装は外していきます。

Img_898301
クロスオーバーの一部

シート裏のネットワークもハンダで固定してるので、外していきますhappy01

当店では、基本配線を切って外すことはあまりしません、かと言って結局捨てる部品だから意味はありませんが、まれに部品を使いたいと言うお客様もおりますので、必ず確認を取ってからしますが、今回の車両は、古いお付き合いのお客様なので、切り取っての作業はしません。

ただし、追加料金が発生することはございませんが、安くも無いので、予算的に配線を切って安く済ませたい方は、この限りではございませんbleah

Img_8984
こちらは、リヤトランクのユニット取外し作業中

Img_898501
同じく

Img_898701
少し残ってますが、ほぼ配線の除去が完了

Img_898801
トランク内は、完全に撤去終了

Img_899101
アフター

ホントは、アンプが付いていたボードは撤去したいのですが、肝心な内張りがすでに無いので、鉄板むき出しよりはで、ボードのみ取付けbleah

Img_899201
外したユニットと配線類

半日で終われるかと思ったら、1日以上掛かってしまいましたcryingsweat01

次回は取付けになりますが、1日では無理そうですねgoodsweat01

2016年7月19日 (火)

トヨタ・クルーガー、MCU25系エアコン修理編その1?

天気予報では、暑いのは今日までらしく、明日から涼しくなるとかpaperホントなら少し嬉しい限りeye

さて、エアコン修理でご入庫のトヨタ・クルーガー

Img_892601

タイミングベルトも交換したばかりとのことで、エアコンも修理して欲しいとのご依頼ですが、コンプレッサーからは、明らかな異音とガス漏れもあるようで、ガスも少ないので、点検・確認をしてお見積りから開始して行きますscissors

まずは、コンプレッサーの不具合を確認後、ガス漏れ箇所を探すため、リーク剤を注入して行きます。

Img_892701

残念ながら、ガスが入ってる状態では、リーク剤を入れるのは難しいので、エアコンガスも少し入れて行ないます(結局、ガス1本入りましたcoldsweats01)。

Img_894401
フロントグリルを外した状態

しばらくは、エンジンを掛け、エアコンをオン状態のまま、しばらく放置プレイします。

Img_894701

コンデンサーの隣にレシーバータンクが付いてるんですが、ここが漏れの箇所のようで、ブラックライトを当て無くても、明らかに緑色のリーク剤が漏れていますpaper

ガス漏れの原因箇所は特定出来たので、後は肝心なコンプレッサーの鉄粉がどこまで酷いか確認して行きます。

Img_896901
まずは、ガス漏れしていても、残ったガスを回収しますhappy01

写真の矢印は、ガスが漏ってる箇所です。

Img_897001
コンプレッサーの高圧側出口

ここが一番鉄粉が出る場所で、ここが黒く汚れていると、ほぼ絶望になりますが・・・

Img_897501
パイプ側

どちらを確認しても、リーク剤の緑色が目立ちますが、黒い部分は見受けられず、コンプレッサーの初期症状状態のようですhappy01

ただ、リビルト会社は、厳しくて、レシーバータンク、エキスパンションバルブ、パイプの洗浄は最低限の交換ルールがあって、それをしないと保証してくれませんcrying

かと言って、綺麗だから保証規定に反してお客様に安い方法の提案は出来ても、やはり保証は出来ませんwobbly

この話をさせていただくのは、やはり予算sign03

エキスパンションバルブを交換するしないで4万諭吉ほど変わってしまいます。

でもですね、以前、コンプレッサー本体の不具合が起きた時に、必ず交換して欲しい部品を交換していたおかげで、お客様は1円も支払わずにクレームで修理が出来たことがあります。

結局、組付けたコンプレッサーの不良で、鉄粉が全てに回り、パイプを残して全ての部品が新品に代わってしまいました。

これを良しと考えるか?どうかは、別問題になって来ますが、リビルト部品の不具合が原因で、保証有無が変わるなら、その時は高い修理代だとしても、交換した方が無難かと思いますgood

とは言え、昨今は、壊れる業者の商品を販売しないで欲しいと業者には訴えております。

その分、部品代が高くなっておりますが・・・good

2016年7月17日 (日)

GMC、バンデューラ、エアコン修理編(^^;

蒸し暑い日が、毎日続きますが、それでも暑いsign03ムカつくhappy01涼しいことが何よりな店主ですcoldsweats01

さて、少し型が古い車両ですが、エアコン修理でご入庫のアメ車、GMCですpaper

Img_892001

エアコンのガスは入ってるようですが、空調の具合が悪いせいか、エアコン自体は冷えているのに、風が弱く、涼しくないトラブルeye

お客様も、早く修理をしていただきたいせいか、ある程度部品を購入したようで、他に不具合がない限り、持ち込んだ部品で作業を進めて欲しいようですpaper

お客様が、ある程度下調べをしていただいたおかげで、ある程度の不具合は理解出来たおかげもあり、意外にサクサクと作業を進めて行けましたscissors

まずは、風力が弱いのでブロアーモーターを交換から

Img_892201
リザーバータンク奥にモーターがあります

Img_892901
外す前のモーター

Img_893901

モーター取り外し後

Img_893101

実は、ヒーターレジスターを外して、エバポレーターのゴミ詰まりを確認しようと外したら・・・cryingあらら、落ち葉とゴミが満席状態ではありませんかcoldsweats01

せっかくなので、出来る範囲で掃除をeye

Img_893501
簡易ですが、アフターです

Img_894001
モーターを新品交換します

Img_894201
交換後(アフター)

ここまでは、セオリー通りですが、ここからが本番で、風の勢いは改善したのですが、エアコンの風を切り替えるレバーに反して、風が切り替え出来ませんwobbly

どうやら、この機種もバキュームで制御してるようで、劣化したバキュームホースが切れてエアーを吸ってしまい、正常に動作が出来ないトラブルになってるようです。

そこで・・・

Img_892401
ボンネット側のホース

エアコン関係のバキュームホースにトラブルがあるようなので、エンジン側のホースも確認しますが、この車両sign01

室内側からエンジンを見ることが出来ません、でっ、バラしますeye

Img_895001_2

Img_895001

ナビなどのオーディオ機器を外してしまいましたが、ここを外してエンジンへとアクセスしますscissors

Img_895201
カバーを外すとエンジン丸見えです

ここで、確認したらバキュームホースが切れてました

Img_895401

これじゃー、室内の空調制御が出来無いのも仕方ありませんcrying

後は、劣化してるホースも含め、新品(代用品)と交換していきますpaper

Img_895501
アフター

Img_895601
角度を変えて

Img_895801
こちらはボンネット側

Img_896101
ヒーターバルブホースも交換です

Img_896501
最後は、交換したホース

不具合または劣化したホースを交換後、エンジン始動して空調確認をした後、ここからようやく、エアコンの不具合などの確認に入りますが、どうやらガス漏れは無いようでかなり冷える状態

Img_896201

外気導入しか無いので、この温度は冷えてる方だと思いますが、残念なのはリヤエアコンcrying

ヒーターバルブのダッシュポットは大丈夫なんですが、バルブ自体に問題があるのかsign02

熱くなった冷却水が遮断し切れず、リヤヒーターに少し回ってしまうため、冷たい風が出るのですが、生温高い状態eye

多分、ヒーターバルブを交換しないとダメなようです。

何れにしても、早目に作業が完了したので、夏休みの旅行には間に合いそうですgood

2016年7月16日 (土)

トヨタ・スターレットEP71、タービン交換前編+その5完成(^^;

ここのところ、湿度の高い日が続きますねcloudcoldsweats02sweat02

「梅雨だからsign01」って、突っ込まないでねcoldsweats01

さて、いよいよ完成までの作業に入りました、スターレット・EP71sign03

Img_891401
タイミングベルト取付完了

外した状態のまま、組もうとしたらカムプーリーが付かなくて???だったのですがcoldsweats01

よくよく考えたら、ガスケット2枚にしてるから入らないのは当然でcoldsweats02急遽、テンショナーを緩めてベルトに余裕を持たせ、取付けしましたscissors

普通にタイミングベルトを交換する場合でも、あまり余裕が無いのにたかが1,5ミリ程度高くなっただけでも結構ギリ組める状態だから、あなどれない厚さですねwobbly

Img_891701
タービンなど取付後

Img_891501
角度を変えて

構造変更のブログでアップしてるので、復習みたいな感じになってしまいましたがsweat01

Img_891901
冷却水エアー抜き中

この後、試運転をして問題なかったので完成ですscissors

試運転して思いましたが、たかがガスケット1枚増しですが、やはり圧縮が下がるのかsign02パワーは若干落ちますねeye

ブーストを上げたいのが趣旨なので、ある意味、裏ワザは分かりますが、メタルガスケットじゃないから、耐久性が心配ですねgood

2016年7月15日 (金)

トヨタ・スターレットEP71、タービン交換前編+その4(^^;

そろそろ梅雨明けも近いのかsign02雷とthunder集中豪雨rainが増えてきましたcoldsweats02

さて、土曜日到着予定だったヘッドガスケットが着弾しましたscissors

Img_888301

Img_888501

写真から、何故sign022枚??と思った方、不思議に思うのは当然ですが、お客様からリクエストがありまして、せっかくここまでバラすからヘッドガスケットを2枚重ねで組んでいただきたいとの事sign03

当初は、当店も全く経験が無いので、保証外で対応することになりましたbleah

実は、ガスケットは1枚到着はしていたんですが、2枚目が欠品でして到着が遅れたのが原因ですsweat01

Img_888701
1枚置いた後に2枚目を置きます。

Img_888801
見づらいですが2枚重なっております。

部品さえ、揃ってしまえば作業は簡単で、元に戻す作業をして行きますpaper

Img_889001
ヘッド載せて、規定トルクでまずは締付

Img_889301
次にお決まりになってる角度締め

Img_889801
アフターですが90°に締付完了した状態です

Img_889901
カムシャフト組付け

ここで、ちょっと説明をしますが、トヨタ、ダイハツのエンジンは、1プーリーツインカムが主流(一般のツインカムエンジン)で、1プーリーカムからもう一つのカムをギヤーで繋いでツインカムにしています。

合わせマークを間違えたり、写真右のボルトが入ってる部分の作業を怠るとエンジン不調や異音の原因になるので、整備をする方は気をつけましょうeye

Img_890301

Img_890501

本日は、部品の入庫と他の作業の関係で、ここまでしか作業が出来ませんでしたが、明日には完成させて日曜日には、お引き渡しが出来ればと思いますgood

2016年7月14日 (木)

メルセデス・ベンツ、CLK240?エアコン修理編その2残念ながら(^^;

梅雨だと言うのに、毎日暑い日が続きます、皆様、水分補給を忘れず、熱中症には気を付けてくださいませ。

今日は、夕方から激しい雨rain思わず、当店の代車をビショビショになりながら洗車ですdelicious

これが一番、理にかなってますからscissors

さて、エアコン修理の続きになるのですが・・・

Img_882901
前回の写真を使いまわしてますsweat01

前回、当店の自己診断機では、確認が出来なかった為、Gスキャンと言うメーカーの機器を借りて、まずはエアコンに電気を流す工程に進めて行きたいと思います。

一応、機器メーカーに確認を取り、CLKのクライメートコントロール系(エアコン)の不具合をリセットさせる事が出来るかの判断をいただきOKsign01をいただいて、いざ、機器を整備振興会から借りて来て(有料)、早速リセット作業へと進めて行きますpaper

Img_887401
これがGスキャン

ちなみに、この機器、本体はもちろん、年間のサービス料と更新料金、オプションなどを含めると、ミラ・イース(グレードの安い)が1台買える位の機器になりますsign03

この機器を買う方は決まってますから、あえて言いますがbleah

余談はさておきsweat01

Img_887601

あいにく、全貌を全てお見せ出来ないので、さわりだけになりますが、色んなシステム(継って確認できる範囲)がこの1台で、ほとんどのメーカーを見ることが出来ます(一部見れません)。

Img_887801

さて、見たいのはエアコンシステムなのでクリックして次へ・・・

Img_888001

あれ・・・???

どうしたんでしょう???、もう一度、チャレンジするのですが、何度確認しても上の写真表示crying

ḠスキャンのサポートはOKと言っていたのに・・・eye

しょうがないので、最終サポートに電話して事の内容を説明後、意外な答えが・・・

「年式と車台番号で、一部見れない車種があります。」

あ゛っsign03

それなら、最初から云ってよwobbly

結局、一通り、メーカーには丁重に大文句を言いhappy02impact、そのしわ寄せを整備振興会に伝えannoy残念ながら、ディーラーでしか修理が難しいことを痛感coldsweats01

お客様には、事の詳細をお伝えをし、今回は、作業が不可能と言う結果でお返しをすることになってしまいました。

ただ、言い訳をするつもりではありませんが、最後の砦である機器が使えないのであれば、店主もお手上げになってしまいますが、たまたまこのベンツが対象外だっただけで、他が修理できない訳ではありませんので、ご心配なくhappy01

それにしても、10年前のベンツですが、システムの構築はすごいなぁーと関心しましたgood

2016年7月11日 (月)

トヨタ・スターレットEP71、タービン交換前編+その3(^^;

梅雨明けもまだだと言うのに暑い日が続きますが、本日部品が揃うと思い、続きをスタートeye

Img_885501

まずは、腰下のオイルストレーナーを組付けして行きますが、取付前に洗浄はしましたcoldsweats01

Img_885901

オイルパンも、無事に取付けして後はヘッドガスケット届くまで待つ間、忘れている作業は無いかと点検していたら、ピストン交換した2番のシリンダースラッジ除去をすることを忘れており、慌てての作業ですpaper

Img_885201

写真左から2番目がピストン交換とピストンリング交換をしてるので、写真3番目にある黒いライン状のスラッジを除去しました(他の気筒もスラッジあります)bleah

プライベートでエンジンをオーバーホールする方もいると思いますから簡単に言うと、古いピストンリングは馴染んでいるため、あえて削り落とす必要はありませんが、新品のピストンリングは、馴染みが(当りもしくは慣らし)出来ていないので、そのまま組むとピストンリングが割れるトラブルを起こす可能性がありますから、ボーリングもせずにピストンリングだけ交換す場合は、必ず黒いスラッジラインの除去はした方がトラブルを回避出来ますhappy01

ただ、1個だけするのも見た目的によくないので・・・

Img_886101

他の3つも、軽く除去しましたpaperホントは性格的に綺麗にしたいのですが・・・smile

ところで、肝心のヘッドガスケットが夕方になっても届きませんcoldsweats02

もしかして、遅れているのかと思ったのですが、電話したところ、間違いのない欠品状態だったようで、生産してから発送らしく、早くて今度の土曜日に変更になってしまいましたcrying

比較的、トヨタは遅めの納期で、それより早く来るのですが、遅れるって事は、本格的に無いんですねshock

EP71の2Eエンジンからスワップして4Eに載せ替えして構造変更もしたのに前途多難ですwobblysweat01

今頃は、組み終わっていただけに残念annoy

つづくgood

2016年7月10日 (日)

メルセデス・ベンツ、CLK240?エアコン修理編その1(^^;

蒸し暑い夜がまた続きますがcoldsweats01

さて、エアコンが効かないとのことでご入庫のメルセデス・ベンツsign01

Img_882901

どうやら、コンプレッサー自体が回らないのが原因のようですが、その前にもガス漏れはあるようで、漏れ原因の不具合も含め、まずは見積になりますscissors

Img_883101
低圧側のガス注入バルブ

最近のベンツは、高圧側のバルブがありませんsign02

これって、エアコン壊れたら全部交換しろsign03か、車を買い換えろsign03と言っていても不思議ではありませんbleah

低圧だけで、エアコンの状態を判断するのはかなり難しいからですpaper

Img_883301
矢印がコンプレッサー

あれ?、省電力タイプのコンプレッサーみたいで、外見にマグネットクラッチが無いので、負荷に応じてコンプレッサーの回転を制御するタイプのようhappy02

まずはコンプレッサーの不具合を確認するため、電源が来ているか確認しますが、コンプレッサー付近が狭く、違う場所から確認eye

Img_883501
エンジンルーム内の配線ユニット(配電盤)

ここから、確認をしましたら、電源が来ていませんでしたcoldsweats01

国産車なら、配線図を調べて追っていくと具体的に調べる事が可能なのですが、土日もあって、メーカーの技術サービスはお休みのため、分かる範囲での作業になります。

さて、次にリレーなどが考えられますが、ここはリレーの場所が全く解らず、やみくもに調べるほどファジーではないので断念delicious

次にプレッシャースイッチの確認ですが・・・

Img_883701
プレッシャースイッチ

おいおい、日本車なら2極なのに何故か?4極crying

スイッチ自体の抵抗値を測定するも、基準値が分からないから感覚的に調べるも、数値だけでコンプレッサーを回せない程の不具合でもないhappy01

かと言って、国産みたいに短絡も出来ないので次へと・・・coldsweats01

Img_884001

たしか、最近の車は、CANシステム搭載が多いので、新しい診断機だったら見れるかなと思ったのですがsweat01

Img_883901
ここまでは順調eye

項目の中に、クライメートコントールの部分(エアコンのコントローラー)があるのですが、7つも不具合原因が有るのにつながりませんcoldsweats02

どうやら、上の写真以外に自己診断があり、CANシステムが一部継らないとの結果が出てしまい、もしかしてコントールユニット(エアコンコントロール)に不具合があって、コンプレッサーに電源が来ないのかなと思いました。

Img_884201
クライメートコントロール

Img_884401
取り外し後

Img_884801
本体部分

ネットで調べたら、結構、ハンダの割れなどで不具合が出る事例があるみたいですが、このタイプのユニット修理は無いみたいcoldsweats01

Img_885101
分解して調べるも・・・

やはり、昔の基盤とは違い、かなりしっかりとした作りで、見た目の不具合は見当たりませんでしたcrying

やはり、休み明け早々にディーラーに問い合わせて、配線図を入手してじっくりと調べる必要がありそうですgoodsweat01

2016年7月 9日 (土)

トヨタ・スターレットEP71、タービン交換前編+その2(^^;

本日は1日雨rain、梅雨時ですから仕方ないと思いますが、昔に比べて蒸し暑い雨は勘弁ですねwobbly

さて、エンジンが違うため、部品の調達に時間が掛かっていたスターレットsign01

ようやく、ピストンとリングが届いたので、交換作業を進めていきますscissors

Img_880801

今回は、保証修理の範囲になりますので、ピストン交換2番とピストンリングのみになります。

ピストンリングに関しては、1気筒づつの単品販売は無く、4気筒分SETで購入sign03

本来なら、他のピストンも分解してリング交換をしたいところですが、保証の範囲外になるので、別途追加工賃が発生いたしますので、予算も関係で今回は1気筒のみで作業を進めますeye

Img_881001
新品を組み換え中

ちなみに、コンロッドピストンピン(小端部)は圧入式なのでプレス機で入れ替えをします。

コンロッドとピストンは位置があるので間違えの無い様にして組付けしますhappy01

Img_881301
組付け後、後はリング取付けのみ

Img_881501
いよいよ、シリンダーに組付けます

Img_882101
組付け後

Img_881801
組付け後、クランク側

写真でも確認出来ると思いますが、1個だけスラッジ無しで、他はそのままとは。さすがに店主的に人間的に申し訳無いので、やれる範囲で磨きましたpaper

Img_882201
アフター

Img_882601
ヘッド側も掃除

元々、2番は圧縮が無いので、スラッジが酷いのが判るんですが、他の3気筒は、ヘッドオーバーホールしてから3ヶ月くらいしか経っていないのにスラッジが酷く、ちょっと変sign02

でも、2番が燃焼してない分、他に負担が掛かったのかも知れませんねcryingsweat01

さて、ヘッドを組み付ける段階まで来たのですが・・・実はヘッドガスケットが欠品でして、早くても来週の月曜日到着sign01って2日後なんですがsweat01

本日はここまでになりましたgood

2016年7月 8日 (金)

スズキ・ジムニー、エアコン修理編(^^;

エアコン修理の定番と言えば、ガス漏れ、コンプレッサーの故障、エキパンの不具合などが多いと思いますが、スズキは、これ以外に多いトラブルもありますeye

Img_873601

エアコンスイッチとエアコンコントローラー不良が多いようで、他にジムニー以外のスズキ車に多いトラブルは、コンプレッサー用リレーでしょうかcoldsweats01

このジムニーは、コントローラーの不具合のようで、基盤内のハンダが割れるトラブルだと思い、基盤を確認したら・・・

Img_873801
黒いボックスがエアコンコントローラー

Img_873901
分解して基盤を確認

Img_874401
あれ?修理してある・・・sign02

意外だったのですが、基盤にハンダ修理済でしたcoldsweats01

てことは、本体が不良になってしまったのかと、お客様に説明をして交換することに

Img_878501
写真右が新品

交換後、コンプレッサーが動いて安心していたら、途中で切れたcrying

サーミスタがダメなのかと思ったのですが、エアコンのスイッチを入れなおすとONsign03でも、すぐOFFsign02

こんなことってあるのかとsign02思ったのですが、エアコンスイッチもダメになっておりweepこちらも交換ですpaper

Img_880501
エアコンスイッチ

Img_880601
交換後です

ようやく修理完了になりましたが、ガスを確認すると減っており、ガスチャージをすることにcoldsweats02

取り合えずガス1本ほど入ったので、お客様と相談の上、後にガス漏れを発見するのを反訴にするため、ガス漏れリーク剤を入れてお引渡しとなりましたscissors

せめて1シーズン以上はエアコンが効いてくれていると良いのですがgood

2016年7月 7日 (木)

ホンダ・HR-V、ラジエーター交換編(^^;

休み明けなんですが、リアルタイム作業ではなくてすみませんbleah

車が古くなってくると避けては通れない修理ですが、前回も色々と修理したホンダ・HR-Vsign01

今回は、ラジエーターがダメになってしまった為、交換をいたしますscissors

Img_876701
ホンダ・HR-V

良くですね、このクルマは良くあの部品が壊れやすいとか弱いとかの話が話題になりますが、確かにメーカーさんによっては、壊れやすいまたは弱い部品は存在しますcrying

ただ、勘違いをしていただきたく無いのですが、販売台数が多い車種の場合、必然的にネットでアップされるのも多いので、一概に壊れやすいや弱いとは言い切れませんので、間違えないようにしていただきたいpaper

Img_876901
アッパータンクの損傷で水漏れが起きてるラジエーター

今回の作業は、たまたまホンダのラジエーター交換ですが、車歴が10年も超えてくると、劣化もしますから、こんなことも必然的に起きる事例であります。

それでも、昔のラジエーターに比べれば、耐久性はアップしていますから、むしろ持った方だと思っていただいた方が、理にかなっているかと思いますeye

Img_877101
左が新品で右が外したラジエーター

新品は、ラジエーター本体のみになるので、電動ファンなど細かい部品等も含め、新品に移植していきます。

ちなみに、ラジエーターホースは、新品に交換ですscissors

Img_877301
移植後(アフター)

後は、車両へと組付けて元に戻していき、冷却水を入れエアー抜き作業して完成となりますeyesign01

Img_877501
新品取付後

残念ながら、エアー抜き作業の写真を撮り忘れてしまいましたが、エアー抜き完了後、少し冷まして冷却水を補充しなおし、エンジンを掛けて、エアー混入チェックをします。

これは、必ず行う必須作業でして、もし、エアー抜きを失敗するとオーバーヒートを起こし、最悪エンジンブローの原因になるので、お客様にはお時間をいただいて誠に申し訳無いのですが、1日、2日はいただいています。

今回は、ラジエーター交換だけなので、朝一預かりですと夕方にはお渡しが出来ますが、タイミングベルト交換に伴うウォーターポンプ交換の場合、物理的に1日では、お渡しは不可能ですので、もう1日いただいております。

昔は簡単だったエアー抜きですが、最近の車はむりくりのレイアウトが多いので仕方がないですねgood

2016年7月 5日 (火)

ニッサン・Z31、エンジン不調その3(^^;

寒暖差がございますcoldsweats02夏風邪も流行ってるようですから、体調管理には気をつけましょうeye

さて、エンジン不調も解決の方向に向い、次は室内のブロアーモーターが回らない修理を進めて行きます。

エアコン自体は、ほぼすべて部品の調達は難しく、かと言って旧ガスのまま修理する事を考えると、新しいガスへ移行した方が良いのですが、予算の関係で今回は断念sign03

ただ、室内のブロアーファンが回らないので、ここは治すことになりました。

Img_877801

はじめに、モーター自体を直接12Vをつないだら、綺麗に回ったのでヒーターレジスターかなsign02とも思ったのですが、もしレジスターがダメならマックスにすると風は出るはずなので、レジスターが原因ではないと判断paper

では・・・とモーターに電気が来てるか確認したら来てないcoldsweats01車が車なんで、資料集めるより、配線をたどって調べることにしましたscissors

Img_878201

たどり着いた先が、運転席側のリレーボックスhappy01

ただ、どれがブロアー用のリレーか?分からないので、日産部販に確認させたら、手前2番めと判明(写真の青いリレー)paper

Img_878801
リレーを外した状態

Img_878701
写真右が新品

古いので、在庫が無いかなと思っていたら・・・意外に在庫ありbleah

交換したら、やはり思った通り、ブロアーモーターが回りましたscissors

Img_879001

写真ではお伝えしづらいので、紙を細く切って吹き出し口に取付けてパチリcamera

エアコン自体の修理は出来ませんでしたが、風は出るように出来ましたscissors

Img_879201

最後は、バキュームホースの交換作業になります。

Img_879701

ビフォー・アフターでお見せ出来れば良かったのですが、写真はアフターになります。

Img_879901
交換後のバキュームホース

他のホースもありますが、劣化の度合いを見ると今回はバキュームホースのみの交換にしました。

登録から、30年以上経っていますから、コツコツ交換して行ければ、長い目で大事に乗れるのではないでしょうかgood

ただ、生産中止部品が多いのは厳しいですshock

2016年7月 4日 (月)

ニッサン・Z31、エンジン不調その2(^^;

今日も暑いっすねeyeと何度も言ってると良くないらしいですからcoldsweats01本題へとbleah

原因が判り、お客様からOKsign03もいただいたので、即注文paper

生産廃止が多い中、何故かすぐに部品が到着(一部オーナーからの部品ありです)eye

Img_874701
一部、トヨタのホースがありますがご容赦をhappy02

最初は、写真下のタービン・オイルリターンガスケット交換からscissors

Img_875101
交換前

Img_875301
見た感じ、漏れの不具合では無い気が・・・

Img_875501
交換後です

次は、不具合箇所の最大の原因であるインテークホース交換ですscissors

Img_875601
取外したホースと新品

Img_875801
写真左が新品

よく見ると新品のホースが明らかに肉厚が太くて頑丈なのに対し、切れたホースは柔らかく、少し肉厚が細いですcoldsweats02

多分、古くなるとホースが切れ易くなるのでしょうか?届いた部品は対策品でしたhappy01

在庫があるのが少し納得paper

Img_876101
取付作業中

Img_876301
完成scissors

バキュームホースは、後にして、この状態で、テスト走行しましたpaper

加速も良好、加給もしっかりと掛かっていい具合ですhappy01

これで、エンジン不調は治りました、後は応急処置のバキュームホース交換とエアコン関係の不具合修理の続きをgood

2016年7月 3日 (日)

トヨタ・スターレットEP71、タービン交換前編+その1(^^;

今日は暑かったってcoldsweats01いつもですがcrying今日は特別に暑く、かき氷食べましたscissors

Img_872001
やっぱこれでしょうhappy01

さて、前編後編で済むと思っていたスターレットeye

当店で、改造申請と新規車検、ヘッドのオーバーホールをした車ですが、オイル漏れの不具合が酷いとのことで、タービン交換依頼を受けたのですが、症状も改善されず、加速不良も、お客様に渡した時点から不具合もあったようで、当店のヘッドオーバーホールにミスがあったのかとsign02当店としては、整備した責任もありますし、ヘッドの不具合で調子が悪くなったのであれば、こちらのミスなので、お客様には深く謝罪をし、不具合の原因を探すことになりました。

まずは、原因箇所を特定して行きますpaper

Img_865801
プラグの1本が正常ではありません

Img_866001
写真右が後から交換したプラグ

プラグの不具合かと思い、新たにプラグを付け直したのですが、症状は改善出来なかったので、圧縮測定へと進みますeye

Img_867401
1番気筒は問題ありません

Img_867101
2番気筒が圧縮が出ません

どうやら、2番めが完全に死んでるみたいです。

当初、ヘッドの組付け不良もしくは、バルブクリアランスの調整不良かと思いましたが以上は無く、ヘッドを分解することになりましたhappy01

分解途中の作業に付いては、以前にもアップしてるので端折りますが、ヘッド取り外し後もこれと行って不具合も無く・・・

Img_872501
ヘッド部分、バルブ部分には、異常がありません?

Img_872201
腰下も見た目異常はないようです?

それでも、圧縮が無いのですから、ヘッド側に問題が無いのであれば、やはり腰下側に問題があるかと思います。

運の良い事にsweat01オイルパンが簡単に脱着出来るタイプだったので、取外してピストンを外していきますscissors

Img_872901
クランクシャフトとオイルストレーナー

オイルストレーナーを取外して、2番のピストンを外しました・・・

Img_873401

Img_873001
ピストンが棚落ちしているshock

ピストンリングは欠け、リングの間のランドは無くなっていますwobbly

マフラーから煙が出なかったのは、辛うじてオイルリングが生きていたおかげで発見が遅れたのもあるのかな???

しかし、ピストンが割れるのは見たことがありますが、ランドの棚落ちは初めてhappy02

シリンダー側のキズは、かすかなキズだけで済んでいるので、ボーリングまでは行かない状態(ギリcoldsweats01)。

今回の作業内容は、ヘッドのオーバーホールから3ヶ月くらいしか経っていないのと、お客様にお渡しした頃から不具合が出ていたこともあり、当店の保証範囲にて作業しますが、ヘッド自体に不具合は無いので、相談後、部品代のみご負担をいただくことで、工賃は保証内でいただきません。

しかし・・・こんなことってあるんですねcoldsweats01sweat01

つづくgood

2016年7月 2日 (土)

ニッサン・Z31、エンジン不調その1(^^;

調子こいて、前編とか後編なんてブログアップしたけど、まさかの2回で済まない事が多くてsign02結局、その1~からにしましたよcoldsweats01

車が新しいと問題は無いんですが、年式が古くなると予期せぬトラブルは出てしまうものですsweat01

さて、最初の話にも関係することなんですが、今回ご入庫のフィアレディZ、Z31型も当初は、エアコン修理でのご依頼でしたsign03

しかし、エンジンの不調が治らないとのことで、優先順位がエンジン修理からになった次第ですscissors

Img_869401

フィアレディZ、Z31型、通称ZRです。

S130型の後継機で、最後の直6エンジン搭載(V6エンジン搭載車がメインです)グレードになります。

冒頭にも書きましたが、最初にご来店いただいた時は、調子も良く、エアコン修理が目的でした、しかし、修理依頼を受けてから、しばらく経ってもご入庫の連絡が無かったので、違う修理屋さんにでもお出ししたのかと思っていましたら、メールが入り、本日ご入庫となったのですが・・・eye

どうやら、エンジン不調になったらしく、色々と交換したらしいのですが、どうしても改善が出来なく、エアコン修理よりエンジン不調の修理トラブルから作業を承った次第ですpaper

まずは、お客様からの不具合の原因を詳しくご説明をいただき、ゴムホース類の劣化もあるとのことで、こちらの不具合から不調原因を探しだすことになりました。

Img_869801

バキュームホースの劣化と切れがかなり酷く、まずは短いバキュームホースは、当店在庫の新品ホースへと交換していき、長いホースに関しては、少しカットして応急処置をして行きますhappy01

Img_869601

Img_870001

まずは、この車両sign01

色々とバキューム制御してる車両のため、バキュームタンク類のホースを交換または、切れかかってるホースを短くカットして処置していきます。

何れにしてもゴム自体の劣化が酷くて、ほぼ全て交換になるのですが、まずは、エンジン不調のトラブルを解決していかないとならないので、仮の状態で作業を進めて行きます。

Img_870201
劣化がすごいですが、取り合えず、ダメな部分だけカットします。

Img_870401

いやー、店主もビックリのホース劣化で、ほぼエアー吸いまくりですcrying

Img_870901
可変吸気バルブのバキュームホース

Img_871101
アフター

Img_871501
ダッシュポットは生きてるようですscissors

Img_870801

何度か、ホースを付け直ししながら試運転をして行く中で、だいぶ調子も改善はしてるんですが、妙に加給が掛かる時にエアーが漏れる?と言うか、エアーがうまく供給されて無くてブーストも掛からず、惰性で加速してる感じがしてたので、他にも原因が無いか?

リフトアップして確認して見ることにしたら・・・あっさりとエアコンの不具合を発見bleahsweat02

Img_870601
コンプレッサーからリーク剤がダダ漏れしてます。

店主は入れてないので、どこかで入れていただいたと思いますが、ブラックライトを当てるまでもなく、肉眼でも判る漏れsign03

エアコン修理の方は、かなり予算が掛かりそうですcrying

さて、ほぼここが原因かと思われる箇所が分かりましたgood

そこは何と・・・

Img_871801

Img_871701
ホースが破けています

空ぶかししてみると、タービンの付近からエアーが抜ける音が出ます、ブローオフバルブも付いていないのにsweat01付近に手を近づけて空ぶかしするともの凄い風が来るので、よーーく見たら、タービンから、インタークーラーに向かう途中にゴムホースがあるのですが、ここがパックリと切れていましたshock

これじゃー加速しませんよねcoldsweats01

当時同年代のスカイラインは、バンバーにインタークーラーが付いていますが、ZRはシリンダーヘッドの真上に付いていますからタービンからすぐインタークーラーへといくので、効率が良いとされていました。

でも・・・この部品あるのかなぁー・・・つづくgoodsweat01

2016年7月 1日 (金)

トヨタ・MR2、AW11車検整備編その4(^^;

太陽が出ていて暑いsunのは仕方がないと思いますが、曇ってて暑い(蒸し暑い)cloudcoldsweats02のは、かんべんして欲しいですねpaper

さて、車検整備も最後になりましたMR2ですが、最後のマフラー交換をアップしていきますscissors

ただ、車検整備以外にエアコン修理、オーディオ修理が残っているので、このシリーズは長引きそうですsmile

Img_862901

Img_867501

まずは、外したマフラーを触媒から外すのですが、サビが酷くsign01ボルトの頭もやせてしまっているので、ガスバーナーであぶって、1本1本外して行きます。

Img_867701

フロントパイプ、触媒、リヤマフラーと無事に分解が出来ましたscissors

やはり、ガスバーナーはすごいhappy01scissors

Img_868001
組付中

ただ、困った事に触媒に遮熱板を取付ける為のステーがフランジナットと共用になっており、こちらもサビが酷かったのですが、何故か生産廃止crying

結局、遮熱板ステー側はなるべく再利用する事になったのですが、リヤマフラー側はほぼ朽ち果てていたので新しくナットを取付けするなど新品に交換できる範囲で交換scissors

Img_868201
単体での取付け完了

後は、車体に(エンジン)へと取り付けしていきますが、マフラーの出口のカッター(デフェーザー)は車体に取付した後、最後に取付けしますhappy01

そうしないと、取付作業時にキズを付けては、化粧カッターの意味がありませんからcoldsweats01

Img_868401
完成ですscissors

取付後、エンジンを掛けたら、もの凄く静かなのに驚きでしたshock

元々付いてたマフラーも純正だったんですが、享年劣化とマフラーのパイプ部分にも穴が空いてしまい、その度に補修をしたのですが、それにしてもそこそこサウンド的にうるさい感じでしたが、嫌いな音でも無かったので、純正らしいマフラー音かなsign02と思っていただけに、新品ってやっぱ静かなんだと思い知らされましたhappy01sweat01

後は、来週にも車検を通して、お次はエアコンとオーディオ修理へと進めて行きますpaper

車検整備の部品待ちの間に治せれば一番効率が良いのですが、現車を走行テストしないとダメなのと、すぐに不具合出ない内容プラス、車検が切れてしまったのも原因の一つで、結果的に車検を先に通すことが最優先になってしまいましたhappy02

つづくgood

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ