« スズキ・ワゴンR・MC11S、タイミングベルト交換編その2完成(^^; | トップページ | スズキ・ジムニー、エアコン修理編その1(^^; »

2016年5月29日 (日)

三菱・ギャラン、バルブシール交換(^^;

本日は午前中、ご近所の方が自損事故を起こしてしまい対応に追われ午前中は何も出来ない状態でしたがcoldsweats01残業することで、今回の車両整備が無事に進めたので、あんどしてますpaper

さて、お預かりの三菱・ギャランですが、作業内容はオイル下がりにより、バルブシールの交換依頼を受けたのですが、この車両のエンジンはV6エンジンsign01

普通、両方のヘッド・バルブシールを交換するのですが、今回は、フロント側のヘッド・バルブシールを交換することになりましたscissors

Img_801001

しかも、ヘッドを外さないでの交換作業になりますpaper

Img_801401

Img_801301
オートテンショナーが飛び出ないようにピン留めします

まずは、作業を進めて行きますhappy01

この車両は、タイミングベルトの張りを調整するのに、オートテンショナーを使用しており、テンショナーのロッドを出さないようにすることから始めますscissors

ロッドが出ないようにしたら、タイミングベルトを外すため、フロントバンクのカムプーリーを外しますsign03

Img_801601
フロントバンクのタイミングベルトカバー取外した後

ここだけ外しただけでは、後々、ベルトのタイミング調整が難しくなってしまいますので、リヤバンクカバーも外して行きますeye

Img_801901
その前に作業風景を

Img_802101
リヤバンクのカバーを外した後、ベルトのズレを防止する対策をscissors

Img_803301
カムプーリー取り外し後

Img_803601
カムを取外した後

Img_803801
治具取付後

Img_803901
写真左は新品バルブシールsign01

基本的にオイル下がりの原因は、上の写真に写ってるバルブシールの劣化によることが多いのですが、走行キロやオイルメンテにもよりますが、オイル上がりもありますので、この部品を交換したから治ると言う保証はありませんbleah

Img_804201
こんな感じの治具を使って作業します

Img_804401
後は、逆の手順で組んでいきます

Img_804601
ほぼ完成です

今回は、治具で交換できる箇所だったので良かったのですがsweat01

必ず使えるとは限りませんので、もしマフラーから最近青白い煙が多いなと感じたら、お問い合わせをしてみる価値はあるかも知れませんhappy01

ただし、必ずでは無いのでご注意をgood

« スズキ・ワゴンR・MC11S、タイミングベルト交換編その2完成(^^; | トップページ | スズキ・ジムニー、エアコン修理編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/63702788

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱・ギャラン、バルブシール交換(^^;:

« スズキ・ワゴンR・MC11S、タイミングベルト交換編その2完成(^^; | トップページ | スズキ・ジムニー、エアコン修理編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ