« スバル・サンバーKV4、エアコン修理その2(^^; | トップページ | スズキ・ワゴンR・MC11S、タイミングベルト交換編その1(^^; »

2016年5月26日 (木)

スバル・サンバーKV4、エアコン修理その3(^^;

今日は(も)暑かったっすねcoldsweats02まだ、5月なのにwobbly

さて、エアコン修理の続きになりますが、コンデンサーを外す為に鉄板ビスを外さないとならないのですが、すべて錆びついてプラスドライバーを使ってもナメてしまいcoldsweats02すべてドリルで揉んで外すことになりました(前回のブログにて)sign01

後、ステーの一部も溶接が剥がれていたので補修しながら取り付けしていきますpaper

Img_796101
溶接修理後

Img_796201

サビを取って、シャーシブラックですが塗装しましたscissors

Img_796501

漏れたコンデンサーを除いて、組付けして行きます。

Img_796601
組み付け中

鉄板ビスは無理なので、普通にボルト・ナットで固定しましたeye

Img_796801
電動ファン側

Img_797401
車体に取付後

コンプレッサー側のホース類を取付して、リキッドタンク(レシーバータンク)を車体のパイプに取付後、いよいよ真空引きになります。

Img_797501
真空引き中

真空引きした後が肝心でして、ここから、次の日までそのままにします。

これで・・・

Img_797801

ゲージの目盛りが0にならなければ、ようやくガスチャージヘと進みますhappy01

もし、0に近い側に針が進んでいた場合はゲージの締付、修理した部分の締付不良のチェックをしつつ、再度真空引きをして問題なければガスチャージしますがsign03

それでも0に針が行くなら、他に持ってる箇所があることになります。

対外は、治ってくれますが、まれにゲージでは問題なくても、ガス漏れが発生して、翌年にはエアコンが効かないなどのトラブルも発生します。

実際は、ごくごくまれな事なのですが、絶対に無いとも言い切れません。

ですから、当店では精神誠意対応はさせていただいております。

しかし、どれだけしっかりと整備をしても、気体なだけに100%とは言い切れませんが、すべてのエアコン部品を交換しても漏れるなら、それは車ではなくて、店主の責任になりますけどcoldsweats01

« スバル・サンバーKV4、エアコン修理その2(^^; | トップページ | スズキ・ワゴンR・MC11S、タイミングベルト交換編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/63687888

この記事へのトラックバック一覧です: スバル・サンバーKV4、エアコン修理その3(^^;:

« スバル・サンバーKV4、エアコン修理その2(^^; | トップページ | スズキ・ワゴンR・MC11S、タイミングベルト交換編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ