« 2016年、仕事はじめは車検整備から(^^; | トップページ | コスモ・スポーツ、再修理編その1(^^; »

2016年1月 8日 (金)

スバル・ヴィヴィオ、エンジンオーバーホール編、その3(^^;

さて、年末ギリギリでのエンジンオーバーホールになってしまったため、データ収集が出来ず、年明け後になってしまいましたがcoldsweats01どうやら、メタル交換とピストンリング交換だけで行けそうですhappy01

Img_549601

その前に、気になってる事があり、ミクロチェックで亀裂が無いか?点検しますscissors

写真でもお分かりかと思いますが、問題はありませんでしたeye

何故sign02確認したかと言うと、ヘッドオーバーホールした時にエンジンオイルを交換したのですが、腰下もオーバーホールした際にオイルを抜いたら、色が違うことに気づき、もしかしての判断だったのですが、結果を申し上げると、亀裂はなく、水漏れの変色ではありませんでしたpaper

調べて気が付いたのですが、どうやらオイル漏れなどが有ったのか?添加剤を入れた後が見つかり、おそらくはシール剤の関係でその色になったのかなと思います。

ただ、メタルの損傷は酷いので、機械加工無しでオーバーホールが可能か、測定に入りますscissors

まずは・・・

Img_552101

シリンダーボアの測定からですpaper

4気筒とも、余裕の限度内でしたhappy01次は

Img_551901

コンロッドの摩耗ですが、こちらも余裕でクリアーsign03

後は、クランクシャフトのジャーナル径とコンロッドジャーナルの測定ですpaper

Img_552401
写真は、コンロッドジャーナル部

シャフトのジャーナルは、どうやら標準のメタルで対応出来そうですが、コンロッド側は、摩耗が少し多いので、アンダーサイズを入れる事になりそうです。

ただ、スバルのエンジンのすごいところは、100分の1ミリ単位の数値(大まかです)でサイズ設定があるのには驚きましたcoldsweats01

親メタルは、もう少し刻みますが、ピストンともに細かく設定があるので、さすが元飛行機会社だなぁーと関心sweat01

後は、オーナー様に連絡して、事の詳細と許可待ちになりました。

一応、オーバーホールの許可はいただいていますが、部品代も馬鹿にならないので、連絡&許可は必須です。

つづくgood

« 2016年、仕事はじめは車検整備から(^^; | トップページ | コスモ・スポーツ、再修理編その1(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/63029458

この記事へのトラックバック一覧です: スバル・ヴィヴィオ、エンジンオーバーホール編、その3(^^;:

« 2016年、仕事はじめは車検整備から(^^; | トップページ | コスモ・スポーツ、再修理編その1(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ