« スバル・ヴィヴィオ、エンジンオーバーホール編、その1(^^; | トップページ | 2016年、仕事はじめは車検整備から(^^; »

2015年12月28日 (月)

スバル・ヴィヴィオ、エンジンオーバーホール編、その2(^^;

今年も最後の仕事納めになりましたがsweat01ヴィヴィオの続きをpaper

Img_544001
ヘッドまで分解した状態

この写真は、以前のブログの使い回しではなく、一度ヘッドをオーバーホールした後の分解した写真ですeyeしかも、試運転5キロと工場の移動で出来たカーボンですが、ちょっと気になる状態sign02

単純に、エンジンを組んだ経験からの判断ですから、間違っていたらすみませんcoldsweats01

Img_544301

取り合えず、ミッションだけを車体に残す関係でこの状態にsign01

Img_544501

腕力のみで降ろしましたが、軽のエンジンとは言えsweat01重いっすcrying

組付けの時はエンジンクレーン使おうと思いますeye

Img_544601
エンジンスタンドに組付け

Img_544801
オイルパン取り外し後

Img_545001

驚いたのですが、コンロッドメタル(子メタル)のキズが半端ではありません。

Img_546201

ただ、メタルの損傷が激しく、上記の写真は1番気筒のメタルですが、クリアランスが適正ではありません、しかも2番気筒のコンロッドはもっと酷く・・・

Img_546801

表面のメタルが無くなり、削りとられています、当初、1番気筒の辺りから音が出ていましたが、実は2番気筒のメタル損傷が酷かったsign01さらに

Img_547001

クランクジャーナル(親メタル)も1番気筒側(写真の矢印部分)に摩耗がsign03

どうりで、アイドリング時にキューキューとベアリングの回転異音がしていたのは、この性だとバラして分かりましたpaper

Img_547101

クランクシャフトは、これから測定しますが、摩耗限度内であることを祈りたいです。

写真にはありませんが、ピストンリングとオイルリングの固着などのトラブルはありませんでしたeye

でも、心配ですから交換しますpaper

しかし、ここまで損傷が激しいので、昨日今日の不具合ではありませんから、1気筒が死んだ以前に、異音は出ていたのかと思われます。

もし確認が出来ていないのであれば、1番気筒が死んでる関係で、気が付かなかったとしか言えませんがcoldsweats01

できることなら、メタルだけの交換(機械加工無し)だけで治ると良いのですが、こればかりは来年の測定結果次第でしょうかgood

本年は、ブログが本日で終了となりますscissors

来年もよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

良いお年をhappy01

« スバル・ヴィヴィオ、エンジンオーバーホール編、その1(^^; | トップページ | 2016年、仕事はじめは車検整備から(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/62956926

この記事へのトラックバック一覧です: スバル・ヴィヴィオ、エンジンオーバーホール編、その2(^^;:

« スバル・ヴィヴィオ、エンジンオーバーホール編、その1(^^; | トップページ | 2016年、仕事はじめは車検整備から(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ