« スバル・ヴィヴィオのエンジン不調編、その1(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ!修理&ETC取付その5(^^; »

2015年11月 9日 (月)

スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編その3(^^;

冒頭から、お詫びがあるのですが、スズキ部品からは、オーバーサイズピストンが無いと言われたのですが、実はマニュアルを見ると存在することが分かり、スズキ部品もと言うより、それだけオーバホールする整備業者が無いから、在ることすら分からないんですねwobbly

なんかショックでしたよbearing

さて、摩耗限度が範囲内を信じて測定開始ですscissors

Img_461701

測定箇所は、1気筒あたり4箇所を測定eye

測定のトータルの差で摩耗限度内か範囲外かを判定します。

一応、1番気筒が微妙でしたが、ギリ範囲内でしたのでシリンダーの交換または加工は、必要無くなりましたcoldsweats01

問題は、コンロッド、ピストン他です。

Img_461901
ピストンリング測定中

ピストンリングは、当然でしたが範囲外でしたので交換、ピストンは摩耗限度を超えていたので交換、コンロッドは1番気筒のスラストのガタが限度超えで交換、

Img_462001
クランクシャフトの測定です

クランクシャフトは、メイン&コンロッドジャーナルの測定しましたが範囲内でした(写真なくてすみません)scissors

Img_467101
ヘッドはカーボンがびっしりで、白い

前回、ヘッドをオーバーホールしている為、スラッジは少ないのですが、バルブのスラッジ固着はすごいですねcrying

汚れたエンジンを洗うのは、基本ですから気にはなりませんが・・・骨が折れる作業ですcoldsweats01

部品は、発注したばかりなんですぐに洗うことはしませんが(すぐに錆びるため)この車両以外にスバル・ヴィヴィオのヘッドオーバーホールも同時進行でしているので、順番でアップして行く予定です。

« スバル・ヴィヴィオのエンジン不調編、その1(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ!修理&ETC取付その5(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/62647666

この記事へのトラックバック一覧です: スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編その3(^^;:

« スバル・ヴィヴィオのエンジン不調編、その1(^^; | トップページ | マツダ・コスモスポーツ!修理&ETC取付その5(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ