« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

トヨタ・MR2・AW11、タイミングベルト類の交換のはずが、その5(^^;

昨日、一昨日と急遽、臨休をいただきましたhappy01

休み後は、順当に作業と思っていたら、飛び込みで30日切れるので車検を追加ですることになり、当初予約の車検と重なり、朝からひっちゃかめっちゃか状態crying

プラス電話対応で、作業が進まずでしたが、ようやく先が見え始めましたscissors

ただし、まだ部品が来ないのもあるので、安心は出来ませんがsweat01

Img_498301
洗浄&清掃後

Img_498501
ボルトの折れビフォー

Img_498801
アフター

汚れの除去には、さすがに無理が多く、かなり難しい状態でしたが、ここまでは綺麗に出来ましたpaper

Img_498901
バルブのカーボン除去中

Img_499101

一応、すべてのバルブ清掃は終了したので、次は、バルブシートの当り調整と組付けをして行きたいと思います。

ただ、水回りの洗浄と、未だに届かない部品もあり、遅れると当然ですが、他にご予約をいただいてる作業もあるので、今しばらくは掛かりそうですcrying

最後に、明日、ようやく、ヴィヴィオのヘッド加工が終わり戻って来ますscissors

もしかしたら、遅いと思われたヴィヴィオの方が早いかも知れませんね(こちらは部品が欠品無いので)sign03good

2015年11月27日 (金)

トヨタ・MR2・AW11、タイミングベルト類の交換のはずが、その4(^^;

本日は、電装品の取付けと車検の車を整備などがあり、合間の整備になっていますMR2の作業eye

今回は、洗浄のみになってしまいましたcoldsweats01

Img_497201

洗浄後のシリンダーヘッドsign03

汚れが酷くて、完璧ではありませんが、綺麗にはなりましたscissors

Img_497401
洗浄後

Img_497501
カムシャフトなど

綺麗に洗浄した後は、組付けの工程に入りますが、残念ながらここまでsign02

実は、店主ごとで申し訳無いのですが、明日、明後日と臨休になるため、下準備までになります。

来週の月曜日からは、車検の車など他の整備があるので、合間を見ての作業になりますが、続けてアップして行きます。

最後に、これも店主ごとですが防犯カメラを設置することに致しましたhappy01

まだ、盗難やイタヅラなどの被害は一切ございませんが、犯罪の抑止効果も含め、カメラで監視することで、万が一のトラブルを防げればと思っております。

Img_497701
中身は見せられませんが・・・bleah

って、アマゾンで売ってますcoldsweats01

2015年11月26日 (木)

トヨタ・MR2・AW11、タイミングベルト類の交換のはずが、その3(^^;

本題に入る前にこの写真を・・・

Img_496101

久しぶりの虹ですscissorsでも、この後すぐに曇ってしまい、一瞬の晴れ間に起きた虹ですcoldsweats01

さて、部品の追加などで、揃い始めてはおりますが、追加が多い為、作業が進まなく困っておりますが、それでも少しづつですが、作業をはじめておりますpaper

結果から申し上げると、ヘッドの歪、シリンダーの歪とも問題はありませんでしたscissors

Img_496601
バルブなどすべてを分解

他に、摩耗関係も測定しましたが、限度内です。

問題は、最初のブログでも書きましたが、水回りのホース劣化をどうするかsign02ですねweep

何せ、規格のホースで交換対応は出来ても、くねくねと曲がるホースは対応出来ないし、しかも生産中止sign03

再利用がうまく出来るのは再利用して、規格のホースで交換出来るのは極力交換することで対応しようと思いますが、まずはヘッドのオーバーホールからeye

Img_496801
シリンダー側の清掃後

腰下は、今回の対象外ですから、すべてを分解していません。

でもピストン部分は綺麗に清掃しましたscissors

Img_497001
ヘッド部分を綺麗に清掃

ヘッド部分は、これから洗浄になります。

その前に、カーボンやスラッジをある程度除去して、先の段階待ちになります。

生産中止部品が多いのに、同じ86に搭載していたエンジンだけに、エンジン部品だけは、ほぼ供給が可能なようですcoldsweats01

次回は、組付けと水廻りのその後をアップしていきますhappy01good

2015年11月24日 (火)

トヨタ・MR2・AW11、タイミングベルト類の交換のはずが、その2(^^;

当店は、昨日明日と飛び石連休になりますがeye

やっと、MR2の続きを作業出来ることになりましたscissors

Img_494301

忘れているかと思いますのでcoldsweats01前回のあらすじを少々paper

当初、タイミングベルト、ウォーターポンプ、ライト、ブレーキ類の交換、修理、点検が作業内容でした。

しかし、オイル漏れ、水漏れ、冷却水の循環がうまくいっておらず、人間で言う、心筋梗塞状態と脳梗塞の言わいる、合併症ってやつでcrying大修理になりますwobbly

ドクターXの方なら、当然、切除(交換)ですが、部品の生産中止が激しく、ほぼありませんcoldsweats01

そこで、在る部品は交換して、無い部品は、残念ながら、特殊な部品は交換をせず、市販の併用部品で交換できる部分は交換しての作業となります。

まずは、ヘッドオーバーホールですeye

Img_494501

Img_494701

Img_495701

水回りは、ひどい状態ですsign01

Img_494901
ヘッドを外す作業

Img_495101

カローラ&スプリンターなら、もう少し簡単に外せるんですが、インテークマニを外しますcoldsweats01

一番面倒だったのは、インジェクターの配線カプラーですねsign01

旧タイプのカプラーはピアノ線みたいなワイヤーで固定していて、溝部分のワイヤーを浮かしてカプラーを外すのですが、インジェクター部分は、とても無理なので、インジェクターと配線ごとをそのまま外した後、インマニも外しましたscissors

見づらいですが、写真左側にインジェクターと配線をどかしています。

Img_495301
無事にヘッドと分離

Img_495401
ヘッド部分

一応、他に損傷が無いようなので、後は、細かいヘッド&ブロックの歪測定とバルブ類を分解して、ガイド類のチェック、測定をして行きたいと思いますscissors

ただ、ホース類の生産中止がが多すぎて困っておりますcrying

最悪は、市販のホースを強制的に曲げ加工するしか無いのですが、さすがに手間賃が・・・wobbly

最後に一つ疑問が有って、交換しなくても使えそうなホースは在庫が有るのに、劣化していて、欲しいホースが生産中止sign02

摩訶不思議なトヨタsign02

単純に、なかなか出ない部品があまってしまい、よく出る部品は年数で中止にしたのでしょうねbleah

つまり、すべての部品が失くなったら、終わりってこと・・・ちゃんちゃんgood

2015年11月22日 (日)

スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編、完成(^^;

ここのところraincloudsun降ったり雲だったり、今日みたいに晴れたりと、天気の安定しない日が続きますeye

さて、ようやくエンジンをボディーに載せますpaper

ただし、お客様のご都合で、ボディ本体の写真はございませんsign03

Img_490901
搭載中

下ろした逆の順番で組み付けるだけですが、オーバーホールのような期間が掛る作業の為、最低限覚えていないと組み付けが困難になります。

Img_492801
インテーク側

Img_493201
カムカバー側(すでにクランキングしてオイルを循環済み)

さて、いよいよエンジン始動sign01一発始動でしたscissors

始動後のチェックと冷却水のエアー抜きをして、一晩置いて再エアー抜き後、ようやく完了scissors

これで、試運転して最終チェック後、完成となりましたgood

思えば、時間が掛かり、お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたが、とても静かで調子良いですhappy01

2015年11月21日 (土)

HIDキセノン取付!トヨタ・アリスト編(^^;

今回は、皆様もご存知のHIDキセノンキットの取付編ですeye

ネットショップでは、ピンきりで販売してますが、当店でも商品の購入から取付を承っております。

でも、購入先はネットショップなので、こちらで用意も可能ですが、手数料が少々掛かりますから直接購入&持込での取付も可能ですscissors

お預かりの車両は、トヨタ・アリストsign01

こちらの車両は、通常のタイプと違い、特殊なバルブのためHID専用キットが存在しませんcrying

Img_491101

当初は、国産のキットを探しましたが、ありませんcoldsweats01

それにプラス、ただでさえ国産キットは高いため、中華の安いキットに押されて、国産で揃うキットは大変少なく、しかも最低7万からの超ーハイコストwobbly買わんよねhappy01

そこで、店主も最近、購入していて安すぎず高すぎずで、初期不良に一度も当たらず、しかも明るいHIDキットを使っていますが、アリストのお客様にもオススメしましたscissors

ただ、耐久性は未だに不明ですが、一応保証もそこそこあるのでオススメですscissors

後で、アドレスを載せますので、気になる方は見てみてくださいませpaper

さて、本題へsweat01

Img_491301
取り外す前のHIDバーナー

以前、専用のHIDキットを購入したとのことで、不具合が出始めたので、交換して欲しいとの内容でした。

しかし、お預かりして確認すると専用バーナーではなく、HB3のツメ部分を削って修正して取付けしておりました。

多分、特殊なので専用キットは、そもそも存在せず、HB3キット改で対応してるみたいです。

ただ、削らなくても(改造)しなくても出来ることは出来ます。

Img_491401
写真左が新品で右側が外した社外HIDキット

Img_492001
バルブはめ込み部分のスペーサー

本来は、差し込んでから回して固定するタイプなのですが、加工が面倒な方には、上の写真の台座部分を外すて取り付ければ、加工無しで大丈夫です。

ただし、バルブが切れた時は、台座外さないと交換が出来ないので大変面倒ですがshock

Img_491801
差し込みの台座を外した状態

Img_492201

それだと、バーナーが切れたり不具合が起きた時に簡単に取り外す事が出来ないので、やはり、少し加工して取付けしましたpaper

Img_492601
ほぼ、取付け完了

この後は、点灯確認とヘッドライトの光軸確認をするだけですが、こちらは明日に持ち越しですが、ちなみにバラストに偶然にも「NAS」の記載がありますが(ナリタオートサービスの頭文字でNAS)当店ではブランド販売はしていませんcoldsweats01sweat01

最後に当店が購入している販売会社のアドレスをgood

株式会社 秀 (TENKOU)

http://www.rakuten.co.jp/tenkou/index.html

2015年11月20日 (金)

スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編その6(^^;

今日の千葉は、あいにくの雨模様rain

NHKの天気予報では、日中曇りcloudのはずでしたが、受信料を払っているのに当りませんsweat01

さて、天気には全く関係ない工場での作業ですがhappy02スズキ部品に文句を言ったかいが少し出たのかsign02通常明日になるメタルが、本日午前中に届きましたeye

やれば出来るじゃんスズキ部品sign03早速、急いで組付けて今日中に車体へ載せられるように仕上げます、何せ押しまくってますからcoldsweats01

Img_486401

Img_486601

単体部品の写真を撮り忘れてしまいましたが、矢印部分のメタルがやっと届いた部品です。

ここからは、一気に写真でscissors

Img_486801
クランクシャフトを載せます

ちなみに、プラスチゲージでメタルとのクリアランスはチェック済みですpaper

Img_487001
クランクジャーナルとシリンダーブロック一体式の為、液体パッキンを塗ります(黒い部分)

Img_487201

Img_487401
ピストンを組付けます

Img_487501
組み付け完了

Img_487701
ヘッドを載せ、タイミングチェーン取付け

ちなみにタイミングチェーン、テンショナー、チェーンガイド類は新品にしました。

Img_487901

エキマニ、ウォーターポンプも新品です、ちなみにすべての部品ではありませんが、お客様持込部品もありますpaper

Img_488401
ATミッションともドッキング終了

Img_488701
オイル漏れしていたATオイルクーラーホースも交換

Img_489001
ATミッション側からの写真

エンジンオーバーホールは、基本1ヶ月以上掛かりますが、それは部品の入手が掛る年式の車に限っていました、しかし・・・比較的に部品が揃う年式にも関わらず、発注ミス、部品間違いが続いたせいで、1ヶ月近く掛かってしまいましたcrying

その前に、店主ごとですが前にご入庫の修理が予想外に時間が掛かってしまい、作業するまで、時間が掛かってしまったのも原因の一つですけどweepsweat02

話を戻しますが、これで載せられる状態になりましたので、土日結構予約が入っているので、どこまで作業できるかsign02解りませんが、休み返上で祭日までには完成させたいと思いますgood

2015年11月19日 (木)

スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編その5(^^;

実は、昨日に部品が到着するとの事で(間違っていたメタル)、休み返上で作業しようと思い、午前中から部品を待っていましたeye

案の定、いつも午前便で来るので、部品を受取り、早速作業と思いメタルを確認したところ・・・メタルの識別色が明らかに違いますsign02

当初は、勘違いかとも思いましたが、この間入手した1000分の1ミリを測定出来るダイアルゲージで確認したらやはり部品が違いますcoldsweats02

Img_482501
1000分の1ミリを測定出来るダイアルゲージsign03

本来、欲しかったのは・・・

Img_483401

写真上段の緑色のメタルが欲しかったsign03

しかし、来たのは下段の茶色メタルwobblyもう最悪ですcrying

しかも、このメタルは特殊なため、在庫なしメーカー注文です。

でも、普通メーカーでも次の日の午後には届きますscissors

しかし・・・スズキは違っていて3日も掛るんですangry 一体、どんな僻地にメーカーが在るんですか???

今時、九州からでも宅配なら2日で届くご時世にpout

さすがに、部品の手違いに店主もキレましてannoy上のお偉いさんに文句を言いましたよeye

取り合えず、文句言っても部品が揃うことはありえないので、届くまでの間に、すぐに組めるように作業を進めて行きます。

Img_483901
交換前

まず、ホース類を交換していきますpaper

Img_484501
交換後

ホース類とともに、エキマニ、ウォーターポンプも準備して行きますscissors

Img_484701
お次はピストン関係

まず、新品交換のコンロッドを重量測定したら、他の2番、3番コンロッドに比べ軽いcoldsweats01

5グラム以内ならOKsign01にしたかったんですが、新品が軽くてですねcoldsweats01最大で10グラムも違ってしまったので、ピストンも含め差を揃えようとしましたが、かなり削って修正しないとなりません。

当店は、チューニングショップでもないし、レース用を作成してる訳でもないから、このままシカトもOKかも知れません。

でも、軽自動車みたいにレッドゾーンが高めの車にはバランスのズレが大きいと致命傷になってしまうので、妥協して5グラム以内、正確には1グラム以内目標で、若干重量合わせをしましたscissors

ただ、細かくはしていません、あくまでオーバーホール工賃の範囲内での作業です。

Img_485501
写真右が新品で軽量、他2本は重いので削っています

Img_485601

全部測定した写真を載せていませんがsweat01

最終的なグラムさは1,5グラム以内にしましたpaper

最後に、一番大事であり大変なピストンリング取付けcrying

専用の工具買えよとのご指摘もありますがsweat01なかなか使わないんですよねーだから、未だに持っていませんがbleah

Img_485901

Img_486201

おかげさまで、うまく行きましたscissors

最後に、おまけですが

Img_484801

電熱器を買いました(アマゾンにて)scissors

料理用の機器と関係があるのか?

そう思うかもしれませんが、ピストンとピストンピン、コンロッドを組み付ける場合などに温めることで、組付けを容易に出来る、最強のアイテムとも言えますhappy01

Img_485101
直接火が当たらないので温めるのには最高です

実は、ホームセンターで買おうと思ったのですが、以外に高くcoldsweats01アマゾンの方が安かったので、購入sign01

使おうと思ったっら・・・

スズキは必要が無かったcrying簡単に組めたのでsweat01good

2015年11月17日 (火)

スバル・ヴィヴィオのエンジン不調編、その2(^^;

エブリィの部品待ちの間に、ヘッドオーバーホールのスバル・ヴィヴィオの部品が揃ったので、後からのご入庫ですが、作業を進めて行きますpaper

Img_481701

ヘッドオーバーホールごときに、こんだけの部品sign02と思われますが、ほとんどはホース類ですscissors

袋に入ってるせいもあって、かさばるんですよcoldsweats02ガスケット類は薄いから目立ちませんbleah

Img_482401

今回、損傷したバルブは1個でしたが、全部交換して欲しいとのことで、全部バルブを注文sign01

いざ、分解したら・・・とんでもない悲劇がshock

Img_480401

バルブガイドがズレて、落ちてしまっていますwobblyしかも2本crying

でも、バルブがダメになった箇所ではなくて、おとなりの2番気筒paper

なしてーーーshockshock

お客様には事の詳細を報告して、許可をもらったうえで、外注先の機械加工屋さんに電話したら、信じられない返事が・・・「今忙しくて。来月になりますけど・・・」ガーーーーーンcrying

それって、来月まで待ちなんwobbly

オーバーホールって、時間が掛かりますねsweat01

2015年11月16日 (月)

スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編その4(^^;

部品も揃いsign01やっと作業開始・・・happy01

Img_478701
洗浄後

綺麗に洗って組み付け準備OKsign03

まずは、肝心なクランクシャフトのメタルの取付け

Img_4789

その前に、下準備でタップを立てますpaperこれはとても大事な作業ですから、抜くことはありえませんscissors

ただ、昨年ヘッドのオーバーホールをしてるため、ヘッドボルトは新品を注文しましたeye

Img_4792
クランクジャーナルボルトのダイス掛け(写真が前後してますcoldsweats01

ここでミステークsweat01

Img_4794
ダイス用のジグが壊れてしまいましたcrying

下準備もある程度終了したので、組付していきますが・・・事件発生wobbly

Img_4802
クランクシャフト、ジャーナルキャップ側

写真で見てお分かりかと思いますが、写真左から2番目にメタルが付いていないと思いますbleah

これは、普通のメタルと違う特殊なタイプが付いてるようで、当初、スズキ部品からは、メタルの組み合わせの色の識別でしか対応が無いと言われたのですが、まさかメタル自体が特殊とは思っても見ませんでしたcrying

Img_4800
詳しい写真

Img_4797

分かりづらいかも知れませんが、普通、メタルを固定する溝が端に付いてるのが普通(一般的)なんですが、どういう訳かsign02スラストメタルが付くこの部分だけは、中央に溝が付いていて、届いたメタルと違っていました。

そこで、スズキ部品に電話するも「わからない?」との回答wobbly

仕方がないので、メタルを持ってスズキ部品まで行き、事の状況と現物を見せ、調べてもらったところ、存在する部品が判明sign01

ただ、部品が出てきたのですが、在庫が無く、メーカー注文の為、今週の水曜日(18日)になるとの事sad(水曜定休)sign03

店主も、メーカーの部品商(スズキ部品)を信じるしか無い訳で、マジ勘弁でしたよshock

本来なら、先週で完成してる状態でした。

お預かりしているお客様には大変ご迷惑をお掛けしていることに、誠に申し訳無いと思う店主ですshock

これでお分かりかと思いますが、どこのメーカー部品も、いかにエンジン修理などの作業が少なくなって来ているのが分かりますsign01

その反面、今は何故か?旧車ブームになっているみたいで、同時進行でヘッドのオーバーホールしてるお車のヘッドを外注作業先へ、ヘッド加工をお願いしたところも、今月は忙しいようで、修理は来月にならないと出来ないとの事wobbly

当店が少し忙しいのも、このせいなんですかねcoldsweats01

2015年11月15日 (日)

トヨタ・MR2・AW11、タイミングベルト類の交換のはずが、その1(^^;

タイミングベルト、ウォーターポンプ、オイル漏れもあるので、オイルシール、よく漏れるデスビのオーバーホール、他にライトスイッチの不具合等、リアルタイムではありませんが、修理をご依頼いただきましたpaper

Img_468301

Img_468401

まずは、タイミングベルト交換から

Img_468901
オイル漏れがすごい

ここまでは、まさかの不具合には気づいていなかったのですが、この写真で、ピンと来ましたbleah

Img_471401
冷却水がドロドロでサビだらけ・・・嫌な予感coldsweats01

Img_469201
オイル漏れも酷い

カムシャフトのオイルシールは、外そうとしたらクルクル回るsign02

ほぼシールとしての役目をしていませんでしたeyeこれではオイル漏れも仕方がないと思っていましたが・・・

Img_469401
冷却水のドレンプラグが・・・coldsweats02

オイル漏れにしろ、冷却水のメンテが悪かったせいで、各ホース、ドレン系がことごとく劣化しており、タイミングベルト、ウォーターポンプ、オイルシールを交換しても、もしかしたらダメかもと思っていたら、やはりヘッドガスケットからのオイル漏れと、冷却水のエアー抜きが終わっても、しばらくするとヒーターが効かなくなるなど、致命的な不具合が発生しています。

お客様と相談後、修理することになりましたが、デスビのオーバーホール、ライトスイッチ修理も致しましたので、こちらもアップして、次回へと進んで行きたいと思いますscissors

Img_469701
外したデスビ

Img_470001
分解後

Img_470101
端折りますが完成後sweat01

Img_471101
デスビ取付け後

最後は、ライトスイッチ修理ですpaper

この年式は、基盤も簡素ですが、コンパクトではなくsweat01かと言って、現代の車のスイッチに比べ、簡単なハンダ付けなので修理ができる範囲で可能な車種になります。

まずは、写真でhappy01

Img_471801
ライトスイッチを分解した基盤を見たら割れが

Img_471901
ハンダ修正後

Img_472201
接点部分は、グリスを新しく入れます

Img_472301
ライトスイッチ組立て後

Img_472501
仮組付けしてライトの確認をします

Img_472701
点灯してます

最初は、点灯するんですが、一度消した後に再点灯すると点かなくなる不具合でしたが、修理後、何度もスイッチを入り切りしても点灯できることを確認して修理完了ですgood

後は、ヘッドガスケット交換によるヘッドオーバーホールと水廻りの修理交換をして行きたいと思いますが、ほとんど生産中止になっているのでcryingどうしようかsign02考え中ですwobblysweat01

2015年11月14日 (土)

ニッサン・セドリック、Y31系足回り整備(^^;

エンジン修理が3台もお預かりしているのですが、なかなか作業が進まず、ご迷惑をお掛け致しておりますcrying

さて、またリアルタイムではありませんが、ニッサン・セドリックのフロント足回りと今月はじめにリヤのブレーキパッドを交換したのですが、キャリパーの劣化なのかsign02引きずり気味なので、一緒にキャリパーオーバーホールも作業することにscissors

Img_473801
タクシーでお馴染みの型式ですが、乗用タイプも生産年数がとても長かった型式です(今はタクシーともに生産終了になってしまいました)。

まずは、フロントのテンションロッド、ロアーボールジョイントのブーツ、ステアリング・タイロッドエンドブーツを交換していきます。

Img_474301
交換前のブーツ

Img_474401
交換前のテンションロッド

まずはブーツ交換からpaper

Img_474701
タイロッドエンドブーツ

Img_475901
汚れたグリス

Img_475201
綺麗に拭きとって・・・

Img_475401
種類の違うシャシグリス

Img_475801
新品のブーツ取付後

お次はロアーボールジョイントpaper

Img_475001
新品との比較

ロアアームも取り外しての作業ですのでテンションロッドも一緒に交換していきます。

ブーツ交換は先程のエンドブーツと同じなので完成後の写真をcoldsweats01

Img_477001
完成後scissors

続いては、キャリパーオーバーホールですがeyeこれも基本、以前のブログでも紹介していますので、写真のみで失礼しますbleah

Img_473901

外す前のリヤキャリパー

Img_477301

Img_477401
サビサビです

Img_477701

Img_478001
洗浄後

Img_478301
シールキット組付け後

Img_478401
完成ですscissors

フロントのブレーキオイルの交換も依頼されていたので、一緒にエアー抜きして完成ですgood

最後に、店主的な反省ですがsweat01

昨今、単純な交換整備から、重整備に変わる作業がつづくようになってしまい、お約束をしているお車を予定通りに整備が出来ず、ズレズレに押してしまいプラス、部品の間違いや手配ミスなどが重なって、お客様には大変ご迷惑をお掛けしている状況です。

今後は、元々重整備をご予約していたお客様に失礼になりますから、日程に余裕を持ってお預かりして行きたいと思います。

付きましては、重整備になる場合のお車に関しては、お預かりは出来ても作業に着手するのに時間を頂く形にさせていただきたいと思います。

つまり、先にご予約いただいていても、重整備に変更になった場合、後のお客様優先にさせていただきます。

大変、ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げますhappy01

今日はちょっと長くなったかな・・・happy02sweat01

2015年11月13日 (金)

三菱・ディオン、タイミングベルト交換(^^;

コスモスポーツはテスト走行しましたが、改善は少し出来たものの、完全に症状が改善出来ず、今回は一度お返しして(車が今週必要なため)、後日お預かりして修理することになりましたcrying

さて、リアルタイムではありませんがsweat01

三菱・ディオンのタイミングベルト&ウォーターポンプ交換作業ですpaper

Img_465201

Img_465401

タイミングベルト交換は、今ままでも、ブログでアップしておりますが、三菱車は久しぶりなのでアップさせていただきましたscissors

GDIエンジンですが、これが特別という訳ではなく、三菱のタイミングベルトは、フェラーリのタイミングベルトに似ていて、テンショナー自体も調整が出来る仕組みになっています。

これが、一番面倒なのですが、続きをeye

Img_465501

Img_465901
写真中央下がオートテンショナーで、両隣がウォーターポンプ

テンショナーは、上の段の左端と新品は右から2番目ですhappy01

写真が無くてすみませんが調整の仕方は写していませんsweat01

Img_466101

Img_466501
ベルトなど取付後

隠すつもりではありませんが、難しいことではなくてcoldsweats01元々の位置に合わせて取付けをすれば、それほどの狂いなく完成ですが、たまにズレてしまうと同じ位置に調整するのに骨が折れますshock

Img_466701

こちらは、ベルトを付けた後、タイミングの合わせマークの確認と、オートテンショナーの調整が完了した後の写真です。

この後は、元通りに組付けて冷却水を入れ、エンジン始動後、問題なければ完成となります。

最後に、今回はオイルシールの漏れが無かったので交換はしませんでしたが、ウォーターポンプは、やはり交換が必要ですねgood

2015年11月12日 (木)

マツダ・コスモスポーツ!修理&ETC取付その5(^^;

定休日開けの本日happy01

エブリィの続きと思ってましたが、まさかの注文ミスと発注ミス(すべてスズキ部品)が重なり、ブログアップは次回へとなりますが、お預かりのコスモスポーツですが、やはりキャブレーターをオーバーホールしても症状は解決にならず、最終判断で燃料ポンプを交換することになりました。

オーバーホール後は、エンジンの始動性、アイドリングの安定性は良くなったのですが、相変わらず3千回転からの加速不良は変わらずだったのですが、何故かアクセルをオフ後何秒間か、おいた後にアクセルオンすると綺麗に吹け上がるので、多分燃料ポンプだろうと手配しました。

Img_473101

赤く見える中央が、新しく購入したポンプで左隣りの角ばったのが、今まで付いていたポンプです。

Img_472901

取外した後の写真ですみませんがcoldsweats01意外にもラジエーター隣に(写真中央上ぐらい)付いていますeye

Img_473201

Img_473501

新品を付けた状態ですが、このポンプは元々、ソレックスやウエーバー用で吐出量も大きいので大丈夫かと思っていましたが・・・

交換後、テスト走行するも、前よりは良くなってはいるのですがやはり調子がイマイチcoldsweats02

???ですが、油面がちょっと低い事に気が付き、再度キャブを外してフロートの油面調整をし直して、本日は終了paper

さすがに、夜は暗く、希少車なので、無理はせず明日に持ち越しです。

お客様の都合で週末は、ご使用になるため、一度お返しして再度、ご入庫も考えてはおりますが、明日うまく行くことを長い作業終了good

2015年11月 9日 (月)

スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編その3(^^;

冒頭から、お詫びがあるのですが、スズキ部品からは、オーバーサイズピストンが無いと言われたのですが、実はマニュアルを見ると存在することが分かり、スズキ部品もと言うより、それだけオーバホールする整備業者が無いから、在ることすら分からないんですねwobbly

なんかショックでしたよbearing

さて、摩耗限度が範囲内を信じて測定開始ですscissors

Img_461701

測定箇所は、1気筒あたり4箇所を測定eye

測定のトータルの差で摩耗限度内か範囲外かを判定します。

一応、1番気筒が微妙でしたが、ギリ範囲内でしたのでシリンダーの交換または加工は、必要無くなりましたcoldsweats01

問題は、コンロッド、ピストン他です。

Img_461901
ピストンリング測定中

ピストンリングは、当然でしたが範囲外でしたので交換、ピストンは摩耗限度を超えていたので交換、コンロッドは1番気筒のスラストのガタが限度超えで交換、

Img_462001
クランクシャフトの測定です

クランクシャフトは、メイン&コンロッドジャーナルの測定しましたが範囲内でした(写真なくてすみません)scissors

Img_467101
ヘッドはカーボンがびっしりで、白い

前回、ヘッドをオーバーホールしている為、スラッジは少ないのですが、バルブのスラッジ固着はすごいですねcrying

汚れたエンジンを洗うのは、基本ですから気にはなりませんが・・・骨が折れる作業ですcoldsweats01

部品は、発注したばかりなんですぐに洗うことはしませんが(すぐに錆びるため)この車両以外にスバル・ヴィヴィオのヘッドオーバーホールも同時進行でしているので、順番でアップして行く予定です。

2015年11月 8日 (日)

スバル・ヴィヴィオのエンジン不調編、その1(^^;

昨日は、市の産業祭の出店準備があり、最後に打ち上げをした関係で、ブログのお休みと本日午前中のお休みをいただきましたscissors

さて、昨日から作業を開始した、スバル・ヴィヴィオsign01

Img_462301

エンジンが1気筒死んでる感じなのですが、走行的にはそれほど重いような負担は無いようで、エンジンのオーバーホールをするか?取り合えずヘッドを外して様子を見るかの選択だったのですが、ここは、お客様の負担を考えると、まずはヘッドを外して確認することになりましたpaper

Img_462501
スーパーチャージャー付きです

Img_462701
分解途中

しかし、スバルのスーパーチャージャー付きのエンジンは、何をするにも手間がかかりますcoldsweats01

Img_462901
外したパーツを順番に置いていきますscissors

Img_463101
バキュームホースは劣化でボロボロ

ホース類は、固くなっていますから、これはすべて交換ですねgood

Img_463601

カムプーリーのボルトがどうしても戻らず、ネジロック剤で締めたのかと思い、交換前提でバーナーで炙って戻したら・・・ネジロック剤無しwobblysign02

どんだけ、強く締めたのangryって、ありえない時間浪費に、くじけそうになりましたよcrying外れて良かったhappy01

Img_463801

後はカムシャフトを外してヘッドをはずずだけ・・・と思ったらsweat01

なんすかこのヘッドcoldsweats01

ヘッドの上にヘッドsweat01

Img_464701
カム側のヘッド

Img_464001
これがホントのヘッド

Img_464201

シリンダー、ピストンはスラッジが付いていますが、損傷はないようです。

Img_464301
今回、分解したパーツ

Img_464601
シリンダーヘッド

Img_464801

上の写真でもお分かりの通り、バルブに亀裂がありましたeye

でも、スズキのエブリィは、経験がありますがbleahスバルも同じトラブルがあるんだと思いましたcoldsweats02

ただ、スバルは4気筒エンジンの1番目で、スズキは3気筒エンジンの2番目sign03

奥が深いですねぇーsweat01

2015年11月 6日 (金)

メルセデス・ベンツV280、水漏れ修理・交換編(^^;

前回、ラジエーターのサブタンク修理をしたんですが、やはり修理しても他の部分からの水漏れが発生したみたいで、再ご入庫となりました。

Img_460001

Img_460801

いきなりの状態ですが、外した部品と新品ですpaper

Img_460501
取り外し後

修理しても、弱いところに故障が起きるのは、仕方がないと思ってはおりますが、それでも、もう少し持って欲しかったですcrying

Img_461001
交換後

後は、冷却水のエアー抜きをして完成となりますが

Img_461101

ベンツにしては、意外とリーズナブルな部品代で少し驚きましたがcoldsweats01安く交換出来ましたscissors

元のエンジンはフォルクスワーゲンなので、回りの補機類等も同じなんですかねぇーbleah

でも、エアコンのコンデンサーは結構高かったから、こちらはベンツ部品でしょうかgood

最後に、明日は四街道市の産業祭の関係でブログはお休みになりますpaper

2015年11月 5日 (木)

スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編その2(^^;

本題とはずれますが(いつもですがcoldsweats01)コスモスポーツのキャブのセッティングがいまいちなので、今しばらくお預かりとなりましたeye

さて、作業に遅れが出ており、やっと分解が終了したので、アップしていきたいと思いますpaper

Img_457901
やっと、エンジンスタンドに

Img_458101
エキマニに亀裂がsweat01

Img_458201
わかりづらいですが、白くなってる部分です

おまかせとは、お客様から頂きましたが、補機類も結構具合が悪く、かなり修理代が行きそうな感じですcoldsweats02

Img_458401

ヘッドの修理を以前していたので、ヘッド周りはとても綺麗でしたscissors

Img_458501
シリンダー以外のパーツ

Img_458701
シリンダーヘッドとピストン

プラグを見た時に気づいたのですが、この車って基本、リーンバーンエンジン系のようで、燃料が薄いせいか、プラグは真っ白でガイシが溶け始めており、上の写真を見てもおわかりの通り、真っ白ですwobbly

これじゃー、冷却水のエアー抜きがちゃんと出来てないとバルブが溶けるのも分かりますcrying

プラグの番手を純正の7番から8番にしても良さそうですbleah

Img_459001

不具合の原因の白煙問題ですが、シリンダーブロックの摩耗が無い事を祈りたいですpaper

Img_459601

結果は、明日以降になりますが、アルミエンジンなので、オーバーサイズピストンの設定が無いので、シリンダー摩耗が限度を超えると、必然的にブロック交換になりますeye

つづくgood

2015年11月 2日 (月)

スズキ・エブリィDA62系、エンジンオーバーホール編その1(^^;

本日は、あいにくの雨rain

コスモスポーツのテスト走行と考えていたのですが、断念wobbly休み明けになりました。

そこでと言う訳ではありませんがsweat01押しに押してる、スズキ・エブリィのエンジンオーバーホール作業を進めていきますscissors

訳あって、車の写真を載せることは出来ませんが、エンジンだけはお伝えして行きたいと思いますpaper

Img_445801
すでに降ろした状態で、すみませんcoldsweats01

今回は、ここまでになってしまい短くて恐縮ですがhappy02今後は、オーバーホールの内容をアップして行きたいと思いますgood

あまりに短いので、おまけですが・・・

Img_445601
作業用の椅子です

ハイエースとかキャラバンとかの大きい車をリフトアップすると、高くリフトアップ出来ない事が多く、当然ですがスクワット状態で作業するか、足を広げて作業することが多いので、腰の負担がキツイのでやっと購入eye

こいつは大変便利かとおもいきやhappy01調子こいて作業してると、低いことを忘れ、タイヤや他の足回りに頭をぶつけたりすることもwobbly

あちらを立てればこちらが立たずですなbleah

明日あさっては、お休みになりますgood

2015年11月 1日 (日)

マツダ・コスモスポーツ!修理&ETC取付その4(^^;

本日、押しに押していたお車がやっと完成出来、お客様にも納得いただいて、お引渡しが出来ましたpaper

さて、キャブのオーバーホール中のコスモスポーツsign03

ガスケットを作成後、本体を組み直して行きますscissors

Img_444201

今回、当然ですがマニュアルが一切無いのでcoldsweats02店主もネット検索sweat01

ありましたhappy01みんカラさんにキャブのオーバーホールを詳しく出していた方がおられましたeye

おかげで助かりましたが・・・燃料の油面調整は、前期後期との違いなのかsign02

書いていたとおりに調整前のフロートを点検したら

Img_444801

確かにあってはいますが

Img_444001

普通にするとこんな感じになり、実際問題油面の窓を覗くと燃料が多い状態wobbly

みんカラブログのマニュアル通りなら、油面が高すぎるのはおかしいsign02

やはり、全てにおいて実際に確認するしかありませんねsweat01

Img_444701
これでは、オーバーフロー

いやー、車に取付けしてポンプを作動させて油面を点検して油面が高ければ調整し直しの繰り返し、外し取付けを繰り返すこと8回目crying

Img_445401
丸い窓に白っぽいドット点が中央で、本来はここが基準の油面になりますhappy01

やっと油面よりちょっと上まで調整出来ましたhappy01scissors

ちょー嬉しかったgood何せ、これだけの調整で3時間以上掛かりましたからcrying

ちなみにエンジンを掛けると、少し油面が下がるので、計算して調整してますeyeただし、写真の状態だとエンジンを掛けてちょうど良い油面ではありますが、燃調の関係からエンジンを掛けた状態で写真の油面の方が、エンジン自体の調子は良いのだそうです(ホントかな?)。

多分、高速で回した時に燃料が薄くなるのを防ぐ意味があるのかも知れません。

最後に、途中作業になりますが、プライマリー側とセコンダリー側のつなぎを調整するためにスロットル調整もしましたscissors

Img_443401

走行テストをしないとなんとも言えませんが、確かに狂っていて調整をし直しましたsign03

明日は試運転してみて、良い結果になることを期待したいですhappy01good

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ