« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

ニッサン・ローレルC35系、足回り交換(^^;

最後となった、ニッサン・ローレルC35型sign01

スカイラインとはある意味、兄弟車みたいな車でしたが、ローレルが失くなってもスカイラインは残っていますが・・・今のスカイラインは、店主が好きだったスカイラインでは無いのでsweat01

すみません、

個人的話ですみませんcoldsweats01先に進みます。

Img_339301

フロントのテンションロッド左右とリヤのショックアブソーバーの交換になります。

フロントとリヤからの異音の原因をディーラーで見てもらったそうですが、見積金額の違いなのか?それとも、以前にも当店でご依頼をいただいて、金額的にご納得をいただいたのか?当店にご入庫いただきましたscissors

嬉しい限りではございますがhappy01作業を進めて行きます。

Img_339501
不具合箇所の一つ、フロントのテンションロッドです

Img_340301
新品比較

Img_340501
交換後

次は、リヤのショック交換ですpaper

Img_339801
交換前

Img_340601
新品比較

Img_340801

サスペンションは、再利用なので入れ替えます。

Img_341601
交換後です

ブログにアップするほど特殊な作業ではありませんがbleah当店でお預かりした車はなるべくアップしたいと思っていますが、基本、車検だけならまずアップしませんが、複数の修理などをする場合は、車検整備でご入庫でもアップしますscissors

色々な作業をしている事を伝えたいだけですけど・・・coldsweats01good

2015年8月30日 (日)

スバル・レガシィBH5、リヤデフ交換(^^;

とある状況化で走行した結果、リヤデフが焼き付いてしまいましたwobbly

Img_336501
焼付きのせいで、オイルが真っ黒ですcoldsweats02

すみません、急いでた訳ではありませんが車全体の写真を撮り忘れてしまいましたsmile

Img_336701
デフマウントブッシュです

これは、スバルの車なら良くある劣化になりますが、ブッシュのみ交換が出来るようになったようですscissors

Img_337401
デフ取り外し後

Img_337701
左が中古部品で、右が壊れたデフです

Img_337901
取り外し作業

デフを搭載する前に先ほどのマウントブッシュを特殊工具で入れ替えます。

Img_338401
下が新品ですscissors

Img_338601
新品を取付けしてる状態

途中、スバルから借りた特殊工具が壊れるアクシデントがありましたが、運良く他の特殊工具を借りることが出来たので良かったhappy01

なんせ、千葉県で3セットしかない特殊工具なので、他のディーラーや販売店で使われていたら、しばらく借りることが出来ない特殊工具sign03

今までは、リヤメンバーごと交換だったから、素晴らしい工具ですgood

Img_339101
交換後

デフ自体は、元に戻す作業な為、写真ありませんが、異音なども無く完成となりました。

最近、写真を撮り忘れる事が多く、ご迷惑をお掛けしますがsweat01もう少し具体的な写真と以前にも話しましたが動画も加えて行けたらと思います。

しかし、デフオイルが焼き付いたニオイってすごいですwobbly

工場内は、すごいニオイcryingしばらくは続きそうですcrying

2015年8月29日 (土)

スズキ・アルトワークス、納車前のETC取付け(^^;

当店でも、時々は新車が売れているのですがsweat01

Img_334401
新型のアルトワークス

クラッチが無いのですが、メカ的にはマニュアルミッションで、クラッチとギヤーシフトが電磁式セミオートマです。

今回は、全体の車の紹介と言うより、お客様に納車する前のETCの取付けに関して説明させていただきます。

Img_334601

黄色いテープを貼り付けてキズを付けないようにしてますが、写真右側の部分にETCを取付けします。

純正オプションを取付ける場所ですが、ここに純正オプションではなく、以前に使っていたETCを取付けて行きますscissors

ただ、このままでは取付けは出来ないので、オプションの土台となるベースを購入して取付けて行きます。

Img_334901

途中の写真が無くて申し訳有りませんがcoldsweats01いきなり取付後になります。

Img_335101

現在、オーディオレスですが、お客様に新車をお渡し後、お客様本人でオーディオを取付けするとの事なので、ETCの配線を容易にするため、配線キットを別途購入して、ここから配線を繫げています。

この方が、安全かつ手っ取り早く綺麗に出来るのでgood

最後に、アルトワークスの純正オプションの場合、現在の場所に取付け出来るのですが、アダプターのみ部品が出るので(税抜き3千円)、両面テープとカッターがあれば対外のETCが取付け出来そうです(アダプター単体の写真が無くてすみません)paper

2015年8月28日 (金)

スバル・レガシィ、BH5 ステアリングラックブーツ交換(^^;

暑ければ猛暑で大変ですが、晴れないと逆に暑くてもいいから天気が良くなって欲しいsun

わがままな店主ですがsmilesweat01

さて、ステアリングラックブーツ交換ですpaper

Img_333501
スバル・レガシィ

距離はそんなに走っていませんが、年数経つとゴムの劣化はやはりでてしまいますeye

Img_333901
写真ボケすいませんweep

お客様が、途中で切れたブーツを伸ばして仮止めしているので、切れてるように見えませんが、短くなると当然、負担が増えるし、劣化気味のブーツsign03いずれは交換になってしまうので、交換作業になりました。

Img_334101
下が新品です

Img_334201
交換後(写真ボケボケでほんとすみませんsweat01

片側しか写真を載せていませんが、両方交換していますgood

当然ですが、トーイン調整済みですscissors

今日は、右手が腱鞘炎みたいに痛くて、短くてすみませんcrying

2015年8月27日 (木)

スズキ・ジムニーJA11、エアコン修理他第二弾編その3完成(^^;

猛暑だったと思ったら、急に寒くなるなど異常気象と言っても不思議ではない気がしますが、皆様、健康管理にはご自愛くださいませ。

さて、ジムニーの続きですが

Img_333301
取外したコンデンサー(赤丸は漏っていた場所です)

部品がすべて揃ったので、交換作業を急ピッチに進めていきますscissors

Img_333101
新品との比較

Img_333601
新品取付後

一昨日には組付け完了しましたので、真空引きして定休を含め丸2日放置して、漏れが無い事を確認後、ガスチャージして、冷えるのを確認して完成となりました。

ただ、スズキのエアコン部品はとても良心的な価格で、例えば、パイプとホースが付いてる部品なんかは、通常ダイハツクラスだと1本、2万近くするのにスズキは1万もしませんsign03

エアコンのメーカーが違うからと思ってる方もおられる方も多いと思いますが、スズキもダイハツも同じ電装メーカーであるデンソー製ですsign01sweat01

言ってる意味は、自ずとお分かりかと思いますがcoldsweats01そう言うことです。

自動車メーカーの考え方の違いとは思いますが、ジムニー偉大ですgood

2015年8月25日 (火)

スズキ・ジムニーJA11、エアコン修理他第二弾編その2(^^;

Img_332001

いきなりですが、ジムニーの続きになりますscissors

前回のブログでアップした、エアコンアンプを交換して、いざエンジンを掛け、エアコンスイッチONsign02・・・あれ・・・回らないwobblysweat01

急遽、テスターを取付けしたら・・・ガスが無いcoldsweats01ってガスが抜けている???

お預かりした時はガスが結構入っていて、違うトラブルではと言ったのですが、ガス漏れもしてるみたいです。

まずは、ガス漏れの原因を調べるため、リーク剤と旧ガスをいれて確認作業になります。

ちなみに、アンプを交換したので、無事にコンプレッサーが回りましたhappy01

しばらく、回しっぱなしにして漏れの確認をしたら、やはり前回のジムニー同様、コンデンサーからのガス漏れでしたが、交換するついでにエバポレーターがゴミづまりしていたので、ついでに清掃(洗浄)することにしましたeye

Img_332301
外した直後のエバポレーターsign01

Img_332501
カバーを外すとゴミだらけですcoldsweats01

綺麗になるかは解りませんが、前のトヨタ・MR2同様、掃除をして洗浄して行きますpaper

Img_332601
洗浄後

これは、新品ではありませんbleah

綺麗に洗浄したら、意外に綺麗になりましたhappy01

部品を組付しなおし、元に戻して行きます

Img_332801

この後は、漏れてる原因である、コンデンサーを組んで行きますが・・・部品が間に合わずに次回へと続きますgood

2015年8月24日 (月)

スズキ・ジムニーJA11、エアコン修理他第二弾編その1(^^;

台風の影響なのかtyphoon北東の風が強く、過ごしやすかったよpaper仕事がはかどるねぇーscissors

さて、お盆前に完成引き渡し後のお盆明けに新しいジムニーをお預かりcoldsweats01

前回のジムニーは新ガスタイプでしたが、今回のジムニーは旧ガスタイプですeye

Img_324701
一応JA11改ですから合法車両ですscissors

エアコン修理がメインですが、その前に一般修理のトラブルをアップします。

ハンドルを切るとホーンが勝手になって困るとの事で、コラムカバーの交換も含め、不具合修理をしていきます。

Img_330501

意外に簡単なトラブルだったのですが、

Img_330601

社外のハンドルが付いてるのですが、ハンドルのボス部分にホーンコンタクトと接触する部分があり、この部分からホーンボタンに行く配線に不具合がありました。

Img_330901
修正後

要は、配線の皮膜が長い時間を経て失くなって行き、ボスの金属部分に触れるようになり、ホーンが鳴るトラブルでした・・・ってここが簡単に取れるとは思ってもいませんでしたがsweat01半田ごてを使い、修理しましたscissors

ボス部分にハマるとこが緩く、また同じ状態になるのを防ぐため、ホットボンドで埋めます。

Img_331201

Img_331301
こんな感じです

Img_331401
ボスに取付後、グリスを塗ります

後は、元通りに組み付けて、ハンドルを切っても鳴らないかを確認後、完成ですpaper

さて、本題のエアコン修理ですが、まず、ガスが入ってるのにコンプレッサー自体が回りませんsign02

配線を追っていくとコンプレッサーに電気が全く来てないので、根本的に電源トラブル修理から始めるしかありません。

コンプレッサーが回らなければ、ガスがどれほど入っていても先に故障探究が出来ないからです。

調べたら、コントロールアンプの故障だったのですが・・・

Img_331801
左が新品

こいつ、結構壊れるみたいで、スズキ部品に注文したら、良く壊れる部品らしく在庫ありで、アンプみたいな部品と言っただけで、正解部品を特定してくれた為、「良く出るの?」って聞いたら「結構出ますsign01」だとeyesweat01

当然、交換したら、何のストレスもなくコンプレッサーが回る事になるのですが、ガス漏れも当然しておりました。

次回は、その辺からアップして行きますgood

2015年8月23日 (日)

エアコン修理、ダッジ編(^^;

今日は、午前は暑かったのですが、午後から涼しくなりました。

多分、台風の影響で北東の風が強くなったためかと思います。

さて、今回もリアルタイムではありませんが、エアコンのコンプレッサーが不良の為、ご入庫のダッジ(車種はすみませんが解りませんsweat01sign01

Img_326901

アメリカ車ですが、向こうでは結構メジャーな車ですhappy01

Img_328201
中央の部品がコンプレッサー、エンジンはV8です。

ちなみに、アメリカ車のエアコンは、意外なほど簡素な造りでして、コンプレッサー本体がダメージを受けても、他に不具合が出ないような作りになっています。

当然、ガスが無くなれば国産車と同じでコンプレッサーはは動かないし、コンプレッサー本体に不具合が起きても、マグネットクラッチ側がダメージを受けやすい構造の為、コンプレッサーがよく壊れる仕組みになっています。

ただ、必ずでは無いので、お間違いないようにeye

Img_328601

他にベルト交換とベルトテンショナーの交換もご依頼を受けたので交換していきますscissors

Img_328801
写真上が新品です

Img_328901
コンプレッサーです

Img_329201
テンショナー交換後

Img_329601
コンプレッサー交換後

Img_329801

後は、真空引きして問題なければ、ガスチャージして完成になります、って完成後お客様にはお渡ししていますが・・・coldsweats01sweat01

パッと見、整備性が悪そうなエンジンルームでしたが、意外に整備性がいいのは、アメリカの方が自身で整備するから、やりやすいのかも知れませんが、ボルトの緩さはいかがなものでしょうねcoldsweats01sweat01

2015年8月22日 (土)

トヨタ・ポルテ、ハブベアリング交換(^^;

残暑が厳しいですが、皆様、体調にはご自愛くださいませ。

さて、走行距離は少ないのですが、40キロ以上で走行するとモーターが唸るような音が発生していて、交換の為、ご入庫となりました。

Img_321801

今でこそ、修理する我々にとっては、難しい作業では無いのですが、昔は専用工具が少なく苦労した作業ですcoldsweats01

ディラーなら、ベアリングのみの交換はせず、アクスルごと交換するから部品代は高額になっても、時間を優先するので、やりたい放題ですがbleah曲がりなりにも修理屋です。部品交換屋のみの作業はしていないので、技術を駆使してベアリングのみ交換しますgood

Img_321901
まずは分解前

Img_322201
アクスルごと取り外します

この後、タイヤが付くコンパニオンフランジ(アクスルフランジ)を抜きます。

これは、簡単に抜けるのですが、ハブベアリングのカラーごと外れてしまうので、カラーを抜き取ります。

Img_322701

ディーラーでは、このまますべて交換しますが・・・

Img_322401
ベアリングプーラーを使って、カラーを抜き取ります。

昔は、専用プーラーが異常に高額だった為、ガスバーナーなどで焼ききって外してました。

その為、アクスルフランジにキズが余計に入ったりと面倒でしたが・・・sweat01

Img_322901

ハブベアリング本体は、プレス機で外しましたが、抜き取りをすべて終わって交換する新品のベアリング部品との写真です。

Img_323001
新品をプレス機で圧入していきます。

Img_323201
ベアリング取付後

Img_323401

この後、ハウジングを付けるのですが、当時・・・見習いだった店主は、バックプレートを付け忘れてハウジングを付け、えらく怒られた記憶がありますwobbly

プライベートで交換する方は少ないと思いますが、気をつけましょうcoldsweats01

Img_323501
完成です。

この後は、元通りに組付け、試乗後、最終チェックをして終了となりますが、今は工具が良くなって楽な作業になりましたねgood

2015年8月21日 (金)

トヨタMR2、エアコン修理他、第二弾・エアコン整備編(^^;

相変わらず、蒸し暑い残暑が続きますがcoldsweats01エアコン内容をアップするか迷いましたが、お客様にも、間違いなく作業をしましたという意味も含めアップさせていただきますscissors

ただし、重なってしまう作業もありますから、この辺はご容赦をいただけたら幸いですgood

さて、

Img_310401

エアコンの不具合修理もご依頼事項に入っておりましたので、漏れも含め、不具合原因の特定を急ぎます。

内容的には、以前入庫の同じ車両である程度の不具合はアップしてますが、今回はレトロフィット(新ガス対応)ではなく、今まで使っている旧ガスでの修理になります。

写真の羅列になってしまいますが、こんな感じで修理してますみたいな事がご理解いただけると嬉しいですhappy01scissors

Img_320601
古いコンプレッサーを交換します

Img_320701
パイプ類を洗浄中です(リーク剤で漏れ確認してる関係で緑色になってます)sign03

Img_321001_2
コンプレッサーに入るパイプ&ホースです(洗浄してます)

Img_321201
右がリビルト再生品で左は現車から外したコンプレッサー

Img_321301
パイプ類の洗浄の一コマですcoldsweats01

Img_324201
エアコンユニットを洗浄した後の写真

実は、以前のブログで、取り外し後の汚れたパーツの写真を載せていました(多分)ので洗浄後の写真を中心にアップしてますcoldsweats01

Img_324501
結構、綺麗になった方ですbleah

Img_326301
ユニット単体を組付け後

Img_326401

前にもお伝えしてますがhappy02交換不要な程度以外はスポンジは交換していますeye

Img_326701
取付後

室内の写真はありませんが、フロント側からの写真でご勘弁をhappy01

Img_329901

真空引きには、2時間以上も掛けてって、いつもそのくらい時間を掛けて作業しています。

旧ガスに関しては、ガスが貴重なので最低でも2日以上放置してから漏れがない場合、ガスを入れています。

Img_330201

冷えも問題ないので、完成となりましたscissors

いつも言いますが、新ガスにはない独特の冷え具合ですgood

旧ガスのフロンが悪いと言われていますが、元々自然界に存在するガスsign03

店主は、空高く飛んでる飛行機の排出ガスが一番の温暖化につながっているのではと思っているのですが、海外旅行や仕事などで、利用される方には、お叱りの内容でしかありませんねshock

2015年8月20日 (木)

トヨタMR2、エアコン修理他、第二弾・一般整備編その2(^^;

今日も蒸し暑いですねrain

残暑って、暑いけどカラッとした暑さなのに梅雨と真夏が合体したような天気ですcoldsweats02

さて、続きになりますが、エアコン修理はもう少し後で説明しますが、お次は・・・

Img_316001
言わいるディマスイッチ

通常の車は、右がライトスイッチとウィンカー、左はワイパーがメジャーですが、AE86系と同じで、ワイパーとライトスイッチはメーターの外枠にスイッチが有るため、普通は右のウィンカーレバーのみになります。

ところが、オプションやグレードによってですが、当時はオートクルーズシステム(自動速度一定制御)があり、その制御を左のレバーでするのですが、こいつが故障したみたいで、クルーズ制御と減速などは出来るものの、加速が出来ない為、分解して確認することに・・・

Img_316701

よく見たら、加速する際に、ワイパーウオッシュみたいに手前にレバーを押すのですが、支点部分からパックリと割れていましたsweat01

このディマスイッチsign01当たり前ですが生産中止wobbly補修するしかありませんcoldsweats01

まずは、接着剤とリペアー補修で治しますが・・・

Img_316801

接着剤で固定しながら、ドリルで揉んで、そこへ

Img_317001

プラリペアで、ドリルで揉んだ部分に補強していきますscissors

Img_317301
こんな感じですpaper

ところが、プラリペアとディマスイッチのプラスチックとは材質が違うみたいで、あっけなくパックリと割れてしまいましたcrying

接着剤やプラリペアの盛り方を工夫するのですがダメですwobbly

Img_317401

そこで、半田ごてを利用してプラスチックを溶け込ますように(要はプラスチックの溶接みたいなもの)しましたpaper

Img_323901

見た目が汚いのですがcoldsweats01これが最も良い方法で、多少強めに手前に押しても大丈夫みたいです・

ただ、あまり激しくは出来ないですが・・・sweat01

Img_324101
取付後

動作確認に関しては、高速道に乗ってクルーズコントロールの確認をしないと行けませんが、お客様からそこまではみたいなご意見をちょうだいしていましたので、治ってくれてることを祈るばかりですhappy01

お次は、いよいよエアコン修理になりますが、前回のMR2でもお伝えしてるんで、どうしようか考え中ですがsmile多分、ここで完成にしようかとは考えています。

他の修理の事例もアップしたいのもありますから・・・sign02

2015年8月18日 (火)

トヨタMR2、エアコン修理他、第二弾・一般整備編その1(^^;

突然ですが・・・

Img_324901

工場の温度と湿度計scissors

気温は30°なので普通eyeしかし・・・湿度が70%超えcryingsweat01蒸し暑い訳だねcoldsweats01

さてとsweat01

実は、前回までお預かりしていたMR2は完成となったのですが、偶然にも同じ型式のMR2がご入庫となりましたpaper

同じく、エアコン修理と他の不具合での作業になるのですが、まずはエアコン修理は後にアップするとして、一般整備編からスタートscissors

Img_315301
今回のMR2はツートンカラーです(前回はホワイト1色)

まずは、運転席ドアのパワーウィンドウが調子悪いとのことで、お客様が部品持込で交換のご依頼でした。

最近のウィンドウシステムとは違って、調整に一苦労coldsweats01

Img_315501
分解途中

Img_315801
取り外し後

Img_315701
写真左が外した不具合品で右は中古で持込の交換部品

今思えば、逆な意味で旧車の方が細かい調整ができる事は良いことだと思ってましたが、新しいタイプを交換することが増えると、逆な意味で楽しすぎてるんだなぁーと感じましたよbleah

後は、逆の手順で組付けて行くだけですが、調整に随分時間を要しましたcrying

お次はと行きたいですが、長くなりそうなので次回へ・・・good

2015年8月17日 (月)

マツダ・ロードスターNA6系、エアコン修理(^^;

お盆休み後の最初のスタートにも関わらず、あいにくの雨rain

しかも蒸し暑いし、問い合わせ多いしで、汗だくのスタートになってしまいましたwobblysweat01

さてですがcoldsweats01休み前からお預かりのマツダ・ロードスターNA6C系

Img_317701
ガスの回収から

実は、エアコンの効きが悪いとのことで、色々と調べて行くとガス漏れが原因ではなくて、時間が経って来ると効きが悪くなるトラブルでした。

走行テストを行ったところ、最初は効いてるんですが、長時間走行していくと若干ですが悪くなるようで、お預かりしたまま走行して気づいたら、内気循環では無く、外気循環になっており、内気循環にしたところ、冷えが良くなる傾向になりました。

多分、エバポレーターにゴミづまりが発生して時間が経つと水分量が増え、効きが悪くなるのではと思いました。

ちなみにガス量は効きが悪くなるほど減ってはいません。

Img_317901
エアコンユニット

Img_318301
取り外し後

Img_318401

見づらいですが、結構ゴミが・・・

Img_318701

うかつにも、あまりにゴミが多くて、写真取る前に少し掃除した状態で写真ですsweat01

Img_318901
ある程度、ゴミを除去した写真

焦っていた訳では無かったのですがcoldsweats01

途中で気が付いた時の状態ですが、これでも結構なゴミの付着ですhappy01

Img_319501
エアコンユニットの間を塞ぐバンドですが、スポンジの役目をしてませんcoldsweats02

ここからは、一気に洗浄後とスポンジを新しく巻いた後の写真になりますpaper

Img_319601

Img_319701
業務用の洗剤に、一晩浸けたのですが・・・

フィンの部分は、さすがにこびりついた汚れが取れず、黒く見えますがゴミなどは除去出来たと思います。

Img_320001

後は、逆の手順で組んでいくだけなのですが

Img_320201
組付け後

Img_320501
やっとここまで来ましたscissors

しかし・・・お盆前の夕方でここまでなので、後はお盆明けの点検確認後、ガスチャージになりますcrying

休み明け後は、問題なくガスチャージして完成sign03

ただ、あいにくの雨なので、暑い時の冷え具合が確認出来ませんでしたが、テスト走行した際の温度は、内気循環で12°くらい、で外気循環で14°くらい、内気循環でのアイドリングでは、16°と言った感じです。

ただし、旧ガスのR12からR134aにレトロフィット使用にしてますから、ここらへんが限界かなとは思っています。

エバポレータがどうしても旧ガス対応なので、構造上新ガスには性能を発揮できない作りが起因してるとは思いますが、将来的にガス代のコストも考えると、初期投資は必要になりますが、長くお乗りになりたいようなら、改善が必要なのかも知れません。

そうは言っても旧ガスの冷えはいいっすよねぇーbleahgood

2015年8月10日 (月)

スズキ・ジムニーJA11、車検整備とエアコン再修理、車検が通せない?その2完成(^^v

千葉は、雨が降ったり晴れたりの繰り返しで、蒸し暑さは半端ないほどでしたwobbly

7月の中頃にご入庫いただいて、車検とエアコン修理のご依頼を受けてから約1ヶ月sweat01

まさかの改造申請手続きがやっと許可降りまして、本日継続検査と構造変更検査を受けに行ってまいりましたeyepaper

Img_278301

構造検査前の写真

陸事の中の写真は取れないので、外見で

Cid_6bd0026b781a4a2abeee1757d22d349
回りのナンバー消してません、すいませんご勘弁crying

継続検査は、普通に進んでいくのですが、構造変更検査はここからがちょっと長いcoldsweats01

お盆前も重なった為かsign03ガラガラ状態だったので、意外にスムーズに進み、約1時間程度で新しい車検証に変わりましたscissors

Img_319201
改の文字が新鮮ですhappy01これで、正々堂々の合法車ですhappy01

Img_319001
こちらは改造内容の証明みたいな書類です

朝の連絡から、車検の有効期限が切れていたので、慌てて市役所に仮ナンバーを借り、軽自動車の陸事に向かいましたので、バタバタで写真が少なく申し訳ありませんcrying

結果的な話になりますが、お盆休み前に完成して、お引取りが出来たことにホッとしたのと、意外にも改造申請って難しく無く(決まったデータが揃っている場合に限ります)手続き上は、簡単だと思いましたscissors

ただ、お役所仕事だからしょうがないと言っては語弊があるかも知れませんが、長すぎです。

散々、色んな改造申請をしている立場なのに時間が掛かり過ぎangry

始めての申請なら、まだ分かりますが、散々同じ車の改造申請をしてるのに学習機能が無いのかsign02とても疑問な団体ですpunch

普通車の方がよっぽど仕事が早いような気がするのは店主だけsweat01

最後に、8月11日(火)より16日(日)まで、お休みをいただきます。

お休みの間、ブログもお休みしますが、気が向けば趣味の方でアップするかもcoldsweats01

2015年8月 9日 (日)

トヨタ、イプサムACM21系、エアコン修理!その2完成(^^;

慣れたのかcoldsweats01少し涼しくなったような気がしますがeye

さて、リアルタイムでは無いのですが、続きをアップして行きたいと思いますpaper

Img_311701
コンデンサー取替です。

新しいガスは、きめ細かい冷却効率をアップする為、熱交換をするコンデンサー、エバポレータの流れるガスを少なくすることで冷却効率をアップしていますが、これが逆に鉄粉などの異物が通ると隙間を通ることが出来ずに詰まってしまい、冷えを悪くするトラブルになります。

人間で言うと、血管に脂肪が増えて動脈硬化になり、最悪は心筋梗塞や脳梗塞になるのと同じような原理です。

エアコンなので、そう言うトラブルになっても、冷えないだけで、エンジンなどのトラブルはありませんsign03、ここは機械と人間の差だと思います。

余談になりましたが、洗浄するには、限界があるため、交換して行きます。

Img_312601

訳ありで交換出来なかったコンプレッサーを交換eye

次に、ツインエアコンであるリヤのエキパンとエバポレータを交換しますscissors

Img_313001_2
リヤの内張りを外した後

Img_313701
リヤのエアコンユニット分解後と新品のエバポレータ(写真右下)

Img_314001
組付け完了の状態paper

ホントは、フロント側から交換していけば良いのですが、荷物が若干積まれていたせいもあり、先に降ろして交換後、スペースを利用してダッシュ盤部品を保管するため、二度手間を少なくした、店主的な理由ですが・・・bleahsweat01

Img_314201

最後は、フロントのエバポレータ、エキパンの交換作業です。

実は、豆に写真は撮っているのですが、時々何でしょうsign02

カメラには記憶してるのにパソコン側は受け入れてくれない事って無いっすかcoldsweats02

デジカメ側には、有るのにパソコンには入らない・・・???

多分、店主のミスだと思っていますがcoldsweats01無い部分もあるのでご容赦をpaper

Img_314401
ここまで分解

Img_314701
ブロアーユニット取り外し後

Img_314801

写真が無くてすみませんが、エバポレータ交換後の写真ですが、適当なスポンジが無いので持ち合わせのスポンジで対応。

これは、水滴が室内に垂れないよう空気に触れないように対策しています。

Img_315001
ほぼ、組付け完了間近の写真

実は、エアコンの配管をすべて完了した時点で、真空引きは始まっていて、ダッシュ盤を組んでる最中にも続行されており、中の水分を除去する意味で、2時間以上も実施していますscissors

完成後は、各部を点検後、試運転をして問題なKれば完成になります。

エアコン修理で試運転?と思われたかもしれませんが、最近の車はバッテリーのマイナス端子を外すと、パソコンみたいに工場出荷状態になってしまい、パソコンならインストールをし直すとかバックアップしたデーターを復元する事をしないとなりませんが、車でも近いような復元をしないとなりませんcoldsweats01

言わいる、学習ですeye

エンジン始動後、少し試運転をすることで今の状態に維持する作業ですが、コンピュータに100%依存している、最近の車には必須の作業ですscissors

学習も終わり、エアコンの冷えも確認出来たので完成となりますgood

2015年8月 8日 (土)

トヨタ、イプサムACM21系、エアコン修理!その1(^^;

今日は少し涼しかったhappy01の前に昨日のブログに誤りがあったので、修正したのですが記事は間違ってないのにお題が間違っていましたcoldsweats01

トラヴィックと書いたはずなのにボルヴィックになってましたsweat01すみませんcrying

さて、8月の頭ぐらいにお預かりしていたイプサムsign03

Img_310501_2

コンプレッサーの不良までは判断していたので、お見積り内容をお伝えして、最悪は全部交換になるとはお伝えをしておりました。

部品が、届いて来たので交換できる部品は交換しようとコンプレッサーを取り外したら、案の定、鉄粉が回っていましたwobbly

鉄粉の状態を写真でお伝えしようと思いましたが、写真だと全くわからないので、やめますがimpact

Img_312501
コンプレッサー

最初にコンプレッサーが届いたので交換しておいて、後で他のパーツを付ければいいと思っていたら・・・リビルトコンプレッサーに需要な1枚の注意書が、確認すると、ガスを入れない状態でエンジンを始動して空回しをしないでくださいsign03の文字がsign02

どうやら、最近のコンプレッサーはマグネットクラッチとは違うシステムを採用したみたいで、簡単にゆうとオートマミッションのトルコンバーターが動力を切断していても中で回転して循環するから、ガスが無いと壊れる危険性があるとの意味みたいです。

やー参った、最近の車はガス無しでエンジンも掛けられないのかwobbly参ったなもうangry

てことで、また壊れたコンプレッサーを取付けして(ベルトが1本ですべての補機類を回している為)、とりあえず出来る範囲のパイプ類の洗浄とコンデンサーの取り外しですpaper

Img_310701

Img_311001
飛び散るのを防ぐため、ホース取付けです。

Img_311301
ツインエアコンなので、リヤのパイプ類も洗浄sign01

Img_311601
リヤ右ハウジングにパイプが来てますscissors

Img_313501
見づらいですが、洗浄中です。

本日はここまでで続きますが、次回はフロント&リヤのエバポレータ、エキスパンションバルブ、コンデンサーの交換をアップしていきますgood

2015年8月 7日 (金)

スバル・トラヴィック、エンジン油圧不具合?(^^;

今年の暑さはどこまで行くのでしょうshock

仕事がテンパッているだけにこの暑さはマイナスで作業が進みませんcryingsweat01

かろうじて、豆に水分補給してるせいか、倒れるまで行きませんが、お盆休み前に終れるのかsign02頑張りますscissors

さて、エンジンオイルのチェックランプが点かなくなったり、走行中に点灯したりの不具合でご入庫のスバル・トラヴィックsign01

実は、スバルブランドになってますがGMのOEM車です。

Img_308101

オイルチェックランプ点灯の不具合には、3つの不具合があって、一つ目は、オイルプレッシャースイッチの不良、2つ目は、メーター内の基板不良または断線気味、3つ目は、エンジン本体の油圧低下が考えられます。

走行キロや、オイルメンテなどの問診をお客様にお聞きしたところ、特にエンジン本体の不具合ではなさそうなので、オイルプレッシャースイッチから、調べるとともに部品を注文して交換することにしました。

Img_308301

まずは、スイッチの場所なんですがセルモーターの真上ぐらいにあるので、セルモーターを外します。

Img_308501
セルモーター脱着後

分かりづらいですが、写真中央寄りちょっと右側に見えるのがオイルプレッシャースイッチです(下のセンサーは温度センサー)。

Img_308601
こっちの方がわかりやすいでしょうかcoldsweats01

Img_308801

オイル漏れでベタベタしてるとは思っていましたが、スイッチが不具合になった理由の原因でしょうwobbly

Img_309201
右が新品

後は、新品を取替えて作業は完成ですが、その後は、何度か点灯確認や、油圧のチェックを確認し、問題が無いと判断しての完成になりました。

Img_309301
完成後

ただ、エンジン自体に問題は無くても電装トラブルなので、今は問題なくてもお客様にお渡しした後にまた症状が出る場合もあります。

車って不思議なんですが、整備士に見られると治ったりとかがあったりしますcoldsweats01

OEMですが、外国車は結構シビアに運転手に伝える方向性があるので、オイル漏れが原因とは言え、そのことで不具合になった場合もあるし、もしかしたらメーター側の不具合もあるかも知れません。

それにしても、外国車の電子デバイスはシビアすぎて日本人にはちょっと向かないかも知れませんねpaper

最後に、余談になりますが、改造申請を出してるスズキ・ジムニーsign03

2週間も経つと言うのに未だに連絡がありませんpout

軽自動車の検査事務所って、どんだけルーズなんですかねannoy

月曜日に抗議の電話しまくりですなpunch

2015年8月 6日 (木)

三菱・EKワゴン、足回り交換並びにエアコン修理(^^;

熱帯夜がつづき、昼は連続の猛暑sign03関東では観測史上の記録だそうですが、皆様、ホント水分を塩分をよく取り、ご自愛くださいませ。

さて、当初、走行時の異音で修理のお車だった三菱・EKワゴンsign01

案の定、フロントのハブベアリング不良で交換になりましたが、エアコンの風が最初は風が出てくるものの、途中からブロアーモーターが唸るものの風の出が一気に悪くなってしまいました??

お客様には、この事をお伝えして、お見積りもさせていただき、ご了解の上、作業することに・・・

Img_301401
以前、車検でご入庫のEKワゴンです。

まずは、異音原因のハブベアリングを交換していきますeye

Img_301901
フロントディスク回り

Img_302101
いきなりですが、外した後の写真

Img_302801
取替え後

Img_303001
車体に取付後です。

この後、元に戻した後、試運転したところ異音は解消されていましたので完成になりますscissors

次は、問題のエアコンの風問題sign03

当初は、ブロアーモーターの不具合かと思っていたのですが、モーター単体を外して調べたところ、特に不具合もなく、異常がないと判断paper

では何が原因なのでしょうsign02

見えにくい状況の中、空気が入る導入口を鏡を使って確認したら、なんかすごく綿ゴミが詰まっています。

お客様は、たばこを吸われないため、ヤニ汚れの詰まりは考えていませんでしたが、詰まりの原因と言うのは、ヤニだけでは無いのですね、ワタボコリsign01言わいる洋服などから出る繊維ゴミが、長年に渡り蓄積されて、表面に詰まったのが原因でしたbleah

Img_306201

まずは、ユニット本体をマニュアルにしたがって分解していきます。

Img_306401

分解と言うのは、名目上で、実際はユニットの部分をカッターなどで切りますsmile

Img_306601

お分かりかと思いますが上段が特に酷いですが、全体的にワタゴミがびっしりと詰まっていましたweep

ワタゴミって、乾いてる時は、風を通すのですが、濡れてしまうと風を遮断してしまう要素があります。

エンジンを掛けた時は、水分が無いので風の通りが良く、エアコンの効きは良いのですが、熱交換をする事によって、水が発生してしまうためワタゴミに水分が吸収されて詰まってしまいます。

要は、乾いたタオルと濡れたタオルでは空気の通りが違うのと同じ原理になります。

とりあえず、掃除して治らなければそっくり交換しないとならない事をお客様にはご了承の上、作業をすることになりました。

Img_306901
除去後

意外にも、スペースがあったので、当初のガスチャージ、部品交換も視野に入ってましたが、除去作業が出来ましたscissors

ただ、完璧ではありませんから、また何時同じ症状が出るかは解りませんが当面は大丈夫かと思いますcoldsweats01

Img_307001
補修部品が来ないので、切った部品をガムテープで仮固定してのテストです。

Img_309501
後日届いた補修部品

Img_309701
切った部品より大きいですねって当たり前かsmile

Img_309901
取付後

後は、グローブボックスを取付けして完成となりますが、エアコンガスを抜くこともエバポレーター本体も脱着することも無く、作業が出来たのは良かったですhappy01paper

2、3年は持ってくれると嬉しいのですが・・・good

2015年8月 4日 (火)

ローバー、ミニクーパーエアコン再修理(^^;

暇さえあれば暑いと言ってますがsuneye

毎年、気温が上がって行くのでしょうかsign02その内、北海道が首都になったりしてcoldsweats02punch

なんて冗談はさておき、暑いのは置いときましてsmile

今年の6月くらいにエアコン修理とオイル漏れで、ご入庫のミニクーパー改ですがやはり気になっていたエアコンパイプ部分の削れた箇所がやはり今年の猛暑で耐きれなくなり、渋滞中に一気にガスが放出してしまったようで、再修理のご入庫となりました。

Img_307901

全体の写真を撮り忘れていたので、後日アップし直しますねscissors

Img_297001
コンプレッサーからパイプを取外した後

Img_297401
今回損傷した高圧パイプホース

緑っぽく見えてるのは、ガス漏れリーク剤です。

ただ、困ってしまったのは、去年のブログでも書いてますが新品部品がもう無いし、ましてや中古なんて存在してる方が奇跡ですsign03

何故って、ほぼ部品でコンプレッサー本体を販売する関係で、パイプは外さず途中をカットしてゴミが入らないようにふさいで出荷するから、パイプだけ残っている事はまずありません。

お客様にも長くは保たないとは言っておりましたが、2ヶ月持ちませんでしたsweat01

さて、そこで何を代用しようか考えたところ、同じエンジンであるダイハツの新しい車のパイプホースが似ていたので、こいつをベースに加工することにしましたpaper

説明するとボディーはローバーのミニクーパー1300なのですが、エンジンをダイハツ・ミラターボエンジンに構造変更した改造車です(当然申請済みの合法車です)sign03

ベースのエンジンも平成5、6年の車両の為、生産中止状態でした。

そこで、話は戻りますが、これより新しいダイハツ車両で部品を調達それが・・・

Img_297201
上が不具合品で下が今回加工して使う代用パイプホース

当初は、似てるから大丈夫と思ってましたが、部品が届いて見たら、全然違う取り回しで焦りまくりましたcoldsweats01

ただ、パイプを若干曲げ加工することで対応sign03

Img_178201
これは6月にブログでアップした時の写真

Img_307501
こちらが今回の新しいパイプの取り回し

さて、問題はここからでコンプレッサー側は手曲げ加工でうまく対応しましたが、コンデンサー側の取り付け部分が明らかに違うため、外注にてお願いすることにいたしました。

昨年の時もお世話になった杉田ラジエーター工作所さんにお願いをいたしました。

Img_307301
本日、届いた加工パイプホースscissors

上2点が不要になった部品で、下が加工して2個一化していただいたパイプパイプホース

杉田ラジエーター工作所さん、いい仕事していただきましたhappy01旧車をのエアコン修理には欠かせない加工業者様です、ありがとうございますgood

すでに写真を見てもお分かりの通り、無事取付け終了して真空引き後、放置しています。

元々、他の漏れが無かったので、そのまますぐにガスチャージしても良かったのですが、万が一がありますので、確認後ガスを入れたいと思います。

ちなみに、今度はボディーと接触しづらいレイアウトなので、大丈夫かと思いますが・・・deliciousgood

2015年8月 3日 (月)

トヨタ・MR2・AW11、エアコン修理・他、その4(^^;

暑い日が続きますwobbly

さて、エアコン修理の続きになりますpaper

Img_298601
洗浄後のエバポレータ

洗浄前の写真が無くてすみませんが、ホコリや繊維ゴミなどを除去した状態になりますscissors

Img_298901
パイプ類の洗浄

コンデンサー、パイプなどを洗浄する作業の一コマにになります。

今回、旧ガスのR12から、現在使われている134ガスに変換するため、中の循環オイルをすべて除去して、新しいガスの対応に移行する為の作業です。

黄色い(緑色ですねcoldsweats01)着色が付いてるのは、ガス漏れリーク剤です。

Img_299101
新ガス対応のコンプレッサーを手配いたしましたpaper

旧ガスの方が、良いことに越したことにありませんが、将来的なことを考えると新ガス対応のレトロフィットにいたしました。

旧ガスから新ガスに変わったころは、冷えないなどのトラブルがあったようですが、単純にエアコンガスの性質を把握出来ず、トラブルが続いたのでは無いかと思います。

ただ、旧ガスはやはり冷えますがsweat01

Img_299301

Img_299501
対応コンプレッサー取替え後

Img_299901

コンプレッサーを交換後、パイプの取付けフランジ部分は、黒っぽいゴムのパッキンをすべて新ガス対応のゴムパッキンにすべて交換いたします。

ちなみに、この車は、新ガス対応になってるみたいですが、コンプレッサーのシールから漏れてるいるのを見て、すべてのパッキンを新ガスに変更していないことを思い、最初から、ゴムパッキン類の交換と洗浄することは、考えておりましたscissors

Img_303201
エバポレータの関係部品が着弾sign03

Img_303301
エクスパンションバルブの取付け後

Img_303601

Img_303701

Img_303901

エアコンユニットを組付後ですpaper 当然、古いスポンジ類は新品へ交換good

Img_304101
組付後

Img_304301

Img_304501
真空引き中

後は、問題が無ければ、ガスチャージして点検後、完了となりますが・・・

ちょっとアドバイスcoldsweats01

旧ガスの充填量に対して新しいガスは膨張率が高いので、旧ガスより少なめの量を充填することで、快適な状態になると思います。

昔、旧ガスから新ガスにしたら冷えないと言われましたが、今も昔もエアコンのシステム自体は、基本変わっていませんpaper

変更する部分をしっかり変えてしまえば、旧ガスから新ガスへとの移行も可能にはなります。

ただし、旧ガスの冷え方と新ガスの冷え方は一緒ではありませんhappy01

地球温暖化を招くガスだけに冷媒能力もやはり天下一品な旧ガスに軍配はありますgood

コスト考えると新ガスです(基本旧ガスは作って無いから)。

2015年8月 2日 (日)

トヨタ・MR2・AW11、エアコン修理・他、その3(^^;

昨日今日と地元の自治会で、好例の夏祭りでしたがcoldsweats01店主は暑さでバテ気味のためキャンセルですeye

さて、1日空いてしまいましたがエアコン修理以外にも修理があるのは前回のブログでお伝えしましたが、今回もエアコン修理と並行してアップいたしますpaper

ブログ最後にドアミラーの内容がありましたが、元々のカプラーが無いので、普通に丸端子のギボシで作成しました。

Img_296701
ビフォー

Img_300101
アフター

無難と言ったら、語弊があるかも知れませんが、後々に壊れてもこのギボシは無くならないと思って変更いたしました。

当然ですが、問題なく作動確認出来ましたscissors

多分、何かの原因で交換したが新品を選択せず、中古で交換したため、ドアミラーを格納する機能が付いた部品で対応したが、配線が解らず、そのままにしたのかなとsign02思います。

お次は、サーモスタット交換ですcoldsweats01

Img_300701
まずは、インタークーラー、バッテリーを外します。

Img_300901

古いせいかsign02サビが酷くなっています。

Img_301301

サーモを新品と交換して元の状態に戻して冷却水のエアー抜きをして完了ですが、以前のブログで水漏れ後があった、ヒーターバルブ部分もバンドの交換をします。

Img_287101
ビフォー

Img_300501
アフター

ヒーターホース自体は、劣化は少なく状態が良かったので、バンドのみ交換することにしました。

お次は、エアコンの続きになりますが今宵はここまでで失礼いたしますgood

つづくscissors

2015年8月 1日 (土)

BMW・Z3、ロードスター、ブレーキキャリパーシール交換(^^;

いきなりですが・・・

Img_298001
工場の温度計が40度になりましたshock

動かなくても、汗がだら~りする気温bearingsweat01

これぞまさに天然温泉風サウナsign02

仕事に支障が出る訳ですが、そんなこと言っても仕事は詰まっておりますので水分と休憩をしながら作業をしておりますscissors

さて、MR2は後日続きをアップしますが、今回は、以前もブレーキ回りの大々的修理をしたロードスターBMW・Z3ですpaper

Img_297601

前回までの履歴は、フロントディスクローター&リヤディスクローター、ブレーキパット、キャリパースリーブブッシュ前後ですが、それでもブレーキを踏んだ後の引きずり音が気になるとのことで、キャリパーシール交換をすることにしたのですが、車検証から部品商に問い合わせるとシールのみの設定がないと言われ、キャリパーごと交換と言われましたsign02

そこで、ネットを活用して調べると、さすがBMWですhappy01

パーツリストから調べて部品を頼めるページもあるほど充実しており、簡単に部品を調べることが出来たので、再度同じ部品商にパーツ番号を教えて見積もりしたら、「この車の設定では出てこない」との話でしたが、その部番部品は出せるととの事で、自己責任になってしまいますがお客様との許可も得て、注文しましたpaper

Img_297801
右が今回注文したシールと左が外したシールとリヤキャリパーsign03

実際、頼んだシールと見比べ、サイズなど調べましたが全く同じ(限りなく同じ)部品でした。

本国では、当たり前の部品ですが、輸出車両には面倒な部品は出していただけ無いのかと思いました。

正直、国産のメーカーでも共通部品が沢山あって(だから社外新品部品もある)外国車にも、当然ですが社外純正は沢山あります。

ただ、ネット社会だから調べるのに時間はさほど掛かりませんが、昔は言い成りだったのかも知れませんねbleah

さて・・・と言っても、写真が少ないのでご勘弁をsweat01

Img_298301
いきなりですが、オーバーホール後ですcoldsweats01

後は、お決まりの外した逆の手順で取付けするのですが

Img_298401
取付後

前にブレーキローターも変えたのですが、さすがにサビていましたcoldsweats01

試運転後、引きずっぽい症状が確認出来なかったので、おそらく解消したと思いますが、前のキャリパーシールは交換していないので、まだ解りませんgood

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ