« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

トヨタ・MR2・AW11、エアコン修理他、その2(^^;

本日の工場の温度は37°sun

湿度が少ない分、若干楽ですがsweat01まだまだ暑いですwobbly

さて、エアコン修理と平行して、他の作業も進めていて、今回はHIDsign01キセノンバルブ化のアップをさせていただきます。

Img_294501
結果からの写真ですみません、HID化の点灯テスト

Img_289801
まずは、ヘッドランプを取り外すのですが・・・

写真だけになるかも知れませんが、お付き合いくださいませ。

Img_289901

古さにはかないませんwobblyネジがサビだらけです、それでも不思議なのは4個のネジのうち3個は簡単に取れるんですが・・・後1個が取れませんwobblysign02

工具を駆使して・・・

Img_290101

無事、取れましたscissors

Img_290301
ネジは新品に変えます

たかがHIDに以降作業ですが、最近の車では考えられない最初のステップが待ち受けておりますsweat01

今思えば、もう少し工賃を高めに言っておけば良かったなんてcoldsweats01sweat01

さてさて

Img_290501

通常のハロゲンからキセノンバルブへとチェンジですpaper

Img_290701

ヘッドランプが少しサビてますがレンズ自体は問題ないので、このまま進めます。

Img_290901
キセノンの頭部分を先に取付けますeye

Img_291001
ヘッドランプに取付後です。

Img_291201
こんな感じです

後は、バラストの取付けとリレーの配線をしないとなりませんが、考えが甘かったです。

トヨタ・MR2(AW11)のリトラクタブルライトって、フロントフード内とは完全に隔離された状態の為、配線をすべて裏配線で引かないとなりません。

めちゃ面倒な作業とダブルで撃沈してしまったshock

Img_291401
ヘッドランプを外した後の状態

Img_291501
当然、ライトのステーネジは新品へと交換sign01

Img_291901
隔離の意味がお分かりかと思います。

Img_295101
バラストを取付け後です

作業に関して、出来るだけ純正に限りなく近い状態で、ぱっと見、どこにHIDシステムが搭載されているのか、解らない状態にいたしました。

フロントのボンネットを開けても、HIDシステムが付いてるなんて解らないと思いますgood

このへんからは、写真が無くてすいませんが、最初の点灯時の写真でご勘弁をscissorshappy02

さて、話が変わりますが、他の作業でドアミラーが左のみ鏡が電動で動かないので交換か?もしくは修理での対応の内容でしたが、修理は無理なので交換で見積もりを出していましたが、予算の関係で中古を選択することになったのですが・・・

当時、普通に電動リモコンドアミラーと可動式(格納式)の2種類の設定があり、中古で売ってるのが、可動式しか無いので取替可能かとのお客様の問に、バラして確認をしたら・・・何とsign03

Img_296701
配線がされて無いsign03

って、付いてるドアミラーが可動式だったせいかsign02配線もせずに途中カットですangryannoy

車を手放した方が言わなかったのもありますが、売る側も、もう少し配慮が必要と思いますねbleah

余談になりましたがsweat01、次回はエアコン修理に戻りますgood

2015年7月30日 (木)

トヨタ・MR2・AW11、エアコン修理他、その1(^^;

本日は、ちょっとだけ涼しかったですねsign02

さて、リアルタイムに近いと思いますが(預かったのは7月21日です)見積もりなどの段階にお時間が掛かってしまい、作業に時間が掛かってるうちにエアコンが効かなくなり、当初点検の予定が、エアコン修理修理作業もすることになりましたpaper

Img_287001
今回は、左ハンドルではなく、純粋に右ハンドル車ですcoldsweats01

作業内容は、メーター、左ドアミラー、足回り、エンジンマウント、ヘッドライトのHID化、他、エアコン点検でした。

やはり、クルマの年式が古いためかsign01ほぼ生産中止crying

ただ、意外にヤフオクなどで、中古パーツがでていたのは少し安心出来る右ハンドルsign03

って、右も左もそれほど変わらないのですが・・・sweat01

では、作業内容が多いので、話が飛びながらになりますが、やれる範囲でコツコツ作業をしていきたいと思いますscissors

Img_287101

まずは、エアコン・ヒーター関係から

水温の上昇が低く、アイドリングも高いままだとの事で、水回りの点検からですがやはり、古くなるとあちこち漏れた形跡があります(これ生産中止ですcrying)。

Img_287301

次は、エアコン関係ですが、ちなみにサーモスタットは交換になりました。

左ハンドルの時もそうでしたが、全くの逆なんですねsign03

さすがトヨタhappy01仕事が綺麗です、ここだけはbleah

Img_288701

お預かり中にガスが失くなってしまったので、改めてガス漏れ原因を探すため、無駄になりますがガスとリーク剤を入れて、再度エアコンつけっぱなしでしばらく放置・・・

Img_288901
コンプレッサー(ブラックライトを当てていない状態)

Img_2890
ブラックライトを当てた状態

実は、リーク剤を入れる前に漏れてるのはオイルのにじみで、分かっていましたが改めて見るとやはり漏れておりましたpaper

他に漏れが無いか?すべてのパイプのつなぎ部分とコンデンサー、室内のエバポレータも確認します。

Img_295201

Img_295501
エバポレータは大丈夫でしたscissors

エアコン&ヒーターに関しては、コンプレッサー交換とエキスパンションバルブ、リキッドタンクを交換します、漏れてる部分ではありませんが、リビルト会社から交換しないと保証対象外になるため、異常が認められなくても交換します。

これに付きましては、のちのトラブル防止なので、エアコン修理でコンプレッサー交換を告知されたオーナー様ならご理解をいただけると思いますeye

部品がまだ揃っていないため、本日のエアコン・ヒーター関係は後日に続きますが、次回は、ハロゲンヘッドライトから、HID(キセノンバルブへの交換についてアップしたいと思いますgood

2015年7月29日 (水)

ダイハツ・ハイゼットS100V、タイミングベルト、ウォーターポンプ交換!

千葉は少しだけ暑さが和らぎましたcoldsweats01って工場内の温度は34°ですがsweat01

さて、古くなってしまったS100Vハイゼットですが、軽自動車は結構古くなっても、長くお乗りになる方が多く、まだ5万キロ程度しか走行していませんが、タイミングベルトとウォーターポンプ交換です。

それと、タペット音が気になるようで、バルブクリアランスもご依頼を受けたのですが、写真を撮り忘れてしまったので、ブログにはお載せ出来ませんでしたcrying失礼down

Img_288501
フロントのカバーを外しています。

Img_287401
オイルシール大丈夫でしたscissors

毎度の作業なので、サクサクと行きますeyesweat01

Img_287801

冒頭でお話した、バルブクリアランス作業もあるので、カムカバー(タペットカバー)を外すついでにパッキンも交換します。

Img_288001

Img_288301
いきなりですが、アフターですscissors

この後は、元通りに組み付け作業をするのですが、当初、バルブクリアランスはあまり狂ってはおりませんでしたが、微妙に調整をし直したところ、意外にもカタカタ音が激減しましたsign03

ダイハツさんって、意外にシビアなところもあるんですね・・・shock

2015年7月28日 (火)

トヨタ、新型アルファード30系、電装パーツ取付(^^;


相変わらず、暑い日が続きますが、こちらのブログも暑さでリアルタイムではありませんcoldsweats01

って、いつもリアルタイムでは無いのですがpunchbleah

新車購入のアルファードに今、最も新しいナビゲーション他を取付しましたので、写真の羅列になりますが見て下さいませpaper

Img_281801
アルファード、新車ですscissors

Img_281701
すべての作業をする前にマイナス端子を外しますhappy01

Img_282201
作業する前の状態です。

まずはバックカメラ取付からです。

Img_282401
リヤゲート内張りをばらします。

Img_282801
リヤのガーニッシュも外します

Img_283201
今回取付のバックカメラ(アルパイン)

Img_283501
こんな感じsign02

Img_284101
ガーニッシュも付けた状態

バックモニターは、簡単なレベルでしたが、ここからが本命のナビなどの室内の取付になりますpaper

Img_284201

Img_284501

新車だからとかではありませんが、どの車であれ、キズをつかないようにテープ等を貼っております。

Img_285801
ナビ本体を取り付けて行きますscissors

すいません、すべてを撮影出来れば良かったのですが、仕事の量が多いため、時間に追われてしまい、写真が少なくてすんませんcryingdown

Img_286101

Img_285301

取付の詳細を、お話してませんでしたが、ナビ本体、バックカメラ、ETC、ビーコン、純正ハンドルのスイッチ類を動かすためのナビアダプター、リヤモニターなど、加工も含め、気が付けば丸々2日掛かってしまいましたcrying

Img_286801
テストです

電装パーツ取付は、新車に関わらず、神経を使いますgood

2015年7月27日 (月)

トヨタ・ハイエース200系、エアコントラブル(^^;

昨日実は、ツインリンクもてぎに行く予定で急遽、臨時休業にさせていただいたのですがsweat01って、お客様で耐久レースに出るそうで、メカニックのお手伝いでスカウトされたんですが、どうしても仕事が片付かなくて、休みのまま作業していましたbleahgood

また余談になりましたがsweat01

しかし・・・暑いsign03暑すぎるsign03sun

さて、今回のブログもリアルタイムではありませんが、走行キロと年式がまだ新しいのにエアコンが効かなくなったようで、故障原因だけのアップになります。

Img_277501
200系ハイエース(正確にはレジアスエースです)

当初は、エアコンのガスが有るのにコンプレッサーが回らず、コンデンサーの電動ファンやアイドルアップもしていることから、いつものリレーユニットの不具合かと思っていました。

車検証を見るまではねcoldsweats01

整備振興会がネットでサービスをしている各メーカーのマニュアルがネットで見ることが出来ます(ただし会員制)。

こちらで見てる限りではリレーが分かる場所に配置していたので、てっきりこれかsign02と思ってましたが、店主が見ていた項目が間違っていて、お預かりしたクルマは前期で見ていたのは後期の方coldsweats01

前期は、エアコン制御アンプからダイレクトに配線がコンプレッサーに行っており、リレーが使われていません。

そうです、ガソリンエンジン車には、前期は無く後期からリレーの設定があルのです(ディーゼルエンジンは前期後期ともリレーあり)。

では、アンプ?コンプレッサー?しか選択肢がなくなるのでまずは簡単なコンプレッサーの確認から(当然、ガスが入ってるのは確認済みです)、すると・・・

Img_277301

テスターでは詳しくお伝えできないと思い、エアコンON状態でコンプレッサーに入るカプラーから配線を借りつなぎをして電球へとつなぐと・・・あらflair

見事に点灯happy01

てことは・・・コンプレッサー様、ご臨終でございます。

しかし、年式が新しい上に中古の玉数が無いのでしょう、新品が9万諭吉ぐらいなのにリビルトは7万諭吉近くsign01

おぉー足元見過ぎcrying

当然、中古も無しdown

しかも、コンプレッサー本体がどんな状態かも不明なので、鉄粉が回っていたら、高額な修理代が掛かりそうです、しかもツインエアコンだしshock

2015年7月25日 (土)

スズキ・ジムニーJA11、車検整備とエアコン再修理、車検が通せない?(^^;

暑さに慣れたつもりでしたがcoldsweats01暑さが続くと、キツイねぇーsun

さて、リアルタイムな事ではなくて申し訳ないのですが・・・bleah

前の話なので、ブログに載せようかsign02迷っておりました、しかし・・・これはお伝えした方がとの判断でアップさせていただきますscissors

ちなみに前回のマーチは無事、エアー抜き完了crying面倒な分、工賃が反映されていないので、今後は、工賃アップを検討しないと行けませんsweat01(メーカーにはマニュアル通り出来ないので連絡して対応してもらうように抗議文を送るつもりですpaper

話が変わってしまいすみません、本題へ

Img_278701

エアコン修理に関しては、ほぼ完璧な状態で完了したのですが、車検も一緒にご依頼を受けておりましたので、近くの軽自動車検査事務所に行って参りました。

店主が無知だったと言えば、理由になる訳ではありませんが、コースに入っていきなり「シャックルを交換していますね?」と言われ、店主的には何がなんだか解らず、「ダメなの?」と聞くと、リーフスプリング(板バネ)並びにシャックル(バネのステー)を交換した場合、構造変更が必要で、このままではテスター自体通せないとの言葉shock

なんせ、車高を下げる方向に関しては知識があっても、車高を上げるリーフスプリングに関しては、全くの勉強不足crying

整備士として恥ずかしすぎて、穴があったら入りたい気分でしたwobbly

Img_279301
今回問題のシャックルsign03

お客様の要望で、構造変更して車検を受けられるようにして欲しいとのことでしたので、強度検討書など必要な書類を急遽揃えることに・・・coldsweats01

この作業に時間が掛かってしまったため、ブログにアップしようか考えたのですが、昨日無事、検査事務所(軽自動車)に書類を提出して、審査してもらい許可が降りれば、無事車両持込して検査合格すれば、合法車として継続検査(車検)に合格できますscissors

ただし、審査に1周間から2週間近く掛かるのでその前に車検が切れそうで不安ですがsweat01切れたら仮ナンバーで行けば良いので問題はありません。

しかし、不思議ですが今までどうやって車検をパスできたんでしょうsign02sweat02

さて、明日は店主都合で臨時休業いたしますので、ブログもお休みになりますgood

2015年7月24日 (金)

ニッサン・マーチAK12、車検整備編(^^;

点検整備のご依頼を受けたマーチAK12paper

今回は、エアコンとかではなくて普通に点検整備ですsweat01

当店では、ご自身で車検を通す言わいるユーザー車検のお客様でも、検査合格後の点検整備を承っております。

Img_277701

一般的な車検整備とエンジン関係のファンベルト、冷却水の交換ですが、冷却水温度が上がらないトラブルもあるとのことで、サーモスタットも交換しますscissors

Img_280201

Img_279901

点検整備ですから、前後ブレーキ回りの点検もします(当然)happy01

Img_280401
中央に見えるのがサーモスタットベース

Img_280801
ベースを外すとサーモスタットが

Img_281101
左が新品、右は隙間が開いてます

冷却水の交換とサーモスタットの交換は、最近温度が上がらなくて開きっぱなし何ではとのオーナー様のご依頼で、作業することにいたしましたが、やはりサーモは壊れていましたcoldsweats01

新しいサーモスタットと交換後、エアー抜きなのですが、何でしょうsign02

Img_281401

ニッサンのサービスマニュアル通りにエアー抜きはしてるんですが・・・抜けないsign03

なぜ・・・shock

何度もマニュアル通りに実行しても、冷えて冷却水を補充しても変わらず、どうやら何度か続けないとダメなようです。

最近の車は、面倒なクルマですなcrying

2015年7月23日 (木)

ニッサン・セレナC24、ラジエータ交換(^^;

今回は、ラジエータから水漏れが起きてしまったニッサン・セレナsign01

ラジエータのアッパータンクが壊れてしまったようです。

Img_271801

これって、特別ニッサン・セレナだけの問題ではなくて、走行キロ、年数、環境でどのメーカー、車種でも起きる原因です。

最近のラジエータは、フィン部分はアルミがほぼ主流ですがタンク部分は樹脂系がほとんどですから、割れしまったり、フィンとタンクの間にゴムパッキンが使われていますがこちらの劣化でも起きる現象です。

Img_272001

Img_272101
応急で水漏れ対策をしたようですeye

Img_272601
左が中古部品で、右は外した不具合品

今回は、残り少ない年数しか乗らないとのことで、中古部品を選択しました。

このセレナはFF車になって結構売れたクルマなので中古部品も球数がありますpaper

Img_272801
交換後

後は、エアー抜きをして完成になりますが、最近のクルマは、エアー抜きが別に儲けてあるタイプが多くなりました。

セレナも当然ありまして、やり方があるので、素人の方は、必ずディーラーに聞きましょうscissors

そうしないとオーバーヒートの原因ならびにヘッドガスケットが抜けるなどの高額な修理代が発生しますbleah

Img_272901
中央にホースバンドと盲栓が見えるのがエアー抜きバルブ

何度も言いますが、エアー抜きは必須ですから、終わったと思ってエンジン掛けたら、室内より水がチョロチョロ流れるような音が聞こえたら、まだ不完全ですので、やり直すか!やり直してもらいましょうgood

困るのは、お客様ですから・・・coldsweats01

2015年7月22日 (水)

エアコン修理再入庫、ダイハツ・ムーブL900S編(^^;

何かの言葉ではございませんがcoldsweats01暑いのも3日以上続くと慣れてくるのかsign02あまり暑く感じなくなって来ましたeyesweat01

さて、昨年エアコン修理をしたダイハツ・ムーブL900Ssign01

最初の修理は、エバポレータの不具合で交換修理をしたのですが、翌年の春先にエアコンがまた効かなくなったようで、調べても漏れが発見出来ず、でもがすが漏れてるので怪しいところを交換して修理したのですが、やっぱり漏れてるようで、詳しく調べることにいたしました。

Img_274201

すみません、端折り過ぎですがsweat01バンパー類を外し、ガス漏れの確認をすべて行いました。

しかし・・・どこにもリーク剤が漏れる箇所が発見出来ませんwobblysign02

すべてを確認しても見つからないのであれば、ガスを注入する口(バルブ)の不具合かと思い、前にご入庫した時に虫ゴムを交換しましたが、やはり、バルブ自体のあたりが悪くなっているようでしたので、パイプを交換することにしましたscissors

Img_274101
袋に入ってますが新旧比較です

Img_274401
高圧側パイプ交換

Img_274501
低圧側パイプ交換

両方交換して、ガスチャージ後、しばらく放置して確認しましたが今回は大丈夫かなぁーgoodとは思ってますが、こればかりは解りませんweep

やはり、弱いところに症状がでてしまうので仕方がないのですが・・・それにしてもリーク剤を入れて、一度お客様にお返して、日数も経っているにも関わらず、漏れが発見出来ないクルマって、始めての経験ですcrying

DENSOさんsign03

トラップ多すぎですangrygoodsweat01

2015年7月21日 (火)

スズキ・ワゴンR、エアコン修理編その3完成?(^^;

おかげさまで、3連休させていただいたんですが、休み中まさかの関東梅雨明けsun

せっかくなので久しぶりにラジコンヘリ飛ばそうとしたら、まさかのプロポ電源入らずwobblydown

もう1台のプロポで設定するも古い機体に新しいプロポは合わないのかsweat01設定が思うようにいかず断念coldsweats01散々な休日でしたcrying

さて、連休前から作業しておりますワゴンRpaper

室内のエアコンユニットを取り外して行きますgood

Img_274801

当初、ダッシュ盤を取り外さないとダメな作業なのですが、トヨタさんやダイハツさんと違って、隠れたねじ類が多く、外すのに時間が掛かりそうな感じでしたbleah

Img_2749
ユニット取り外し後

ところが、スズキに聞いたら、ダッシュ外さずに取り外しが可能との事sign02

ただし、うちの担当で来る営業マンの話なので、具体的にどうするかは聞いてませんでしたって、メカニックじゃ無いから知らないんですけど・・・coldsweats02

よーーく見て考えたら、それほど難しくは無かったのですが無駄に外したパーツがあって、その手間に時間がかかりましたよsadsweat01

Img_275201
取外したエアコンユニット

コンプレッサーは前回のブログで、異音がでているので交換はしました。

室内ユニット側は、明らかなガス漏れが発見出来たのと、ガス漏れ用機器を使うまでも無く、車内からエアコンガス独特のニオイがしていたので間違いないと確信しておりましたscissors

Img_275501
ユニットを分解した写真

見づらいですが、ブラックライトを当てるまでも無く、リーク剤色の緑色がお分かりかと思います。

Img_275801
拡大写真(エバポレータ)

漏れが酷いとブラックライトを当てずとも肉眼で分かる緑色で確認出来ますsign03すごい漏れ後ですwobbly

Img_276001

さて、ここからは新品と交換して組み直して行きます。

Img_276301
新品をセット

Img_276501
違う角度から

Img_276901
ユニットを無事取付

Img_276601
室内を組んでる間に真空引きします

Img_277101
ダッシュ回り完成ですscissors

後は、いつもの放置プレイ後、問題なければガスチャージして最終点検後、完成ですgood

最後に、よくエアコンを付ける時に嫌なニオイがすると良く言いますが、それは根本的に色んなニオイが重なって起きる現象(タバコのヤニなど)で、エアコンガスが漏れている車は、エンジンを掛ける前、車内に乗った瞬間、ニオイが分かるので、勘違いされないようにお願いいたしますeyepaper

2015年7月17日 (金)

スズキ・ワゴンR、エアコン修理編その2(^^;

冒頭からすみませんが、店主都合で明日18日(土)から20日(月)まで3連休させていただきますm(_ _)m

冠婚葬祭の為、おそらく次の日は二日酔いwobblysweat01その次の日は祭日なので定休とご迷惑をお掛け致します事、申し訳ございません。

3連休に伴い、ブログもお休みになりますeyepaper

さて、見積もりで、コンプレッサーから鉄粉などが出てないことが分かりましたので、フル交換よりは安く済みそうなスズキワゴンRsign03

部品が届いたので作業を開始しますhappy01

ただ、今日は、お車の入れ替えがとても多く、作業はコンプレッサー交換ぐらいで終わってしまいました。

Img_254801
前回のブログから

Img_270801
コンデンサーと一体のレシーバータンクsign01

レシーバータンク内のフィルターを新品と交換します。

Img_271101

お次は、コンプレッサー交換scissors

当初、中古の出物があったのですが、さすが時期だけあってすぐに売れてしまい、今回はリビルト部品対応となりました。

Img_271401
交換後

せっかくなので、コンプレッサーやコンデンサーに付く、各パイプのOリングは交換していきますpaper

次はいよいよ、車室内のエバポレーター交換に入っていきます

Img_271501

と言いたいところではございますが、本日はここまでになります。

次回はダッシュ盤類を取外した作業のブログをアップしていきたいと思います。

つづくgood

2015年7月16日 (木)

スズキ・ジムニーJA11、車検整備とエアコン再修理(^^;

台風の影響で蒸し暑いですなぁーtyphoonrainwobbly

さて、車検と重なってしまったのですが、ガス漏れが結局治らないとのことで、他に原因があるかも知れないとのことで再修理になりました。

Img_259201
まずは車検整備を先にします。

一通り整備が終わったので、お次は本題であるエアコンのガス漏れ箇所の確認です。

一応、前回のブログのおさらいですが、リーク剤(ガス漏れ検知液)を入れてしばらくエアコンを掛けて放置した後、ブラックライトをあて調べるもののガス漏れが発見に至らず、ガスを入れる口(バルブ)からガス漏れが発見出来たので、バルブの虫にあたる部品を交換して様子を見ていただくことになりました。

しかし、結果的にはどこかに漏れがあるみたいなので再入庫となった次第ですpaper

そこで、調べて行くと・・・

Img_259601

ブラックライトをあてた写真が無いですがコンデンサーに漏れが発覚sign03

調べたら、驚きのガス漏れ箇所coldsweats01

バルブを交換したせいかどうかは定かではありませんが、5、6箇所ほどありました。

ただ、バルブの部分も交換したのに漏れも起きてるため、バルブが付いてる高圧、低圧側のパイプ類も一緒に交換します。

Img_269001
取外した後の新品比較です

Img_269201
新品と交換後のコンデンサー

Img_269501
パイプ類の交換後

Img_269701

真空引きして、放置後、問題なければガスを入れて完成になりますが、明日は順当にガスを入れて、車検を通しに陸運局(軽自動車検査事務所)に行って検査してきます。

車検だけなら、すぐに行っても通せる状態なんですが・・・この暑さなもので、エアコン修理を終えて快適な状態で行きたい店主ですcoldsweats01

ただ単にわがままなだけですがbleahsweat01

2015年7月15日 (水)

三菱・パジェロミニH58A、エアコン?オーバーヒート?修理(^^;

暑いの暑いの飛んで行け~coldsweats01って行きませんかねeyedash

さてとpunch

エンジン掛けてからは問題なくエアコンが効くそうですが、時間が経つともの凄い異音が発生後、エアコンが効かなくなり、風が冷たくなるとの事でご入庫のパジェロミニsign01

お客様が、『色んな車種のエアコン修理をしているみたいですが、三菱のエアコンブログ修理が無いので、修理してないと思ってました』と言われ・・・

Img_262901_2

店主「長年、整備をしてますが三菱車のエアコン修理は、来たことがありませんscissors」と言いましたcoldsweats01

実は、店主に縁がないのかsign02それとも壊れないのかsign02後にも先にもエアコンを具体的に修理した三菱車は当店には1台もございませんpaper

家電でもエアコンに関しては、トップシェアーに入る三菱さんsign03

車にもフィードバックしてるのかも知れませんgoodsign02

余談はさておき・・・

Img_263401

まずは、点検確認からスタートして、エアコンのガスは入っていて、冷えてる時は効いている、ある程度時間が経つとエンジンから音が出た後、効かなくなる、放っておくと冷却水が逆流してリザーバーに吹くsign02

もしかして、電動ファンになってる冷却用ファンが死んでるかもと点検したら、案の定、死んでいましたcoldsweats01

でも、まだ走行1万キロ未満の車ですcrying

走ってないからと、壊れない保証は無いのですねcoldsweats02一応、リレーとヒューズは確認済みですscissors

Img_264301
交換前の写真を撮り忘れてしまったので交換後の回してない写真で失礼bleah

Img_263801
取り外し後で写真右は新品モータ

Img_263901
分解後

Img_264501
無事回りました

今回の修理は、エアコン修理と言うより、電動ファンが回らないトラブル修理になりました。

しかし、三菱様はエアコンは丈夫で、すごいgoodsweat01

2015年7月14日 (火)

ニッサン・マーチAK12、エアコン修理編(^^;

昨日は、臨休してしまいましたが暑いsunsweat02annoy梅雨明けの天気ですねcoldsweats01

くどくてすみませんがsweat01エアコン修理編が続きますeyepaper

Img_254901

エアコンガスの補充だけで1シーズンを過ごす方も、決して少なくは無いと思いますが、その度にガスチャージをしないとならないし、ガスを足して漏れるを繰り返せば、当然環境にも良くはありませんsign01

でも、エアコンは未だに贅沢品のランクに入ってるため、部品は高いし近年の車はデザイン性やコンパクト面で、作りが凝ってる反面、壊れることを前提に考えていないのかsign02修理代が掛るような作りにもなっております。

とは言っても、所詮機械ものですから、必ず壊れるので厄介です。

Img_258901

今回のガス漏れ原因は、車内では無くエンジンルーム回りなので、予算的に工賃は、高くありませんが、それでも部品代を考えると高い修理代かなと思います。

Img_259401
コンデンサーとパイプ付近のガス漏れが発覚

Img_262701
中古部品と新品部品が届きました。

Img_264701
上が中古部品で下が今回外した不具合部品

Img_264901
パイプも交換です。

Img_265001
分かりづらいですがアフターですbleah

Img_265701
同じくアフター

Img_265901
真空引き作業中

コンデンサー、パイプ、各Oリング(ゴムパッキン)、レシーバータンクを交換後、真空引きして放置後、問題が無ければガスチャージして完了となります。

余談になりますが、ガス漏れを発見しやすくなったリーク剤があります。

ただ、完璧ではなく、針の穴より小さいところはでは、1日、2日では到底発見できない場合が多く、困った問題も抱えております。

しかし、時を掛けると発見しやすくなるので、1シーズン超えてもコンプレッサーが回るけどガスが少ないせいで、冷えが悪い車は、一度リーク剤とガスを適量入れてエアコンが効かなくなるまで乗っててもらう方向も考えることにしないとお客様に御迷惑が掛かるとも思いました。

今後は、この方式を取って行きたいとも思ってますscissors

そうすることで、エアコン修理をすぐ見て欲しいのに対応が遅れることを少しでも解消できるかなとは思っています。

ただし、当店にまた修理に出してくれえば良いのですがそうではないとこれも規格ボツかな・・・shocksweat01

余談になりましたが、シーズンまっただ中ですので、代車が不要でも8月になりますし、お盆前なら、後2台くらいなら予約出来るかなって状態ですgood

2015年7月12日 (日)

スズキ・ワゴンR、エアコン修理編その1(^^;

台風の影響なのかsign01暑い日が続きますが熱中症にはお気をつけくださいませ。

さて、ブログでもお伝えはしておりますが、暑くなれば必然的に多いのはエアコントラブルです。

何度も話していますので、省きますが今回はワゴンR編ですeye

Img_254801

Img_258201

最近の車は、エアコンも壊れにくいシステムになりつつありますが、機械物なので、不具合が出るお車もございます。

今回、ガス漏れとコンプレッサーの異音で修理のご依頼がありましたが、コンプレッサー自体は異音のトラブルはあるものの、ガスを補充して確認したら冷えるし、鉄粉などのトラブルは確認できませんでしたscissors

Img_258001
一部パイプを外して確認しています

Img_258601
コンデンサーに付いてるリキッドタンクのフィルターをチェック

Img_258801

フィルターの確認などをみる限りではコンプレッサー本体の不具合と言うより、ベアリング等の不具合のようですpaper

ただ、コンプレッサーは異音も出てるので、必然的に交換対応になりますが、本質のガス漏れ原因が問題ですcrying

どうも、車室内に付いてるエバポレーター(室内の熱交換器)がダメなようで、何度も確認を取りましたが、間違いないようですshock

後は、見積もりの予算などをお伝えしようとお客様に電話するのですが、何故か携帯を無くされたのか?つながりませんsweat01

出来れば、ブログを見てくださっていたら是非、ご連絡頂けますと幸いです。

ちなみに、明日は商工会のイベント参加に付、臨時休業なので、14日以降にお願いできればと思いますが、中古部品の掘り出し物もあるので、早めに抑えるなら専用携帯にご連絡いただいても大丈夫です(ただし、正確な金額はお伝え出来ません)。

いずれにしても重症に近い状態なので、その後をアップ出来ればと思いますgood

2015年7月11日 (土)

ジャガーE-TYPE、久々の再ご入庫その4今度は完成?(^^;

前回、完成後、最終チェックの為、試運転をしたのですが、途中でクラッチが切れなくなりsweat01ギヤーが入りませんcrying

クラッチsign02ミッションsign02と思ったのですが、止まった場所で確認すると透明なオイルが漏れています。

そうです、クラッチレリーズからオイル漏れが起き、レリーズフォークを押すことが出来なくなったのが原因でしたshock

やっと修理が完了したと思ったら、また修理になってしまいましたcoldsweats01

旧車なんでこんな事もありますeye

Img_254601

ジャッキアップポイントがないから、馬をかけるのに苦労しましたwobbly

Img_255701
ビフォー(レリーズ側)

オイルが漏れた時にブーツがめくれたようです。

Img_255501
ビフォー(マスター側)

分かりづらいですが、中央より少し下にあるシリンダがクラッチマスターシリンダです。

Img_256201
取り外し後

Img_256401
分解して組付けて行きます。

Img_256501
組み付け完了

途中を端折ってしまいましたが、クラッチインナーキットで交換処理をしました。

国産車だと中のシリンダーごと交換するのですが、ゴム類(カップ)などの交換のみです。

Img_256701
アフター(マスター)

Img_257101
車内ペダル部分

Img_257501
アフター(レリーズ)

Img_257701
クラッチのエアー抜き

エアー抜きを完了して、ペダルの操作とシフトの入りなどのテストをして完成ですが、ここから試運転をして最終チェックをした方がべすとです・・・がsweat01

さて、どうしましょsmilesweat01

2015年7月10日 (金)

ダイハツ・ハイゼット、エアコン修理(^^;

今日は久しぶりの晴れ、太陽が出るとやっぱ暑いっすねcoldsweats01

ってeyeこの前振りでエアコンネタですpapersweat01

Img_252001

20万キロ以上走行しているので、故障が出始めるのは必然的ではございますが、長年のホコリとタバコのヤニ汚れが重なり、ブロアーモーターが回っているのに風があまり出ず、熱交換がうまく行かない、またサーミスタの不具合も重なり、エアコンが冷え無い状態になりました。

根本的にサーミスタ(温度センサー)、エバポレータなどを交換すれば修理可能ですが(ガス漏れなど無い為)ヒーターユニット側の汚れや距離などを考えると、エアコンユニットとヒーターユニットをそっくり交換したほうがいいと結論したのですが、最大の壁は予算sign03

新品をすべて交換すれば良い事に越したことはありませんが、走行距離を考えると必然的に、中古部品を選択した方が予算も抑えられるし、すべての交換が低予算で可能なため、中古を選択して、作業を進めていきますpaper

Img_252701

Img_253101

Img_252801

Img_252201
エバポレータ

Img_253301
中古部品を新たに清掃後

Img_253701
一気に組付けて行きます

Img_253901
一気に進みましたが完成ですcoldsweats01

Img_254101

後は、真空引きをして放置プレイ後、ガス漏れが無ければガスチャージして完成になります。

ヒータホースを外したので冷却水のエアー抜きをしてる際に風の確認をしたら、問題ありませんでしたsign03

最近の乗用車は、エアコンフィルターが付いてて、フィルターを交換すれば元に戻ることは出来ますが、フィルターが無いとそのまま風を吸うので、ラジエータと同じ網目タイプのフィンはいずれゴミなどで詰まってしまいます。

20万キロ以上超えてもお使いのお車、特に貨物系のエアコンフィルターの無い場合はこう言うトラブルがあるのでお気を付けくださいませgood

2015年7月 9日 (木)

ニッサン・ステージアM35、足回り交換他(^^;

相変わらず、良く降る雨eye露なのに少し激しいのが気になります。

さて、ブレーキ足回りの交換でご入庫のステージアですが、本来の作業とは一部変更になってしまいましたが、趣旨は同じブレーキ交換となりましたscissors

Img_243901

実は、別のブレーキ交換をする予定でしたが、都合で純正のブレーキパット、ディスクローターを1台分交換していきますpaper

Img_250201
ビフォー(フロントブレーキ)

少しカットしていますcoldsweats01

Img_250501
パット、ローター交換途中

Img_250601
フロントブレーキアフター

Img_250901
リヤも交換後になりますcoldsweats01

ブレーキ回り完了ですので、お次はスパークプラグ交換に入りますscissors

Img_251101
エンジンルームです

Img_251501
交換途中

ニッサン以外でも、以前のV型エンジンは、片バンクは楽でももう片バンクはインマニを外すとか面倒な作業でしたが、最近のはよく考えているんですねbleahそれほど難しい交換ではありませんでしたpaper

Img_251901

最後は、元に戻した後に、頼まれていたタワーバーを追加取付して完成になりますgood

店主も昔、スカイラインワゴンを唯一所持してましたが、ニッサンのステーションワゴンはレガシィツーリングワゴン同様、欲しい1台ですな(個人的主観)happy01

2015年7月 7日 (火)

フィアレディZ・Z31復活から再ご入庫編その1(^^;

雨がポツポツの天気でしたがsprinkleほぼ路面は乾いていたのでジャガーの試運転を決行sign01

ところが・・・修理したところは問題無かったのですが他でのトラブル発生shockおいおいcrying勘弁してくれぇーsweat01

こちらは、いずれアップしますが、本題へpaper

前回、車検整備でご入庫だったZ31フィアレディZsign03

Img_247501

無事にお客様に納車になったのですが、その後トラブルが相次いだようでwobbly再入庫となりました。

いずれも電装系のトラブルがほとんどではありますが、マフラーも音が大きくなったとのことで修理が可能かeye交換になるかeyeの判断で、作業をします。

Img_235001
オートアンテナ

まずは、アンテナが突然上がったまま(伸びたまま?)元に戻らなく(引っ込まなく)なってしまったので、確認して見ましたが、残念cryingモーターが死んでしまいましたweep

Img_247801
ビフォー

お次は、マフラーです。

乗ってて突然、音が大きくなったそうで確認したら、やはりマフラー自体の劣化でサビが酷く、中身が腐ってカラカラ音sign01

修理はほぼ絶望なので交換ですが純正マフラーは部品出るのかsign02と見積する部品がすべて生産中止なので不安でしたが・・・あったぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーgood

Img_248001
新品と並べて見ましたhappy01

まだメーカーに在庫があったので良かったcrying

それにしても、今の国産車ではありえない差し込みタイプのマフラーsign03

Img_248101
マフラー取り外し後のセンターマフラー

普通、走行距離が多かったり、東北など塩害が多い地域ならこんなに綺麗に外れることは無いのですが、やはり保管状態と走行が少ないためか?取り外しに時間と手間は掛かりませんでしたscissors

Img_248401
新品に漏れ止処置をeye

そのまま組んでもいいですが、若干排気漏れが発生するので、マフラーコーキング剤などでシーリングして組み付けていきます。

Img_248601
取付中

Img_249001
アフター

マフラーは解決しましたscissors

次は、オーディオ、ディマスイッチ系の修理ですpaper

Img_235201

上のオーディオのカセット部分が壊れているのでニコイチ化していきますが、交換する側が壊れていると交換した意味は無いのですがcoldsweats01

Img_249201
右が取り替える側で左が付いていたオーディオです。

Img_249701
基板を交換しています。

配線の脱着とハンダでついてる箇所は半田ごてを使って入れ替え作業をしていきます。

結果的には、カセット類を動かす為のモーター類がすべてダメになっていたので、無駄になってしまいましたが・・・cryingやてっ見ないとわからないので、結果的には残念な事になってしまいましたdown

最後に、電装修理のブログをアップしていますが、全てを修理している訳ではございません。

あくまで、古い旧車などで困っている車の電装品に修理をしていますから、こういったお車を長く乗りたいsign01維持して行きたいsign01と言う方以外は、料金を考えるとオススメしません。

最近は、オーディオなら1万前後で新品が買えるし、ナビなら4、5万も出せば買える時代です。

ご自分のお車にあった考えで修理するか新しいオーディオまたはナビを購入するかご判断くださいませ(最近のナビ類は当店では修理していません)good

2015年7月 6日 (月)

ジャガーE-TYPE、久々の再ご入庫その3完成?(^^;

相変わらずの雨ですrain雨ですrain雨ですannoyしつこいcoldsweats01

ジャガーの整備最後は、キャブの清掃とセッティング、ダンパーオイルの入れ替え交換です。

Img_245501
本来は、この方法でダンパーオイル補充はしないようですbleah(自己流です)

写真に具体的な部品が写ってませんが、写真右のキャブのヘッド部分の先につまみのような部品が見えますが、これがダンパーロッドになってるようで、この部分にオイルが入っています。

Img_245701_2
ビフォー

その前に、キャブレターの清掃から・・・

Img_246201
アフター

次はダンパーオイルの交換です(ホントは補充で十分)。

Img_247101
抜いたオイル(写真左)と新品右側

少ないですが、そんなに多く入っていませんhappy01

Img_246501
オイルを注入してます

オイルを入れてる細長い筒状に入れるので、ほんとにわずかな量になります。

Img_246401
前後しますが清掃中

ダンパーオイルを規定量入れ、これから3つあるキャブレターの同調を取っていきますscissors

Img_246701
ソレックス、ウエーバーキャブでお馴染みにのシンクロメーターです。

SUキャブは、ソレックスやウエーバーと同じで、定期的にセッティングやオーバーホールと言った整備が必要になります。

シンクロメーターで簡単にアイドリングの同調を取った後、アクセル開度に応じて、細かい同調を取って行きますpaper

これが一番骨の折れる作業です。

アイドリングの同調はあまり重視せず、アクセル開度に応じて、同調があってるかセッティングをします。

何故って、アイドリングでは走行しないし加速もしませんからbleahgood

後は、試乗して最終チェックなのですが・・・冒頭にも書きましたが雨ですrain

この車で雨天の試運転はマズイっすよねwobblysweat01

2015年7月 5日 (日)

ジャガーE-TYPE、久々の再ご入庫その2(^^;

電動ファン取付、キャブ調整後、試運転したけどエンジンが途中で止まってしまい、やっと帰ってきたら、やっぱり燃料ポンプの不具合だったので、部品待ち状態でしたpaper

やっと部品が届いたぁーって、簡単に言いますが、昭和40年(1965年)前後のジャガーsign03

こんなに古いのに部品が1周間程度で揃うことがすごいと思いますshock当時のワーゲンビートルなみの対応ですが、生産台数を考えるとやっぱ、すごいじゃなくて、ギガを超え、テラすごいですかねhappy02sweat01sign02

Img_244101
ジャガーE-TYPE

Img_244401
届いた部品達ですpaper

当初、燃料ポンプの不具合だけなのでポンプのみで良かったのですが、送料が変わらない意味から、気になっているキャブのパーツも一緒に注文しました。

Img_244601
まずは不良のポンプを取り外します(ビフォー)

Img_245401
取り外した不良ポンプ

新しく購入したポンプとは形が若干違いますが、年数を考えると代替部品化と思いますeye

Img_245201
新品取付後(アフター)

後は、キャブの追加部品を取り付けて簡単に調整をして完了となりましたが・・・注文時にお願いしたSUキャブフロート(可変フロート)に入ってるダンパーオイルの量をコピー等で送ってくれるお約束だったはずが入ってないwobblyannoy

結局、後日電話して作業することになりました。

どっちにしても今日の天気は、あいにくの雨の為、試乗は無理だったんですけど・・・smile

次回へつづくgood

2015年7月 4日 (土)

ホンダ・インテグラ、キャリパーO/H(^^;

本日は、ご来店客がめっちゃ多くて、それでなくても蒸し暑いのに加えて別な汗が出まくりな1日でしたcoldsweats01sweat01

さて、時々修理依頼のあるホンダ・インテグラsign01

Img_242101

Img_242301
ビフォー

リヤは、前にオーバーホールしてるので、今回は前輪のオーバーホールとブレーキローターを交換、プラスフリュード類を交換していきますsign01

Img_242501
外した部品と新品比較

Img_242601
分解洗浄後です

これで、サンドブラストなどがあればもっと綺麗になるんですがhappy01趣旨はキャリパーシール部分のオーバーホールですから、この状態で良しとさせていただきますpaper

後は、元通りに組付けて行くのですが、ここでワンポイントscissors

Img_242901

Img_243001

ピストンのカバーとなるゴムのカバーですが、取付けるには2つの種類があって、一つは写真のようにブーツだけで止まるタイプとリングを押さえつけるように止めるタイプがあります。

店主的には、写真のタイプがちょっと面倒でも好きですけど・・・eyepaper

余談になりましたが、

Img_243301
アフター

一気に飛びますがbleahこの後、ブレーキフリュードのエアー抜きをして完成ですが、クラッチとABS、リヤブレーキのオイル交換も頼まれました。

Img_243701

写真だけでは分かりづらいので、手前のタンクがABSリザーバーになります。

現在のABSシステムは、ブレーキフリュードタンクからのオイルをそのまま使って制御してますが、当時のホンダ車は別にオイルを使ってABS制御を行っていますhappy01

簡単に説明しましたが、ブレーキフリュードを車検時に交換しない方もおりますから、安全の意味からも、交換はした方が良いでしょうgood

2015年7月 3日 (金)

車検整備でご入庫のスズキ・キャリートラックDA52Tその2完成?(^^;

雨と蒸し暑さのせいで、どうにかなりそうな天気ですwobblydown

さて、アイドリングが下がらないキャリーですが、ウォーターポンプを確認したら、やっぱり交換してありませんcoldsweats02

Img_240701

この型のキャリーは、スペースが無いので、エンジンマウントを外し少し降ろすことで作業を進めますeyescissors全部は降ろしません。

Img_240901
交換してなかったウォーターポンプ

実際、取り外したらフィンの欠落は無かったのですが、ガタもあるしパッキンもボロボロで何時、水漏れしてもおかしくない状態だったので交換対応しました。

Img_241301

ウォーターポンプ交換ついでにオイルシールも漏れていたので交換です。

Img_241001
カムシャフトオイルシール

Img_241101
クランクシャフトオイルシール・フロント

Img_241601
オイルシール、ウォーターポンプ交換後

後は、元通りに戻して行くだけですが、肝心なアイドリング不調の原因が別にあるので、組付け後、再度確認します。

Img_241901_2
組付け後です

さて、肝心な部分の写真を撮り忘れてと言うより、思ったほど作業が進まなかった為、時間押しが原因なのですがcoldsweats01sweat01

結局、原因は冷却水路の詰まりが原因でしたcrying

普通、まともに考えるとありえない話なのですが、タイミングベルト交換した時にウォーターポンプを交換しないのに冷却水だけは交換したんでしょう(綺麗だった)、多分、汚れているところに洗浄もせずに交換したのかsign02冷却水の流れが良くなって、中のカスが循環して細いパイプに詰まりを生じさせたのが原因かと思います。

それにしても、タイミングベルト交換した時に冷却水も交換してるなら、ウォーターポンプも交換すれば良かったのに・・・何か不自然ですねsmilesweat01

当時の請求書が是非見たい店主でしたgood

2015年7月 2日 (木)

スズキ・スイフト・ZC31S、エンジン交換です!(^^;

ジャガー、キャリー、Z31とも、まさかの部品待ちで今しばらく時間が掛るため、予約作業を進めて行くことにしますeye

Img_237701

以前、オイル下がりをしていたので、修理したのですが、改善はしたけど結局、オイル上がりもあるみたいで、オーバーホールやリビルトエンジンの選択はあったのですが、今回は中古エンジンの載せ替えでの作業となりましたpaper

Img_238001
写真右側は中古エンジン

Img_238201
降ろした直後

Img_238501
角度を変えて

Img_238701
手前が中古エンジンで奥が取り外したエンジン

作業的には、外したエンジンの配線や補機類などを付け替えて載せるだけですが、クラッチも古くなって一度も交換してないとのことで交換することにしました。

最近のクラッチって16万キロ近くも持つもんなんですねsign02驚きました。

Img_239001
あえて純正指定なので・・・scissors

Img_239201

Img_239401
取付後

後は、ミッションをドッキングして車体に載せていきますgood

Img_239701
ミッションはこんな感じですscissors

Img_239901
デフシールも交換します

Img_240101

ほぼ組付け完了です。

後は、載せて油脂類の注入を完了後、エンジン始動になります。

中古エンジンなので、オイルを入れた後の空クランキングはしませんbleah

Img_240401

途中、写真がありませんがsweat01組付けを完了してエンジン始動後、冷却水のエアー抜き、それが終わると各部の点検、試運転を経て完成となります。

最近、中古部品が非常に高くなってきましたcrying

元は、中国が買い占めしてるのが原因ですが、国内で部品が売れなければ、金属として売ったほうが手間も少ないし楽できるからだと思います。

しかしながら、気持ちは分かりますが高いなら高いなりに、きちっとした部品を供給して欲しいsign03

前は、入れ替えする部品が少なくて済んだのにやたら交換箇所が多くて、金払う身になって欲しいって、お客様の言い分ですがsign01

全く、いい加減差は変わらないのに値段だけ高いって納得出来ねーshocksweat01

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ