« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

スカイライン、GTR・R32、メーター修理とオイル漏れ修理その1

27、28日と臨休をいただきましたeyepaper

実は、こちらに行ってきました

Img_083801

多分、見てすぐ何処かsign02分かると思うので、あえて書きませんが、解らない人の為にヒントをだすと、新しく新幹線が開業したところと言っておきましょうpaper

さて、話は本題に戻りますが、昨年、メーター類をLED化したR32GTRをアップしたと思いますscissors

今回は、エンジンのオイル漏れとLED化したブーストメーターの不具合で修理となり、ご入庫となりました。

Img_137401

Img_137601
ブースト計

Img_137801
裏側sign01

実は、ステアリングポストカバーに両面で止まっているのですが、テープが熱で剥がれてしまい、そのせいで、スモールランプ(LED化した部分)の配線が取れてしまい、取付とともに配線の修理となりました。

Img_138001
まずは、バラバラに分解

Img_138101_2

配線の差し込みが、挟んで取付ける仕組みなのですが、古くなってしまったのかsign02それとも甘くなってしまったのかsign02挟み込んでも、すぐに外れてしまうので、加工しますscissors

Img_138401

まずは、甘くなったカプラー(差し込み部分)をはんだを除去して取り外しを行ないます。

Img_138501

次に、新しく配線を直接ハンダ付けします。

Img_138801
配線完成

後は、両面テープを付け直して、車に取付けします。

Img_139101
完成です

説明が少なくてすみませんが、無事に車両に取付が出来ましたgood

お次は、エンジンオイルからの漏れの修理ですが、つづくですsweat01

2015年4月26日 (日)

ホンダ・フィット、エンジン異音!ウォーターポンプ?

本題に入る前に、告知がございます。

明日、27日(月)から29日(水)まで、誠に勝手ながら、臨時休業させていただきますsweat01

その間、ブログもお休みさせていただきます、ご了承くださいませm(_ _)m

さて、以前、エンジンから異音が出るとのことでアイドラベアリング(ファンベルト)を交換して様子を見ていただくようにお願いした、ホンダ・フィットです。

Img_124301

ところがと言いますか、やはりと言いますかsign02

音がだんだんと大きくなって来たようで、ほぼウォーターポンプで間違い無いと判断sign01

速攻で交換対応いたしました。

Img_124401
中央に見えるのが、ウォーターポンプです

昔から、ホンダのウォーターポンプは10万キロギリで持てばいいほど弱く、最近のホンダエンジンは、タイミングチェーンに変わっていますから、改善したと思っていましたpaper

しかし・・・

タイミングベルト時代は、水漏れが多いトラブルでしたが、チェーンに移行してからは、異音のトラブルが多いようですよsmile

Img_124601
新旧部品

Img_124801
取り外した後

Img_125101
新品取付後

この後は、いつもの様にeye逆の手順で組み付け後、完成となりました。

冷却水のエアー抜きにはちょっと戸惑いましたけどbleahgoodsweat01

2015年4月25日 (土)

カローラ・ランクス、エアコン修理!その2完成(^^;

ゴールデンウィークも、まもなくですが(もう始まってる方もいるsign02coldsweats01

店主も、同じく連休前の最後の作業の仕上げに入っています。

昨日から、作業が始まっているカローラ・ランクスのエアコン修理ですが、ようやく完成になりましたgood

分解した作業を逆の手順で進めるだけですが、一番時間を掛けなくてはならない、真空引き後の放置プレイeye

Img_124001
真空引き中

話は前後しますが、ダッシュはまだ組付け完成をしていませんcoldsweats01

ですので、先に最後のリキッドタンクのフィルターを交換します(上の写真は交換後)

Img_123601
ここにリキッドタンクが付いてます、フィルターを外した状態

最近のリキッドタンクはコンデンサーと一体になってるタイプが多く、中身だけ交換出来るようになりましたscissors

Img_123401
新旧部品

やはり、走行距離が少ないとは言え、やはり汚れていましたpaper

Img_123901
交換後

この後、最初の写真の様に真空引きをして放置プレイを堪能してる間に、ダッシュを組んでいきますgood

Img_125301
途中経過です。

あとは、逆の手順で組むだけですが、ダッシュが別れるタイプは楽ですねsmileでも・・・その代わり工賃が安いぃ~crying

でも、簡単が一番ですねsign03

朝一で、真空引きしたので、夕方遅くに漏れが無い事を確認してガスを入れて完成しましたscissors

ちなみに、今回の修理代金は、10万円未満で、意外に安く済みましたeye普通、ダッシュ脱着だと超えますからsweat01

2015年4月24日 (金)

カローラ・ランクス、エアコン修理!その1(^^;

今日は、暑かったですねwobblysweat01

さて、見積時点で、ガス漏れが発見出来、概算見積もりを提示後、お客様のご了解を受けて、修理に入ります。

ただ、電装部品に関しては、車の年式が新しいからと言って、在庫がある訳でもなくsign02古いと生産廃止があるけど、新しくてもメーカー在庫が多く、部品の入手に時間が掛かってしまいます。

ましてや、電装部品は普通の部品より遅く、特にトヨタ御用達会社であるDENSOは入荷が遅いし、よく部品間違いも多いwobbly

すべてが届いたのは、昨日です(ちなみに今週の月曜日注文です)。

Img_120501
まだ、走行6万キロ後半の車です。

部品が届いたのが昨日の夕方だったので、実質作業を始めたのが、本日の午後から(実は前の日の作業があったため)になりましたpaper

Img_120801

そうそうsweat01

漏れてる箇所の説明を忘れていましたpunch

当初、ゲージを付けたら、ガスが入ってないsign02そこで、リーク剤とガスは最低限いれて、少し回します(エアコンを動かしたまま、しばらく放置プレイ)。

その後、リーク剤が漏れてるか、ブラックライトで検査・・・しかし、コンデンサー、コンプレッサー、パイプの取付部分まで検査しても、漏れが発見出来ずcoldsweats01

そこで、次に車内のエバポレータ、エキスパンションバルブの点検に入ります。

ここは、全部をバラして確認するには、見積もり範囲の領域を超えてしまうので、ガス漏れ検知器を使って調べますscissors

これも、ある程度は外して調べ、どうやらエバポレータまたは、エキスパンションバルブが原因と確定しました。

それで・・・この作業になっていますbleah

Img_120901

最近の車って、うまく出来てるねwinkダッシュが上下に分解出来るんですよscissors

Img_121201

ただ、エアコンユニットは面倒でしたcrying

Img_121301
結局、ユニット本体を外さないと交換できないannoy

スバルみたいに、本体を外さなくてもエバポレータを外せるように作って欲しかったなぁーhappy01(だったら、ダッシュ外す必要ないじゃんsmilesign02

Img_121601

エキスパンションバルブからも持っていました(写真手前右側)sign03

Img_122201

Img_122401
ブラックライト確認するために特殊なレンズで撮影していますeye

何と、ブラックライトで確認したら、2箇所も漏れが発生していたbearing

Img_122601
写真右が新品です。

後は、この逆で組んでいきますpaper

Img_122901
ユニット組み付け後、車両に搭載途中

Img_123101

最近は、袋ネジでは無くて、プラスチック系のカプラーみたいなもので固定します。

しかし、再利用も可能ですが、ここは新品と交換しました(値段がめちゃ安かったので)。

Img_123301
これは、古いカプラーです

今回は、ここまでしか作業が出来ませんでした。

明日は、ダッシュをすべて取付、リキッドフィルターを交換して、真空引きして明後日には完成したいです。

まだ、他にもお預かりしてるエアコン修理、一般修理もあるので、計画通りに作業が出来るか、微妙ですshock

2015年4月23日 (木)

スバル・インプレッサギヤーボックス交換、他修理(^^;

予約をいただいていた車両ですが、追加追加の整備がございまして、1日で終了出来る予定でしたが、2日を掛けての修理になります。

まずは、サーモスタット部分の水漏れでの交換作業から始めますhappy01

Img_117101
インプレッサワゴン、GG2?

Img_118001

水抜きをしてサーモスタットベースを外すとサーモ本体が出てきますpaper

Img_118201
新旧比較になります。

後は、逆に組み冷却水のエアー抜きをして完成ですscissors

お次は・・・

Img_117601

メインイベントである、ステアリングギヤーボックスのオイル漏れによる交換修理です。

まずは、ギヤーボックスのオイルを抜いた後、ギヤーボックスを外すためにフロントマフラー(パイプ)を外しますcoldsweats01

Img_118501

スバル車のほとんどは、エンジン・ミッションに絡む作業のほとんどは上の写真のパイプを外す作業がメジャーになりますsweat01

Img_118701

手前と後ろで長さが違う感じはありますが、スタンスは一緒ですが、微妙に長いようなshock

店主注文ではないから何も言えませんが、間違ってはいないようですsweat01

Img_119001

裏ワザを駆使して、ギヤーボックスを取り外しますscissors

作業によっては、逆に無駄なこともあるので、微妙ですがsweat01

Img_119401
取付作業中

このまま、作業は進みます。

Img_119501

Img_119801

水漏れ、ギヤーボックス交換も終わり、お次はブレーキ回りの交換に入りますscissors

Img_119901

前も、ブレーキキャリパーのオーバーホールブログをアップしてるので端折りますが、上の写真は、ギヤーボックス交換ついでにタイロッドエンドのボールジョイントブーツも交換しましたscissors

Img_120201

キャリパーのオーバーホール、ブレーキローター交換が終了good

ところが、アライメントである、トーイン調整がかなり狂っておりまして、今回交換したリビルト部品は、お客様からの持込で、外した元々のギヤーボックスに近い状態であると思い込んでおりました。

しかし、微妙に違うようで、当店で仕入れるリビルト部品とは違う製品のようです。

安かろう悪かろうと言ってしまうと、お客様に大変失礼になりますが、業者と一般とでは多少違うようですcoldsweats01

と言うのは、ギヤーボックス本体は間違いなくインプレッサ用ですが、ラックエンドとブーツが違うので、明らかに何かの流用かと思います。

アライメント調整であるトーイン(基本調整)がうまく出来ず、大変苦労しました。

当店で仕入れるリビルト部品では、ありえない事だけに、ネットって保証ギリギリでの部品を出してるのsign02と思いました。

もし、店主の内容が間違っているのなら、リビルト会社の組付け間違いでしょうなsweat01

タイロッドとタイロッドエンドの間にトーインを調整するねじ山が有るのですが、普通、ネジの部分が普通多めに残るのですが、ほぼ少ない状態です。

そう言う車ですと言われたら、そうかも知れませんが、どうなんでしょうね・・・smile

2015年4月21日 (火)

フィアレディZ・Z31復活整備編、その7ほぼ完成?(^^;

前回のブログでほぼ完成sign02と書いたのですがcoldsweats01エアコンの真空引きをしてまもなく、急遽ガスチャージの仕事が入ってしまい、漏れの検証もないまま、本日予備検査に言ってまいりまして、合格となりましたscissors

お客様から、高速走行の不具合も見て欲しいとのご要望から、帰りは高速を使い帰って来ましたpaper

やはり、長期保管の関係かsign01やはり、ホイールバランスが悪くなっており80キロから100キロ程度の走行をするとハンドルに明らかなブレが起きます。

早速、タイヤ屋さんにお願いをしてバランスを取っていただきましたhappy01

Img_116901

ただですね・・・coldsweats01

タイヤ屋さんの話では、バランスはOKsign01goodなんですが、タイヤを使わずに長期止めた状態で保管していたせいで、タイヤに癖が生じてしまい、丸いタイヤに凹みが生まれるので、走行中に上下に振動が出てしまうことだそうです。

これは、高速道路で走っている分には、さして気にならない程度ですが、一般道なんかでは、ちょっと気になるかなぁ~って感じですsmile

気にしなければ、そうでも無いのですが、気にするなら交換した方(タイヤ)が良いとのことでした。

しかし、タイヤ自体は古いのですが、山がまだ新品と変わらない状態で、回りを見ても劣化が無く、これを交換対象にするのは・・・いかがかとは思っています(溝が多い写真がなくてすいません)。

Img_116701

さて、あらためて真空引きをしたのですが、ほぼ真空状態のままでしたhappy01

この状態なら、そのまま軽く真空引きしてガスを入れても良かったのですが、ここは再度1日おくつもりで、再真空引きを行ない、一晩放置プレイすることにしました。

やって損は無いので、確実せいを考えて行ないます。

Img_116601

ゲージが0に近づかなければ問題ありません。

ただ、前のNSXのブログでも紹介しましたが、負圧とガスを入れた時の圧力の違いがあるので、100%の方法ではありませんsweat01

ただ、少なくても単純な漏れミスは防げるので、確実性を求める意味で時間が掛かりますが、妥協せず作業をしています。

普通、電装屋さんでも、ここまで時間を置くことは少ないと思います。

作業効率を考えると、赤字ですがすぐガスが失くなって困るのはお客様なので、忙しくても必ず行っておりますscissors

ただ、絶対治る保証はありませんので、勘違いされませんようにgood

2015年4月20日 (月)

ホンダ・NSX、エアコン再修理編(^^;

昨年の夏に修理したNSXですが、完璧と思ってましたが、やはり弱いところに漏れが出てしまいましたwobbly

Img_115301

昨年の修理では、必要なエアコン部品を交換して、各パイプ取り付け部分のフランジは、Oリングであるパッキンも交換いたしましたscissors

しかし・・・

Img_115701
外した状態

ゴムリングの噛合が悪く漏れてしまいましたeye

その場所は、前回交換した右フロントコンデンサーとは反対の左のコンデンサー取付フランジになります。

Img_115901
見事にゴムリング(Oリング)が壊れていました。

右は漏れが無かったのですが、作業の流れで交換をさせていただきました。

Img_116101
右も噛合が悪かったみたいです(写真右)

Img_116201
交換後の左コンデンサーです

Img_116401
真空引き中

古いからとザックリと割り切る方もおられると思いますが、私(店主)も人間ですから、気をつけていても失敗はありますsweat01

ただ、Oリングの当たり面の状態は、外してみてあまり良い状態では無かったので、今思えば、もう少し確認してから、組み付ければ良かったと反省しております。

当店にとっては、クレームと言う作業になりますが、これは正直に受け止め、今後の経験と反省にいかせればと思っております。

しかし、エアコンは奥が深いけど部品代がもっと安ければ(それ以前の問題もあります)、トータルで予算を少なく出来るのではと思った店主good

でも、メーカー的には所詮、贅沢なシステム何でしょうなshock

2015年4月19日 (日)

トヨタ、カローラ・ランクス!エアコン修理編その1(^^;

今日は、天気が悪いのですがcoldsweats01以前から、ご予約をいただいていたエアコン修理のアップをpaper

Img_114001
カローラ・ランクス

お預かりして、お調べしたら、やはりガスは、ほとんど入っていませんweep

そこで、ガス漏れの場所を調べるため、ガス漏れリーク剤とエアコンガスを入れて様子を見ることにしたeye

Img_114101
ガス漏れを調べるために必要なガスを入れました。

Img_114301

Img_114401

Img_114601

まずは、外回り部分の漏れが無いかsign02をブラックライトで探しましたが発見とはならず。

後は、室内になります

Img_114801

ただ、ユニットの漏れ確認をするには、ダッシュ板をすべて分解しないと詳しく調べられないsign02

そこで、特殊なガス漏れ検知器を使って調べたところ・・・反応がでましたcoldsweats01

て言うことは、室内のエアコンユニットに漏れがあることになります。

本日は、日曜のため、見積が出来ませんが、ちょっと高い見積になりそうです。

中古部品も含め、お客様とご相談出来ればと思います。

エアコン修理は、手間の連続ですgood

2015年4月18日 (土)

フィアレディZ・Z31復活整備編、その6完成?(^^;

本日は、整備振興会支部の総会の為、午前のみ営業となってしまいました。

さて、作業がほぼ出来ない状態でしたので、新規検査をするまでに進んだZ31の続きを少々アップさせていただきます。

Img_107901
キャリパーをオーバーホールします

Img_108601
組み付け中

少し、作業を端折っていますが、年数が経つとサビつきが出るのかsign02漏れが発生してしまったようです。

Img_109001
取付後

オーバーホール後は、取付しなおして、エアー抜きをして漏れ等が無ければOKsign01になります。

また、エアコンのレシーバータンクですが、今回は保証をあきらめ、再利用することになりました。

最大の理由は、走行キロが少ないのと汚れが少ない事になります。

多分ですがcoldsweats01すぐ壊れることは少ないだろうとの店主の判断ですが、旧ガスから新ガスに変更してるので、確実とは言えませんpaper

Img_109801

真空引きして、問題ないかチェックはさせていただいてますが、連休前に間に合わせようと思い、ガスチャージはまだしていません。

新規の検査を受ける前に再度、チェックしてガスチャージして問題なければ、いよいよ検査して完了としたいと思います。

年式が古いと時間が掛るのは仕方がないですねgood

2015年4月17日 (金)

スカイライン・GTR・R32、異音修理その2完成?(^^;

今日は暑かったですがsweat01午後から急に寒くなってきましたcrying

4月は寒気と暖気がケンカする時期なので仕方ありませんが、体調管理がキツイっすねcoldsweats01

さて、異音の修理箇所が多いので、一つ一つ順を追って修理することになりましたscissors

まずは、最大の異音原因である、リヤのハブベアリングから交換していきますpaper

Img_111301
リヤ足回り

Img_111601
キャリパーを取り外したら、パッドが少なsign03

パッドが片減りしています(ちなみにコチラは右側ですが左はもう少し残っていました)。

Img_111701
話が先に進みますがbleahハブベアリングを取り外した後の写真です、新品とも比べた状態です。

まだ、アクスルフランジがついてる状態ですが、ハブベアリングの損傷が激しいのか、普通にはアクスルフランジは取れません。

Img_111901
ハブベアリングを外した状態

Img_112101

通常なら、上のベアリングプーラーですぐに抜くことができます、しかし、異音が大きくなった車は、たいていこんな感じで外すのは厳しいので、この状態からガスバーナーを使用して温め、取り外します。

Img_112501
一部は、切断して取り外しました

Img_112801
無事、分離完了good

Img_113401

ここからは、逆の順番で組み付けていきます(プレス機は必須ですね)。

Img_113501
新しいハブベアリングをアクスルフランジに取付

Img_113801
車体足回りに組み付けます

完成後、試乗したらもの凄い異音は解消されましたpaper

しかし、まだ他の異音が残っておりますsweat01

これは、いずれ順番に修理して行くことになるかと思います。

とりあえず、もの凄い異音からはひとまずおさらばですgood

2015年4月16日 (木)

ベンツ、C220・エアコン修理(^^;

少し、本題からずれますがご報告をpaper

Img_111001

今まで、組合の備品であるḠスキャンと言う、自己診断機を借りては車の故障診断、サービスデータのリセットなどをしてきましたが、自社で即対応出来るように簡素な自己診断機ではございますが、購入致しましたscissors

安価な割に、外国車などのサービスインフォメーション等のリセットなども可能なのと、オプションでいろんなメーカーのデータをインストール出来るタイプなので、幅が広がり、今後店主の助っ人機器として重宝してくれるものと期待をしていますが、果たして店主がこれで満足するかは・・・sweat01

さて、話がずれてすいませんcoldsweats01本題へと

Img_109901

以前、足回り、オイル漏れなどで修理にご入庫のベンツになります。

実は、前からエアコンの不具合を抱えておりましたが、だましだまし使っておりました。

ところが、修理してもエアコンガスの圧力にはかなわなかったと思うのですが、漏れが酷く修理になってしまいましたgood

今回の修理箇所は

Img_110101
写真右は壊れたレシーバータンクで左は新品

お互い、レシーバータンクなのですが、写真右はなんか違和感ある形状に思えます。

新品には無いのですが、旧部品には見える窓がありますsign02

無いじゃんeye・・・そうではなく、見える窓は存在していたのですが、ここが原因でガス漏れを起こしてしまい、応急処置で、埋めてしまった為、ガラス部分が見えません。

新品には、見える窓が無いから、もしかして不具合があるから対策してあるのかとsign02思いますhappy01

Img_110401
多分、漏れの原因

ガス圧に耐え切れず、亀裂が入って漏れたのかと思います。

Img_110701
交換後

Img_110901

後は、真空引きして漏れが発見できなければ、ガスチャージして完了となりますが、最近は、ガス漏れが無いのにエアコンが効かなくなるトラブルが増えています。

ガスが入ってるのにエアコンが効かないsign01漏れてなくなっているのにガス漏れが発見できないなどです。

制御系のトラブルでも簡単に修理可能な場合もあるので、他店やディーラーですごい見積りを提示されて、困ってる方、診断見積は無料ではありませんが、修理をする場合でしたら、診断見積りは無料になるので、金額しだいでは安くなる場合もございますscissors

当店も、予約が多くなっていますから、すぐに見積りは厳しいかもしれませんが、早めの対応なら5月はまだ余裕がございますので、ご検討くださいませgood

しかし。急に暑くなりましたなsweat01

2015年4月15日 (水)

購入したALIGN・T-REX100Xラジコンヘリの不具合で・・・

すいません、購入先との示談が成立したため、YouTubeの画像は見れませんm(_ _)m

お騒がせいたしましたpaper

2015年4月14日 (火)

スカイライン・GTR・R32、異音修理その1(^^;

いや~よく降りますね~雨raincoldsweats02しかもさぶwobbly

今回は、以前よりご予約いただいているスカイラインGTR、BNR32ですeye

もうすでに旧車sign02に近づいてはいますが、部品はまだ供給がある国産スポーツカーになります。

Img_108101_2

作業の内容は、タイトルにもありますが、後輪から異音がするのと、低速で走行すると鐘を叩くような音がするとの事での修理依頼ですpaper

あいにく、昨日今日と雨が降っていたので、音を詳しく調べるのに苦労しましたが、大体分かりました。

Img_108301
下から覗いた画像

まず、走行して気がついた異音は、ハブベアリングからのもの凄い唸り音sign03

続いては、ミッションからのガラガラ音とプロペラシャフトからのキンキン音、更にデフレンシャルからも異音が出ていますwobbly

これは、まさに異音のデパートや~sweat01

これは、一つづづ交換して行くしかないですねcrying

最後に鐘を叩くような異音は、ブレーキパッドが減っていて、パッドセンサーが当たる音でしたgood

ただ、音は聞く人によって違うので、どこまでが異音で、正常なのかは解りませんcrying

後は、予算の関係になってしまいますので、要相談になりますが、さすがGTRsign01

部品高~いcrying

リヤハブベアリング1個22,000円くらい・・・どんだけ~wobbly

2015年4月13日 (月)

トヨタ・アルテッツァ、タイミングベルト交換(^^;

4月なのに、雨と気温の低さで、やになっちゃう天気ですが、ここは、暖かいんだから食事で体調を整えましょうcoldsweats01sign01

さて、タイミングベルト交換作業です。

Img_106201

サーキットが主な車両のアルテッツァsign01

距離は6万キロですが、新車から10年過ぎてるので交換になりましたscissors

Img_106701
ベルトを外した状態

Img_107001
新旧部品比較

ホントは、ウォーターポンプも含めすべてを交換した方が良いのですが、壊れてる?漏れがある?この事がない場合は、交換しない方向で作業をしています。

Img_107201

Img_107501
交換後になります

アルテッツァって、インテーク&エキゾースト両方を可変バルタイで制御してるんですねsign03

ちょっと驚きcoldsweats01

後、気が付いた方もいると思いますが、スパーチャージャーを追加取付しています。

試乗して確認してみたかったなぁーbleah

2015年4月12日 (日)

フィアレディZ・Z31復活整備編、その5また追加部品が(^^;

生産廃止もあって、時間が掛かっていますが、他の仕事との合間で作業をしていますが、やっと、タイミングベルト部分に関しての作業がほぼ完了になりましたeye

Img_103901
タイミングカバー取付

Img_104001
冷却水のエアー抜き作業

Img_104101
パワステポンプも無事、取付

Img_104201
リビルトコンプレッサーも取付

Img_104301
生産廃止のリキッドタンクは、仮取り付けしています

Img_104601

冷却水のエアー抜き作業をしてる合間に、本来の車検整備をしますpaper

しかし・・・うかつでしたshock

Img_105201
少しボケててすみません

見積の段階で、右のブレーキキャリパーは確認したのですが、左は未確認でして今回バラしたら、フロントブレーキキャリパーからオイル漏れが発見crying

追加部品が出てしまいましたsweat01

走行キロが少なくても、必ず両方確認は必須ですね、反省ですthink

Img_106001

Img_105601

追加部品のため、残りの作業を進めて行きます。

キャリパーの部品に付いては、明日にも届くので、後はエアコンのレシーバータンクの流用ですねsweat01

2015年4月11日 (土)

ハイエース、KGH120系、タイベル、ウォーターポンプ交換(^^;

ここのところ、寒さも続き雨も多いです。

明日は、関東も晴れるようですが、寒暖が激しいので体調不良にはお気をつけくださいませ。

さて、他の作業もあるのですが本日は、ワゴンが消えた最後の100系ハイエースのタイミングベルト、ウォーターポンプ交換ですpaper

Img_102801

200系にも3ナンバーの設定はありますが10人乗りのバスタイプで、内装はお世辞でもワゴン車ではありませんから、事実上、最後のワゴン車になると思います。

人気車種でもあったせいか、生産年数が長い型でもありますscissors

お決まりのタイミングベルト、ウォーターポンプ交換ですがトヨタのこのクラスはディーゼル車のみタイミングベルト設定があります。

Img_103101
交換前

Img_103201
角度を変えて撮影

現行のハイエースは、1K型から2K型へと変更になってますが、2K型エンジンにはNA設定はなく、ターボ付きのみですが、今回のハイエースは水冷式インタークーラーを備えるターボ仕様車です(ちなみに2K型は空冷式ですhappy01)。

タイミングベルトと言っても、全てをベルト駆動しているのではなく、噴射ポンプとカムシャフトプーリーのタイミングのみベルトを使用しているエンジンです。

同じK型エンジンでも、1K型は比較的に良心的でウォーターポンプ本体と土台になるベースとが分離出来るタイプで、しかもパッキンはゴム製のOリングではなくメタルパッキン製なので、本体のみの交換で済むため、比較的に作業は楽になっています。

現行の200系は、ベースごと一体式構造ですから、交換する時は工賃が結構高ーーーくなりますeye

Img_103501
交換した部品

Img_103601
新品交換後sign03

後は、お決まりの逆に組み付けして完成なりますscissors

エンジンがシート下にレイアウトしてる車は、やはり大変ですなsweat01

2015年4月10日 (金)

フィアレディZ・Z31復活整備編、その4

昨日アップした、レガシィですが無事、音が無くなったsign02みたいで大丈夫のようですscissors

ただ、店主の耳の判断sweat01なので、正確かどうかは、お客様がお乗りになって決める事になりますが、無事にお引き渡しになりました。

さて、長期お預かりのフィアレディZsign01

また追加部品が出てしまい、注文coldsweats01

Img_101101
テンショナースプリングを追加注文

話が前後しますがcoldsweats01タイミングベルト関係の作業を進めて行きます。

Img_097501

L型のウォーターバイパスホースを交換

Img_097601

サーモスタットとウォーターポンプ交換

Img_100001

カムプーリー取付

Img_101201

テンショナースプリングをテンショナーに取付、タイミングベルト取付完了

Img_101501

ところが・・・タイミングカバーがあまりにサビが酷いので、塗装をcoldsweats01

Img_101901

ラジエータアッパーホース中間パイプ交換後

Img_102301

タイミングベルトカバーの塗装が乾くまで、オイル漏れしてるパワーステアリングポンプをオーバーホールgood

Img_102401

オーバーホールと言っても、パワステポンプ(略称)は意外にも単純な造りでして、ベーンポンプ部分以外はゴムパッキン、オイルシールのみ交換するだけで終わってしまいますscissors

距離の少ないポンプなら、対外ゴムの劣化によるオイル漏れがほとんどなので、ニッサンもオーバーホールキットが存在するのかも知れません。

ただ、メーカーによっては対応していないことがありますので、全部が対応してないのでご注意をsign03

後は、エアコンですね・・・coldsweats01sweat01

2015年4月 9日 (木)

スバル・レガシィ、BH5!センターデフ異音編、再修理です(^^;

昨日は、千葉でも朝から雪が降り、冬に逆戻りの天気eye温暖化って厳しい現実ですねpaper

さて、実はブログでアップしたレガシィ、センターデフ異音の車ですがsweat01

作業完了後、試運転して問題が無く、そのまま納車となりましたhappy01

しかし・・・分かりづらい異音が未だに解消されて無いとのことで、再入庫となりました。

店主的には、ミッションのギヤーは、片方を新品にすると相手側のギヤーも当然交換が必要です。

しかし、明らかに音がひどい状態なら、あらためて交換を進める方向でお話をするのですが、試運転時に、気がつくほどの異音では無かった為、今回のトラブルになってしまいましたcrying

最大の要因は、予算のネックですが、店主もうかつだったと反省してますsweat01

Img_099701
お忘れの方もいると思うので・・・sign01

Img_096701
矢印部分を今回、交換しました。

Img_099001

Img_099501
車上整備だとこんな感じですeye

Img_099601

Img_100201
今回の交換したパーツです。

作業上の流れで、夕方近くになってしまったので、液体パッキンの乾燥も考え、結果は明日に持ち越しになってしまいましたが、異音のトラブルがたとへ僅かであっても、ケチらず交換必要な部品は、すべて交換しないとトラブルが起きることを痛感した店主です。

店主もまだまだ、ひよっ子ですsweat01

お客様には、ご迷惑をおかけしないように、しっかりとした見積と説明が必要と思いました。

ちなみに、再修理なので工賃は無料です、ただ、ギヤーのかみ合わせに関しては、いずれ異音が消えるので、交換した部品以外の追加部品は保証外ですが、店主の説明責任がございますので、追加部品は折半で許可をいただいています。

これで、異音が治ってくれれば良いんですけどねgood

2015年4月 8日 (水)

フィアレディZ・Z31復活整備編、その3、1

本日、部品がすべて揃いました・・・がsweat01

Img_096801

ほぼ新品パーツとエアコンに関しては、リビルトですが届きましたscissors

しかし・・・残念なことに写真のレシーバータンクのみ生産廃止で入手不可能shock

別にコンプレッサーの不具合と言うより、年数を置いたせいのゴムパッキン劣化によるガス漏れなので、特に鉄粉などは無いし、潤滑オイルもとても綺麗なので、交換するまでも無いのですが、リビルト側の保証の関係で交換しないと保証対象外となることです。

実は昨年、リビルトなのに最悪の初期不良を経験した店主wobblysign03

交換しないと保証出来ない事で、例えこちらの不具合ではなく、リビルト会社の責任でも交換してないパーツがあれば責任はこちらになってしまうという矛盾crying

何度も言ってしまいますが、昨年にトラブルが起きたグロリアは交換したため、保証ですべて交換が出来ましたが、生産廃止を理由に文句を言っても責任を追わないと言われたので、なんとか類似パーツを探そうと、ネットと知り合いのすべてを駆使して探してるのですが・・・ちょっとくじけそうですcrying

最後の望みは、アメリカの部品商に頼んで購入するしかありませんが(フィアレディZはアメリカでは有名)ただ、1ヶ月近くかかるので、ゴールデンウィーク前に完成をご希望されているようですので、さて、どうしたものかsweat01

しばし、暗礁にのりあげそうです・・・つづくgood

2015年4月 6日 (月)

フィアレディZ・Z31復活整備編、その3

昨日は、さすがにお疲れモードでお休みしましたがZ31の復活編の続きをeye

Img_095501
エアコンコンプレッサー

まずは、全ブログの写真で見づらかったコンプレッサーガス漏れを分かりやすく単体を取り外してアップしましたpaperこちらはブラックライトを使わない状態ですが、すでに緑色の液体が漏れていることが分かりますがブラックライトを使うと

Img_095601
特殊なメガネを使うとより緑が強調します。

コンプレッサー交換の許可とレシーバータンク交換の許可はいただいたのですが、コンプレッサーは、リビルトがあるものの、レシーバータンクは生産廃止になってましたcrying

さて・・・どうしたものかcoldsweats01

話は代わり、水回りに入りますeye

Img_094601

こちらも、全ブログで見づらかったバイパスホースですが、タイミングベルト、カムプーリー、バックプレートを取り外したらやっと綺麗に撮影出来ましたhappy01

Img_096201
ホースを外したらこんなになってますsweat01

基本的に、走行距離に関係なく、水の質によって起きる現象とも言われておりますが、それだけでは無いようです。

Img_094901
ウォーターポンプ取り外し後

Img_095301

結局、サビと腐食がすごかったshock

現在、追加部品待ちのため、ここまでになりますが次回もアップ予定ですgood

2015年4月 4日 (土)

フィアレディZ・Z31復活整備編、その2

昨日の強風には参りましたwobbly

さて・・・

Img_092001_4

エアコン修理もあるので、修理確認に入れたエアコンガスを抜きます。

Img_092301_2
エンジンルーム

Img_092501_2

本来のエアコン漏れの場所はここだったのですが、時間をおいて、再度確認したところエアコンコンプレッサーからもガス漏れ後がありました。

Img_093601_2

Img_093701_3

当初の見積もりよりアップしそうです。

Img_092901_2

Img_093301_2

保管が長かったせいかsign02プーリーも錆びだらけです。

Img_094101_2

プラス、水回りも交換になります。

タイミングベルト、ウォーターポンプ交換も見積もりに入っていたので、水回りの追加は避けられないとは思ってましたが、冷却水が綺麗だっただけに、ちょっとショックな追加交換です。

Img_094501

分かりづらいですが、水回りのバイパスホースもダメなようで、こちらも追加交換になりました。

走行距離が少ないから、交換が少ないなんて事は無く、劣化は遅かれ早かれ、進んで行くんだと思いましたgood

他にも、不具合箇所が無いと良いのですが・・・つづくcoldsweats01

2015年4月 3日 (金)

スバル・レガシィ、BH5 クラッチ交換その2完成(^^;

今日は、春の強風が吹き荒れ得る現在ですが、桜が満開なだけに嫌味な強風ですねwobblysweat01

さて、リアルタイムにアップ出来て無くて、申し訳ないと思ってますが、ブログアップネタが出来ない場合もありますのでご容赦くださいませ。

Img_087501
新品のクラッチを取付けした状態

レガシィBH5のクラッチ交換は、以前のブログでもアップしてるので、あまり詳しく説明はしませんので、写真も簡単で済ませてしまいました、すみませんcrying

Img_087601
プル式タイプのレリーズベアリング

Img_087901
ミッション搭載後の上から写真

Img_088101
いつも、こんな感じで作業してますcoldsweats01

Img_088201
作業完了後の最終チェック写真とでもしておきますcoldsweats01

詳しく、写真類を細かく写していませんが、前のブログでアップしてますんで、興味がある方は、過去ブログを見ていただけたらと思いますpaper

次回からは、エアコン修理関係ネタがつづく予定ですgood

2015年4月 2日 (木)

スバル・レガシィ、BH5 クラッチ交換その1(^^;

暑さ寒さも彼岸までといいますがcoldsweats01少し寒いですねsweat01

さてと・・・すみませんcoldsweats01レガシィネタが続きますpaper

Img_085901

以前、足回りのリフレッシュ交換をしたお車になりますpaper

その時に、クラッチが怪しいので、早めの交換をお願いしたのですが、予算がかなり厳しかった事もあり、そのまま納車してから2ヶ月ほど経ち、いよいよ滑りが酷くなってきたのでお預かりになりました。

偶然にも、同じBH5のクラッチとセンターデフ交換が重なっており、お預かり日数の関係で遅くなってしまったのですがsweat01やっと作業に入ることになってリフトアップしたら・・・

Img_086001
フロント右ショック

Img_086301
リヤ左ショック

Img_086601
リヤ右ショック

何と、足回り交換の際にお持ち込みいただいた車高調キットを交換したのですが、中古品だったのかcoldsweats01わずか2ヶ月たらずでオイル漏れしてますcrying

今回は、クラッチ交換以外に予算が回らない為、後日あらためて交換する事になりましたが、こんなことってあるんですねshock

Img_086701_2
ミッション部分を下から撮影

Img_086801
エンジンルーム、インタークーラーを外すとミッションが見えてきます。

あとは、前回の取り外しと同じ作業なので端折りますが、同じBH5なのに前期後期ではクラッチ部品も違うようです、同じプル式なのに・・・sweat01

Img_087001
新旧比較

Img_087301
洗浄後のクラッチハウジング(ベルハウジング)

本当は、クラッチ交換なら1日もあれば、完成出来るのですがbleahgood他の作業も重なっていたので、明日へと続きます・・・wink

2015年4月 1日 (水)

フィアレディZ・Z31復活整備編、その1

本日は、通常定休なのですが、4月末から始まる大型連休(ゴールデンウィーク)の関係で仕事になりました。

先月、お預かりしているZ31ですが、新規で車を復活させる、言わいる中古新規整備になりますpaper

Img_069901
懐かしいです。

一通りの整備見積もりをして、他にオーディオ修理とエアコン修理などあるのですが、まずはオーディオ修理からscissors

Img_078301

右が車から外した、オーディオ、エアコンパネルで、左が、今回移植する中古オーディオsign01

ただ、左のオーディオはスイッチ、パネル類が違うので二個一化しますeye

Img_078701

オーディオパネルのフロント部分を分解して、今まで付いてる綺麗なフロントパネルと入れ替え作業をします。

Img_079001
楽しい作業ですhappy01

Img_079101
ここまで来て、アクシデントcrying

Img_079401
取付ける方の一部配線が外れてしまいました。

半田修理して治しますscissors

Img_079701
半田修理完了

後は元の状態に戻しますgood

Img_079801
完成です。

最初の写真と同じに見えますが、二個一かしています。

後は、車に戻し、動作チェックをしてOKとなりますが、ここは動画を入れたいと思います。

説明の仕方は、未だに素人以下のレベルですが、ご容赦をsweat01

見積もり段階だったのですが、この部分は取付交換してみないと判断できないので、作業してしまいましたがcoldsweats01本日、お客様より、見積もり金額にて作業のOKsign03をいただきましたので、作業が進む度にアップしていきますので、よろしくお願い致しますgood

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ