« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

自作パソコンがやっと入れ替え完了になりそうです(^^;

実は27日で仕事納めだったのですが、いきなり業界のお仲間達から連絡があって、急に忘年会をすることに・・・coldsweats01

しかし、いつもいきなりなんで驚いくことは無かったのですが、ブログを書くことが出来ませんでしたsweat01

とは言っても、最期の日はお客様がその場で待っていただいての整備ばかりだったので、写真すら撮れなかったので、ブログも書けなかったのですがhappy02

さて、お休みに突入して動画でもアップの考えはあったのですが、年末はどうしても大掃除が待ってるので写真にてご勘弁くださいませ。

それではしばし、くだらない店主の趣味にお付き合いを・・・paper

書斎の自作PCはすべて第4世代であるソケット1150CPUんい交換がすんでいましたが、工場のPCは、リース以外は古いPCを使っていました。

そこでやっと休みに入ったので、急ぎ組み付けたのが

Img_275201
ケースは、DELLを流用しています。

下手な安いケースもいいですが、工場で使うには耐久性がすべてなので、使えるものは使うが店主のポリシーですcoldsweats01

Dscf446801

Dscf446901

CPUはセレロンのḠ1840(ネットとかしか使わないので)マザーボードはGIGABYTE、B85N-DS3H、メモリーは2GB×2で4GB、電源はシルバーストーン(中国製だが)SSDにて、Windows Vistaで使おうと思ったら、なんと古すぎたのかsign02ドライバーの設定が無いcrying

急遽、Windows 8.1を入れることにsweat01

Img_274501
遊び心が好きな店主です。

Img_274801
インストール中

Windows7を入れたかったが、予算が無くて残していた8.1を入れることにeye

しかし、Vistaってよほど評判が悪かったのか、そんなに古く無いのにドライバーもあてられないとは、ハードウエアーメーカーに、よほど嫌われたようですなwobblysweat01

ちなみにSSDは64GBしか無いので、別途バックアップ用にHDDを入れる為、アマゾンに注文中のため、完璧に完成とは言いがたいが、とりあえず仕事始めには稼働出来そうです。

2014年12月26日 (金)

スカイライン・GTR、アイドル不調編(^^;

前日とは打って変わって、サクサクとブログが書けるのが嬉しい店主ですhappy01

昨日アップしたブログにも無事、写真もアップ出来ましたので編集しましたgood

さて、LED照明に変更したスカイライン・GTRsign01アイドリングが時々安定しないとの事で、ニッサン車のアイドル不調と言えば、定番と言っては語弊があるかも知れませんがAACバルブの不良が濃厚です。

ただし、他に不具合などを確認してからの最終判断になるので、必ずでは無いのでお間違えなくpaper

Img_274201

洗浄後ですが、これがAACバルブsign03

対して大きい部品でも無いのですが、もの凄く高い部品ですcoldsweats02

店主が乗っていたスカイラインGTS(R31型)も当時の値段で4万6千円くらいした部品ですが、同等くらいの金額ですweep

しかも、メーカー欠品でバックオーダーです。

天下のGTRなのに部品が欠品sign03ゴーンさんはやはり、古いクルマには興味が無いようですねcrying

Img_273501
取り外した直後のAACバルブ

写真では見づらいですがカーボンでびっしりです。

実は、交換せずに洗浄して様子を見ることにしましたsign01メーカー欠品なので納期が遅く来年になってしまうため、年内に間に合わないのが理由です。

Img_273901
掃除後のAACバルブ

Img_274401_2
取付後

エンジンを掛けたら、アイドリングも安定していて、しばらくは大丈夫かと思います。

カーボンの蓄積で動きが悪くなってしまったのが主な原因ですが、それだけでは無くてソレノイドの動きの不具合にも原因があるので、洗浄したからと必ず治る訳ではありませんので、また不具合が出るようなら交換です。

古いクルマの部品管理が大変なのはどのメーカーでも大変ですが、会社の無駄を省く場所を間違えてるんじゃないんですかねぇーニッサンeye

2014年12月25日 (木)

スカイライン・GTR、メーター類LED交換その2(^^;

休日はブログをお休みさせていただいていますがcoldsweats01年内も27日(土)で年末年始に入る為、ブログアップは、プライベート限定かと思いますが、試験的に動画を導入して、評判が良ければ、少しづつですがアップ出来ればと考えております。

動画の第一弾は趣味でもある、ラジコンヘリで行ければと思ってますが、今後、整備の内容を動画としてアップ出来ればと考えております。

ただし、あくまで技術面ではなくて、お預かりのオーナー様に整備状況をお伝えするのが趣旨になります。

さて、前回のGTRがようやく完成になりましたscissors

Img_2729
やっと動画をアップ出来ましたscissors

昨日(25日)は、写真をアップしたかったのですが、何故かannoyココログのブログが使えなくなってしまい写真を載せる事が出来なくなってしまいました。

多分、クリスマスの性かなと・・・crying思ってますが、しょうがないっすねcoldsweats01

今回は、ネットトラブルで写真アップ出来なくてすみません。

後日、アップ出来ればと思いますが、ブログ書いてる側にも影響が出るのですから、クリスマス恐るべしですgood

しかし、写真がないとつまらんですなsweat01

2014年12月22日 (月)

スカイライン・GTR、メーター類LED交換(^^;

冒頭より、誤字脱字が多くてすみませんm(_ _)m

気が付いては少しづつ変更してますが、全てを修正出来ない事もあるので、「またかsign01sweat01」と大きい心でご回覧いただけたらと思いますヾ(_ _*)ハンセイ・・・

さて、ノーベル賞でも話題の、ブルーLEDsign03

店主のパソコンも、ブルーLEDのオンパレードなのですがsweat01

Img_2476
こんな感じにcoldsweats01

車にも照明を換えて欲しいとの事で、以前にもご入庫いただいておりますGTRsign01

今回は、各追加メーターとエアコンコントロールユニットの照明を交換することにgood

まずは、ブースト計sign03

Img_269801_2

元々、球切れと配線の断線があって、交換前の写真を取ることが出来ませんでしたが、アフター後の写真をpaper

こちらは、分解すると言うより、裏のメクラブタゴムを外すと純正メータみたいに差し込むタイプの電球が入っていたので比較的容易に交換が終了出来ましたscissors

お次は、エアコンユニット照明の交換eye

Img_270401
分解したので面影が少ないですがcoldsweats01

Img_270201
写真右がLEDで左が純正麦球照明sign01

これを交換した後が・・・

Img_2708
ビフォーを撮影してなくてスミマセンが綺麗でしょpaper

最後は、難問の3連メータである大森製のメータsign01すでに会社は失くなっているので、新品供給はありません。

なので、壊すことは出来無いため、全てにおいて慎重な作業になります。

しかし・・・大森のメータって、非分解タイプcryingかしめてる部分を少しづつ広げて取り外すしかないようで(他のブログで見ましたdelicious)こじ開けるように慎重に外していきます。

Img_269201
メータを取付場所から外した状態

Img_269601
かしめを外してバラバラに

ここまでは簡単に説明してますが、オイルプレッシャー以外は温度メータ(機械式)なので、メータ本体を車から外すことが出来ないので、車室内での作業のため時間がめちゃめちゃ掛かりますcrying

Img_270001
外した基板類

ここから、照明を電球からLEDへと半田で入れ替えていきます。

Img_271001
LEDと電球の交換作業中の写真

Img_271301
交換後の、点灯点検

この後、逆の手順で組み付けて点検した写真が・・・

Img_2716
左がLED交換後で右がオリジナル照明

ちょっと部分的に明るさの加減に違いがありますが、綺麗にいってる方かと思います。

ただ、3連メータなので、後2個もバラして組むので、意外にしんどいなぁーと思う店主ですsweat01

完成後、またアップしますgood

2014年12月21日 (日)

ベンツV280、点検でのご来店(^^

はじめに、以前アップさせていただいたルノーカングーのオーナー様sign01

トラックバック、誠にありがとうございますscissors交換後のご報告、お待ちしておりますhappy01

さて、以前エアコン修理でアップしたベンツ・V280sign01

本来なら車検・整備もして欲しかったそうですが、残念ながら車検の有効期間が短くなってしまう関係で。今回は点検のみの作業となりました。

Img_267001

点検と言っても、遠出をされる関係で見て欲しいとのこですが、水漏れがしてるとの事sign02

Img_267301

確認したら、サーモスタット付近から漏れてるようですが、酷い漏れでは無いようなので、後で洗浄するつもりで、ワコーズの漏れ止め剤を入れようとワコーズの担当者と電話したところ、ヨーロッパ車全般は、ラジエータの隙間が少ないとの事で、逆にオーバーヒートになるため、いれないで欲しいとのご指摘sign03

さて、どうしたらいいのかeyesign02

修理した方がいいのは当然ですが、日にちも無いし年末だから部品が手配出来るかもあります(サーモスタット&パッキンだけならなんとかなるのですが)。

とりあえず、お客様に詳しい説明と対策方法をお教えしたので、後は無事に帰って来ていただいて車検を受けられることを願いますgood

残すところ、後1周間になりましたcoldsweats01ほぼ予約などで一杯になってはいますが簡単な問診程度なら、承りますので、ご一報並びにご来店いただけたらと思いますpaper

ただし、その場での見積もりはすべて概算ですので、ご了承くださいませ。

2014年12月20日 (土)

三菱・ミニキャブの点検編(^^;

ダイハツが続いたのでsweat01少し新鮮な内容ですが、車検整備編になります。

こちらは、カップ交換とデフシール交換になります。

Img_264301
ミニキャブトラックsign01

整備工場さんによっては、毎回車検時に交換するところもあれば、漏っていなければ交換しない整備工場さんもいます(漏ってて交換しないのは違法整備になります)。

対外は、漏っていなければ交換はしないのが多いと思いますが、ただ、劣化はしてきますので、ブーツめくってサビ等が酷いようなら、交換するのも大切ですし、ブレーキシュー交換と一緒にカップも交換するのもありかと思います(部品代は掛かりますが、同時交換なので安く済みます。

Img_264701
カップを使ってるホイール・シリンダsign01

Img_265101
中に入ってるピストンです。

Img_264901
上がブーツ、中央はカップゴム、下がピストン

昔に比べたら、ゴムの材質、シリンダとピストンの接触面の加工技術のおかげで、耐久性が格段に向上しました。

しかし、年数の劣化にはかないませんから、長く乗るなら一度は交換しても良い部品でしょうpaper

新しいと、ブレーキペダルを踏んだ時の微妙なタッチの違いが分かりますgood

さて、お次は良くあるデフシールなどのオイル漏れsign03

Img_265701

デフのオイルシール(全般的にオイルシール)は、距離が多くなってきたり、年数による劣化で、ゴムが硬くなって漏れることが多くなるので、三菱だけに限ったことではありませんので、事例としてミニキャブを例にアップしてますcoldsweats01勘違い無きようにscissors

Img_266001
社外純正なのでシールが若干違いますがご容赦をsweat01

Img_266201
トルクレンチを使って、適正トルクで締めます。

この部分には、ピニオンシャフトにプレロード(バックラッシュ)を調整するスペーサーが入っているので、下手に強いトルクで締めてしまうとプレロードが狂ってしまう恐れがありますから、慎重にトルクレンチにて正確なトルクで締めます。

ついでにデフオイルも古くなっていますから、交換して終了となります。

最後に、余談ですが軽自動車の車検ステッカーが変わったのはご存知かと思いますが、普通車と違い、有効期間の日付が入っていませんでしたcoldsweats01

でも、来年から普通車同様、軽自動車も年月日が印字されるようになりますscissors

システムを作るのに1年掛かったそうなsign02軽はやはり後手になるのでしょかね~sweat01

2014年12月19日 (金)

ダイハツ・ハイゼット!ウォーターポンプ交換(^^;

ダイハツネタが続いてしまってすみませんbleah多分、今回でしばしは無いかなぁ-と思いますがsweat01偶然にも連チャンでしたので、お付き合いくださいませpaper

同じエンジンなので、写真はそれほどアップしてませんが、知らずに走行を続けるとこんな感じになることをご理解いただけたら幸いですeye

Img_261601

ハイゼットトラックです。

Img_261801
水漏れしてる後がお分かりでしょうかsign01

今回、車検でご入庫だったのですが、タイミングベルト、オイル漏れもあったので、オイルシール、カムカバーパッキンなど、ゴム類などすべて交換です。

Img_262201
いやーこんなに水漏れがひどい状態だとは驚きです。

横置きのエンジンなので、水がすべてタイミングベルトにまで影響を及ぼしていました。

重なった交換作業とは言え、ここまでとは想像を超えましたねcoldsweats01

Img_262401
交換後ですscissors

しかも、車検整備も交換部品が多くて、作業に時間を要してしまいましたが、無事車検も合格が出来て完成となりました。

2014年12月18日 (木)

ダイハツ・ムーブ、ウィンドウレギュレータ交換

本題の前に変わった事があったので一言happy01Windows XPってサポート終了しましたよねeyeしかし・・・今日更新が入り、シャット・ダウンできなくて工場閉めたんだけど何で???

サポート終了後にも使っていたんだけど、ウィルスを恐れて使ってなかったが、最近壊れてもいいからとグーグル・クロームに切り替えて、ネットサーフィン使い始めてますがpaper何故か突然22個もの更新が・・・sign02

何だsign01まだサポートしてるじゃんcoldsweats01SSDでも入れてもう少し使いやすい仕様にしようかなsweat01

さて、余談ですみませんでしたが本題へpaper

Img_260501

ダイハツネタが続きますがcoldsweats01明日もダイハツですのでお付き合いくださいませsmile

昨年の車検の時にも不具合を聞いていたダイハツ・ムーブsign01

運転席の窓ガラスの上げ下げが悪く、車検の時は、シリコンスプレーなどで動きを良くしたのですが、やはりダメのようで途中で止まって上がらなくなったと言うことで、ご入庫となりました。

ほとんどは、ガラスを支えているガラスランと言うゴムの劣化で固くなった為とレギュレータのグリス切れやガタなどの原因が考えられます。

対外はこれらを交換することで治ってしまいますが、まれにモーターも弱くなっていて作動不良とまでは行かないですが交換する場合もでます。

Img_261001
新旧部品比較

Img_261201
取付作業中

Img_261301
作動チェック中

交換自体は、それほど面倒では無いので、工賃的にも安く済む場合が多いですが、特殊なタイプもあるので、交換する前には必ず見積もりを取ることをおススメします。

ちなみにこのムーブ、意外に工賃が高かったですsign03

普通、ドア側にスピーカが付いてるのですが、内張りに付いてましたsweat01

さすがダイハツですgood

2014年12月17日 (水)

ダイハツ・MAX、タイミングベルト交換!!

日本に寒波が来ているようで、風が木枯らしの倍以上吹き荒れる本日sad寒いっすcrying

さて、何度も交換してきたダイハツEF系エンジンのタイミングベルトですが、是非ウォーターポンプもセットで交換して欲しい店主の願いから、交換せずにトラブルになった事例をアップさせていただきたいと思います。

これは、ダイハツのEF系エンジン全般のトラブルなので、写真の車だけがトラブルのではないので、勘違いしないようにお願い致します、あくまで事例のために載せてる車種ですpaper

Img_257601
ダイハツ・MAX(マックス)

タイミングベルトは交換したようですが、ウォーターポンプを交換していなかった為、ポンプの異音で、ご入庫になりました。

Img_257701
作業前の状態

Img_258001

さすがに交換してから4万キロぐらいのせいかsign01合わせマークの白い線が残っています。

ちなみに、合わせラインが合わせマークとずれてますが、回転するとずれるので、間違いでは無いです。

要は、最初に合わせるのでずれていても基本が間違って無ければ問題ありません。

Img_258701
水漏れが進んでる状態sign03

このタイプの厄介なところは、地面に落ちるほど漏れてる訳ではないのに徐々に水が漏れていく状態が上の写真sign03

今回は、音が出てきたので気がついたのですが、知らないで進行すると最悪はエンジンオーバーヒートで焼きつき、エンジンがパーってな状況になります。

Img_259001

それと、前にもお話してるんですが、ネット等で安い部品が多いのですが写真でも分かるように、外したパッキン(写真右)はメタルパッキンで今回取付ける新品のパッキンは紙製になります。

基本的に昭和世代のパッキンなので、使ってはダメとは言いませんがせめて耐久性を上げる工夫をしていただけたらと思います。

Img_259301

普通に純正の液体パッキンを使ってもOKsign01なんですが店主はワコーズの液体パッキンを使っていますeyegood

シリコン系なので、もう一度ウォーターポンプ交換になっても剥がしやすく、掃除が楽なのが使用する理由ですが、一番はメーカー指定の純正社外部品を選択するとメタルパッキンが付いてきますから、手間いらずで楽かとhappy01

Img_259801

ウォーターポンプを無事取付、後は逆の順番で組み付けるだけになります。

Img_260001
ベルト取付後

Img_260301

冷却水のエアー抜きをして、水漏れ、ベルトの張り等、チェックして問題なければ完成ですscissors

まとめになりますが、どこのメーカーさんも、いずれはポンプ本体の不具合で交換しないといけませんが、このダイハツのエンジンは、ポンプ本体よりポンプを取り付けするベースのパッキンとの不具合で水漏れが発生しやすく、車によってはタイミングベルト交換時期前に漏れが出て交換する場合が多いです。

しかも、ポンプ本体だけならタイミングベルトを外さなくても交換が可能な点もトラブルが多い原因かと思います。

メンテしやすくしたのに逆にメンテしにくいという、ダイハツさんらしい技術ですcrying

この後のエンジンはタイミングチェーンに変わってますが・・・impactsweat01

2014年12月16日 (火)

年末前の点検の季節になりました(^^;

寒い雨になった今日ですがsprinkle年末も後半になり、作業の予約も空きが少なくなってきましたpaper

Img_257401

1年点検でご入庫のトヨタ・スパシオ

年内も他に予約修理が入っておりますが、今年は寒い季節にもなってるようですから、遠方など旅行や帰省をする方は、早めの点検を済ませる事をおススメしますscissors

実際は、不具合があるかsign01オイル交換するとかsign01タイヤや空気圧など、簡単な点検ですが何もしないよりは安心ですねgood

ただ、故障する時はするので、必ず点検したから大丈夫と言う法則にはなりませんがcoldsweats01やらないよりはいいと思います。

当店では、点検や車検整備では必ずスペアータイヤ(搭載してる車)にも空気圧調整をしています。

パンクしたのに空気が入ってないとなんの意味も無いですから(JAFを呼ぶと空気入れてくれるようですけどsweat01good

2014年12月15日 (月)

スバル・レガシィ、ブレーキ修理(^^;

店主の個人的な事ですが、忘年会の幹事も無事終了して良かったと思ったら、不幸ごとがあって、二日酔いも覚めぬままbearingお通夜に出かけるという、どういうことsign02状態ですsweat01

さて、2日もお休みをもらったブログですがホームページアップも休んでしまいましたcrying

で、ネタが無い訳ではないのでご安心をcoldsweats01

Img_255601

何度か、当店で修理を受けているレガシィです。

今回は、ブレーキキャリパーのオーバーホールとブレーキローター&ディスクパット交換ですscissors

Img_255801

最近は、キャリパー自体のオーバーホールは少なくなりましたがキャリパーシール類のゴム劣化などが起きると戻りが悪くなって引きずったり、ブレーキ鳴きの原因にもなります。

Img_255901
新品部品と比較

今回は、パッドが減り過ぎてローターと鉄が擦れる、言わいる電車状態になった為、ついでに交換になりました。

Img_256901
キャリパー分解後

Img_256701
新品ローター、パッド組付け後

キャリパーをオーバーホールするメリットは冒頭でも話しましたが、他にもありまして、ブレーキを踏んだ時のタッチと制動力の改善が見込まれます。

ただし、全てと言う訳ではないので、新車のようなクオリティーを求めるなら、マスターシリンダーのオーバーホールなど全体的に修理する必要はあります。

ブレーキペダルが最近深い、ペアダルから戻されるようなペダルタッチなど、あるようなら修理を考えてはいかがでしょうeyepaper

2014年12月12日 (金)

ルノー・カングークラッチ交換!完成(^^;

年末(師走)になるとホント多くなる電話勧誘とFAX攻撃wobbly

金貸すだぁー、車売ってくださいとか、ソーラーパネルやLED照明とか・・・まぁ~良くもここまで、詐欺ネタが多いと関心しますよsmile

儲かるなら、自分たちで儲ければいいのに他人に供与するのは100%(200%)詐欺ですから、皆様気をつけましょうbleah

さて、昨日から作業しているルノーカングーsign03

やっと完成となりました・・・

Img_255201

作業途中の写真ですが口型のメンバー取付後の一コマです。

外国車は、大きく考えると難しさもありますが、意外に簡単に出来る整備に成るかと思います。

どこの国でもそうですが、自国の車以外を受け入れるのが難しいのは、やはり工具に尽きるかと思いますsign01

整備士なんて、丘に上がった漁師や日雇い人夫みたいに、船が無い、雨が続いて仕事が出来ないと同じで、道具が無ければ何も出来ません。

かと言って、すべての道具を揃えたら、工具貧乏で店が成り立たなくなりますshock

かと言って、仕事をするには揃えないと仕事にならない事は、多々ありますが要は、道具があるのに出来ないと断ることかなぁーと思っています。

ただ、当店も100%ではないので、ご迷惑をお掛けすることも多々あるかも知れませんが、ヨーロッパ車も車種によっては対応可能(リーズナブルな価格にて)ですので、見積だけでもご一報いただければと思いますpaper

ってsweat01年内は予約が詰まっていて、ちょっと厳しいかもですが・・・coldsweats01

最後に、店主ごとで恐縮ですが、整備組合の役員の関係で忘年会幹事を任されましてcoldsweats0112月13日と14日はブログをお休みになりますpaper

2014年12月11日 (木)

ルノー・カングークラッチ交換!その2(^^;

クラッチ交換の続きになります。

パワステホースのオイル漏れは、今回見合わせることになり、本来の作業を進めていきます。

Img_252801_2

まずは、下準備などで口型メンバーを外すため、ラジエータとコンデンサー(エアコン)が脱落しないように固定します。

その後は、ミッションオイルを抜き、他に邪魔になる部品を外していきますscissors

Img_252001
右ドライブシャフト、取り外し後

Img_252301
左ドライブシャフト取り外し後

ルノーは作りが特殊なのかsign02左はスプラインではなくて、等速ベアリングを外すようになってるようです(下の写真参照)

Img_252601

それから、シフトのリンケージの取り外しですが

Img_251801
矢印部分は、みなさんが良く外す箇所sign01

フェラーリとかは、矢印部分しか外す方法が無かったりするので、クラッチ交換またはエンジン脱着後にはシフトポジションが変わるため、微調整をしないといけないから仕方ありませんが、カングー系はもう少しミッション側にゴムブーツに隠れたリンケージがあるので(写真右上)ここを外すと微調整が不要ですhappy01

Img_253301
エンジンとミッション分離後

口型メンバーさえ外してしまえば、エンジンとミッションの分離は比較的容易になります。

Img_253201

Img_253601

極力、作業効率を高めるため、基本セルモータはそのままを維持しますscissorsバッテリーのマイナス端子さえ外してしまえば、特に配線まで外さなくても、対外の車はそのままでもずれて落ちたりはしません(全部ではないですsweat01)。

Img_253701
新旧、クラッチワイヤー

実は、カングーのクラッチ交換は、店主も初めての経験でしてcoldsweats01ブログに載せていた方の内容を参考にしていたんですが、ボンネットは外す事になりましたが、バンパーまでは外さなくても済みましたscissors

ただ、ブログの内容どおり、クラッチワイヤー交換が一番面倒だと書いてありましたがeyeやっぱ、少々面倒でしたねsmile店主は面倒なので、切っちゃいましたけどsweat01

Img_254101

分かりすらくてすみませんがエンジンのエキゾーストマニ裏のボディーに入り込むため、意外に面倒でしたが室内側はそれほどでも無かったかなscissors

Img_254401
新品クラッチと外したクラッチ部品(矢印の赤いのはセンター出し工具)。

さすが外国車、プライベーターでもクラッチ交換が出来るようにセンダー出しツールが付属していましたpaper

Img_254701
当店は、専用ツールがあるので使いませんがsweat01

この後は、まんま逆の手順で組み付けて行くだけなのですが、今日朝からはじめて結局、ミッション載せるまでで、完成は出来ませんでした。

やっぱ、クラッチワイヤーに悪戦苦闘したのが原因ですが・・・crying

2014年12月 9日 (火)

トヨタ・プロナード、タイミングベルト交換(^^;

安物買いの銭失いとは昔の言葉でありますが、パソコンで地デジを見るにはやはりそれなりの値段する物を買わないといけないのでしょうねcoldsweats01sign01

それだったら、普通に地デジテレビ買って、HDmiでパソコンに接続して使ってる方が全然良いですねsmilesweat01

さて、本題になりますが、久々にトヨタのV6エンジンのタイミングベルト、ウォーターポンプ交換です。

最近は、3、4気筒エンジンの交換が多いので久しぶりにアップしますscissors

Img_249401

Img_249101

写真が若干前後してますがご了承くださいませcoldsweats01

このタイプは、エンジンの排気量が多いので、トヨタにしては珍しくsmileっメンバーは口型を採用して、パワー負けしないようにボディー構成をアップしています。

Img_249601
カバーを外してタイミングベルトが見えています。

当初、ベルトとウォーターポンプ交換だったのですが、やはりオイルシールから漏れがあり、シール類も追加で交換することになりました。

Img_250101
奥のバンク側、カムシールから漏れが・・・eye

漏れは、この1箇所だけだったのですが、他のシールもいずれ漏れてくるので、全部交換です。

Img_250901

Img_250701
それぞれ、交換後です(上がカムシールで、下がクランクシール)。

Img_251301
ウォーターポンプまで交換した状態です。

この後、いつもどおりになりますが逆の手順で、組付けして行きます。

残念ながら、またまたドジを踏んでしまいcryingimpact新品交換した後の写真を撮り忘れると言う失態を犯しておりますsweat01

最後に、当店では極力メーカー指定部品を使うように選択しておりますが、お持ち込みで修理をお願いする部品を見ると明らかにパッキンなどコストを下げた物が多く見受けられます。

例えば

Img_251001
トヨタが指定している社外部品sign03

違いを確認するための代わりの部品がアップ出来なくて申し訳有りませんが、部品自体の作りや、パッキンがメタルタイプなのに紙のガスケットを使っていたりとコストを極力さげて売っているようです(ゴムパッキンタイプもあります)。

後1年とか2年持てば代替するからいいと言う人には、最高の格安部品ですが、長く乗りたい、走行距離が多いなどの人にとってはあまりお勧めいたしません。

なんたって、紙パッキンsign03は昭和の時代で使われた時代遅れの材質に他なりません。

ただ、液体パッキンなどで保護するように取付すれば多少は長持ちしますが、液体パッキンも安くはないから微妙ですねcoldsweats01

2014年12月 8日 (月)

ダイハツ・ムーブコンテ、バンパー交換(^^;

本来なら、鈑金屋さんが行う仕事なのでしょうけどcoldsweats01

最近は、バンパーに色付きの部品が多く、多少擦った程度なら、交換だけで修理が必要無い為、当店でも交換のみに限っては対応しております。

ただし、鈑金塗装が必要な場合は、自社では出来ないので外注作業になります。

Img_247701

外す直前の状態です(エンジンオイル交換も頼まれました)。

Img_248001

新品バンパです。

Img_248201
上が古いバンパで真ん中が新品、下はグリルです。

最近のバンパは、ほぼクリップのみの取付で、ボルトを使っているのはナンバーの取付けボルトぐらいですねbleah

Img_248401
写真が前後しますが、バンパを脱着しあt状態です。

Img_248601
新品取付後sign01

この後、ナンバーを付けてしまえば終了となりますが、こう言う作業も当店では承っておりますがあくまで交換するだけが前提なので、お間違いなきようにgood

2014年12月 7日 (日)

ルノー・カングークラッチ交換前に(^^;

さすがに今日は寒くて、店舗に置いてあるプリンターFAX機が室温が低くて使えない状態にcoldsweats01いつもなら1月に入ってからが多いのに・・・使いたいのに使えないので、ホットガンでガンガンに温めて使いましたよsweat01

さて、めーるでのお問い合わせなどで、部品を事前に発注したのが届いたので、予定を立てて本日ご入庫になった、ルノー・カングーsign03

Img_246401

いざ、作業開始と思ったら・・・

オイル漏れがパワーステアリングポンプからステアリングギヤーボックスに行く高圧ホースに起きています。

Img_246101

解りづらいですが中央付近の濡れてるような部分がそうです。

本来国産車なら、よほどのレイアウトでは無い限り、面倒な部品では無いのですが取り回しがもの凄く長く、ミッションの回りを通ってギヤーボックスにいくため、口型メンバー外してミッションも外すクラッチ交換作業には、スペースも余裕で確保出来るので、調度良い交換作業になりますが、後で作業するとなると国産車並みの工賃とは行きません。

予算が合えば、交換したほうが安くなります。

いずれにしても、クラッチ交換作業があるので、予算次第になりますが後日アップしたいと思いますgood

2014年12月 6日 (土)

スバル・インプレッサ、電動パワーシート交換(^^;

今日は、マジ寒いっすねぇーwobbly

以前、マツダのRX8のパワーシート(電動リクライニングシート)の交換を紹介いたしましたが、今回は運転席ではなく、ナビシート(助手席シート)の交換についてですpaper

Img_242801
私も欲しいと思ったデザインのインプレッサSTIsign01

今回交換するシートは、レガシィに搭載してるパワーシートで助手席側になります。

ちなみにメモリー機能なしですが、エアーバックとシート-ヒーター機能付きタイプになります。

残念ながら、初期型タイプにはパワーシートの設定が無い為、配線など途中どころか、影も形も全くないので、配線図から付いてる車両の大元から配線を引き直す作業を始めますscissors

なんて、カッコいいい話ですが、配線図と場所の特定とコードの色の確認で、ほぼ半日を使ってしまいましたcrying

スバルの配線図は解りづらいっすねーcoldsweats02ディーラーから「むーん・・・sweat01」って、非常に長い回答の結果、「解らない?」の回答が来る意味が何となく分かりますbleah

しかし、車種が違うから仕方がありませんが、それでも面倒なので納得はしてますscissors

後は、互換性になりますが基本的にレガシィでもインプレッサでもほとんど同じでしたhappy01

Img_243101
交換前の助手席シート

Img_243301
下からの写真ですが、今回交換するレガシィのパワーシートです。

ここまでは順調だったのですが、交換するシートを仮取付したら、何か綺麗にフィットしません。

よく見ると・・・

Img_243601

取付するパワーシート

Img_244001
外した、元々のシート

違いは、シートレールに出っ張りがある事が分かりました。

ただ、実際仮付すると無理はあるのですが付かないことはありませんcoldsweats01

でも、内張りに当ってるので、了解を得て削ってしまいましたeye

Img_244601
解りづらいですがサンダーで削っています。

Img_244301

配線を運転席側から引き直すので、運転席シートも外すことで取り回しに面倒が内容に対応しています。

Img_245101

Img_245301
交換後

スポーツシート(レカロなど)でもパワーシートタイプがありますから、元々設定が無い車両でも基本的に取付は可能ですscissors

ただ、シートヒーターやメモリー機能など搭載出来ない訳ではありませんが、取付するシートに100%委ねられますので、加工など特殊になる場合もありますので、見積もりはしてくださいませgood

2014年12月 5日 (金)

寒くなると多い電装トラブル、トヨタ・イプサム、セルモータ編

本日は、この時期でも多いトラブル(夏場も多いです)sign03、普通はバッテリーが多いのですが、意外にセルモータやオルタネータのトラブルも多いので、事例では無いですが、ブログにアップして無かった作業をscissors

Img_203201
トヨタ・イプサム

時々、セルが回らい時があったそうですが、ご入庫前にとうとう回らなくなり、JAFを呼んでセルモータをハンマーで叩いたらエンジンが掛かったそうなcoldsweats01

JAFから「セルモータが悪いようですから、早めに交換を」と言われ、当店にご入庫となったのですが、日取りを決めて後日預かろうとした時にとうとうエンジンが掛からなくなってしまいましたwobbly

でも、逆を言うとお客様にしてみればラッキーですpaper

動かなくなってしまった場所が整備工場なのですからねhappy01scissors

取り急ぎセルモータ(リビルト部品)を手配、即効で交換対応となりました。

Img_202901

Img_203501
交換後

見える場所に有って作業的にもスムーズに終了しましたが、車によってはとても面倒な場所に付いてるのもあります。

バッテリーを交換したのに、セルの回りが悪いとか弱いsign01と言った場合は、セルモータを疑うとともに、原因がはっきりしてるなら、早めに交換をしましょうpaper

2014年12月 4日 (木)

車検整備編、マツダ・ベリーサ(^^;

ここんとこ寒いだけかと思ったら、よく降りますね雨rain今年は一気に寒くなったせいか紅葉の前に葉っぱが落ちるほうが早いですcoldsweats01

さて、車検がらみで何なんですがeye今年から、車検証の記載が大幅に変更になってることに皆様、お気づきですかsign02

店主も昨日、検査主任者講習を受けて初めて気がついた次第ですcoldsweats02sweat01

Img_242301
以下余白と書いた上より3行の内容に注目です。

この項目を見ると、どこで車検を受けたかが分かります。

つまり、ユーザー車検か、代行業の車検かが一目瞭然で分かることになります。

でも安心してください、不具合があった場合、認証工場並びに指定工場で修理を受け、分解整備記録簿があれば、整備してる車だと分かります。

この内容は、いずれ詳しく説明するとして本題へcoldsweats01

Img_240101

マツダ車って、ここんとこRX-7とかOEMの車しか車検をしたことが無かったので、とても新鮮で、しかも登録から2回目の車検だったので、ついアップしましたscissors

結果から言うと(もうそこからsweat01)ヨーロッパ車のブレーキシステムと日本の技術の合わせ技みたいな作りになっています。

多分、輸出の関係でコストと整備性を優先したんだと思いますし、スタイル的にヨーロッパ受けしそうな車ですeye

またまた余談ですみませんcrying

実は、ここがヘ変だよシリーズみたいなところを発見したので少々ご紹介を

Img_240401

この写真を見ておかしいと思った人、さすがですhappy01

Img_240901
新品フィルターと汚れたフィルター

答えを言うと、普通、手間に余裕があるのにあえて横にフィルターの取付穴があるのが不自然すぎですsign01

と言う事は・・・作成上のミスか?単純に工賃を稼ぐための作りなんでしょうpunch

さすがマツダさまbleah

ちなみに純正だと高いから日産部品からエアコンフィルターを取り寄せて交換しました。

Img_241001
フィルター取付後

Img_241201
蓋をしてOKsign01

この後、グローブボックス付けて完了ですが、どうせ外すんだから手前に設ければフィルターを中折れさせなくても良かったし、部品コストも削減出来たと思いますが・・・impact

今後、時々は矛盾点など少しでも、車を購入するお客様に参考になれればと思います。

せっかく買った車なのに、維持費が高いのって嫌ですよねgood

2014年12月 2日 (火)

ダイハツ・エッセ、ベルト交換したのに異音発生トラブル(^^;完成

sweat01気がついたら12月sign03早いですねpaper

寒さも厳しくなって来ましたので、皆様どうかお体に気をつけてくださいませ。

さて、昨日のブログに誤りがあって、先ほど訂正文を追加しましたが何とsign02まだ7万キロしか走ってませんでしたcrying

しかも届いたウォーターポンプは、前のブログでも書きましたが対策部品に変わっていて、ポンプとベルトプーリーまでセット交換になってます。

Img_239701
昨日の写真を再アップしましたcoldsweats01

この頃に販売したダイハツ車両は、ほぼ不具合が起きやすいウォーターポンプを採用しているのかsign02対策部品の対応になってるみたいです。

本来なら、比較写真をアップしたかったのですが、カメラの調子が悪いのかsweat01新旧部品の比較写真を撮影したのですが消えてましたcrying

新品取付状態の作業写真で勘弁してくださいませcoldsweats01

Img_241501

左上から順番にパワステポンプ、左下オルタネータ、中央ウォーターポンプ取付場所(外した後です)、右クランクプーリになります。

Img_241701

ポンプを取付した状態です(新品対策品です)。

Img_242001
対策プーリーを取付ベルトを張った後になります。

対策プーリーってどこが違うのかと言うとパッと見、なんの違いも分からなかったのですが、よーーーく見たら・・・真ん中のシャフトが太くなっておりまして、それに合わせてプーリーのハマる穴部分も広く作られていました。

細すぎたのがトラブル原因なのでしょうかsign02

ダイハツさんから聞いて無いので、あくまで想像ですpaper

しかし、今度のエンジンはやっとオルタネータのベルト調整にネジ式を採用したので、調整しやすくなったと思ったら、今度はパワステポンプの調整のやりにくい事sign03

相変わらず、ちんどん屋なメーカーですbleahimpactsweat01

2014年12月 1日 (月)

ダイハツ・エッセ、ベルト交換したのに異音発生トラブル(^^;

昨日、写真をアップしたダイハツ・エッセsign01

こちらは車検ではなく、ベルト交換のみを頼まれたおクルマだったのですが、交換した際は音も無く、完成になり、お引き渡しを待つ状態でした。

でも、今日夕方にクルマを動かそうとエンジンを掛けて違う場所に止め直したところ、エンジン停止時にキュィーンみたいな音が発生sign02

単純にベルトの張り不良かなとリフトに上げて、ベルトを調整するも変化なしeye

Img_239701

それほど古いクルマではないのですが、今どき3本もベルト使ってますcoldsweats01

今の軽自動車は、1本または2本が主流なのですが、未だに化石に近いパワステベルト(電動パワステで苦い思い出ありますダイハツさん)を使ってるので、交換する時は少しドン引きしましたsweat01

音の不具合を確認するには、やはり成功法である、ベルトを1本づつ外して音の特定をします。

パワステベルト外して、クーラーベルト外して、最後にファンベルト外したら音が消えてしまったので、考えられるのはオルタネータかsign02ウォーターポンプになりますscissors

意外に発見は早くてですねdeliciousウォーターポンプでしたgood

Img_239501
矢印の部分がウォーターポンプで見えてるのがプーリーsign03

手で回しただけでキューキューと音が出ています。

タイミングチェーンに移行したエンジンですが、昔からここは弱いですねcoldsweats01

15万近く走ってればしかたがないと思います。

今回、お預かりしてる時に発見が出来たので、ある意味、それ以上の交換部品が出ないので良かったですが、気が付かないでお引き渡しして、後からオーバーヒートしたとかになったら、こんなもんで済まなかったでしょうshock

オーナー様にとってはラッキーな出来事だったとは思いますねpaper

車検が多いので、このネタは続くですhappy01sweat01って部品間に合うかな・・・impact

12月2日訂正m(_ _)m

「15万近く走ってればしかたがないと思います」と記載しましたが、実は誤解してまして、他の車種と勘違いしてました正式には「7万キロしかまだ走っていないのにポンプの不具合です、困ったおクルマですねsweat01」の間違いでしたgood

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ