« スズキ車のフォグランプは何故白く濁る?(^^; | トップページ | コスモスポーツ!ブレーキ改造計画プロジェクトNo3 »

2014年8月29日 (金)

2回目のタイミングベルト交換!スズキ・カルタスクレセント(^^;

本日は、タイミングベルト交換が2回目に突入した車のアップですsign01

Img_123501

20万キロを超えたので交換なのですが、年数の割りに走行キロを迎えてしまった性かsign01

それほど酷い劣化等はありませんeye

Img_123701
作業途中

Img_123901
交換前の状態

今回、ウォーターポンプ交換もしたのですが、前回交換したポンプを外したら、綺麗にはがす事が出来ました。

実は、今回ともにオーナー様が部品持込で交換以来をされたのですが、ネットショップ等で売られている部品は安価に設定する関係かsign02今時のパッキンはメタル性が多いのに何故か・・・紙パッキンが多いんですsweat01

昔のエンジンなどのウォーターポンプ以外にも全般的に紙パッキンまたはコルクパッキンがメジャーだったのですが、何故か懐かしさを覚える店主ですcoldsweats01

Img_124301
ポンプの種類は違いますが、最近は左のメタル製が主流ですscissors

さて、古い話は後にして、紙パッキンはコストを抑える点では有効なのですが耐久性がありません。

そこで、紙パッキンに液体パッキンを薄く塗って取付けると耐久性は格段にアップしますが難点もあります。

外すことも無く、そのまま廃車や買換えをする方は問題ありませんが、今回のように2回目の交換となると純正タイプの液体パッキンは硬く、なかなかパッキンはがしをするのは容易ではありません。

そこで格安で取れやすい液体パッキンがこれです。

Img_124201
ワコーズ製の液体パッキンpaper

この業界の方なら当たり前に知ってると思いますが、液体パッキンなのにゴムのように硬くならないので、漏れにくく、はがれやすいのが特徴ですgood

グミ状に軟らかいのが良いのではないかと思っております。

滅多に交換しない場所でも効果は問題ありませんし、純正の液体パッキンより安いので、なかなかのヒット商品と店主的にもお勧めのパッキンですscissors

前回、交換したときに塗っていたので、はがしやすくて助かりましたpaper

本題とずれてしまい予断的な話になってしまいましたがsweat01別にワコーズに買収されてる訳では無いので、事実をお伝えしたのですが、要は、紙パッキンをそのまま付けてしまうと水漏れやオイル漏れなどの早期原因になりやすいので、少しだけ液体パッキンを塗る事によって、耐久性がアップしますよって事ですcoldsweats01

自動車メーカーが指定する社外純正と安価で売ってる社外部品との違いを補う為のワンポイントアドバイスと思っていただけると幸いですeyescissorssweat01

« スズキ車のフォグランプは何故白く濁る?(^^; | トップページ | コスモスポーツ!ブレーキ改造計画プロジェクトNo3 »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/60228907

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目のタイミングベルト交換!スズキ・カルタスクレセント(^^;:

« スズキ車のフォグランプは何故白く濁る?(^^; | トップページ | コスモスポーツ!ブレーキ改造計画プロジェクトNo3 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ