« トヨタ・MR2のエアコン修理(^^; | トップページ | GMC エアコン修理その後(^^; »

2014年6月28日 (土)

機械式、フェールポンプの落とし穴!ダイハツ・ハイゼット

梅雨時なので仕方が無いですが、暑くはないが蒸しますなcoldsweats02

さて、今時、機械式のフェールポンプ(燃料ポンプ)なんてsign02とお思いかも知れませんが、平成10年あたりでも使ってる車があるんですsmile

Img_059001

この時代の軽トラックのほとんどは電磁ポンプに変わっていますし、キャブ車sign02はまだあったかも?知れませんがcoldsweats01まだあったんですねeye驚きですsweat01

さすが、ダ○ハツsign03恐れ入りました(・_・)エッ....?

でも、機械式ポンプのメリットは、回転数に比例して燃料の供給量が増える!電気の供給を少なく出来るので、オルタネータやバッテリーの容量を少なく出来るのでコストが安く出来るメリットがありますが、デメリットとしては、フリクションロスが大きい(パワーが出ない)、燃費が悪い、エアコン付いてる車は、発電力少ないのでバッテリーが上がりやすい!

などのデメリットも多きい為、最近はロス無く同じ性能を発揮する電磁ポンプに変更になっています。

うんちくが長くなりましたがsweat01

Img_059601

Img_059901

Img_059301

急いで作業したので、新品との比較写真がございませんが、写真上から3枚目のひし形の真ん中部分をロッドで前後することで燃料が供給されるダイヤフラム式になっております。

この部分のゴムがガソリンで劣化され、燃料がエンジン内に進入してエンジンオイルと混ざり、オイルが増え、オイル上がりはたまた、エンジンの焼付きになります。

前回、車検をしてから千キロも走行していなく、オイルも交換または補充もしてないのに、ゲージのMAXレベルを超えていたので不思議に思ったのですが、まさか機械式とは考えもせず、原因を探すのに苦労しました。

昔なら、当たり前の事例なんですが、搭載車両が少なくなると忘れてしまいますねbleah

気をつけないといけませんgood

« トヨタ・MR2のエアコン修理(^^; | トップページ | GMC エアコン修理その後(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/59891806

この記事へのトラックバック一覧です: 機械式、フェールポンプの落とし穴!ダイハツ・ハイゼット:

« トヨタ・MR2のエアコン修理(^^; | トップページ | GMC エアコン修理その後(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ