« ヘッドガスケットの抜けトラブル!ダイハツ・アトレーターボ!その3 | トップページ | ベンツのエンジンオイル漏れ修理、その1 »

2014年5月13日 (火)

ヘッドガスケットの抜けトラブル!ダイハツ・アトレーターボ!その4

本日は午後より、アトレーのヘッドオーバーホールにてを入れることが出来、ガンガン作業を進めていこうと躍起になってましたが、中々そうは行かないものですcoldsweats01sweat01

Dscf432201 まずはバルブの擦り合わせをsign01

Dscf432101 擦り合わせ中

エキゾースト側は、ガイドの打ち換えとバルブシートカット、エキゾーストバルブフェース研磨ついでに擦り合わせもやっていただいたので、インテークバルブ側のみ行います。

エキゾースト側の加工処理がある関係で、バルブクリアランスが狂ってしまう事は、ほぼ承知の上でしたが、ヘッド単体のままカムを組んでも、シリンダーとヘッドをそのままドッキングは出来ないので、先にヘッドをシリンダーに組み付けてから、カムのクリアランスを測定します。

Dscf433001

手持ちのシックネスゲージの範囲を超えているので、ダイヤルゲージで測定good

Dscf433101 クリアランス測定中

インテーク側は問題ないのでエキゾースト側だけ測定です(インテークも測定済みです)。

Dscf432501 シムの厚み測定

シム測定サイズのマイクロメータが無いので(良い子は真似しないでね!)、裏技で厚みを測定scissors

Dscf432701 削った分に合うシムを計算

加工によりバルブステム長が変わるので、当然ですがシム調整タイプは、厚みを変えてクリアランス調整をします。

今回は、さすが老舗の内燃機屋さんsign03

シートカットも最小限に抑えていてくれたおかげで、0.20~0.24程度の誤差で修正が可能でした。

早速、シムを注文したんですが頼んだ時刻が6時過ぎcoldsweats01メーカー注文なので、早くても金曜日になりそうですsweat01

順当に行けば・・・日曜日くらいには完成予定でしょうかbleah

つづくgood

« ヘッドガスケットの抜けトラブル!ダイハツ・アトレーターボ!その3 | トップページ | ベンツのエンジンオイル漏れ修理、その1 »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/59637958

この記事へのトラックバック一覧です: ヘッドガスケットの抜けトラブル!ダイハツ・アトレーターボ!その4:

« ヘッドガスケットの抜けトラブル!ダイハツ・アトレーターボ!その3 | トップページ | ベンツのエンジンオイル漏れ修理、その1 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ