« ヘッドガスケットの抜けトラブル!ダイハツ・アトレーターボ!その2 | トップページ | スターレット、アトレーワゴンの誤算?(^^; »

2014年4月24日 (木)

ダイハツ・ムーブ、150系!意外な水漏れ(^^;その2

本題に入る前に、ヘッド面研修理のアトレーワゴンsign01ですが、ブログでバルブガイドがずれていて、打ちかえるか?元に戻すか?と書いてしまったんですが、どうやらそう言う問題ではないようでしてsad内燃機屋さんの話では、ガイドの交換とガイド内面のリーマ仕上げ、ガイド交換に伴い、中心がずれるのでバルブシートカットも必要だとかcoldsweats02sweat01

店主も簡単に考えていましたが、専門職の方が言うからには根拠が無いとも言えない為、見積りを出してもらうことにしました。

見積りのFAXがまだこないので、お客様には具体的なお話はしてませんが、明日には連絡を取り、見積り金額とのご相談になるかと思いますが、内燃機屋さんの概算ではガイドの部品代も入れると加工料も含め7万円くらいは行きそうな感じです。

予算が限られているだけに微妙な金額ですcoldsweats01

さて、部品が揃ったので作業を進め始めたムーブsign01

来客と電話対応に追われ、合間を見ながらの作業プラス、長期お預かりのスターレットのミッション作業と平行しての作業の為、思いの外進まずでしたcrying

Dscf411001インマニ脱着後

写真左下ぐらいにあるオレンジっぽいゴムパッキンが今回の原因部品sign03

Dscf411401 ヘッド側

右下のピンクっぽいところが冷却水穴で、ムーブ系の直立置きのエンジンは使わない水穴です。

アトレー、ハイゼットなどの横置きエンジンタイプは、ここにラジエータのアッパーホースが付くバイパスパイプが設置されます。

Dscf411701 新旧比較

写真下のピン状のパーツは、オイル漏れがしていたので交換する部品ですが、元は、VVTを制御する為にアクチェータが付くのですが、ターボ車にはVVTが付いていない為(店主も最近知りましたsweat01sweat01)代わりにメクラ蓋をしているようです。

ただ、ここが弱いみたいで、オイル漏れが出る性かsign02対作品に変わり、プラスチック製からアルミ製に変わっています。

Dscf411901 交換後

NAエンジンだと写真中央部分にアクチェータが付きますが、ここは蓋のみですgood

この後平行して作業しているミッションを組み付け後、液体パッキンが乾くまでの間にインマニパッキン交換後、逆の手順で組み付けて本日は終了sign01

明日には、完成予定ですscissors

最後に、ミッションの噛み合わせに付いては、ほぼ新品にしたので問題ないと思いますhが、明日試運転をして問題なければ完成となります。

ただ、車検もすぐ近くまで迫っているので、このまま納車となるかはまだ分りませんcoldsweats01

Dscf410801 作業途中ですが、もうカバーも付け、本体は完成していますhappy01後は車に載せるだけscissors

« ヘッドガスケットの抜けトラブル!ダイハツ・アトレーターボ!その2 | トップページ | スターレット、アトレーワゴンの誤算?(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/59524411

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハツ・ムーブ、150系!意外な水漏れ(^^;その2:

« ヘッドガスケットの抜けトラブル!ダイハツ・アトレーターボ!その2 | トップページ | スターレット、アトレーワゴンの誤算?(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ