« 新車登録から4年でキャリパーオーバーホール! | トップページ | スターレットの6速車ミッションを整備?EP82編、その2 »

2014年3月15日 (土)

純正オプション、パワーシートを設定の無いグレードに、RX-8編

マツダ最後のロータリーカーのRX-8sign01

生産廃止になってしまいましたがcrying何とか次期ロータリーを発売して欲しい店主happy01

Dscf373601 今はフルカバーで覆われてるエンジンルーム

かっチョエエぇーすgood

路線がずれてすみませんsweat01

今回の修理は、純正オプションのパワーシートの取り付けです。

「何だ!簡単でしょ。」って思うかも知れませんが、グレードによって設定が無い為、この車には、ポン付けとは行きません。

Dscf373501 観音開き、ええっすhappy01

Dscf373801 ここまで外す必要なかったんですがcoldsweats01キズ防止で脱着sign02

基本的に、純正の配線経路から線を新たに増設して対応しました。

Dscf373901 新しく増設した電源配線。

パワーシートには、単純にシートのスライド、背もたれの上げ下げなどに使う2極の電源と腰の辺りを膨らませたりするランバーサポートの配線2極が必要になります。

純正は、ドアロックヒューズより取ってる様なので、純正に従って取りました。

必ずそこからと言う訳ではないですが、かと言って、闇雲に常時12Vが来てればどこでも良い訳ではありませんから、プライベートでつけたい場合は、直にバッテリーから取るか、詳しい人に聞いてから増設した方がいいでしょう。

ただし、間に20Aくらいのヒューズを設置した方がモータートラブル時に安心です。

ちなみに、ドアロックヒューズは30A(かなり余裕あり)ですから、純正でここよりパワーシートに供給する意味がお分かりかと思いますscissors

最後に、プラスマイナスは間違えないようにと、バッテリーのマイナス端子は必ず外して作業しましょう。

ショートさせると厄介ですからねgood

« 新車登録から4年でキャリパーオーバーホール! | トップページ | スターレットの6速車ミッションを整備?EP82編、その2 »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/59298973

この記事へのトラックバック一覧です: 純正オプション、パワーシートを設定の無いグレードに、RX-8編:

« 新車登録から4年でキャリパーオーバーホール! | トップページ | スターレットの6速車ミッションを整備?EP82編、その2 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ