« ブレーキブースターの不具合、コスモ(^^;その1 | トップページ | 久しぶりのブレーキフル修理交換、トヨタAZT250(^^; »

2014年2月18日 (火)

ブレーキブースターの不具合、コスモ(^^;その2

仕事で忙しかった訳ではないんですが、バタバタしてしまして更新が遅れてしまいました

前回からの続きになりますが、メーター外さないと無理かなと思っていましたが

Dscf347001ちょうどスピードメーターの裏ぐらいにあります。

ところが、運転席側から下に潜るようにメーター裏を覗くと・・・

Dscf347301ブースターの取付ボルトが4箇所見えます

おおぉー、これは手が届く外せる範囲ラッキーと思ってましたが、逆にメーターのライト照明修理があるので、お客様には嬉しくない誤算です

脱着ついでの作業なら、追加工賃が発生しないのですが、この状態だと別途作業が追加になってしまいますとは言っても、サービスは、させていただきますが

Dscf347401取り外したハイドロブースター

まずは分解して不具合を検証します(このタイプはバラで部品は出ません)。

本来、故障するとAssy交換(アッセンブリー)になりますから分解する必要はありません

しかし・・・生産中止部品あちこち探しましたが、中古すら全く無い状態です。

Dscf348301分解した写真(中央の黒いのがダイヤフラムのゴム)

まずは、修理が可能な程度の不具合なのか致命的に無理で、違う方法で維持をしないと行けないのかを調べる為、分解出来る範囲で作業をいたしました。

Dscf349101切れてる

はてどう修復しようか?

当初は、チャリンコのパンク修理剤(チューブ)で治そうかと考えましたが、段が多いのと修理剤自体の厚みがあり、動作性の観点からも使えない状況。

切れてるところは、ゴム用の接着剤を使えますが、それだけでは強度と密閉性を保つことが出来ません。

お預かりしてから悩むこと3日、一つの答えがでました

Dscf349301ゴム手袋とダイヤフラムゴム

そう、ゴム手袋です

薄いのに油にも強く弾力性があります、ただ、補強と言う面では若干劣りますが切れた部分を接着した補強には充分効力があるかなぁーとは思います。

ただ、薄いゴムには難点があって、ハサミではうまく切れない(店主が悪い?)。

Dscf349701表と裏で二重に処理しました

修理具合が綺麗でなくてすみませんただ、切れそうなところがあったので、そこは二重にせず、表面のみの処理にしました。

Dscf349801切れてる側が幅が大きい方です。

後は乾燥を待って取り付けして、作動チェックになるのですが

Dscf350301掃除して塗装しました

ほんとは、サンドブラストなどで綺麗に汚れを取って塗装出来ればいいのですが設備がないので地道にワイヤーブラシで掃除して塗装ならびに交換出来る範囲のゴム部品は変えました。

Dscf351001ビフォー後

一応組んだ後に動作チェックを行ない、作動具合に問題があると、また分解して修復を繰り返している状態なので、まだボディーに搭載できてませんが、いい感じに仕上がってますんで、次回期待していただけたらと思っております。

つづく





















« ブレーキブースターの不具合、コスモ(^^;その1 | トップページ | 久しぶりのブレーキフル修理交換、トヨタAZT250(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキブースターの不具合、コスモ(^^;その2:

« ブレーキブースターの不具合、コスモ(^^;その1 | トップページ | 久しぶりのブレーキフル修理交換、トヨタAZT250(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ