« 人気のフリーダ!タイベル交換、V6編その2(^^; | トップページ | ダイハツ・ムーブ!室内エアコン空調切り替えのトラブル(^^; »

2014年1月29日 (水)

ラジエータの水漏れ交換、レガシィ編(^^;

今週は何故か車検の車が多い週の為、一般的な作業が少ないのですがラジエータより水漏れが起きて交換作業をアップしたいと思います。

Dscf335101レガシィ・B4

最近のラジエータは、アルミ製のコア(フィン部分)が多く、樹脂製のタンクをアッパーとロアーに取り付けることで、コスト削減と腐食などで水漏れが少ないように作った物なのですが・・・タンクとコアーの間にゴムパッキンで抑えている関係で劣化してしまい、皮肉にもそこから漏れる事が多いようです。

Dscf335201分りづらいですがアッパータンクからの漏れで、冷却水が飛び散った跡があります。

Dscf334901下からの写真sign01

冷却水(クーラント)も昔に比べて耐久性が向上して劣化による腐食は少なくなりましたが、原因は他の要因が多いようです。

それは、エンジンが良くなった為にオイルが劣化しても問題なく走行出来るからかと店主は考えます。

Dscf335501新品のラジエータsign01

前にも話しましたが、冷却は水だけでしてるのではなく、エンジンオイルなど総合的に冷やしているのです。

ですから、どちらかが悪くなると悪くなった分、他に負担がいきます。

たとえば、今回の事のように、オイルメンテをあまりしていないと、冷却水に負担が掛かり常に水温が高い状態になってしまい、劣化が促進されて10万キロ未満の車ですら、こんな状態になってしまいます。

一般の車両は、メーカーがコスト面も考え、トータルで車が長く維持できるように設定してますが、オーナー様のメンテの度合いで早く故障する場合もでてきます。

エンジンオイル、冷却水など定期的な交換をして行きたいですねgood








« 人気のフリーダ!タイベル交換、V6編その2(^^; | トップページ | ダイハツ・ムーブ!室内エアコン空調切り替えのトラブル(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/59034045

この記事へのトラックバック一覧です: ラジエータの水漏れ交換、レガシィ編(^^;:

« 人気のフリーダ!タイベル交換、V6編その2(^^; | トップページ | ダイハツ・ムーブ!室内エアコン空調切り替えのトラブル(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ