« EP71スターレット、エンジンオーバーホール!やっと作業開始(^^; | トップページ | EP71スターレット、エンジンオーバーホール!その2(^^; »

2013年12月22日 (日)

珍しい事例、ダイハツ・アトレーワゴンのオイル漏れの原因(^^;

毎日、フル残業の末、やっと久しぶりの休日なのですが、年賀はがきの作成等、雑用に追われて休みは無い状態が続いてます

ちょっとだけ余裕が出来たんで、今宵はちょっと珍しいオイル漏れの原因を少々

Dscf309101S220系、ダイハツ・アトレーワゴン

今年の春ぐらいに、業者さまを通してオイル漏れ修理をしたお車ですが、カムカバー部分よりオイル漏れが酷かったのでパッキンを交換させていただいて、他に漏れがあっては行けないので、少し様子を見て欲しいと業者さまにお渡しをしたのですが、何故かいかほどもしないうちに漏れてると連絡が有ったそうです。

その時に、説明の食い違いからか漏れているのに「様子を見てください」と話したようで、しばらくは入庫にはならず、年末になってようやく、再入庫しました。

当初、カムカバーの締め付けが緩んだ(ゴムが安定して起きる現象)と勘違いし、閉めなおしたら、締まっていくので「これか」と思ってました。

しかし・・・、漏れが止まりません

これは、一度バラして確認する必要があると判断パッキンのズレなどで漏れることがあるためです。

脱着してみたら、パッキンには特に不具合はありません?

後は、パッキンが触れるヘッドの表面に傷がないか調べることに・・・すると、かすかですが傷がありましたでも・・・傷を付けるようなことはしていないので???です

パーツクリーナーで綺麗に洗浄したら、なんか全体的に斜めに傷のような跡があるではないですか即効で、検査液である、ミクロチェックで確認です。

Dscf309301白っぽいですが、検査液のせいです。

写真では分りづらいかも知れませんが亀裂がありました

普通では考えられない状況です。

しかも6万キロ走行の車ですが、10年は過ぎてますからメーカー補償も終わっております。

ぶつけた痕跡も無いし、カムカバーパッキン交換時も特に衝撃を与えるような場所でもありません。

鋳造過程の不具合なのか?組立てる際のミスなのか?全く分りません???

店主も長いこと、この業界にいますがヘッドが割れるなんて事例は、オーバーヒートを起こしたエンジン以外、考えられない貴重な事例です。

後は、治すか買い換えるかですが、年内修理は無理でしょう

« EP71スターレット、エンジンオーバーホール!やっと作業開始(^^; | トップページ | EP71スターレット、エンジンオーバーホール!その2(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« EP71スターレット、エンジンオーバーホール!やっと作業開始(^^; | トップページ | EP71スターレット、エンジンオーバーホール!その2(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ