« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

ヘッドガスケット交換(^^;その3

巨人もさすがにがんばりますなぁーcoldsweats01途中ですがパリーグファンとしては、何とか楽天が優勝して欲しい店主です。

さて、部品の納品に時間が掛かり、やっと遅ればせながら本日作業が終了したガスケット交換sign02

Dscf256601前回のセレナと違いこちらは完全なるヘッドオーバーホールです。

4バルブが多い中、3バルブのエンジンは久方ぶりですgood

Dscf257101補記類を付けた状態happy01いつでもシリンダーとドッキング状態ですがここで大事な作業です。

Dscf257301ヘッドボルトの取付ネジのタップたてですscissors

鉄のシリンダーは比較的にかじりが少ないですが、アルミシリンダーは特に大事な作業です。

規定トルクを正確に掛ける意味でも大事な作業ですから、面倒でも手を抜けない工程です。

ボルトもダイスをたてるのを忘れずにsign03

この後は、ヘッドを載せて周りを元通りに組み付けていくだけです。

Dscf257501ヘッドを載せて、ヘッドボルト締付け後

最後に水漏れ、オイル漏れの点検をして試乗して問題なければ、お客様にお渡しになります。

エンジンの修理は面倒ですが、元気良くエンジンが始動すると、やっぱ修理屋冥利に尽きますねsmile






2013年10月29日 (火)

ずさんな鈑金修理の性でウォッシャーが出ず車検が通らない!

最近、ブログ更新が出来ず、ご迷惑お掛け致しております。

それにしても、楽天連勝sign03勢いってすごいですhappy01(巨人ファンにはごめんなさい)wobbly

昨日は、車検でお預かりした車両でトラブルがあったので、詳しくは言えませんが車検が通らないトラブルなので、少々書かせていただきました。

民間工場は、発炎筒の有効期限などの関係ないトラブルで車検が通らない云々と言ってますが、当店みたいな持込である認証工場は、陸運局から直に検査を受けるので、法律に則った検査を受けます。

法人化された影響もあり、今まで見過ごしていた検査などを適正化する事で、不正登録など新聞、メディア等でメーカー側が摘発を受けているの事例等、知ってる方も多いと思います。

ちょっと端折っていますが要は、車に装備してるいる装備は、付いている以上、検査するとの意味です。

今回取り上げたウォッシャーが出ないのもそうで、フロントガラスが汚れた時、水を出してワイパーで拭取る時の水が出ないと車検が通らない事ですsign03

お預かりしたお車は当初、ウォッシャーを出そうとデマースイッチ側で操作すると、モーター音はするけど水が出ない症状でした。

普通に思えば、「ウォッシャータンクに水が入ってないだろう」的な感覚でしたがタンクには満タンで入っています。

去年も当店で車検をした際は水が出ていましたから、多分詰まりかと思いました。

ところが、詰まってる様子も無いので原因を探る為、室内をばらしたら・・・

Dscf255201

Dscf255301溶けてる??

どうやら、フロント周りのパネルを交換(鈑金修理)したようで、その時、手間を惜しんだのでしょうかsign02

室内のダッシュ周りを外さないで溶接したようです。

Dscf255601外してないから溶けていたり、焦げています。

本来ならクレームですが、時が経っている理由から今回は当店で修理する事になりました。

幸いにも、タンクから直ぐのところだけが溶けているだけでしたので、ホースを途中で切断してジョイントを付けて繋ぐ方法を取りました。

Dscf255901ジョイントで繋いだ状態

Dscf256201完成後

部分部分に溶けてる箇所が無かったので、簡単に処理出来ましたが、鈑金修理した時点でチェックは必要ですから、ミスは逃れようも無い事実ですねannoy

店主も明日はわが身と、最新の注意はしておりますが、この事例はちょっと酷いです。

何故なら、写真では見えづらいですが、外から溶接したのと室内からも溶接してる箇所が(写真上から1枚目、3枚目)あった為ですpout

溶けてるから、煙も出るでしょうし、気が付かなかったでは許せんですな(-゛-メ)










2013年10月27日 (日)

ヘッドガスケット交換(^^;その2

楽天が日本シリーズで1勝して5分になりましたhappy01

最近、パリーグって面白いし店主の住んでる千葉も、千葉ロッテマリーンズのお膝元ですから是非、日本一になって欲しいですgood

話がそれましたが、ヘッドオーバーホールが順調に進んでいるのでご報告をcoldsweats01

Dscf254501清掃後のシリンダー

Dscf254901ここまでくると新品っぽいでしょscissors

写真の写り具合で、色が白っぽくなってますが綺麗にしすぎたからですかねsmileなんて、言いすぎですがcoldsweats01新車に近い状態に限りなくする事で、また長くお乗りいただく事が出来ます。

ただし、他の部品の不具合が出るとそうとは言えませんが\(;゚∇゚)/




2013年10月26日 (土)

ヘッドガスケット交換(^^;

台風も過ぎ去って、天候が良くなることを期待したいですscissors

会社関係の決算期後もあり、古いお付き合いのお客様より車検のご依頼が、どっと押寄せ、少々疲れ気味の店主ですcrying

さて、エンジンからオイル漏れのご依頼を受け、当初、カムカバーパッキンで対応したんですが「ヘッドガスケット部分からも漏ってる見たいなので酷いようなら交換を」と、お話していたお車がご入庫。

実は、ステアリングギヤーボックスを以前にリビルトで交換したのですが、ステアリングブーツに不具合があり、保証対応と一緒に別件修理のご依頼です。

リビルト品(再生部品)も、ピンきりですから、まれに不具合もありますが当店からお出ししたリビルト部品に付いては、保証内であれば無料対応になります。

話がそれてしまいましたがcoldsweats01

Dscf253001脱着後のシリンダー(良い子の整備士は真似しないでね)coldsweats01

Dscf253301同じくヘッド(懐かしい3バルブ)

メタル系ガスケットと違う旧タイプなので、じわりじわりとオイルが漏れ始め、川の流れみたいに漏れが大きくなってしまったのかと思います。

この先、ヘッドオーバーホールして組み付けて、行きたいと思います。

最後に、ホームページの作業履歴は、中々進んでませんがwobblyブログは比較的リアルにお伝えしておりますsmile

2013年10月25日 (金)

エンジントラブル、マツダBJ5Jその2

どうやら台風は上陸しないようですが、雨の危険がありますから皆様、ご用心くださいませ。

さて、細かい話になりますが、時々出る症状にも色々ありましてcoldsweats01偶然的な場合と状況に応じて出る不具合があります。

今回の事例は後者になるのですが、問診に従い、症状を近い状態にした事で、意外に早期結果を得られました。

整備の仕事は、基本的な知識と経験がすべてと言われますが、一番大事なのは問診ですsign03

問診と言っても、基本が解っていないと何の意味もありませんがhappy02自己診断機を使わずに最初の不具合が確認できたのは、不幸中の幸いでしたcoldsweats01

確定する為に診断機は、最後に使いはしましたけどbleah

写真が間に合わないので、後日アップしますgood
Dscf253801今回、交換した部品です。

Dscf254401こちらが不具合の原因部品です。

上の部品のみ交換すればと?とお考えの方もいると思います。

でも、疑わしき部分はチェックをしなければいけませんsign01

バラして確認後、不具合が無いから交換しなくても構いませんhappy01しかし、数ヶ月も経たないのに壊れてしまい、結局交換した方が良かったとなったら、同じ作業の二重払いになってしまいます。

「だったら、専門職なんだから見て判断して欲しい?」と思うかも知れませんが、機械や電気部品などは、どんなに経験を積んでる整備士でも100%の判断は無理です。

そのときの距離や、目視、機器等の確認、異音などの状況で、おおよその判断しか出来ません。

天気予報だって、必ず当る訳ではないのと同じと思って欲しいですがcoldsweats01常に確率を上げる事を最優先に努力はしております。

店主も、大して経験が多い訳ではありませんが、治そうと考えているだけですscissors

付加価値をどうお考えになるかはお客様の判断ですが、長ーく、安くをモットーに違う意味でエコカーを楽しみたいですねgood

2013年10月24日 (木)

エンジントラブル、マツダBJ5Jその1

この時期は暇なはずなのですが、仕事が追いつかず大変なのに、輪をかけて台風の影響もあり、毎日フル残業してますcoldsweats01

Dscf251501マツダ、ファミリア・ワゴン

夏場の暑いときや、坂道を登るなど、エンジンに負担が多いとエンジンが止まってしまうトラブル車です。

当初は、経験から燃料ポンプかと思ったのですが、原因はファンスイッチとカム角センサーのトラブルによるものでした。

Dscf252801綺麗なのが水温センサー兼ファンスイッチ

街中など、比較的ストレスの掛からない状態だと温度が高くならないので、異常が出ないのですが、一度温度が急激に上昇すると、誤って認識するのかsign02温度異常でファンモータに電源を遮断し、カム角センサーにも異常が出て、オーバーヒートでエンジン停止になるようです。

2点だけ交換すれば良いのですが、オーバーヒートを起こしているので、水周り系の部品も交換することにしました。

サーモスタット、ウォーターポンプもついでに交換です。

ウォーターポンプは交換対象ではないのですが、一度も交換していないとの事でしたので、後のトラブルも考え対応させていただきました。

細かい話は、後日へcoldsweats01

2013年10月22日 (火)

偶然に起きる色のコントラスト(^^;

台風がまた迫っております、くれぐれも最大の注意をしていただきたいです。

以前、ブログにもアップしたんですが、車の修理をしている以上、いろんな車も来ますし彩りもかなり重なる時があります。

Dscf220301以前アップした写真happy01

上記の3台は、エンジン交換、エアコン修理、一般修理ですが偶然にもカラフルでした。

今度は、間逆になりますが黒で統一ですcoldsweats01

Dscf251001車種は違いますがオールブラックです。

同じカラーや信号色など、重なることは大変珍しいので、整備に関係ありませんがアップ致しました(゚ー゚;

天井の鉄骨の色が途中で違うのは、気にしないでねcoldsweats01

2013年10月21日 (月)

C24系セレナの始動不良の原因?ヘッドガスケット編その2

旅行初だけでしたが富士山が綺麗に見れましたscissors

偶然でしたが、初冠雪の写真です。

Img_040901沼津インター手前のパーキングにて

今年は、例年より遅いそうです。

話は本題に入りますが、ヘッドとシリンダーの歪み確認をしたところ、範囲内でしたので面研は行わず、ヘッドオーバーホールでと思ったんですが、オーナー様より「長く乗らないので、最小限で整備を」とのことで、ヘッドガスケットのみ交換の修理で行いましたが

Dscf250201清掃後、シリンダー

Dscf250401清掃後、ヘッド

ヘッド自体のオーバーホールは行わず、清掃のみで終了sign01

ヘッドとシリンダーをドッキングしましたhappy01

Dscf250701ドッキング後

Dscf250801カムとチェーンを取付後

この後の写真を撮り忘れていますのでありませんがcoldsweats01エンジン始動まで終了して、最終チェックをして納車となります(まだ納車してません)。

これで、始動の不具合が解消されると思いますが、水抜きのパイプにつまりが判明致しました。

当店で、交換してないので推測ですが、もしかしてエアー抜きの不備なのか?と前回の事(車種違いますが)を考えると同じ原因だったのか?と思ってしまいます。

水のトラブルは、家の水道だけでは無いですからcoldsweats01気を付けたいです(^-^;









2013年10月18日 (金)

C24系セレナの始動不良の原因?ヘッドガスケット編その1

以前は、とても寒い時や、1日、2日など車を動かさない時などにエンジンが掛かりにくいトラブルだったのですが、さすがに症状が酷くなって来たようで、さすがに修理することになりました。

きっかけは、エンジンが暖まるとエアコンが効かなくなることでご入庫sign02

問診の内容は、「最初はエアコンが聞いているけど、温まると効かなくなる」でした。

また、始動不良の件もついでにお聞きしたところ、「水が少ないと掛かりよい」との事sign01

最初は、エアコンのサーミスタが悪いのかと感じてましたが原因が発生した状態で調べたところ、異常は見られず、逆にエンジンコンピュータ側からエアコンスイッチの信号が来ていないことが判明sign02

一瞬、コンピュータ???と思ったのですが「水が少ないとエンジンの係りがよい」と言う言葉に冷却水が入っていないのでは?と判断して、ラジエータキャップ外したら冷却水が入っていないwobblyしかも、補給したら3リッター近く入るじゃないすかshock

要は、水温センサーが熱くなりすぎて、コンピュータがオーバーヒートと認識し、エアコンのコンプレッサーを強制的に止めたのが原因でした。

水を足したら、嘘のように症状は改善scissorsヘッドガスケットが抜けてるから早目に修理をするように説明し、しばらくはご検討されていましたが、交換することになりました。

この間の写真が無いので、すみませんがヘッド脱着の写真を少しアップします。

なお、まだ修理中ですのでこの後の写真もアップして行きますgood

Dscf246001カムカバー脱着

Dscf246201チェーンカバー取り外し後

Dscf246901ヘッド脱着後

Dscf247301ちょっと裏技を使っていますので、良い整備士の方は真似しないでくださいbleah

Dscf247101見づらいですが3番と4番シリンダーの間のガスケットが抜けていましたwobbly

この内容は、来週にもアップ予定です。

また、お断りになりますが明日(19日)明後日(20日)と整備振興会の研修旅行の為、お休みになります。

お急ぎのお問い合わせは、ホームページに記載の携帯番号へご連絡くださいませ。

2013年10月17日 (木)

スバル車、タイミングベルト取替(^^;

スバルのタイミングベルト交換は、かなりの車種を経験して来ましたが、1カム駆動のツインカム(トヨタでは有名な方式)タイプは、今回が初めてなのでアップ致しました。

Dscf248401スーパーチャージャー付タイプです。

今回アップしたのは軽自動車です。

私が知ってるスバルの軽自動車エンジンのほとんどは、シングルカム(OHC)の4気筒が多く、昔は2気筒もありましたが、現在は4気筒がメインです。

最後のスバル生産車両(一部の乗用軽自動車)のエンジンは、ツインカムエンジンで終了しております。

Dscf248501交換前

話がそれてしまいますが、基礎的知識を少々coldsweats01

最近の車のほとんどが、スポーツカーで有名なツインカム(DOHC)エンジンになってるのは皆様ご存知でしたか?

理由はいたって簡単で、排気ガスのクリーン化と燃費向上の為ですsign02

えっsign03スポーツカー用のエンジンなのにおかしい?と考えてる方が多いと思います。

パワーが出るからこそ、制御がしやすいのを逆手に取った為なのです。

この話をすると、とても長くなるので端折りますが、シングルカムエンジンだと吸気と排気の開閉量を変えることは出来ても、開閉のタイミングを個別に変更する事は出来ません。

でも、ツインカム式なら、個別に開閉タイミングを変える事が出来るので、パワーを最大限に絞りだす事が出来ます。

つまり、逆に言うと空気量や燃料消費量も変える事が出来る上、カム角を制御するVVT(可変バルブタイミング)をインテークまたはエキゾースト側に装備する事で、ツインカムエンジンのネックだった、低速トルクも補え、燃費と排気ガスのクリーン化にもつながる事が出来たのです。

ちょっとかっこいい事、書きましたscissors

Dscf248701交換後(ウォーターポンプも交換)。

Dscf248901新品ベルト取付後

スバルでは、シングルカム駆動のツインカムエンジンはかなり貴重なエンジンです。

トヨタは一斉を風靡しましたけどcoldsweats01

残念な事に、排ガスと新エンジン開発に断念せざる得なかったスバルの貴重なエンジンでしょう。

ウンチクを話してる間に、無事タイミングベルト交換が終了しましたsmile

くれぐれも念を押しますが、メーカーの回し者ではないので、お間違いなき様に(^-^;

2013年10月16日 (水)

車の不調はこんな場所でも発生します(^^;

今日は台風直撃で大変な雨と風でしたが、昼近くになるにつれ雨脚と風が弱くなりました。

しかしながら、本日のような天候にも関わらず、ご予定通り、ご来店いただいたお客様には大変、感謝申し上げます、お足元悪い中、誠にありがとうございました。

前回、エアーレメントの詰まりでお話したニッサン・シーマの追補版ですcoldsweats01

他に、スパークプラグ(白金)交換、ベルト交換がありまして、エアークリーナー周りを脱着しなければならなくて、外したら・・・

Dscf248001

Dscf250001エアーダクト切れsign01

エアーフロー式なので、途中でエアーの吸込みがあるとエンジン停止になるんですが、不幸にも、フィルターが詰まっていた性で、吸引力が上がったのでしょうcoldsweats01エンジン停止のトラブルは無かったようです。

Dscf249901新品と交換ですscissors

交換した部品はトータル、エアーエレメント、スパークプラグ、ファンベルト、エアーダクトですが取替後、調子悪かったエンジンが改善いたしましたgood

高級車は、エンジンが大きい分、熱を持ちやすいので、ゴム類の劣化は激しいですから、10万キロ以上越えている車は、点検が必要かと思いますgood






2013年10月15日 (火)

車検制度のトラップ(^^;

大型台風が迫っておりますwobbly くれぐれもご用心をsign01

さて、当店は格安車検などは出来ないから、トータルで安心な車検・整備をしております。

安売りの最大の売りは、早いsign01安いsign01が売りhappy01

しかし・・・現在の車検制度には穴があって、車検整備には強制力が無い点検整備がありますsign02

法的には問題ないかも知れませんが、放って置くと車にとっては良くありませんsad

昔は・・・こんな話をすると「古いsign02」と言われそうですが、エンジン関係は車検にはあまり関係が無いのはご存知でしたか??

極端に言えば、エンジンオイルが汚かろうが、ほとんどオイルが入っていなくても、基準が満たされていれば合格出来るんですcoldsweats01

要は、オーナーのメンテナンスに委ねられる事になりますが、ほんの一例を

Dscf249501エアーエレメント

このエアーエレメントは、20万キロ走った車から外した部品です。

新品と比べると一目瞭然ですが、もの凄い汚れで、普通、10万キロ走ってもこんなに汚れることはありません(環境にもよります)。

でも、この車両はスタンドさんで管理してるようで、オイル関係やエアコンフィルターなどは交換をまめに実施しているのにエアーエレメントは、こんな状態です。

でも気持ちは分ります、なぜなら

Dscf247801すべて見えないように隠れています。

こんなエンジンルームを、スタンドさんの方が見たらどうです??

オイル交換ですら、気合を入れるほどブラックボックス化されています。

エアーエレメント、バッテリー、ベルト類なんか見て触る気にもなりません。

クリップで止まってますが壊れたら嫌だと思うので、触れることもしないでしょう。

偏った発言なら誤りますが結果的に、オイル交換してれば良いのではなくて、他の定期交換部品もメンテしなければ、燃費やエンジン不具合の原因にもなるし、他の部品まで壊れる危険があることを覚えていただきたいgood

店主はアドバイスしか出来ませんが、最終判断は結局、オーナー様ですよsmile

2013年10月13日 (日)

鈑金修理を終えたトヨタ・MR2(^^

お気に入りの車なら、長ーく乗りたいのは皆さん同じかと思いますが、車が古くなってくると、どうしても避けられないのがボディーの錆(腐食)ですcoldsweats01

錆たら鈑金すれば、また長く乗れるでしょsign01って考えは浅はかで、修理した箇所は遅くても4、5年も経つと錆がまた出て来てしまいます。

技術が進んだとは言え、溶接したところはどうしても酸化するのが早いみたいで、新車の時とは比べ物にならないほど早く錆びるのが現状です。

でも、長く乗りたいなら、繰り返して維持して行かないとなりません。

店主も気に入った車が今でも所持していたなら、必ずそうしております。

能書きが長くなりましたが・・・

Dscf488601以前の状態1

Dscf245101修理後の写真scissors

Dscf488202ビフォー

Dscf245201アフター(肝心なところが見えにくいですが)coldsweats01

今回お願いした鈑金・塗装店様は、AE86(カローラ、スプリンター)のレストアに強い所にお願いして仕上げていただきました。

旧車なんかで、レストア代が高くて困っている方、意外に低コストで仕上げていただける上、腕も悪くありませんから、お考えのオーナー様sign03

ご一報いただければ、紹介致しますよscissors当然、紹介するだけですから、直接交渉してくださいませgood

当店は、仲介料は一切いただきません。




2013年10月11日 (金)

スロットルセンサー不具合!ホンダ車その2

10月に暑いのは時々ありますが、蒸し暑いのは勘弁ですなhappy02明日の夕方からは寒くなるとかsign02身体がついていきませんannoy

さて、ブログにアップした珍しい不具合の交換作業が先日終了いたしましたので、部品の写真と共に続編をscissors

Dscf244101スロットルボディー脱着後

Dscf243901外した、スロットルボディー本体

Dscf243501新品ですscissors

スロットルセンサーは、写真左側の黒い部分がそうです。

Dscf242801劣化で割れたインテークダクトも交換good

Dscf244501アフターsign03

具体的に詳しくお伝え出来ませんが、交換したとこだけ妙に綺麗ですcoldsweats01

単体点検して詳しく原因究明していますから交換終了後、テスト確認したら嘘のように元気になりましたhappy01

ただ、車が古いので、他の不具合が立て続けに、こない事を祈ります(^-^;













2013年10月10日 (木)

なんちゃって、オシロスコープ購入(^^;

ブログが突然、変なレイアウトになってしまい修正が難しかったので、レイアウトを変えましたcoldsweats01

店主には、世界遺産級のデザインには縁がないようですweep

さて、レガシィのエンジン不調の件は何日か前にアップしたと思いますが

Dscf242701オルタネータが原因でエンジン不調にsign01

電子系部品のトラブル原因特定には、最終的にオシロスコープで見るのが一番なのですが、高価な上に、余程のことが無い限り使うことは少ないのが現状、ましてや、当店みたいな町工場が所持できるレベルではありません。

そこで、簡易なやつで構わないから、測定できればとヤフオクとネットショップ見てたら、信頼性には劣りますが、駄目元で購入good

00101 iPod見たいですが違います

安物ですがテストしたら、多少使えそうですcoldsweats01

車のバッテリーは12Vですが、コンピュータ系の電子部品などは、5Vや3V程度なので測定には困らないでしょう(12VもOKです)。

でも、2、3万位だすと結構まともなオシロスコープが買えそうだったので、少し後悔はしてますけど(ノд・。)

2013年10月 8日 (火)

スロットルセンサー不具合!ホンダ車(^^;

ブログのレイアウトを色々と作業してたら、記事が古い順になり、戻し方が分らずcryingやっと治せたcoldsweats01ここのブログはちょっと使いづらいし、カテゴリーを細かく設定しづらいから、引越しでもしようか?検討中です。

さて、店主のボヤキが入ってしまいましたがbleah本題に

最近のコンピュータ制御車では近年、珍しい修理事例を紹介したいと思います。

原因箇所は、スロットルポジションセンサーsign02または、スロットル開度センサーともいいます。

「よく壊れる部品の一つでは?」いーえconfident無いと言ったら嘘になりますが最近は壊れる事例は、あまり聞きません。

今回は、偶然にもトラブルが出た、ホンダ・アヴァンシアです。

Dscf240601診断機での結果

スロットルセンサー(略称)とは?キャブレータ車に置き換えて話すと、加速ポンプみたいな役目をしますが、アイドリング中なのか加速中なのかを判断しているセンサーです。

たまに整備が出来るお客様で、アイドリングが低いからと、スロットルレバーの調整ネジを回して回転を上げようとする方が昔おりましたが、逆にエンジン不調になりますので触らないでくださいねsign03

横道にそれましたがcoldsweats01

コンピュータ診断機が結果を出したからって、必ずしもセンサー本体が本当に駄目なのかどうかを、部品注文前に、詳しく調べて行きます。

Dscf240301今回の不具合部分

上の写真はスロットルボディーで、赤い矢印部分がスロットルセンサーです。

ホンダは、スロットルセンサーだけ出ない為、スロットルボディーAssy交換になってしまいます(\50,000-税抜き)。

その為、間違いないと交換したら、実は他の不具合だったなんてシャレにもなりませんので単体点検をします。

Dscf242401写真ですみません。

本来なら、パソコンから開いてペイント編集で、載せれば良いのですが・・・。

Dscf241901抵抗値を測定する為に配線を差し込んだ状態

Dscf241101抵抗値を見ると、明らかに狂っています

配線をつなぎ変えて逆も測定したら、どちらも正常範囲外の為、間違いないと判断して交換となります。

壊れにくい部品だからなのかは分りませんが、Assy部品とはcoldsweats01

最近のホンダ部品は昔より細かく部品が出なくなりましたなぁー(-ε-)





2013年10月 4日 (金)

レガシィB4のエンジン掛け始めの不調(--;その2

先月末にエンジン不調のトラブルでアップしたレガシィB4sign03

やっと不具合原因が判明致しましたscissors

Dscf237901

当初、診断機測定では、カム角センサーの不具合としか出ない為、センサーを換えたのですが治らなくて、単体点検に頼るしかないと考えておりました。

ただ、前のブログにも書いたように、エンジン掛け始めに症状が酷く、暖気が進むにつれて調子が回復して行くのが妙に引っかかっていました。

コンピュータ本体かと?も考えていたのですが、電気に詳しい方なら理解できると思いますが、暖まってから改善するのは、おかしいからです。

Gスキャンと言う機器はあるんですが波形を見れないので、オシロスコープ借りて見ないと駄目かと思っておりました。

そこへ、いつも配達に来るスバル部品の方が違う方で、事の内容を話したところ、事例があるかサービスに聞いてくれましたcoldsweats01

なんと・・・意外な犯人がsign02

Dscf239601オルタネータでしたwobbly

昔、オーディオを聞いているとモーターが回転するようなウィーンみたいな嫌なノイズが気になった方が居ると思いますが、まさにそれを悪くしたようなノイズが発生して、カムセンサーの信号に邪魔をしていたのが原因でした。

写真中央にオルタネータが写ってますが、少し上に緑色した3極のカプラーがあります。

こいつは、オルタネータに電力を供給し、磁力を発生させてエンジンの回転からベルトを伝わり、回転する事で発電をさせる大事なカプラーです。

簡単に説明すると、理科の実験で大工さんが使う釘にエナメル線を巻いて電気を通すと磁石に変わるのと同じ仕組み。

写真のように、カプラーを抜いてバッテリーのみの電力でエンジンを掛けたら、何と言う事でしょうdelicious今までの症状が嘘のように改善されて、吹け上がりもばっちりscissors

ただし、バッテリーのみなので、長くエンジンを掛けられませんが、原因が分って一安心です。

修理屋なのに、腕とかプライドとか考える方は多いかも知れませんsign02

しかし、プライドも大切ですが、それだけでは仕事が出来ません、その先にはお客様がいらっしゃるからです。

他力本願も必要な場合もあるのですsign03

事例が無いなら、原因を突き止めるしかありませんが、あるのなら試す価値はあります。

それで治ってくれれば、無駄な出費を抑えて、お客様も喜んでいただけますから(*^.^*)

2013年10月 3日 (木)

エルグランドE50系 クランクプーリーの不具合(^^;

最近、休みになると風が強いsign02雨が降るsign02用事が出来るsign02・・・で、ラジコンヘリが飛ばせない日が続いております(ほぼ店主の都合)。

来週は、天気も良く、用事も少なそうなので飛ばせそうですが・・・家内の用事が無ければ幸いですcoldsweats01

さて、本題に入りますが今年の初めに、業者依頼の中古新規で車検整備をしたエルグランドsign01

Dscf238501

3万キロ走行でかなり程度の良い車両だったのですが、ベルト周りに異音が発生しており、ベルト交換で治らない可能性を指摘した車でした。

9ヶ月してから、異音が激しくなり入庫していただければ良かったのですが、ベルトが切れてしまい、ご入庫になりました。

現状を確かめようと見たところ、明らかにクランクプーリーのベルト位置が違う事に気づきcoldsweats02驚きました。

Dscf238601 分りづらいですがベルトとプーリーの位置が違っております。

Dscf238801 外した結果ですcoldsweats01

ファンベルトなど、外側の補記類を動かす為に付いてるクランクプーリーは、エンジンの回転運動の衝撃を和らげる為に、間にゴムダンパーを使ってる事が多く、享年劣化などで剥がれる事があります。

ただ、普通に乗ってる状態では、10万キロ以上過ぎても症状が少ない不具合です。

ましてや、9ヶ月でプラス3万キロ走行で、合計6万8千キロsign03その間トラブルは無いそうです。

では何故?こうなったんでしょう?

過去の履歴をお話して行くと、オーバーヒートが原因で起きる事が多いようです。

現に、店主が多く修理した車がそうでしたwobbly

Dscf239101 新品取付後scissors

でも、業者様の話ではオークションでの履歴には間違いが無い様で、距離の深刻に不正は認められなかったそうです。

年数の劣化にしては、店主にも疑問が残る珍しい故障です( Д) ゚ ゚

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ