« 自治会の夏祭り(^^; | トップページ | ロールスロイス、エアコン修理・その3 »

2013年7月29日 (月)

ロールスロイス、エアコン修理・その2

蒸し暑い日が続きますが、湿気は勘弁ですcoldsweats01

ここで、クエスチョンですが、夏の熱い時期って、昔は湿度が多くて温度が低かっただけ?なのか??高いけど湿度が少なかったのか?どっちだと思います。

Dscf170401 センターコンソール脱着sign01

店主的には、前者の考えだと思っております。

温度が低くても、湿度が多い性で、熱い(蒸し暑い)と感じたと思っております。

温暖化???

太陽が年ごとに大きくなっているのは事実かと(科学的に)思いますが地球上の中身が入れ替わったりはしても、無くなる事はありえませんsmile何故なら、地球に引力が存在する限り、宇宙に放出する事はありえないからです。

Dscf172001 ダッシュバン脱着coldsweats01

硬い話ですが、地球に存在する物質で在る以上、酸素や二酸化炭素も在って、エアコンガスの二酸化ガス程度で、オゾン層が壊れるなんてありえません。

Dscf173301_2 エアコンユニット脱着後ですcoldsweats01

カッコいい事書きましたけど、科学者じゃ無いので根拠は在りませんが、自然の営みに、現代科学が先に進んだ性なのでは?と思っております。

でも、熱いのは、旧車だろうが、現代車だろうが、同じですよねsign01

Dscf173501 空調ユニットAssy

では、車以外で、家のエアコンなどの、設定温度は、どうしておりますか?

常に、設定温度をマックスにしてると壊れるのも、早いと思いますsign03

ましてや、車は移動するし、ガラス張りなので、当然、直接太陽にさらされる為、最初はマックス状態になると思います。

ただ、昨今は、オートエアコンが主流なんで、温度設定する事で、常にフル回転する事は少なくなりましたが、繰り返しと、移動する車の為、年数が経つと、劣化して壊れるトラブルが発生致します。

見えないガスだけに、トラブルも多いですが、所詮物質です。

高圧ガスだけに、隙間があれば、弱い所に逃げようとしますが、面倒でも、突き詰めれば何ら怖い整備作業では在りません。

ただ、怖いのは、予算的に交換出来ず、妥協した後のトラブルが出る事でしょうか(u_u。)

次に続くscissors

« 自治会の夏祭り(^^; | トップページ | ロールスロイス、エアコン修理・その3 »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526155/57889548

この記事へのトラックバック一覧です: ロールスロイス、エアコン修理・その2:

« 自治会の夏祭り(^^; | トップページ | ロールスロイス、エアコン修理・その3 »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ