« スズキ・ワゴンR MH21Sの信じられない不具合事例! | トップページ | エアコン修理の季節になりました(^^; »

2013年2月 7日 (木)

ベンツA160のエンジンスタート時の不具合と作業内容(^^;

昨年にブログをアップしてから、気が付くと2013年も迎え、2月になっとります(^^;
日記と言う名の書き物には、続く事に意義があるのですが怠けるのも「わびさび」と言うことでって意味不明ですが(汗)

さて、昨年車検をさせていただいたメルセデスベンツ A160なのですが、年末に近づいた頃「時々キーをひねっても掛らなくなる」と言う事で、一時お預かりして原因を探る事に致しました。


お話の内容を聞く限りでは、①接触不良②セルモータの不具合③リレー系統、と判断致しました。

まずは、基本的な動作(システム)から・・・
この車両は、一部の高級国産車と同じ、一度キーをひねった後、戻してもエンジンが掛るまでセルが回り続けるシステムであると言う前提で不具合箇所を探して行きます。

まず、ディーラーに配線図と情報を聞いたところ、スターターリレーが使われていると言う回答が来たのですが、クラスによるのかも知れませんが、使われておりませんでした。
そうなると直にセルに電源が行ってると思うのですが、先にも話した通り、キーを一度ひねったあとキーを放してもエンジンが始動するまで掛かります(制限あり)。

てことは、直では無いと言うことで、少し厄介になりました。
とすると、疑う場所的にはキーシリンダ裏に付くスタータースイッチになります。
この部品

最初は分解して、接点部分が焼けていたので修正をして元に戻してテストしてみました。
修理前は、頻繁に症状が出ていたんですが、ほぼ出なくなったので、お客様に「大丈夫かも知れませんが、確定ではないので様子を見てください」と伝え、納車になったのですが・・・

2週間後、また掛からなくなったと電話が・・・えっ!(--;
やっぱ、修理ではダメかと言う事で、スタータースイッチ(上写真)を換える事に。

今度は大丈夫だろうと思ってましたが「これでダメならセルモータが怪しい」と一言伝え、様子を見ていただく事に・・・さらに2週間後(年末もまじかな頃)電話が・・・また掛からないんですが(--;;

お客様いわく「掛からなくなると何してもダメだけど、少し置いたらまた掛かったりする」との事。
再度お預かりした際、「徹底的に治して欲しい」との事なのですが・・・いやぁー、時々がくせ者なもので、スタータースイッチを交換した性か、最初は良く症状が出ていたのでスイッチが絡んでいた事は事実だと理解は出来たし、お客様も納得なんですが当方に入庫して確認しても症状がでず、不具合も決めつけられず、後はお客様が何故、現象が起きたのか!冷静に考える事にしました。

まずは、朝エンジンを掛けると問題無く始動する→用事を済ませ、途中寄り道をした時に車を止め少し経った後、帰ろうと思い掛けると掛からない事がある→ただし、試行錯誤して30分位経つとエンジンが掛る→シフトレンジをP→Nに切り替えても掛からなかった。

以上の内容から、暖まると不具合が起きる事が判りました。
とすると、オートマのシフトスイッチにも問題があるが最初に症状が出ていた時はシフトスイッチは確認済みなので、まずは除外、続いてリレー関係ですが、冒頭でもお話しした通りリレーは使っていない、最終的にスロットルボディーか?セルモータになります。

運良く、一度だけ症状が現れたのですが調べている最中に治ってしまい原因を特定は出来ませんでしたが、セルモータでほぼ間違いないだろうと判断にいたりました。
それは、最後のネット頼みになります、参考になればとネットサーフィンしていたら、セルモータ交換で大丈夫と結論しました。

そうなれば、早いです、交換見積もりをしてたら・・・エッ!!
エンジン降ろさないとダメなの???と頭はパニクリ状態!
でも、ネットのおかげで、降ろさなくても浮かす事でわずかな隙間を利用して交換出来る事を発見!
早速、受け売りで作業開始です。

浮かした状態

当初、某ブログの内容ではコンプレッサー(上写真)を外すと書いて?いたんですが外さなくても大丈夫でした。
以外にもミッション側の配線カプラとエンジン側少し、インテークマニホールドの脱着でセルモータは知恵の輪でしたが無事交換が可能でした。
インマニ取り外し状態!

旧セルモータが見えた(^^

ちなみに浮かした状態の差

交換直後の作業途中

結局のところ、この作業をした後も不具合を特定するべく、何度もチャレンジしたのですが症状が出ないので、心苦しいのですが様子を見ていただく事に致しました。

今回交換した部品

これで治ってくれればいいのですが電装に関しては保証が短いのが事実であり、当り外れもあるので一概には言えませんが、まず当分は大丈夫かと思います。

ただ、100%ではない(当り前ですが)ので、なるべく長く持っていただける事を願うだけです。
最後になりますが、この車両は当初、横転しやすいだとか欠陥だのと酷評された事がありました。
確かにベンツのメーカー側も非を認め、改修に努めて昨今の車を世に送り出しております。

決して、この車に対して「えこひいき」するつもりはありませんが、ベンツと言えば、語弊がありますが少し裕福な方のステータスカーとして人気があるのは事実です。
でも、高額な車両であっても壊れるところは多々あるし、修理代だってバカになりません。
それでも欠陥だと酷評する事が無いのは、ある意味、外車は壊れて当り前でそれを気にしていたら乗れない(維持)のも事実です。
国産だって、故障がしにくいと言っても壊れます、ただ、修理代が安いから文句を言う方が少ないのでは無いでしょうか。

個人的主観で言いたい事を書いてしまいましたが、用は国産車だろうと外国車だろうと乗っていれば何時かは壊れるし修理が必要になる訳で、後は修理代+部品代の違いでは無いかと感じます。

このオーナーも、新しいAクラスがデビューしたので心が揺れておられましたが、もう少し今の車と付き合いたいとおっしゃっておりました。
気が付けば、修理代がうんぬんではなく気に入ってる車に対する愛着なのでしょう。

« スズキ・ワゴンR MH21Sの信じられない不具合事例! | トップページ | エアコン修理の季節になりました(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ