« ランボルギーニ修理編・・・その2(^^; | トップページ | ランボルギーニ修理編・・・その4(^^; »

2011年5月13日 (金)

ランボルギーニ修理編・・・その3(^^;

大型連休も終わり、さてこれから頑張ろうとした矢先に身内の不幸があり、急きょ、田舎に帰る事になった店主bearing

ホームページならびにブログも更新出来ずにご迷惑お掛けしております( ̄Д ̄;;

さて・・・happy01

今回は、ラジエータの水漏れ修理です。

Dscf5900

実は・・・修理完了の画像で失礼します、漏れていた状態の画像は間違えて削除してしまい、現在ありません(ごめんなさい)m(_ _)m

見た感じ、小さいラジエータが2個有るように見えますが縦横30cm位で厚みが15cm位ある、以外にも大きいサイズです。

修理後の画像では、普通の真鍮系のコアで、古いカスタム系が使うタイプの形状になっておりますが、修理前のラジエータは、建設機械などに使われるようなごついタイプでした。

建機用は、遺物(石など)に耐久性がありますが放熱性が弱い為、乗用車タイプ(スポーツカーなど)には不向きな構造でした。

今回、値段が変わらないと言う理由で乗用車タイプに変更good放熱性がアップしました。

Dscf5927

Dscf5926

取付工賃、ラジエータ・オーバーホール代、クーラント(冷却水)代も含めても20万諭吉以内で修理完了です。

贅沢を言えば、ウォーターポンプ、シリコン製ラジエータ・ホースも交換したかったのですが次回にする事になりました。

フェラーリ355と違い、エンジン降ろさなくても出来るので、不具合が出てからでも良しと考えました。

冷却水のエアー抜きを一通り終え、暖気していると、以前に比べて電動ファンの回り始めるタイミングが遅くなったようですし、熱効率も若干向上した性か、冷却水の減りも少なくなったようです(オーナー談)。

次回は、ステンメッシュタイプのブレーキホース、ワンオフ製作&取付ですヽ(´▽`)/

ではではpaper

« ランボルギーニ修理編・・・その2(^^; | トップページ | ランボルギーニ修理編・・・その4(^^; »

車、整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ランボルギーニ修理編・・・その2(^^; | トップページ | ランボルギーニ修理編・・・その4(^^; »

フォト

ナリタ オートサービス

  • お問合せ


    こちらからでもお問い合わせ出来ます、バナーをクリック(^^V
  • ナリタオートサービス

    バナーをクリックすると当店のホームページです(^^v
    コツコツですが更新とプチリニューアルしています(^^;

    定休日は毎週水曜日、第二火曜日、祝祭日、時々臨時休業しますので、あらかじめHPより日程をご確認くださいませ。
    最後に、当店の休日は基本ブログをお休みしています(^^
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ